10人のバルセロナが格下カディスと辛くもドロー…守護神の好守に救われるもクーマン体制終焉近づく…《ラ・リーガ》

2021.09.24 07:03 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第6節、カディスvsバルセロナが23日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、0-0のドローに終わった。

1試合未消化ながら首位と5ポイント差のバルセロナは、カディスとのアウェイゲームで公式戦3試合ぶりの勝利を目指した。マンデーナイト開催となったグラナダ戦ではピケとアラウホの2センターバックをルーク・デ・ヨングと共にパワープレー要員として参加させる終盤の力業で、辛くもホームで勝ち点1を拾ったが、クーマン監督に対する風当たりはさらに強くなっている。

そういった中、前日会見で短い声明を読み上げ、質疑応答を拒否した崖っぷちのオランダ人指揮官は、必勝が求められるアウェイゲームに向けて先発4人を変更。負傷のアレックス・バルデに替えてミンゲサを起用したほか、エリック・ガルシア、コウチーニョ、セルジ・ロベルトに替えて、ピケとL・デ・ヨング、プリメーラ初スタメンとなるガビを起用した。

戦前の予想通り、アウェイのバルセロナがボールを握り、ホームのカディスが堅守速攻で応戦する構図で試合が進んでいく。

70%を超えるボール支配率を記録したバルセロナだったが、[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷く相手に対して、なかなか攻撃のスイッチを入れるパスが入らず、“ボールを持たされる”展開に。

そうなると、左ウイングに入るデパイの個での打開、L・デ・ヨングの空中戦に期待が懸かったものの、相手の集中した守備にうまく潰されてしまい、攻撃が著しく停滞した。

それでも、相手の要所で見せる果敢なカウンターアタックに対しては、ディフェンスリーダーのピケを中心に危なげなく対応。相手にシュートを1本も打たせずに試合を折り返した。

互いに決定機ゼロという見どころを欠いた前半45分を経て、試合はイーブンの状況のまま後半に突入。バルセロナはデミルを下げて後半開始からセルジ・ロベルトを右ウイングバックに配置した。

だが、キックオフ直後にはアグレッシブに入ったカディスの圧力に晒されてボックス手前のネグレドにゴール左上隅を捉えたシュートを打たれるが、これは守護神テア・シュテーゲンのビッグセーブで凌いだ。

前節のグラナダ戦のように相手のファーストシュートでゴールを割られずにすんだバルセロナは、ここから反撃を開始。50分には右サイドに流れたL・デ・ヨングからの絶妙なグラウンダーのクロスを、ファーに走り込んだデパイが左足ダイレクトで狙うが、ここはシュートをうまくミートできず。続く52分にはペナルティアーク付近で右から内へ切り込んだデパイが相手DFの股間を抜く左足のシュートを放つが、枠の左隅を捉えたシュートはGKレデスマの好守に阻まれた。

序盤の攻防を経て試合は前半同様に膠着状態に陥っていく。そういった流れの中でバルセロナに痛恨のアクシデントが発生。65分、直前に1枚イエローカードをもらっていたフレンキー・デ・ヨングが自身のボールコントロールのミスをリカバリーしようとした際に、相手のエスピノに不可抗力ながらも足裏を見せたタックルを見舞い、2枚目のカードをもらった退場となった。

この退場で窮地に追い込まれたクーマン監督はL・デ・ヨング、ガビを続けてベンチに下げてコウチーニョとニコ・ゴンサレスを投入。最前線にデパイを置く[4-4-1]の布陣に変更した。

格下相手に勝ち点3を持ち帰りたいものの、数的不利を撥ね返すほどのパワーを出せないバルセロナは、80分にデストを下げてリキ・プッチを投入。だが、そのリキ・プッチがファーストプレーでいきなりボールを失い、中央を持ち上がったエスピノからボックス右へ走り込むサルビは決定的なスルーパスを通される。だが、この絶体絶命のピンチはGKテア・シュテーゲンが完璧な飛び出しとコース取りで防ぎチームを救った。

守護神の2つのビッグセーブに報いたい攻撃陣は試合終盤に何とか見せ場を作る。90分、ボックス手前で得たFKの場面でリキ・プッチが横にずらしたボールを名手コウチーニョが狙うも枠を大きく外す。さらに、93分にはカウンターから攻撃参加を見せたピケの絶妙なスルーパスに反応したデパイがボックス右からファーポストを狙った右足のシュートを放つが、これは枠の左に外れた。

その後、不可解な形でピッチに2つ目のボールが入ったところをブスケッツが外に蹴り出したプレーに対して、イエローカードとカディスにFKが与えられたことを受け、猛抗議のクーマン監督が退席処分に。さらに、このセットプレーの流れからアラルコンにボックス内でシュートを打たれるが、これはGKテア・シュテーゲンのセーブで何とか凌いだ。

そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、10人のバルセロナは前節のグラナダ戦に続き、格下相手にドローに持ち込むことが精いっぱいだった。これで公式戦3試合未勝利のブラウグラナは、指揮官更迭待ったなしの状況となった。

関連ニュース
thumb

ピケのゴールを守り切ったバルセロナがGS初勝利! 今季初の公式戦連勝でクラシコへ!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節、バルセロナvsディナモ・キエフが20日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが1-0で勝利した。 バイエルン、ベンフィカにいずれも0-3で大敗し、クラブ史上初のCLグルプステージ連敗スタートとなったバルセロナ。決勝トーナメント進出に向け、崖っぷちのクーマン率いるチームは、初勝利を懸けてディナモ・キエフとの連戦初戦に臨んだ。 今週末にレアル・マドリーとのエル・クラシコを控える中、3-1で勝利したバレンシア戦から先発3人を変更。出場停止のエリック・ガルシアに代えてラングレを、セルジ・ロベルトとアンス・ファティに代えてミンゲサとルーク・デ・ヨングを起用した。 デスト、L・デ・ヨング、デパイの3トップで臨んだバルセロナは、デパイとジョルディ・アルバの左サイドを起点に攻撃を組み立てていく。その形からアルバが鋭いクロスを幾度か供給し、デスト、L・デ・ヨングが決定機に絡む。 18分にはデパイのFKにゴール前で反応したL・デ・ヨングがドンピシャのヘディングで合わすが、これはわずかに枠を外れる。続く21分にはペナルティアーク付近で今度は足元にパスを受けたL・デ・ヨングにシュートチャンスが訪れるが、枠を捉えた右足のシュートはGKブスチャンの見事なワンハンドセーブに遭う。 以降は幾度か相手にカウンターチャンスを与えたものの、しっかりと試合の主導権を握るバルセロナ。押し込む状況が続く中、アタッキングサードでもう一工夫ほしいという場面が散見。 それでも、焦れずに攻め続けるホームチームは36分、右CKの二次攻撃からボックス手前左のアルバが浮き球のパスをゴール前に供給。これをピケが見事な右足のダイレクトボレーで合わせた。 ピケのゴールによって1点リードで試合を折り返したバルセロナはハーフタイム明けに動く。ミンゲサとL・デ・ヨングを下げてコウチーニョとアンス・ファティを同時投入。この交代でデストが右サイドバックに下がり、前線は右からコウチーニョ、デパイ、ファティの並びに。 追加点を奪って早い時間帯に試合を終わらせにいくという指揮官のメッセージを受け、後半も攻勢を仕掛けていくバルセロナ。53分にはボックス中央でゴールを背にしてボールを受けたファティがボールを浮かせてボレーシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。 その後は前半のシンプルなクロスからより中央での崩しを意識した中、前線の個人技、コンビプレーで幾度か決定機まで持ち込むバルセロナだが、前がかりにならずにバランスを意識した戦いを継続するディナモ・キエフを崩し切れない。 その後、ガビとデパイを下げてセルジ・ロベルト、アグエロを続けてピッチへ送り込んだバルセロナは、幾度かボックス付近でコウチーニョに決定機が訪れたものの、決め切れない。 それでも、守備の局面では90分を通してソリッドなパフォーマンスを継続。相手の攻撃をシュート3本、枠内シュート0に封じ込めて、最終的に最少得点差となったものの、危なげなく今グループステージ初勝利を手にし、今季初の公式戦連勝で週末のクラシコに弾みを付けた。 2021.10.21 03:42 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第3節プレビュー②】2連敗スタートのバルサ、初勝利なるか

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節の8試合が20日に開催される。ここではE~Hの第3節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆バルサの初勝利は~グループE~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211019_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループEではまさかの2連敗スタートとなったバルセロナがグループステージ突破の望みを繫ぐべく初勝利を挙げられるかに注目だ。 バルセロナは3週間前に行われた前節ベンフィカ戦を0-3の完敗で落とした。続くアトレティコ・マドリーとのビッグマッチも落とし、クーマン監督の首が涼しくなっていたが、直近のバレンシア戦では3-1と快勝。この試合では長期離脱から復帰したFWアンス・ファティがレバンテ戦に続くゴールを挙げ、復調をアピール。さらにFWアグエロが移籍後初出場を飾り、コンディション不良が続いていたMFコウチーニョがゴールと、起爆剤になり得る好材料があった中、ディナモ・キエフを下すことはできるか。 グループEもう一試合では、さすがの2連勝スタートとしたバイエルンが、前節バルセロナを下したベンフィカと敵地で対戦する。バイエルンはブンデスリーガの首位攻防戦となった直近のレバークーゼン戦を5-1で完勝。格の違いを見せつけた中、ベンフィカ戦ではMFゴレツカとDFデイビスが欠場となるが、CL3連勝で首位の座を守れるか。 【グループE】 《25:45》 バルセロナvsディナモ・キエフ 《28:00》 ベンフィカvsバイエルン ◆不調ユナイテッドがOTでアタランタと激突~グループF~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211019_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループFでは前節ビジャレアルにFWロナウドのラストプレー弾で劇的勝利としたマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点3)が、首位に立つアタランタ(勝ち点4)をオールド・トラフォードに迎える。 初戦のヤング・ボーイズ戦を落としていたユナイテッドにとって前節ビジャレアル戦の劇的勝利は大きな白星となったが、チーム状態は芳しくない。プレミアリーグでは3試合勝利がなく、直近のレスター・シティ戦を2-4で落とした。MFブルーノ・フェルナンデスとFWロナウドに依存が強まっている中、悪い流れを払拭する勝利を手にできるか。 グループFもう一試合では未勝利のビジャレアル(勝ち点1)が生き残りを懸けてヤング・ボーイズ(勝ち点3)とアウェイで対戦する。ラ・リーガでも2勝5分け1敗と勝ちきれない試合が続くが、ヤング・ボーイズを叩けるか。 【グループF】 《28:00》 マンチェスター・ユナイテッドvsアタランタ ヤング・ボーイズvsビジャレアル ◆混戦を抜け出すのは~グループG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211019_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 開幕前から予想が難しかったグループGだが、その予想通りの展開になりつつある。2試合を消化して首位に立つのは1勝1分けのザルツブルク。そのザルツブルクはホームに2引き分けスタートのヴォルフスブルクを迎える。ここで勝利できればザルツブルクとしてはグループステージ突破へかなり有利な状況となるだけに取りたいところ。 一方、前節セビージャ戦を終盤の失点で追い付かれたヴォルフスブルクは、シーズン序盤の好調から一転、公式戦6試合勝利がない。ファン・ボメル監督の首が危うくなってきた中、復調のキッカケを掴めるか。 グループGもう一試合ではセビージャがリールとのアウェイ戦に臨む。2引き分けスタートとなったセビージャは、ラ・リーガでは5勝2分け1敗の3位と好スタートを切っている。その好調さをCLに持ち込んで初勝利としたい。 【グループG】 《25:45》 ザルツブルクvsヴォルフスブルク 《28:00》 リールvsセビージャ ◆2連勝スタートのユーベがゼニトと対戦~グループH~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211019_19_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループHでは前節、ユベントスが欧州王者チェルシーにウノゼロ勝利として2連勝スタートとした。そのユベントスは1勝1敗スタートのゼニトとアウェイで対戦する。シーズン序盤は不安定な戦いが続いていたユベントスだったが、アッレグリ監督が徐々に守備を修正し、持ち前の堅実さが戻ってきたビアンコネロ。チェルシー戦以降、公式戦3試合連続でクリーンシート中だが、ゼニト戦でも堅守を披露できるか。 グループHもう一試合ではチェルシーが2連敗スタートのマルメをホームに迎える。ユベントス戦では守りを固められ、思うように攻撃を展開できなかったチェルシー。そして直近のブレントフォード戦では大いに苦しめられながらも守護神メンディの活躍もあって1-0で勝利とした。格下マルメ相手には確実に勝利を掴みたいところ。 【グループH】 《28:00》 チェルシーvsマルメ ゼニトvsユベントス 2021.10.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「ヴィニシウスはバルサ加入寸前だった」、ピケが過去のやり取り明かす

バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが今週末のエル・クラシコで対戦するレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに関する逸話を明かした。スペイン『ESPN』が伝えている。 バルセロナは24日、カンプ・ノウで行われるラ・リーガ第10節で宿敵マドリーとの今季最初の伝統の一戦に臨む。このビッグマッチを前に、バルセロナのディフェンスリーダーは、ピッチ上で自らの脅威となり得る相手の主力アタッカーに関する逸話を明かした。 フラメンゴ時代に新たなネイマールとして10代初期からヨーロッパのビッグクラブの関心を集めたヴィニシウスは、2017年5月にマドリー行きが内定。その後、2018年7月に正式加入すると、昨シーズンに入ってチャンスメーカーとして台頭。さらに、今季は課題の決定力に磨きをかけ、ここまでのラ・リーガ8試合で5ゴールを挙げる活躍を見せている。 ピケは、スペインの著名なストリーマー、イバイ・ラノス氏との対談の場でそのヴィニシウスが過去にバルセロナ移籍に迫っていたことを明かした。 「ヴィニシウスがもう少しでバルサに入るところだったことを知っているかい?」 「レアル・マドリーは彼に2倍のオファーを出した。彼がマドリードに行く前に僕は個人的に彼と話をしたけど、そのとき彼はバルサとの交渉が完了していることを認めていたんだ」 「なぜ話したのかは覚えていないけど、彼をロッカールームに迎え入れるためのものだったと記憶している」 「確かに交渉は完了していたんだ。だけど、マドリーは最後の瞬間にやってきて、彼にすべてを提供したんだ」 なお、ピケの今回のコメントを裏付ける話として、当時バルセロナで南米のスカウトを担当していたアンドレ・クリ氏が今年初めにヴィニシウスとの契約が完了していたことを明かしていた。その際、「我々は後ろから刺された」と、同選手の翻意を促した代理人を非難していた。 2021.10.20 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナが新カンプ・ノウのイメージを発表!収容人数11万人

バルセロナが新カンプ・ノウの新たなイメージを発表した。クラブの公式SNSで伝えている。 バルセロナはエスパイ・バルサ計画というカンプ・ノウの改修を軸としたプランを発表。当初の計画では2021年に完成予定だったものの、現時点では2025年に完成の予定だ。 カンプ・ノウの改修を行うのはコンペを勝ち抜いた日本の設計事務所、日建設計で、完成時には収容人数を11万人まで増員する予定だ。 また、改修工事のためにバルセロナは2022年夏以降、最長で1年間のホーム開催試合をカンプ・ノウ以外で行う可能性も報じられている。 17日に行われたラ・リーガ第9節のバレンシア戦では観客を100%収容可能だったものの、4万7317人の入場者数にとどまっていたバルセロナだが、新カンプ・ノウに向けてサポーターたちの熱量を取り戻すことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】日本の設計事務所が担当する新カンプ・ノウのイメージムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpaU5nOGtodiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.20 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アグエロもファティの才能に感服「成長を妨げてはいけない」

バルセロナのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、後輩のスペイン代表FWアンス・ファティを絶賛している。『バルサTV』で語った。 昨季序盤に負った半月板損傷の大ケガを乗り越え、先月26日に行われたラ・リーガ第7節のレバンテ戦で322日ぶりに公式戦復帰を果たしたファティ。その一戦で早速ゴールを挙げると、今季出場4試合目となった先日のバレンシア戦では見事なゴラッソで勝利に貢献。契約延長も迫っていることもあり、さらなる本領発揮が期待されている。 そのバレンシア戦では、今夏加入のアグエロが満を持してデビュー。ふくらはぎのケガでここまで戦線から離れていたものの、87分からの出場を果たした。先発出場していたファティは先にベンチに下がっていたため共闘とはならなかったものの、同じピッチに立たずとも、18歳の才能には衝撃を受けているようだ。 「アンスはまだとても若く、多くの伸び代がある。彼と同じチームにいられて本当に嬉しいよ」 「僕たちは彼がその才能を示し続けられるようサポートしなければならない。あんな選手は他にそういないからね」 その差15歳の両選手。生粋のストライカーとして世界水準のアグエロから学び、いずれはクラブを象徴するようなプレイヤーへ成長することを期待したい。 2021.10.19 22:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly