10人のバルセロナが格下カディスと辛くもドロー…守護神の好守に救われるもクーマン体制終焉近づく…《ラ・リーガ》

2021.09.24 07:03 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第6節、カディスvsバルセロナが23日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、0-0のドローに終わった。1試合未消化ながら首位と5ポイント差のバルセロナは、カディスとのアウェイゲームで公式戦3試合ぶりの勝利を目指した。マンデーナイト開催となったグラナダ戦ではピケとアラウホの2センターバックをルーク・デ・ヨングと共にパワープレー要員として参加させる終盤の力業で、辛くもホームで勝ち点1を拾ったが、クーマン監督に対する風当たりはさらに強くなっている。

そういった中、前日会見で短い声明を読み上げ、質疑応答を拒否した崖っぷちのオランダ人指揮官は、必勝が求められるアウェイゲームに向けて先発4人を変更。負傷のアレックス・バルデに替えてミンゲサを起用したほか、エリック・ガルシア、コウチーニョ、セルジ・ロベルトに替えて、ピケとL・デ・ヨング、プリメーラ初スタメンとなるガビを起用した。

戦前の予想通り、アウェイのバルセロナがボールを握り、ホームのカディスが堅守速攻で応戦する構図で試合が進んでいく。

70%を超えるボール支配率を記録したバルセロナだったが、[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷く相手に対して、なかなか攻撃のスイッチを入れるパスが入らず、“ボールを持たされる”展開に。

そうなると、左ウイングに入るデパイの個での打開、L・デ・ヨングの空中戦に期待が懸かったものの、相手の集中した守備にうまく潰されてしまい、攻撃が著しく停滞した。

それでも、相手の要所で見せる果敢なカウンターアタックに対しては、ディフェンスリーダーのピケを中心に危なげなく対応。相手にシュートを1本も打たせずに試合を折り返した。

互いに決定機ゼロという見どころを欠いた前半45分を経て、試合はイーブンの状況のまま後半に突入。バルセロナはデミルを下げて後半開始からセルジ・ロベルトを右ウイングバックに配置した。

だが、キックオフ直後にはアグレッシブに入ったカディスの圧力に晒されてボックス手前のネグレドにゴール左上隅を捉えたシュートを打たれるが、これは守護神テア・シュテーゲンのビッグセーブで凌いだ。

前節のグラナダ戦のように相手のファーストシュートでゴールを割られずにすんだバルセロナは、ここから反撃を開始。50分には右サイドに流れたL・デ・ヨングからの絶妙なグラウンダーのクロスを、ファーに走り込んだデパイが左足ダイレクトで狙うが、ここはシュートをうまくミートできず。続く52分にはペナルティアーク付近で右から内へ切り込んだデパイが相手DFの股間を抜く左足のシュートを放つが、枠の左隅を捉えたシュートはGKレデスマの好守に阻まれた。

序盤の攻防を経て試合は前半同様に膠着状態に陥っていく。そういった流れの中でバルセロナに痛恨のアクシデントが発生。65分、直前に1枚イエローカードをもらっていたフレンキー・デ・ヨングが自身のボールコントロールのミスをリカバリーしようとした際に、相手のエスピノに不可抗力ながらも足裏を見せたタックルを見舞い、2枚目のカードをもらった退場となった。

この退場で窮地に追い込まれたクーマン監督はL・デ・ヨング、ガビを続けてベンチに下げてコウチーニョとニコ・ゴンサレスを投入。最前線にデパイを置く[4-4-1]の布陣に変更した。

格下相手に勝ち点3を持ち帰りたいものの、数的不利を撥ね返すほどのパワーを出せないバルセロナは、80分にデストを下げてリキ・プッチを投入。だが、そのリキ・プッチがファーストプレーでいきなりボールを失い、中央を持ち上がったエスピノからボックス右へ走り込むサルビは決定的なスルーパスを通される。だが、この絶体絶命のピンチはGKテア・シュテーゲンが完璧な飛び出しとコース取りで防ぎチームを救った。

守護神の2つのビッグセーブに報いたい攻撃陣は試合終盤に何とか見せ場を作る。90分、ボックス手前で得たFKの場面でリキ・プッチが横にずらしたボールを名手コウチーニョが狙うも枠を大きく外す。さらに、93分にはカウンターから攻撃参加を見せたピケの絶妙なスルーパスに反応したデパイがボックス右からファーポストを狙った右足のシュートを放つが、これは枠の左に外れた。

その後、不可解な形でピッチに2つ目のボールが入ったところをブスケッツが外に蹴り出したプレーに対して、イエローカードとカディスにFKが与えられたことを受け、猛抗議のクーマン監督が退席処分に。さらに、このセットプレーの流れからアラルコンにボックス内でシュートを打たれるが、これはGKテア・シュテーゲンのセーブで何とか凌いだ。

そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、10人のバルセロナは前節のグラナダ戦に続き、格下相手にドローに持ち込むことが精いっぱいだった。これで公式戦3試合未勝利のブラウグラナは、指揮官更迭待ったなしの状況となった。

関連ニュース
thumb

バルサとの契約が来季限りのアラウホ、最初の延長オファーを拒否か

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(22)がクラブからの延長オファーに応じなかったようだ。 2018年夏に母国クラブでのパフォーマンスが買われ、バルセロナBに加入したアラウホ。公式戦33試合に出場した昨季を経ての今季は最終ラインの新たな番人としての地位を固めている。 チャビ・エルナンデス監督からも「これからも必要不可欠な選手である続けるだろう」と言わしめ、対人の強さが光るセンターバックだが、現行契約は2023年6月30日をもって満了する。 スペイン『マルカ』によると、バルセロナは先週に選手の代理人と交渉。対話が破綻したわけではなく、今後も話し合っていくようだが、代理人は最初の延長オファーを断ったという。 そんなアラウホはチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドからの関心も取り沙汰されるが、バルセロナでのキャリア続行を視野。ただ、クラブの厳しい財政状況を承知の上で、自身の活躍ぶりを新契約に反映させたい思いがあるようだ。 2022.01.26 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ケシエが今季終了後にバルセロナへ、個人間合意と報道

ミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)が今季終了後にバルセロナへ移籍することで個人間合意に達したようだ。イタリア『Sportitalia』が報じている。 今季終了後にミランとの契約が切れるケシエ。トッテナムを筆頭にパリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナルといったメガクラブが獲得に興味を示していたが、バルセロナが争奪戦を制したようだ。 『Sportitalia』によれば口頭での個人間合意に達しているようで、今季終了後にフリーエージェントでバルセロナに加入することになる模様だ。 今冬でのトッテナムへの移籍が加速していたとの報道もあったが、先週ケシエの代理人が否定していた。 2022.01.26 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ハムストリング負傷で再離脱のファティ、手術回避で保存療法へ

バルセロナは25日、スペイン代表FWアンス・ファティが手術を受けないことを発表した。 ファティは20日に行われたコパ・デル・レイ4回戦のアスレティック・ビルバオ戦で左足ハムストリング近位の腱を損傷。手術の選択肢もあったようだが、過去に3度ヒザの手術を受けているファティは保存療法での復帰を望んだようだ。なお、スペイン『マルカ』によれば復帰までには約2カ月を要するとのことだ。 昨季に負った左ヒザの内側半月板損傷によって今季の開幕に出遅れていたファティは、9月に復帰するも10月にはヒザの負傷で再離脱。その後11月に復帰したが、今度はハムストリングを負傷し、12日に行われたスーペル・コパのレアル・マドリー戦で復帰したばかりだった。 2022.01.25 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アスピリクエタ、バルセロナと2年契約で合意か

チェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタ(32)のバルセロナ移籍が進んでいるようだ。 2012年夏の加入以降、クラブ歴代7位の公式戦456試合に出場しているアスピリクエタ。2度のプレミアリーグ優勝や昨季のビッグイヤーなど、獲得したタイトルは8個を数える。 長らくキャプテンも務め、もはやレジェンドの域に達しているが、現行契約の満了まで半年を切り、退団の噂がちらつくように。その中で新天地候補筆頭に挙げられているのがバルセロナだ。 昨年11月に就任したチャビ・エルナンデス監督が高く評価しており、今夏にフリーになることから力を入れて32歳を口説きにかかっているようだ。 そして、スペイン人ジャーナリストのホセ・アルバレス・アヤ氏の最新の情報によれば、アスピリクエタとバルセロナは、契約延長オプションがついた2年契約で合意したという。 なおバルセロナは、チェルシーからデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンの獲得も狙っており、こちらも今夏で契約が切れる状況にある。 2022.01.25 22:19 Tue
twitterfacebook
thumb

女子スーペル・コパ決勝でバルセロナが相手選手を歓喜の胴上げ、脳腫瘍から復帰を全員で祝福

女子スーペル・コパ決勝で優勝したバルセロナが、大病から復帰を果たした相手プレーヤーを胴上げした。 23日、女子スーペル・コパ決勝、バルセロナvsアトレティコ・マドリーの一戦が行われた。 試合はノルウェー女子代表MFキャロライン・グラハム・ハンセンの3得点2アシストの活躍などで、7-0とバルセロナが圧勝。国内無双を誇る実力を見せつけた。 試合後には胴上げを行ったバルセロナの面々。だが、空へと舞ったのはMVPのハンセンではなく、アトレティコのスペイン代表MFヴィルヒニア・トレシジャだった。 2012年から2015年までバルセロナでもプレーしたトレシジャは、頭痛と腰痛を患い2020年5月に脳腫瘍と診断された。その後、スペインのパンプローナで腫瘍を取り除く手術を受けると、以降は化学療法治療を継続。2021年3月にはトレーニングへも復帰を果たした。 今年1月20日に行われたスーペル・コパ準決勝のレバンテ戦でついにベンチ入りまで漕ぎつけると、決勝でもベンチ入り。そして85分、ついにピッチへと舞い戻ってきた。 公式戦の出場はなでしこジャパンも参加していた2020年のシー・ビリーブス・カップ、3月11日のスペイン女子代表として途中出場したイングランド女子代表戦以来。観客もスタンディングオベーションで戻ってきた英雄を祝福した。 キャプテンマークを譲り受けたトレシジャはわずかな時間ながらピッチで躍動。バルセロナの選手も彼女の勇気を称え、試合後にはトレシジャを胴上げした。 トレシジャは試合後「(両クラブの)チームメイトとここに立てて、すべてを共有できることをとてもうれしく思います。ドレッシングルームやピッチにいられることは、とても特別なことです」と、喜びのコメントを残している。 <span class="paragraph-title">【動画】バルサイレブンに胴上げされるアトレティコMFトレシジャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJcDRpY1dKUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.01.24 21:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly