亡くなっていたはずの元選手が発見される、保険金詐欺疑惑が浮上

2021.10.21 15:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元シャルケのヒャニック・カンバが、保険金詐欺の疑いで裁判にかけられている。イギリス『スポーツバイブル』が伝えた。

シャルケの育成組織出身のカンバは、ドイツ下部リーグのクラブを渡り歩いたのち、2016年のヒュルス在籍中に母国コンゴ民主共和国で自動車事故に遭い、死亡したとされていた。

しかし2020年5月、カンバはドイツ国内で発見される。同国内のエネルギー会社で化学技術者として働いていたとのことだ。

検察官は元妻のクリスティーナさんがカンバの死亡後、多額の保険金を受け取っていたとの調査報告を上げている。死亡虚偽の調査が入った現在は、その保険金は差し押さえれているとのことだ。

死を偽って保険金を受け取ったとし裁判にかけられているカンバとクリスティーナは、ドイツ・エッセンの裁判所に出廷。元妻は容疑を否認しているとのことだが、有罪となった場合、10年の懲役刑に処せられる可能性があると伝えられている。



1 2

関連ニュース
thumb

ラングニック氏はC・ロナウドをマネジメントできる? ファーディナンド氏が持論 「彼はラウールを指導した」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏が、ラルフ・ラングニック氏の手腕について語った。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 21日にオーレ・グンナー・スールシャール監督を解任したユナイテッド。その後はアシスタントコーチのマイケル・キャリック氏に暫定的な指揮を託した中、29日にロコモティフ・モスクワでスポーツ開発部門の責任者を務めるラングニック氏を今季終了までの暫定指揮官として招へいした。 ラングニック氏はゲーゲンプレッシングの生みの親の1人とも言われるドイツ屈指の戦術家で、これまでシュツットガルトやハノーファー、シャルケ、ホッフェンハイム、RBライプツィヒなどで監督を務めた。チェルシーのトーマス・トゥヘル監督やPSVのロジャー・シュミット監督らは教え子として知られている。 ただ、そんなドイツ人指揮官はこれまでユナイテッドほどのビッグクラブで指揮を執った経験がなく、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド級のスター選手をマネジメントできるかどうかが懸念されている。 しかし、ファーディナンド氏はこの疑問に対して、自身のYouTubeチャンネルで持論を展開。シャルケ時代に当時35歳だった元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスを指導し、公式戦22試合で9ゴール8アシストという立派なパフォーマンスを発揮させた63歳の手腕を高く評価した。 「C・ロナウドをマネジメントできないという話だが、ラングニックは35歳だったラウールを指導したのだ。ラウールは本物のスーパースターであり、ワールドクラスの選手であり、大きな個性を持っていた。その中でマネジメントして、すばらしいパフォーマンスを発揮させた。まるで神話だよ」 「当時のラウールはまだエゴが強く個性的で、適切にマネジメントする必要があった。彼はその方法を知っているし、実際にやってみせたのだ」 「『ラングニックはC・ロナウドを起用しないだろう』と言われていたが、彼は35歳のラウールをプレーさせた。C・ロナウドが問題なのではない。彼はC・ロナウドが自分のチームにフィットする方法を見つけると思う」 2021.11.30 21:57 Tue
twitterfacebook
thumb

死亡詐称で保険金詐欺容疑の元シャルケDF、元妻とともに約4年の懲役刑に

元シャルケのDFヒャニック・カンバが、保険金詐欺により懲役刑に処せられたようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 シャルケの育成組織出身のカンバは、ドイツ下部リーグのクラブを渡り歩いたのち、2016年のヒュルス在籍中に母国のコンゴ民主共和国で自動車事故に遭い、死亡したとされていた。 しかし2020年5月、カンバはドイツ国内のエネルギー会社で化学技術者として働いていたところを発見され、元妻のクリスティーナさんはカンバの死亡後、100万ポンド(約1億5000万円)の保険金を受け取っており、検察官は保険金詐欺疑惑があるとして調査を開始。裁判にかけられていた。 調査によれば2人は共謀していたとみられ、当初では336万ポンド(5億1400万円)相当の金額を手に入れる計画だったという。裁判の結果、両者には3年10カ月の懲役が言い渡された。 カンバはコメントを拒否しているが、弁護士によると支払われた保険金は見たことがないという。また、クリスティーナさんは「正義への信頼を失う」と無実を主張し、抗議していると伝えられている。 <span class="paragraph-title">【写真】自動車事故で死亡とされていたヒャニック・ガンバ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Former Schalke player Hiannick Kamba who was reported dead in a car crash back in 2016 has been found alive and well in Germany. <br><br>What. <a href="https://t.co/njzlbPJKqS">pic.twitter.com/njzlbPJKqS</a></p>&mdash; 360Sources (@360Sources) <a href="https://twitter.com/360Sources/status/1257552659835428865?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.19 21:18 Fri
twitterfacebook
thumb

「今回の旅もガッカリする恐れ」日本代表で出番ない板倉滉をドイツメディアが憂慮

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨んでいる日本代表。11日に行われたベトナム代表戦は1-0で辛勝し、3位に浮上した。 首位のサウジアラビア代表と2位のオーストラリア代表の試合は引き分けに終わったため、日本は勝ち点差を詰めることに成功した。 最も重要だった勝ち点3を獲得した日本だが、ドイツ『DerWesten』はシャルケのDF板倉滉について「大きな失望となる可能性がある」と報道。代表活動に参加しても出番がないことを憂慮しているようだ。 板倉は今夏、マンチェスター・シティからレンタル移籍でシャルケに加入。すぐにポジションを掴むと、ブンデスリーガ2部で10試合連続出場中。チームは連敗中だが、3バックのレギュラーとしてプレーしている。 その板倉はコンスタントに日本代表に招集されており、アジア最終予選でも10月、11月と続けて招集を受けているが、ピッチには立っていない状況だ。 『DerWesten』は板倉が無駄に世界中を飛び回るだけになるのではと危惧。シャルケに戻るまで1万9000kmの移動があるとし、「今回の旅もガッカリする恐れがある」としている。 また、「オマーン戦は特に重要な試合」としているものの、「板倉がそこにいるかどうかはまだわからない」と、16日のオマーン代表戦でも起用されるかは不透明だと心配した 2021.11.12 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

地球半周もピッチに1秒も立たず…地元紙が日本代表DF板倉滉の扱いにシャルケが不満と報道

シャルケの日本代表DF板倉滉について、ドイツ『RUHR24』が起用されなかったことを嘆いた。 板倉は今シーズンからシャルケに加入。加入直後からディミトリオス・グラモジス監督の信頼を得ると、ディフェンスラインの一角としてレギュラーポジションを摑んだ。 その板倉は、10月の日本代表活動に招集。カタール・ワールドカップ(W杯)を戦うチームに呼ばれたが、サウジアラビア代表戦、オーストラリア代表戦ともに出番はなく、そのままドイツへと帰国した。 『RUHR24』は、板倉が2万3000kmを移動したと報道。ドイツからサウジアラビア(約4300km)、サウジアラビアから日本(約9500km)、そして日本からドイツ(約9200km)と10日間で地球半周の距離を移動したと報じている。 移動に関しては、欧州組にとってはつきものであり、15日にハノーファー戦を控えるシャルケとしては、そもそも板倉が起用できないことが懸念されていた。 しかし、地球半周したにも関わらず1秒もピッチに立たなかったことが無駄になったと考えており、チームとしては満足していないだろうとの見解だ。 板倉は予定通り14日にチームへと合流したが、試合の前日。試合出場の疲労はないものの、移動と時差ボケは確実にあり、ハノーファー戦での起用は難しいと見られている。昇格を目指すシャルケとしてはせめて代表戦に出場して欲しかったというところだろう。 2021.10.15 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

板倉滉が4試合連続先発出場、テローデ2発のシャルケが完封勝利《ブンデスリーガ2部》

シャルケは25日、ブンデスリーガ2部でハンザ・ロストックと対戦。0-2で勝利を収めた。 日本代表DF板倉滉は3バックの中央で4試合連続の先発出場を飾った。 前節はカールスルーエに敗れ連勝が2でストップしたシャルケ。11分、ハンザ・ロストックは自陣からのロングフィードを受けたジョン・フェルフックが見事なスルーパス。これに反応したニク・オムラディチがGKと一対一となるが、GKマルティン・フライスルがしっかりセーブし得点を許さない。 シャルケは42分、自陣からのフィードをマリウス・バルターが競り勝つと、ボックス左で流れたボールを受けたトーマス・ウーワイアンがクロス。これをニアに飛び込んだシモン・テローデがダイビングヘッドで合わせ、シャルケが先制する。 先制したシャルケは49分にも追加点。左からのクロスをボックス内右で受けたメフメト=キャン・アイドゥンがGKとの一対一でシュートを選ばず、引きつけてクロス。これをテローデが無人のゴールへと蹴り込み、リードを広げた。 57分には左からのFKにボックス内でテローデがヘッドで合わせるが、これは左ポストに嫌われハットトリックならず。しかし、そのままシャルケは逃げ切り、0-2で勝利を収めた。 ハンザ・ロストック 0-2 シャルケ 【シャルケ】 シモン・テローデ(前42、後4) 2021.09.26 09:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly