10人のバルセロナが格下カディスと辛くもドロー…守護神の好守に救われるもクーマン体制終焉近づく…《ラ・リーガ》

2021.09.24 07:03 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第6節、カディスvsバルセロナが23日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、0-0のドローに終わった。

1試合未消化ながら首位と5ポイント差のバルセロナは、カディスとのアウェイゲームで公式戦3試合ぶりの勝利を目指した。マンデーナイト開催となったグラナダ戦ではピケとアラウホの2センターバックをルーク・デ・ヨングと共にパワープレー要員として参加させる終盤の力業で、辛くもホームで勝ち点1を拾ったが、クーマン監督に対する風当たりはさらに強くなっている。

そういった中、前日会見で短い声明を読み上げ、質疑応答を拒否した崖っぷちのオランダ人指揮官は、必勝が求められるアウェイゲームに向けて先発4人を変更。負傷のアレックス・バルデに替えてミンゲサを起用したほか、エリック・ガルシア、コウチーニョ、セルジ・ロベルトに替えて、ピケとL・デ・ヨング、プリメーラ初スタメンとなるガビを起用した。

戦前の予想通り、アウェイのバルセロナがボールを握り、ホームのカディスが堅守速攻で応戦する構図で試合が進んでいく。

70%を超えるボール支配率を記録したバルセロナだったが、[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷く相手に対して、なかなか攻撃のスイッチを入れるパスが入らず、“ボールを持たされる”展開に。

そうなると、左ウイングに入るデパイの個での打開、L・デ・ヨングの空中戦に期待が懸かったものの、相手の集中した守備にうまく潰されてしまい、攻撃が著しく停滞した。

それでも、相手の要所で見せる果敢なカウンターアタックに対しては、ディフェンスリーダーのピケを中心に危なげなく対応。相手にシュートを1本も打たせずに試合を折り返した。

互いに決定機ゼロという見どころを欠いた前半45分を経て、試合はイーブンの状況のまま後半に突入。バルセロナはデミルを下げて後半開始からセルジ・ロベルトを右ウイングバックに配置した。

だが、キックオフ直後にはアグレッシブに入ったカディスの圧力に晒されてボックス手前のネグレドにゴール左上隅を捉えたシュートを打たれるが、これは守護神テア・シュテーゲンのビッグセーブで凌いだ。

前節のグラナダ戦のように相手のファーストシュートでゴールを割られずにすんだバルセロナは、ここから反撃を開始。50分には右サイドに流れたL・デ・ヨングからの絶妙なグラウンダーのクロスを、ファーに走り込んだデパイが左足ダイレクトで狙うが、ここはシュートをうまくミートできず。続く52分にはペナルティアーク付近で右から内へ切り込んだデパイが相手DFの股間を抜く左足のシュートを放つが、枠の左隅を捉えたシュートはGKレデスマの好守に阻まれた。

序盤の攻防を経て試合は前半同様に膠着状態に陥っていく。そういった流れの中でバルセロナに痛恨のアクシデントが発生。65分、直前に1枚イエローカードをもらっていたフレンキー・デ・ヨングが自身のボールコントロールのミスをリカバリーしようとした際に、相手のエスピノに不可抗力ながらも足裏を見せたタックルを見舞い、2枚目のカードをもらった退場となった。

この退場で窮地に追い込まれたクーマン監督はL・デ・ヨング、ガビを続けてベンチに下げてコウチーニョとニコ・ゴンサレスを投入。最前線にデパイを置く[4-4-1]の布陣に変更した。

格下相手に勝ち点3を持ち帰りたいものの、数的不利を撥ね返すほどのパワーを出せないバルセロナは、80分にデストを下げてリキ・プッチを投入。だが、そのリキ・プッチがファーストプレーでいきなりボールを失い、中央を持ち上がったエスピノからボックス右へ走り込むサルビは決定的なスルーパスを通される。だが、この絶体絶命のピンチはGKテア・シュテーゲンが完璧な飛び出しとコース取りで防ぎチームを救った。

守護神の2つのビッグセーブに報いたい攻撃陣は試合終盤に何とか見せ場を作る。90分、ボックス手前で得たFKの場面でリキ・プッチが横にずらしたボールを名手コウチーニョが狙うも枠を大きく外す。さらに、93分にはカウンターから攻撃参加を見せたピケの絶妙なスルーパスに反応したデパイがボックス右からファーポストを狙った右足のシュートを放つが、これは枠の左に外れた。

その後、不可解な形でピッチに2つ目のボールが入ったところをブスケッツが外に蹴り出したプレーに対して、イエローカードとカディスにFKが与えられたことを受け、猛抗議のクーマン監督が退席処分に。さらに、このセットプレーの流れからアラルコンにボックス内でシュートを打たれるが、これはGKテア・シュテーゲンのセーブで何とか凌いだ。

そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、10人のバルセロナは前節のグラナダ戦に続き、格下相手にドローに持ち込むことが精いっぱいだった。これで公式戦3試合未勝利のブラウグラナは、指揮官更迭待ったなしの状況となった。


関連ニュース
thumb

バイエルンはデンベレ獲得に動かず? 一方でリバプールのマネへの関心は継続か

バイエルンはバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)獲得に関心を抱いていないようだ。 今シーズンの公式戦31試合に出場して2ゴール13アシストを記録しているデンベレ。バルセロナとの現行契約が今季限りで満了となるにもかかわらず、今冬には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続けたことにより、一時チームから追放されていた。 その後、チームに復帰したデンベレはリーグ戦4試合連続でアシストを記録するなど評価を高めたことから、改めて契約交渉の席が設けられている。それでも現時点で交渉は進展しておらず、フランス『レキップ』からはバイエルンが年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備していると報じられた。 しかし、ドイツ『キッカー』はこうした報道を否定。バイエルンは現時点で、デンベレ獲得に関心を示していないという。現在のチームにはFWキングスレー・コマン(25)、FWセルジュ・ニャブリ(26)、FWレロイ・サネ(26)ら、デンベレと年齢の近い同ポジションの選手が揃っており、必要性を感じていないようだ。 一方で、『キッカー』によるとバイエルンはリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(30)への関心は強めているという。前線ならどこでもプレーが可能なことに加えて、リバプールとの契約が2023年夏までなっており、交渉の余地があることから、今夏のターゲットの一人になる可能性はあるようだ。 バイエルンは絶対的エースとして君臨してきたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)が退団を希望していることなどもあり、忙しい夏になるかもしれない。 2022.05.19 17:58 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンがガボン代表を引退…歴代最多の30ゴールを記録

バルセロナのFWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)がガボン代表からの引退を発表した。 オーバメヤンは18日、ガボンサッカー連盟(GAB)の公式SNSを通じて代表引退を明かした。 「13年間誇りを持って自分の国を代表してプレーした後、僕は国際的なキャリアを終えることを発表する」 2009年に代表デビューを飾ったオーバメヤンは、これまで通算73試合に出場し、同国歴代最多の30ゴールを記録。ワールドカップ出場やタイトル獲得はならずも、2012年に行われたアフリカ・ネーションズカップではその他6選手と並んだものの、大会得点王に輝いていた。 今年初めにカメルーンで行われたアフリカ・ネーションズカップにも招集されていたが、新型コロナウイルス感染後の心臓の問題によって離脱を余儀なくされていた。 2022.05.19 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデンベレ獲得の動きを本格化、年俸24億円のメガオファー用意か

バイエルンが、バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)と交渉をスタートさせたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 バルセロナとの現行契約が今季限りで満了を迎えるにあたり、その去就が注目されているデンベレ。冬の移籍市場の際には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続け、一時チームから除外される一幕もあった。 しかし、確かな才能を持つ25歳は、その後チームに戻ると本領を発揮。リーグ戦7試合で1ゴール9アシストを記録する活躍を披露し、チャビ・エルナンデス監督からも絶賛の声が挙がった。そして、クラブも契約更新の意思をより明確にし、これまでコンタクトを図っている。 だが、シーズン終了が目前に迫る現段階で交渉の進展は伝えられておらず、時間と共に退団の線が濃厚に。そんな中、バイエルンは年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備し、フランス代表FWを口説きにかかっているようだ。 札束勝負となれば、6月の人件費決済も危ういバルセロナには非常に不利な土俵となる。デンベレに残留の意思があればチャンスもありそうだが果たして。 2022.05.18 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ラポルタ会長が今夏の移籍市場に言及! 財政問題クリア楽観視で噂される主力売却に否定的な見解

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、今夏の移籍市場に向けた財政面の問題クリアを楽観的に考えているようだ。スペイン『ESPN』が伝えている。 今シーズンの開幕前に13億5000万ユーロ(約1840億円)の負債を明かしたバルセロナ。さらに、新たに2億4200万ユーロ(約330億円)の損失が発覚したことを受け、先日にラ・リーガはバルセロナの今夏移籍市場での使用限度額をマイナス1億4400万ユーロ(約196億円)に設定したことをアナウンスしていた。 また、2年連続の赤字決算を回避するため、6月末の決算期を前にして、現金の投入も必要と考えられている。 今シーズンのラ・リーガの2位以内が確定し、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権及び、スーペル・コパ・デ・エスパーニャ出場権を手にしたクラブは、スポーツサイドで獲得可能な資金調達を完遂。 ただ、今夏の獲得が噂されるバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキらの移籍金を調達するためには、クラブの未来であるスペイン代表MFペドリや同MFガビを除き、現時点で最も高額な移籍金が見込めるオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの売却が必要との報道が出ている。 そういった中、ラポルタ会長は17日、スペイン『Catalunya Radio』で現時点でのクラブ財政、今夏の補強に関する見通しについて語った。 レヴァンドフスキ獲得の可能性に関する質問に関しては、「(スポーツ・アドバイザーの)ジョルディ・クライフと、(スポーツ・ディレクターの)マテュー・アレマニーに任せればいい」と、明言は避けたものの、6月末までに取り組んでいる一連の金銭的合意を完了できれば、夏の大型補強を成功させるため、痛みを伴う売却は必要ないと楽観的な反応を示した。 「財政状況はあまり良くない。しかし、我々は競争力のあるチームを作るために懸命に働いている。簡単なことではない。状況を好転させるために取り組んでいる」 「クラブの財政を何とか整理できれば、そうなると思うが、我々が考えているすべての作戦を実行することができる」 「バルセロナのプレーヤーの中には、市場で求められているプレーヤー(F・デ・ヨング)がいる」 「しかし、我々が取り組んでいることが経済的にうまくいけば、経済的な理由による売却はないはずだ」 「痛みを伴う売却があるかどうかは分からない。現時点では、クラブの財政が最優先だからだ。だが、我々がやりたいことを、6月30日までにやれれば、それは壮大なものになると思う」 なお、ラポルタ会長が言及した金銭的合意に関しては、クラブ内の映像制作会社である『バルサ・ストゥディオス』と、『バルサライセンシング&マーチャンダイジング』の株式49%の売却による資金調達。さらに、過去に一度拒否した投資ファンド『CVCキャピタル・パートナーズ』からの資金調達、将来的なテレビ放映権料10%の売却といったものがあるという。 また、新戦力補強と並行して行っているフランス代表FWウスマーヌ・デンベレとの契約延長交渉に関しては、来週中にも何らかの動きがあることを示唆している。 「彼は残留を希望しているが、我々の提案より優れていると思われる他の選択肢に誘惑されている」 「彼はすでに我々のオファーを受けており、シーズンが終わる来週には、我々に返答するはずだ。我々はこの問題を今すぐ解決したいが、彼らに(決断を)迫ることはできない」 「チャビは彼を気に入っているし、私も同様だ。プレーヤー自身はドレッシングルームと良い関係を築いているし、彼の友人(オーバメヤン)も入ってきているが、彼の代理人も自分たちの利益を考えており、彼らの決断を待っているところだ」 2022.05.18 07:05 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、至宝ガビとの契約延長目前に… 解除条項は10億ユーロに設定か

バルセロナに所属するスペイン代表MFガビ(17)の契約延長が目前に迫っているようだ。スペイン『Cadena Cope』が報じている。 今シーズン限りで契約が失効するガビの契約延長交渉は、数カ月前から行われてきたが現在まで決着しておらず、国外のビッグクラブからの関心も報じられていた。 だが『Cadena Cope』によれば、バルセロナは16日の午後にガビの代理人であるイバン・デ・ラ・ペーニャ氏と最終的な話し合いを実施。2時間に及ぶ会談の末に2027年前契約を延長する契約書が作成されたようだ。 なお、今回の契約書でカビのリリース条項は、現在の5000万ユーロ(約68億円)から10億ユーロ(約1343億円)に引き上げられる予定だという。 バルセロナのカンテラで育ち、昨年8月末のヘタフェ戦でトップチームデビューをしたガビ。17歳ながらここまで公式戦46試合に出場し、主力の一人として活躍中だ。また、同年10月には85年ぶりの更新となる史上最年少でスペイン代表デビューも果たしていた。 2022.05.17 00:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly