してやったり!背後に身を潜め…不意打ちでGKからボールを奪う“狡猾ゴール” が反響「ゴーストモードがオンに」

2021.09.28 05:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ1(イングランド3部)のイプスウィッチ・タウンに所属するFWマコーリー・ボンが狡猾さを見せた。

イプスウィッチは25日、第9節でシェフィールド・ウェンズデーとホームで対戦。0-1と1点をリードされた展開で試合終盤を迎える。

そして迎えた90分、同点を目指すイプスウィッチは左サイドからクロスを送るも、シュートまで持ち込めずに相手GKベイリー・ピーコック=ファレルにキャッチされる。

ピーコック=ファレルがゆっくりと時間を使う中、ボンはGKの視界に入らないように背後に身を潜める。しばらくしてシェフィールド・ウェンズデーの一部フィールドプレーヤーたちはそれに気づくも、GKは完全に頭にない。

そして次の瞬間、右手に持っていたボールを目の前にそっと転がした。ボンは、「待ってました」と言わんばかりにボールを奪いさると、シュートには持ち込めなかったものの味方へと繋ぎ、最後は途中出場のFWコナー・チャップリンが流し込み、値千金の同点弾となった。

結局、試合はそのまま1-1の引き分けで終了。ボンの狡猾さと機転がイプスウィッチに勝ち点をもたらした。このゴールは、イプスウィッチの公式ツイッターも「ゴーストモードがアクティブになった」と伝えている。



1 2
関連ニュース
thumb

チェルシー、トゥヘル監督がCLで負傷したルカク&ヴェルナーの欠場を明言

23日にプレミアリーグのノリッジ戦を控えるチェルシーだが、主力2名を欠いて臨むことになるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』は伝えている。 欠場するのはアベルギー代表FWロメル・ルカクとドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの両選手。共に20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマルメ戦で負傷したとのことだ。 この試合に先発出場していたルカクは相手からタックルを受けて右足首付近を負傷し、23分に途中交代。ヴェルナーもプレー中に左足のハムストリングを痛めると、44分に交代していた。 22日に行われた会見でチェルシーのトーマス・トゥヘル監督が2人ついて説明。23日のノリッジ戦に加え、26日に行われるEFLカップ4回戦のサウサンプトンも欠場することを明かした。 「クリスティアン・(プリシッチ)を含め彼らは明日のノリッジ戦、そしておそらくはサウサンプトン戦も欠場するだろう。私が確実に言えることは、二人はいま治療を受けており、心配はしていないが、次の2試合は確実に欠場するということだ」 2021.10.23 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

古巣対戦のマルティネス、今でも当時の待遇を批判「求めている試合を保証してくれなかった」

アストン・ビラのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、古巣との対戦を前に退団時の心境を語った。イギリス『メトロ』が伝えている。 2020年9月にアーセナルからアストン・ビラへ移籍したマルティネス。アーセナルではカップ戦の出場がメインとなっており、2019-20シーズンは公式戦23試合に出場したものの、プレミアリーグへの出場はGKベルント・レノがケガで欠場した9試合のみとなっていた。 その後、アストン・ビラへ移籍したマルティネスは、加入前の1試合を除いて20-21シーズンの全リーグ戦にフル出場。今季もここまでリーグ戦7試合に出場し、守護神としてゴールマウスを守っている。 そのマルティネスが古巣との一戦を前に在籍時の待遇を批判。退団の決め手や、当時の苦悩について語った。 「僕が最高潮に達していた時でさえ、彼らは僕を起用するにふさわしくないと判断していたんだ。彼らは僕が求めている試合を保証してくれなかったから、起用してくれないのであれば移籍しようと考えていたよ」 「10年後にクラブを去ろうと考えていたけど、それはとても難しいことだった。家族は、僕がアーセナルであれだけのレベルに達していたのにも関わらずなぜ退団するのか理解してくれなかった。けど、それは自分で決めたことだし、自分でもこの決断を誇りに思っているよ」 「賭けではあったけど、いつまでも快適な場所にとどまっていては人生で何事も達成できないと信じているんだ。だから、僕はステップアップすると決めたんだよ」 一方、アーセナルのミケル・アルテタ監督も試合前の会見でマルティネスについて言及。売却の決め手を語り、在籍時の活躍に称賛を送った。 「我々は、可能な限り最善の意思を持ち、クラブの利益を考えて売却を決断した。しかしそれだけでなく、エミは非常に強力な選手であり、クラブに在籍していた時間はすべて称賛に値する。彼のキャリアには様々な時期があったことを忘れてはならない。そして、私のもとで重要な試合に出場するようになり、非常に良い結果を出してくれた」 「彼の野心、信念、そして自分のキャリアをどこへ持っていきたいかは我々と異なっていて、彼は長い時間我慢していたので、彼にとっては緊急事態だった。彼は素晴らしいキーパーだよ。私は彼と共にプレーし、彼を管理していた。だから今は彼のために喜んでいるよ」 2021.10.22 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

背番号10を背負うスミス・ロウ、生涯アーセナル宣言!「ずっとここで過ごしたい」

アーセナルの下部組織出身のMFエミール・スミス・ロウが、“生涯アーセナル”を誓っている。イギリス『イブニング・スタンダード』がコメントを伝えた。 7月に2026年6月まで契約を延長し、今季から背番号「10」を背負うこととなったスミス・ロウ。10歳からアカデミーに所属し、ライプツィヒやハダースフィールド・タウンへの武者修行を経て、2020年8月にトップチーム昇格を果たした。 人生の大半をアーセナルで過ごしてきた21歳は、7月にサインした契約について「簡単な決断」だったことを強調。『イブニング・スタンダード』のインタビューで、選手としての一生をアーセナルに捧げる覚悟があることを明かした。 「もしアーセナルが僕の残りのキャリアを求めてくれているなら、僕はずっとここにいるつもりだ。ひとつのクラブでキャリアを重ねることは難しいけれど、僕個人としてはずっとここで過ごしたいと思っているよ」 「僕にとってアーセナルとの契約は簡単なことだった。もちろん、外部から見ればそんなことはなかっただろうし、かなり難しく見えたと思うよ」 「アーセナルのファンとして育ち、アーセナルでプレーし、家族に囲まれている僕には簡単な決断だったよ。ロンドンで育った僕としては、ロンドンの外に出たくなかったんだ。これは僕がこれまでに下した最も簡単な決断のひとつだったと思うよ」 またスミス・ロウは、サッカー選手としての将来の夢についても語った。 「アーセナルでプレミアリーグを制覇するのはとても素晴らしいことだ。そして、どんな試合であろうと国の代表選手に選ばれることが僕の夢だ。シャツを着るだけでもいいからキャリアの中で達成したいね。最高の選手になりたいよ。願わくば、人生を振り返った時に自分を誇れる選手になりたい」 2021.10.22 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第9節プレビュー】ユナイテッドとリバプールが激突! シティvsブライトンの上位戦も

前節はフィルミノがハットトリックを達成したリバプールをはじめ、チェルシーやマンチェスター・シティなど上位陣が軒並み白星を挙げた中、マンチェスター・ユナイテッドはレスターに敗戦。序盤戦ということもあり、中位も含めて順位は目まぐるしく入れ替わっている。 6位に後退したユナイテッドは、今節はリバプールをホームに迎え撃つ。リーグ戦では3試合未勝利と指揮官の進退にも影響が出始めているが、チャンピオンズリーグ(CL)ではアタランタ相手に2点差から逆転勝利を収め、首の皮が一枚繋がる結果となった。ただ、リバプール戦はプレミアリーグではここ10試合で1勝6分け3敗と苦戦しており、昨季のオールド・トラフォードでの一戦も2-4で敗れている。 一方、リバプールは現在リーグ戦18戦無敗(13勝5分け)で、現状ではイングランドの上位4部リーグで最長の記録となっている。CLでも強敵アトレティコ・マドリーにアウェイで2-3で打ち勝つなど、今季は未だ無敗を維持している。ユナイテッド戦に関しては、サラーは昨シーズンのオールド・トラフォードでリーグ戦とFAカップの2試合連続でネットを揺らしており、3試合連続となれば、リバプールでは史上初の選手となる。 首位のチェルシーは最下位のノリッジとのホーム戦に臨む。前節のブレントフォード戦を守護神メンディの大車輪の活躍で切り抜けると、CLではマルメを4発圧倒。9月末のシティ戦とユベントス戦の連敗から3連勝と持ち直している。ノリッジ戦はプレミアリーグにおいて直近12試合で10勝2分け。最後の敗戦は1994年12月まで遡る。また、スタンフォード・ブリッジでは92-93、93-94シーズンに敗れて以降、7度の対戦で6勝1分け無敗となっている。 3位のマンチェスター・シティは、4位につけるブライトンとの上位戦。今季のダークーホースに名乗りを上げているブライトンは、リーグ戦開幕5試合で4勝するなど、グレアム・ポッター監督の戦術が浸透してきた印象だ。ただ、ここ3試合は引き分け続きで、その勢いにやや陰りが見え始めている。シティとしては、ブライトンが初めてプレミアリーグに昇格した17-18シーズン以降の7試合の合計スコアは21-2と、大きな実力差を見せつけていた。しかし、今年5月にアメックス・スタジアムで行われた一戦では、ブライトンが2点差から逆転勝利を収めている。 リーグ戦2連勝で5位に浮上したトッテナムは、7位ウェストハムとのロンドン・ダービーに臨む。今季のトッテナムは、第4節から第6節にかけてクリスタル・パレス、チェルシー、アーセナルとのダービー3連戦で全敗しており、この一戦で汚名を返上したいところ。ただ、昨季のウェストハム戦は1分け1敗。今年2月のロンドン・スタジアムでの一戦は2-1でウェストハムに軍配が上がっている。 アーセナルは金曜日開催でアストン・ビラと対戦。第4節からの3連勝以降、ここ2試合は引き分けが続いており、浮上のきっかけを掴みたいところ。しかし、アストン・ビラ戦は3連敗中。4連勝を許せば、1962年9月以来のこととなる。 ◆プレミアリーグ第9節 ▽10/22(金) 《28:00》 アーセナル vs アストン・ビラ ▽10/23(土) 《20:30》 チェルシー vs ノリッジ 《23:00》 クリスタル・パレス vs ニューカッスル エバートン vs ワトフォード リーズ・ユナイテッド vs ウォルバーハンプトン サウサンプトン vs バーンリー 《25:30》 ブライトン vs マンチェスター・シティ ▽10/24(日) 《22:00》 ブレントフォード vs レスター・シティ ウェストハム vs トッテナム 《24:30》 マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール 2021.10.22 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

足首捻挫のルカク、代理人の見解は「予定よりも早い復帰になるだろう」

チェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカクの負傷について、代理人のフェデリコ・パストレッロ氏が見解を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でマルメと対戦したチェルシー。結果的に4-0で快勝したものの、ルカクは18分にPKを獲得した際、相手に足を挟まれる形で足首を捻挫。苦悶の表情を浮かべながらしばらくピッチに横たわっていた。 結局続行不可能となり、足を引きずりながらピッチを後に。ベンチに戻らずロッカールームに消えていく姿をスタンドから見ていたというパストレッロ氏は、ただ事ではないと感じた模様。それでも、ルカクの日々の努力を知る同氏は、予定よりも早い復帰を予想している。 「とても心配だったよ。ロメルは常にプレーを望む選手で、ファウルを受けてあんなに長く倒れたままでいたものだから。普段ならすぐに立ち上がるような選手なんだ。だからなおさら良い状況には見えなかったよ」 「4分間も倒れている彼を目の当たりにして、隣で一緒に試合を観戦したペトル・チェフに『フェイクで倒れ込む選手じゃないし、少し怖いね』と言ったんだ」 「立ち上がった時も良い兆候には感じられなかった。今は検査を待っているところで、すぐに何か分かるだろう。しかし、写真や映像でケガの場面を見ると、足首に自重が完全にかかってしまっていたことがわかる。だが彼は強い男だ。全部の試合に出たいと、もっと強くなってすぐに戻ってくるはずだ」 「最初に見た印象ではかなり落ち込んでいたが、良いプレーをしていたのは誰の目にも明らかだった。仮にピッチに残っていたら、100%ゴールを決めていたと思うよ」 「今は本当に集中して、できるだけ早い復帰に向けて尽力している。彼は自宅で理学療法士を雇っていて、毎晩寝る前まで頑張っているんだ。復帰も予定より早くなるかもしれないね」 2021.10.22 18:36 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly