70分過ぎからの15分で4ゴール! サネ躍動のバイエルンがベンフィカに圧勝でGS3連勝《CL》

2021.10.21 06:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節、ベンフィカvsバイエルンが20日にエスタディオ・ダ・ルスで行われ、アウェイのバイエルンが0-4で圧勝した。地力の差を見せつけてグループステージ連勝スタートを飾った首位のバイエルン。今節は1勝1分けで2位に付けるベンフィカとの首位攻防戦第1ラウンドに臨んだ。

前々節にフランクフルト相手にナーゲルスマン体制初黒星を喫したものの、直近のレバークーゼン戦を5-1で大勝したドイツ王者は、その試合から先発3人を変更。負傷のアルフォンソ・デイビス、ゴレツカに代えてパヴァール、ザビッツァー、ベンチスタートのニャブリに代わってコマンが起用された。

敵地でも変わらずボールを握って押し込む入りを見せるバイエルンは、レヴァンドフスキを起点に両ウイングや中盤の選手がうまく相手の背後を取って崩しのチャンスを窺う。開始5分にボックス左へ抜け出したサネがファーストシュートを放つと、9分にはコマンの左クロスをゴール前のレヴァンドフスキがドンピシャのヘッドで合わすが、これはややコースが甘くGKヴラチョディモスの好守に遭う。

その後もバイエルンが押し込む時間帯が続くが、時間の経過と共にベンフィカの守備が嵌るようになり、ヌニェスやラファ・シウバを起点としたカウンターアタックの場面が増えていく。

すると、32分にはこの試合最大の決定機。カウンターからボックス左に持ち込んだヌニェスがDFに寄せられながらもうまく内向きに剥がして完璧な右足のシュートを放つ。だが、これはGKノイアーが驚異的な反応で枠外にはじき出した。

ベンフィカ主将アウメイダの負傷交代というアクシデントが起きたものの、前半終盤にかけては完全にイーブンな展開に。その中でバイエルンは38分にサネが中央突破からのミドルシュート、42分にはボックス右に抜け出したコマンの高速クロスをレヴァンドフスキが身体ごと押し込んでネットを揺らす。だが、このシュートは故意に腕を使ったとの判断で認められず。結局、0-0のスコアで折り返すことになった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半も入りはバイエルンペースに。立ち上がりの47分にはコマンの左クロスをボックス右で拾ったパヴァールが渾身の右足シュート。だが、この決定的なシュートはGKヴラチョディモスの見事な右足のセーブに遭い、最終的に左ポストを叩く。さらに、直後にはゴール前でこぼれ球に反応したミュラーがネットを揺らすが、VARのレビューの結果、オフサイド判定となった。

序盤のピンチを辛くも凌いだバイエルンも反撃を開始。56分には右サイドのスペースに飛び出したゴンサウヴェスが深い切り返しでDFを外してボックス右から強烈な左足のミドルシュートを放つが、これはGKノイアーのビッグセーブに阻まれる。

その後は再び膠着状態が続く中、アウェイチームはパヴァールに代えて切り札のニャブリを投入し、前がかりな布陣でゴールをこじ開けにかかる。すると、70分にはボックス手前右の好位置で得たFKの場面でキッカーのサネが壁の上から急激落ちる見事なドライブ回転の直接FKを沈めて待望の先制点をもたらした。

均衡を破ったバイエルンはここから畳みかける攻めで一気に試合の流れを引き寄せる。まずは80分、ボックス右に抜け出したニャブリの高速クロスがエヴェルトンのオウンゴールを誘い2点目を奪取。さらに、直後の82分には右サイドの崩しからボックス中央で鮮やかなターンでDFをかわしたサネの折り返しをゴール前ドフリーのレヴァンドフスキが難なく流し込み、3点目を奪った。

さらに、85分にはロングカウンターからスタニシッチのラストパスを受けたサネがこの試合2点目を奪い、試合を決定づける4点目とした。

70分までの拮抗した展開から一転わずか15分で4点を重ねたバイエルンは、試合終盤に主力を下げてこのまま逃げ切り態勢に入り、終わってみれば4-0の圧勝。

ベンフィカとの首位攻防戦を制したバイエルンが3連勝でグループステージ突破に大きく近づいている。

関連ニュース
thumb

FIFA/FIFProワールドイレブンが発表! プレミアから最多5選手!

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2021年の男子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。世界のフットボーラーによる投票で決められ、17日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表された。 GKにはユーロ2020でイタリア代表の優勝に貢献し、大会MVPにも輝いたジャンルイジ・ドンナルンマが選出。 さらに、ディフェンス部門ではダビド・アラバ、レオナルド・ボヌッチという常連2人と、マンチェスター・シティでワールドクラスのセンターバックに成長したルベン・ディアスが選出。 中盤ではシティのプレミアリーグ制覇に貢献したケビン・デ・ブライネ、チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したジョルジーニョ、エンゴロ・カンテの選手が選ばれた。 さらに、最多4人が選出されたフォワード部門ではクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの生けるレジェンド2人に、ブンデスリーガの2大ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ、アーリング・ハーランドが選ばれた。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン) DF ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン、レアル・マドリー) レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン) 2022.01.18 06:21 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが男子年間最優秀選手を2年連続受賞! 『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で各賞発表

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男女各賞受賞者を発表した。 男子最優秀選手は昨年に続きFWロベルト・レヴァンドフスキがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、エジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)を抑えて2年連続受賞。 男子最優秀監督はチェルシーを指揮して約4カ月でチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルをもたらしたトーマス・トゥヘル監督が初受賞。男子最優秀GKはチェルシーの守護神エドゥアール・メンディが同じく初受賞した。 一方、女子最優秀選手はスペイン代表MFアレクシア・プテラス、女子最優秀監督はチェルシーのエマ・ヘイズ監督、女子最優秀GKはチリ代表GKクリスティアネ・エンドレルが受賞している。 その他では年間ベストゴール賞に当たるFIFAプスカシュ賞は、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラがトッテナム時代のアーセナルとのノースロンドン・ダービーで決めたラボーナ弾で受賞。トッテナムは昨年の韓国代表FWソン・フンミンに続き史上初の2年連続受賞に。 FIFAフェアプレー賞、FIFAファン賞は、ユーロ2020のデンマーク代表とフィンランド代表の試合中に卒倒し、一時心停止となったデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの救命措置で世界中のフットボールファミリーから称賛を浴びたデンマーク代表、同試合で暖かなサポートを見せた両チームのサポーターが選出された。 また、偉大なキャリアを送った選手たちが対象となるFIFA特別賞を、それぞれポルトガル代表、カナダ女子代表で代表通算ゴール記録を塗り替えたクリスティアーノ・ロナウド、クリスティーン・シンクレアが受賞することになった。 ◆各賞受賞者一覧 《男子最優秀選手》 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) 《男子最優秀監督》 トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー) 《男子最優秀GK》 エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)) 《女子最優秀選手》 アレクシア・プテラス(スペイン/バルセロナ) 《女子最優秀監督》 エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー) 《女子最優秀GK》 クリスティアネ・エンドレル(チリ/パリ・サンジェルマン、リヨン) 《FIFAフェアプレー賞》 デンマーク代表&メディカルチーム 《FIFAプスカシュ賞》 エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム、セビージャ) 《FIFAファン賞》 デンマーク&フィンランドサポーター 《FIFA特別賞》 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) クリスティーヌ・シンクレア(カナダ/ポートランド・ソーンズ) 2022.01.18 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイアーがバイエルンと契約延長へ!「さらなる歴史を築いていきたい」

バイエルンとドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(35)の契約延長が近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 2011年にバイエルンに加入し、世界最高GKの一人として君臨し続けるノイアー。クラブでは9度のリーグ優勝と2度のチャンピンズリーグ優勝を成し遂げ、2014年にはドイツ代表でワールドカップも制覇した。 今季も新型コロナウイルス感染で欠場した先日のボルシアMG戦や、8月に行われたDFBポカール1回戦を除いて公式戦26試合に出場。3月には36歳の誕生日を迎えるが、その座を譲る気配は微塵も感じない。 クラブもまだまだ第一線で活躍できると信じているようで、この度2023年までとなっている契約の更新に動いたようだ。ノイアーも先日にドイツ『Sport1』のインタビューで「バイエルンは並外れたクラブだ。僕がここにいる間も歴史を築いてきた。今後も続けていきたい。もちろん、その一部になりたいと持っているよ」とコメントしており、相思相愛の下、新契約締結は間もなくと伝えられている。 2022.01.17 14:27 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがブンデス通算300ゴール達成! 史上2人目の偉業に

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがブンデスリーガ通算300ゴールを達成した。 バイエルンは15日、ブンデスリーガ第19節でケルンとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 2022年の初白星を挙げたこの一戦でレヴァンドフスキは、開始9分に先制点を挙げると、チームが2点リードで迎えた後半の63分に2点目を奪取。さらに、74分にはGKとの一対一を冷静に制し、ハットトリックを達成した。 そして、この3点目のゴールはレヴァンドフスキにとってブンデスリーガ通算300ゴール(通算373試合)のメモリアルゴールに。 なお、これはバイエルンのレジェンドであるゲルト・ミュラー氏(365ゴール)に次ぐ、リーグ史上2人目の偉業だ。 ちなみに300ゴールの内訳は、バイエルンで226ゴール(242試合)、ドルトムントで74ゴール(131試合)となっている。 2022.01.16 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがハット、バイエルンが好調ケルンに快勝で首位堅守《ブンデスリーガ》

バイエルンは15日、ブンデスリーガ第19節でケルンとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 後半戦スタートとなった前節、天敵ボルシアMGに逆転負けした首位バイエルン(勝ち点43)は2位ドルトムントに暫定3ポイント差とされた中、コロナ陰性となった守護神ノイアーが先発で復帰。同じく陰性となったサネとウパメカノはベンチスタートとなった。 6位と好位置に付けるケルン(勝ち点28)に対し、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、ミュージアラと並べたバイエルンは9分に先制する。 ショートカウンターを発動した流れから、ミュラーのラストパスを受けたボックス右のレヴァンドフスキがシュートを蹴り込んだ。直後はオフサイド判定が下ったものの、VARの末にレヴァンドフスキのポジションがオンサイドと判定され、ゴールが認められた。 さらに25分、ミュラーのリターンパスを受けたボックス右のトリソが豪快な左足ボレーを叩き込んでバイエルンがリードを広げる。 31分、GKノイアーのミスパスからショートカウンターを受けてウートにネットを揺らされるも、VARの末にオフサイドがあって助かったバイエルンは前半を2点リードして終えた。 迎えた後半も主導権を握るバイエルンは63分に3点目。直前に投入されていたサネのスルーパスをボックス左で受けたレヴァンドフスキがシュートを流し込んだ。 さらに74分、レヴァンドフスキがハットトリックを決める。再びサネのスルーパスを受けたボックス中央のレヴァンドフスキがGKとの一対一を制した。 終盤にかけても危なげなく試合を運んだバイエルンが快勝。前節ボルシアMG戦の敗戦を払拭し、2位ドルトムントとの6ポイント差を維持した。 2022.01.16 01:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly