してやったり!背後に身を潜め…不意打ちでGKからボールを奪う“狡猾ゴール” が反響「ゴーストモードがオンに」

2021.09.28 05:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ1(イングランド3部)のイプスウィッチ・タウンに所属するFWマコーリー・ボンが狡猾さを見せた。

イプスウィッチは25日、第9節でシェフィールド・ウェンズデーとホームで対戦。0-1と1点をリードされた展開で試合終盤を迎える。

そして迎えた90分、同点を目指すイプスウィッチは左サイドからクロスを送るも、シュートまで持ち込めずに相手GKベイリー・ピーコック=ファレルにキャッチされる。

ピーコック=ファレルがゆっくりと時間を使う中、ボンはGKの視界に入らないように背後に身を潜める。しばらくしてシェフィールド・ウェンズデーの一部フィールドプレーヤーたちはそれに気づくも、GKは完全に頭にない。

そして次の瞬間、右手に持っていたボールを目の前にそっと転がした。ボンは、「待ってました」と言わんばかりにボールを奪いさると、シュートには持ち込めなかったものの味方へと繋ぎ、最後は途中出場のFWコナー・チャップリンが流し込み、値千金の同点弾となった。

結局、試合はそのまま1-1の引き分けで終了。ボンの狡猾さと機転がイプスウィッチに勝ち点をもたらした。このゴールは、イプスウィッチの公式ツイッターも「ゴーストモードがアクティブになった」と伝えている。



1 2

関連ニュース
thumb

WBA、レディング退団の元イングランド代表FWキャロルと今季終了までの短期契約

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するWBAは28日、元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 かつてはリバプールにも在籍したキャロルは、2012年夏に加入したウェストハムで公式戦134試合34ゴール26アシストと活躍したのち、2019年夏に古巣ニューカッスルに移籍。だが、昨季はプレミアリーグ18試合1ゴールと結果を残せず、昨夏に契約解除に至っていた。 その後はしばらくフリーの状態が続いたが、昨年11月半ばにチャンピオンシップのレディングに今年1月までの短期契約で加入。リーグ戦7試合に出場し1ゴール1アシストの記録していた。 WBAを率いるヴァレリアン・イスマエル監督はキャロルの加入について、「アンディは、すぐにでも私たちを助けてくれる選手だ。彼は近レディングでたくさんの試合に出場しているし、短期契約の間にゴールも決めている。彼が我々のためにゴールを決めてくれることを願っている」とコメントしている。 2022.01.29 01:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニー、古巣エバートンからの監督就任オファーを断る…

ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督(36)が、エバートンから監督就任オファーを断ったことを明かした。イギリス『BBC』が報じている。 エバートンは16日、今季から指揮を執っていたラファエル・ベニテス監督(61)の解任を発表。プレミアリーグで暫定15位と低迷したことや、退屈と揶揄される守備的なスタイルも相まってその手腕を疑問視され、首を切られることとなった。 エバートンは暫定指揮官にダンカン・ファーガソン氏(50)を据えつつ、後任探しに奔走。昨年までチェルシーで指揮を執っていたフランク・ランパード氏(43)やベルギー代表のロベルト・マルティネス監督(48)といった候補が挙がるなか、クラブのレジェンドであるルーニー氏もその筆頭として関心を報じられていた。 そんな中、ルーニー氏は28日に行われた公式会見の場でエバートンからのオファーを断ったことを発表した。 「エバートンが僕の代理人に接触し、空席となっている監督のことで話し合いを申し込んできたが、僕はそれを断った」 「僕はプレミアリーグの監督になれると信じているし、その準備も100%整っていると思っている。将来的にそれがエバートンで出来るのであれば、それは素晴らしいことだ」 「しかし、僕にはダービー・カウンティでやるべき仕事があり、それは僕にとって重要な仕事なんだ」 「もちろん、すごく考えたよ。彼らは僕の代理人に連絡を取り、僕の代理人はクラブ関係者にも知らせた。もちろん、これは僕にとって非常に難しい決断だったね」 2022.01.29 00:35 Sat
twitterfacebook
thumb

最低でも770万円!C・ロナウドが“世界一高いタワー”をジャックしてジョルジーナの誕生日をド派手にお祝い

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがパートナーのジョルジーナ・ロドリゲスさんの28歳の誕生日を盛大に祝った。 2人は2016年から交際。C・ロナウドの3人の連れ子に加え、ジョルジーナさんとの間にも2017年に次女のアラナちゃんを授かった。さらに2021年10月には新たに双子を妊娠したことを発表し、幸せな生活を送っている。 ジョルジーナさんは28日に誕生日を迎えたが、C・ロナウドは2週間試合がないことを利用して、ドバイでそのお祝いすることにしたようだ。 C・ロナウドは、ジョルジーナさんのために829.8mと世界一高いビルで知られる「ブルジュ・ハリファ」をジャック。ジョルジーナさんの輝かしい写真がつながったムービーが流れ、最後に「ハッピーバースデー、GIO」とお祝いの言葉が並んだ。 ド派手なやり方で記念日を過ごしたC・ロナウドだが、イギリス『ミラー』によると、タワーに3分間のプロモーション広告またはメッセージを表示するのには最低5万ポンド(約770万円)の費用がかかり、週末には価格が上昇するという。 素敵な思い出をもらったジョルジーナさんは自身のインスタグラムを更新。C・ロナウドへのあふれる感謝の思いを綴っている。 「刺激的な1日が終わりました。言葉が見つかりません。ありがとう、ありがとう、ありがとうクリスティアーノ。毎日こんなに幸せなことはありません。 「ありがとうドバイ。いつも私たちに良くしてくれて、くつろがせてくれてありがとう。この日のために動いてくれたみんなに感謝します」 「そしていつも私の幸せと私の家族の幸せを願ってくれてありがとう あなたたちのことは心の底から愛しています」 <span class="paragraph-title">【写真】壮大!C・ロナウドが「ブルジュ・ハリファ」を恋人仕様にジャック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZP0SU_BXEm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZP0SU_BXEm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZP0SU_BXEm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Georgina Rodríguez(@georginagio)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.28 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季ゴール量産中のポルトFWルイス・ディアス獲得に接近か

リバプールがポルトのコロンビア代表FWルイス・ディアス(25)獲得に近づいているようだ。イギリス『The Athletic』ら複数メディアが伝えている。 ルイス・ディアスは、2019年夏にコロンビアのフニオールFCからポルトへ移籍。加入初年度から出場機会を得ると、ここまで公式戦通算125試合で41ゴールの成績を残している。今季はプリメイラ・リーガ18試合で14得点5アシストと絶好調。リーグで現在首位をキープするチームの原動力となっている。 そんなルイス・ディアスに対してはアントニオ・コンテ監督の下で戦力刷新を図っていたトッテナムが獲得に動いていたが、元々夏の獲得を予定していたリバプールが急遽冬の獲得に踏み切る形となったようだ。 『The Athletic』によると移籍金はボーナス含め6000万ユーロ(約77億2000万円)になるとされており、これは契約解除金として設定されている8000万ユーロ(約102億9000万円)を下回る金額となっている。 選手本人はアンフィールドでのプレーを望んでいるとされており、合意が近づいているようだ。 2022.01.28 16:51 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーのGK2人をチェフ氏が称賛「すべての試合で素晴らしい活躍」

チェルシーでテクニカルアドバイザーを務める元チェコ代表GKのペトル・チェフ氏が、チームに所属する2人のGKを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーでは現在2020年夏にスタッド・レンヌから加入したセネガル代表GKエドゥアール・メンディが守護神を務めており、抜群の反射神経とセービング能力によってチームのチャンピオンズリーグ(CL)とUEFAスーパーカップ優勝に多大な貢献を果たした。 今シーズンも公式戦26試合に出場して12回のクリーンシートを達成しているメンディは、17日に国際サッカー連盟(FIFA)が開催した2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』において、男子最優秀GKに選出されている。 世界的な名声を手にしたメンディに対しては、チェフ氏も手放しで称賛。今後もチェルシーで多くのトロフィーを活躍してくれるはずだと期待した。 「エドゥ(エドゥアール・メンディ)はFIFAからベストGKに選ばれ、また一つ大きな功績を残したね。アフリカ人GKとして初の受賞となったが、これは素晴らしいことであり、チームに加入してからの彼の活躍を証明するものだ。そしてこの1年で2つのトロフィーを獲得したことは、彼のハードワークと姿勢の表れだね。彼が評価されたことは素晴らしく、もちろんチーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれた他の選手も素晴らしい」 「何より嬉しいのは、エドゥが今年さらにトロフィーを増やせることだ。彼は今、アフリカ・ネーションズカップに参加していて、セネガルは優勝候補の一角だ。だからチェルシーに戻る前にトロフィーを獲得できるかもしれない。そして、数週間後にはクラブ・ワールドカップとEFLカップの決勝戦が待っている」 また、チェフ氏は現在控えの立場となっているスペイン代表GKケパ・アリサバラガにも言及。不安定なパフォーマンスにより守護神の座を失うことになってしまったが、メンディがアフリカ・ネーションズカップ参加によって不在となっている現在、しっかり役割を果たしてくれていると語った。 「ケパについても触れなければならない。エドゥが不在の間、彼はその大役を果たす必要があり、いつも以上に厳しい目で見られていたと思うが、すべての試合で素晴らしい活躍を見せてくれている。強いチームでは、一人ひとりが助けようとする姿勢が必要だ。そしてGKのグループは、いざというときのため全員がハードワークしているものだね」 2022.01.28 16:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly