【CLグループ第3節プレビュー②】2連敗スタートのバルサ、初勝利なるか

2021.10.20 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節の8試合が20日に開催される。ここではE~Hの第3節のマッチプレビューを紹介していく。◆バルサの初勝利は~グループE~
Getty Images

グループEではまさかの2連敗スタートとなったバルセロナがグループステージ突破の望みを繫ぐべく初勝利を挙げられるかに注目だ。

バルセロナは3週間前に行われた前節ベンフィカ戦を0-3の完敗で落とした。続くアトレティコ・マドリーとのビッグマッチも落とし、クーマン監督の首が涼しくなっていたが、直近のバレンシア戦では3-1と快勝。この試合では長期離脱から復帰したFWアンス・ファティがレバンテ戦に続くゴールを挙げ、復調をアピール。さらにFWアグエロが移籍後初出場を飾り、コンディション不良が続いていたMFコウチーニョがゴールと、起爆剤になり得る好材料があった中、ディナモ・キエフを下すことはできるか。

グループEもう一試合では、さすがの2連勝スタートとしたバイエルンが、前節バルセロナを下したベンフィカと敵地で対戦する。バイエルンはブンデスリーガの首位攻防戦となった直近のレバークーゼン戦を5-1で完勝。格の違いを見せつけた中、ベンフィカ戦ではMFゴレツカとDFデイビスが欠場となるが、CL3連勝で首位の座を守れるか。

【グループE】
《25:45》
バルセロナvsディナモ・キエフ
《28:00》
ベンフィカvsバイエルン

◆不調ユナイテッドがOTでアタランタと激突~グループF~
Getty Images

グループFでは前節ビジャレアルにFWロナウドのラストプレー弾で劇的勝利としたマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点3)が、首位に立つアタランタ(勝ち点4)をオールド・トラフォードに迎える。

初戦のヤング・ボーイズ戦を落としていたユナイテッドにとって前節ビジャレアル戦の劇的勝利は大きな白星となったが、チーム状態は芳しくない。プレミアリーグでは3試合勝利がなく、直近のレスター・シティ戦を2-4で落とした。MFブルーノ・フェルナンデスとFWロナウドに依存が強まっている中、悪い流れを払拭する勝利を手にできるか。

グループFもう一試合では未勝利のビジャレアル(勝ち点1)が生き残りを懸けてヤング・ボーイズ(勝ち点3)とアウェイで対戦する。ラ・リーガでも2勝5分け1敗と勝ちきれない試合が続くが、ヤング・ボーイズを叩けるか。

【グループF】
《28:00》
マンチェスター・ユナイテッドvsアタランタ
ヤング・ボーイズvsビジャレアル

◆混戦を抜け出すのは~グループG~
Getty Images

開幕前から予想が難しかったグループGだが、その予想通りの展開になりつつある。2試合を消化して首位に立つのは1勝1分けのザルツブルク。そのザルツブルクはホームに2引き分けスタートのヴォルフスブルクを迎える。ここで勝利できればザルツブルクとしてはグループステージ突破へかなり有利な状況となるだけに取りたいところ。

一方、前節セビージャ戦を終盤の失点で追い付かれたヴォルフスブルクは、シーズン序盤の好調から一転、公式戦6試合勝利がない。ファン・ボメル監督の首が危うくなってきた中、復調のキッカケを掴めるか。

グループGもう一試合ではセビージャがリールとのアウェイ戦に臨む。2引き分けスタートとなったセビージャは、ラ・リーガでは5勝2分け1敗の3位と好スタートを切っている。その好調さをCLに持ち込んで初勝利としたい。

【グループG】
《25:45》
ザルツブルクvsヴォルフスブルク
《28:00》
リールvsセビージャ

◆2連勝スタートのユーベがゼニトと対戦~グループH~
Getty Images

グループHでは前節、ユベントスが欧州王者チェルシーにウノゼロ勝利として2連勝スタートとした。そのユベントスは1勝1敗スタートのゼニトとアウェイで対戦する。シーズン序盤は不安定な戦いが続いていたユベントスだったが、アッレグリ監督が徐々に守備を修正し、持ち前の堅実さが戻ってきたビアンコネロ。チェルシー戦以降、公式戦3試合連続でクリーンシート中だが、ゼニト戦でも堅守を披露できるか。

グループHもう一試合ではチェルシーが2連敗スタートのマルメをホームに迎える。ユベントス戦では守りを固められ、思うように攻撃を展開できなかったチェルシー。そして直近のブレントフォード戦では大いに苦しめられながらも守護神メンディの活躍もあって1-0で勝利とした。格下マルメ相手には確実に勝利を掴みたいところ。

【グループH】
《28:00》
チェルシーvsマルメ
ゼニトvsユベントス

関連ニュース
thumb

「襷をベースに」C大阪の新ユニフォームが発表! 斜めのストライプで表現

セレッソ大阪は8日、新シーズンのユニフォームデザインを発表した。 2022シーズンもプーマのユニフォームを着用するC大阪。2021シーズンは攻撃的なサッカーの復活を目指すも12位と中位に甘んじ、YBCルヴァンカップでは決勝で敗れ、新シーズンの巻き返しに意気込むこととなる。 新ユニフォームは、PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト「FORWARD TOGETHER」に基づき、チーム・サポーター・パートナーの思いを、襷をベースにしたダイアゴナルのストライプで表現している。 また、チームのコンセプトであるスピード感もグラフィックに落とし込み、セレッソピンクをベースに、ピンクのトーナルカラーで仕上げ、コントラストカラーとしてネイビーを使用している。 アウェイは白をベースに、GKの1stユニフォームは区ロボベースに、FPの1stユニフォームと同じデザインとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真】C大阪の新ユニは襷をイメージした斜めのストライプ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022シーズン新ユニフォームデザイン決定のお知らせ<br><br>2022シーズンのユニフォームはセレッソファミリーの思いを、襷をベースにしたダイアゴナルのストライプで表現しています<br>さらにSAKURA SOCIO会員限定特典も<br><br>先行販売期間<br>1/14(金)18:00~1/16(日)21:59<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a></p>&mdash; セレッソ大阪オフィシャル (@crz_official) <a href="https://twitter.com/crz_official/status/1479649059681886209?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.08 13:01 Sat
twitterfacebook
thumb

沼津、2013年から続いたプーマとのサプライヤー契約が終了

アスルクラロ沼津は3日、プーマとのユニフォームサプライヤー契約が終了することを発表した。 沼津は、東海サッカーリーグ1部時代の2013年からプーマがユニフォームサプライヤーとなっており、9シーズンにわたりチームを支えてきた。 その間、チームはJFL昇格、J3昇格を経験していたが、その関係も終了することとなった。 プーマは、ジュビロ磐田とも今シーズン限りでサプライヤー契約を終了することとなり、沼津が2クラブ目となる。 <span class="paragraph-title">【写真】歴代のアスルクラロ沼津ユニフォーム</span> <span data-other-div="photo"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.03 17:33 Fri
twitterfacebook
thumb

王者・川崎Fの新ユニフォームは26周年を記念して「風呂」からデザイン! 風呂をモチーフに特別ロゴも制作

川崎フロンターレは27日、2022シーズンのユニフォームデザインを発表した。 2022年のユニフォームは、PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト 「FORWARD TOGETHER」に基き、クラブ設立26(フロ)周年のアニバーサリーイヤーにふさわしいユニフォームとして、フロンターレと深い繋がりのある風呂(フロ)のタイルからインスピレーションを受けたデザインとなっている。 袖には2022シーズン限定の26周年特別仕様のロゴを配置し、首元はレイヤード仕様の襟を独自採用。また、サイドには差し色としてブラックとホワイトを配色することで、アニバーサリーイヤーの祝福とピッチ上での新たな選手の見え方を両立したデザインに仕上げられている。 今回ユニフォームの袖に入っている26周年ロゴは「クラブにとって大切な年「2(ふ)6(ろ)」、フロンターレの応援スタイルに欠かせない「タオル」、そして、念願の初タイトルを獲得してから欠かせないのが「桶」、これまでも、そしてこれからのフロンターレを象徴する記念ロゴを製作しました」とコンセプトを説明。「3本の湯気は、クラブ、パートナー、サポーターを表現しこれからも共に歩んでいく想いを込めています」としている。 FPの1stユニフォームは、風呂の壁のタイルそのものに見えるデザインに。水色をベースにスポンサーなどは白で彩られている。 また2ndユニフォームは白をベースにこちらもタイル模様。GK1stユニフォームは緑、2ndは赤がそれぞれベースとなり、同じタイル模様がデザインされている。 <span class="paragraph-title">【写真】フロンターレの新ユニフォームはまさかの「風呂」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>発表!!!!!!<br>\<br>来年&quot;26(フロ)周年&quot;を迎える2022シーズンのユニフォームはお風呂にあるタイルからインスピレーションを受けたデザインとなります26周年ロゴも合わせて製作し、ユニフォームへ反映しました選手やサポーターの皆様が早く袖を通すのが楽しみです【アズーロ・ネロ】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/6hH8jzN9HP">pic.twitter.com/6hH8jzN9HP</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1464447742319550470?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.27 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

J1昇格の磐田、ヤマハ時代から48年間続いたプーマとの契約が今季で終了…感謝の特別ムービーも公開

ジュビロ磐田は26日、プーマとのユニフォームサプライヤー契約が満了を迎えることを発表した。 プーマは、磐田の前身であるヤマハ発動機サッカー部時代の1974年からサポート。48年間もの間、関係があった。 Jリーグが始まる以前からの関係性であり、3度のJ1優勝や、2度のリーグカップ優勝、1度の天皇杯優勝の他、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の前身であるアジアクラブ選手権でも優勝を果たすなど、数々の歴史をともにしてきた。 約半世紀にわたるサプライヤー契約だったが、今シーズンをもって終了。来シーズンからはプーマではないユニフォームを身に纏うこととなる。 磐田は長年支えてくれたプーマへの感謝の特別ムービーを公開。クラブOBであり、現在は磐田で指導者となっている服部年宏氏や中山雅史氏、またOBの福西崇史氏やジェラルド・ファネンブルク氏、FC今治のDF駒野友一やDF大井健太郎、MF山田大記らがメッセージを送った。 なお、来季のサプライヤーについては現時点で発表されていない。 <span class="paragraph-title">【動画】ジュビロ磐田からプーマへ感謝の特別ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5UlF9J-4Llo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.26 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「パジャマみたい」初お目見えとなったシティの3rdキット、多分に漏れず否定的な声が多数

プーマの3rdユニフォームにはやはり否定的な声が多いようだ。イギリス『スポーツバイブル』が伝えた。 発表当時から否定的な声の多かったプーマの共通サードキット。ドルトムントなどはファンの猛批判を受けてデザインをマイナー・チェンジするなど、様々な物議を醸していた。 同じくプーマをサプライヤーとするマンチェスター・シティのサードユニフォームも例に漏れない。紺を基調に、プーマのロゴ、『MAN CITY』の文字、メインスポンサーのエティハド航空のロゴが、全て中央寄せで配置されたユニフォーム。素地にもうっすらとエンブレムが施されているが、デザインには燦々たる声が上がっている。 シティは23日のプレミアリーグ第9節、アウェイでのブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で初めてこのサードユニフォームを着用して臨んだ。デザインに関する是非はともかく、この試合では4-1の快勝を手にすることができた。 現在は「ハイストリートの屋台にある安いレプリカのよう」、「パジャマみたい」などのネガティブな声の多いデザイン。だが、このまま結果を残し続けていけば、肯定的な声が増加する可能性もあるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】初お目見えとなったシティの3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Honest opinion about our 3rd kit? <a href="https://t.co/E1roSvr85p">pic.twitter.com/E1roSvr85p</a></p>&mdash; City Chief (@City_Chief) <a href="https://twitter.com/City_Chief/status/1451611421746286594?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.25 07:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly