一寸先は闇…担架を運ぼうとしたスタッフが足を負傷するハプニング

2021.09.23 12:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウルグアイで失笑モノのハプニングが起こった。アルゼンチン『Ole』が伝えている。

ウルグアイ南西部のフライ・ベントスで行わていた大会で、ラウレレスとサルト大学のチームが対戦していると、選手の1人が負傷。自力では起き上がれず、担架が要請された。

2人の男性が担架を持って選手のもとへ駆け寄っていたその時、運んでいた1人が足を痛め、担架を持っていることもできず片足立ちに。そのままけんけんの要領でピッチの外まで出ると、その場でしゃがみ込んでしまった。

『Ole』によると、ウルグアイのテレビ局でこの試合を放送していた解説者は、この前にピッチコンディションの悪さと選手のケガについて言及していたという。スタッフの男性が負傷した直後にも「私が言ったようにピッチは荒い」とコメントしていたそうだ。

その後、負傷した男性はラウレレスの医療チームによって治療してもらったとのこと。『Ole』は負傷したココイタ・ベラスケスさんを紹介し、滅多に見られない夜の主人公になったと伝えている。

※記事写真はイメージです



1 2
関連ニュース
thumb

W杯出場決定のデンマーク代表、ホテルの女性スタッフとプールで大騒ぎ…女性2人は懲戒処分

デンマーク代表の面々がホテルで大騒ぎし、女性従業員が解雇される事件が起きていた。イギリス『サン』が報じた。 ドイツ代表に続いて、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得したデンマーク代表。ユーロ2020でのベスト4進出など躍進が目覚ましい中、大事な予選の前に大騒ぎをしていた。 デンマークサッカー連盟(DBU)は先週、代表選手たちがヘルシンゲルのホテルにて、女性スタッフと戯れているとの疑惑を受け、調査をスタート。W杯欧州予選最中の出来事だった。 すると、問題のホテル『マリエンリュスト』は、報道を受けてウェイトレスの2名を懲戒処分とし、解雇することを決定ホテルの支配人は、スタッフ宛のメールで怒りを露わにしていた。 「失望しました。全く受け入れられません」 「残念なことに、一部の従業員がデンマーク代表チームに好意的すぎる態度を取ってしまいました」 「このようなことが起こるとは、想像もしていませんでした」 「我々は常にプロとして行動しており、ゲストエリアや客室で、個人的に選手と付き合うことはないということをお伝えしなければなりません」 また、この支配人はデンマーク『SE og HOR』で、事件について述べている。 「私は人事の方針に従わなかった2人のスタッフを叱責しなければなりません」 「DBUとは常に連絡を取り合っており、この件についても話し合っています」 「女性はあるプールに、選手は別のプールに入っており、2つのグループが1つに集まったと聞いています。これは良くありません」 なお、この騒ぎに誰が参加していたことは明かされていない。 2021.10.16 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「なんという組み合わせ」悪名高い2人がタッグを組んだ!モウリーニョが格闘家・マクレガーとのツーショットを披露「2つの伝説」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が総合格闘家とタッグを組んだ。 今シーズンからローマを率いるモウリーニョ監督。開幕からセリエAで3連勝と好スタートを切ると、2敗を喫したものの、5勝2敗で現在4位につけている。 そんなモウリーニョ監督は16日、自身のインスタグラムを更新。アイルランド人史上初のUFC世界王者に輝いた総合格闘家、コナー・マクレガーとのツーショットを投稿した。 実力も去ることながら、今年5月にはフォーブス誌による『世界でもっとも高収入なスポーツ選手』で1位となったマクレガー。昨年の収入は1億8000万ドル(約200億円)とも言われている。 ウイスキーグラスを手にしたモウリーニョ監督と、ローマのユニフォームを手にしたマクレガーという超豪華な組み合わせにファンも大興奮。「わぉ、2人のレジェンド!」、「なんてコラボ」、「新たなDF、左利きのコナー」、「悪名高い2人!、なんという組み合わせ」などのコメントが届けられた。 2009-10シーズンにはインテルを指揮してセリエA、チャンピオンズリーグ(CL)、コッパ・イタリアの3冠を達成しているモウリーニョ監督。ローマに2000-01シーズン以来となるスクデットをもたらすことはできるだろうか。 なお、ローマは17日にセリエA第8節でユベントスとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】ウイスキー片手にマクレガーと肩を組むモウリーニョ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVFS2ctowZU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVFS2ctowZU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVFS2ctowZU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jose Mourinho(@josemourinho)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.16 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「生きた伝説」まさに注目の的!ウォーミングアップ中のC・ロナウドに全ての視線が集まる「すべてを語る画像」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、文字通り注目を集めている。 9月には代表通算ゴール数を単独トップの「111」とし、ギネス世界記録に認定されたC・ロナウド。サポーターはもちろんのこと、選手や対戦相手もその一挙手一投足を気にかけている。それを証明するかのような1枚の写真が公開された。 タペストリーを手にしていることから、試合開始前のコイントス時だろうか。ピッチサイドで体を温めるC・ロナウド。そのジャンプ力も目を見張るが、驚くのはベンチの選手や指揮官の視線だ。その場にいる誰もがC・ロナウドに目を向けている。 しっかりと見つめる者もいれば、横目でうかがうようにしている者も。文字通り注目の的となったC・ロナウドに対し、SNSには「すべてを語る画像!」、「映画の役割を与える」、「アイドル」、「一眼レフマジック」、「生きた伝説」などのコメントが寄せられた。 C・ロナウドは10月9日に行われた国際親善試合、カタール代表戦でも1ゴール。さらには、12日のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選でルクセンブルク代表を相手に通算58度目のハットトリックを達成した。記録を更新し続ける男からは誰もが目を離せないようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】視線集中!その場にいる全員がC・ロナウドを見ている!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">All eyes on Ronaldo <a href="https://t.co/SmqYFFyOWg">pic.twitter.com/SmqYFFyOWg</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1448959345207746586?ref_src=twsrc%5Etfw">October 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.16 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「なぜ僕らのためにこれをしないのか?」ブラジル代表でネイマールのゴールをアシストしたフレッジの絶妙パスにユナイテッドサポが疑問

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFフレッジがピンポイントのパスでネイマールのゴールをお膳立てした。 日本時間15日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第12節。10試合で9勝1分け無敗で首位をひた走るブラジルは4位のウルグアイ代表とホームで対戦した。 フレッジもこの試合に先発出場。10分には見事なアシストでネイマールの代表通算70得点目を演出した。右サイドからのボールを中央で受けると、左足でのコントロールからすぐさま最終ラインの背後へ浮き球のパス。ネイマールの動き出しに合わせ、距離のある縦パスをピンポイントで送り届けた。 素晴らしいアシストで先制点を導いたフレッジには、SNS上でさまざまな声が上がった。「フレッジ先生」、「もっと攻撃的な役割を与えて」などのほか、ユナイテッドのサポーターからは「なぜ僕らのためにこのようなプレーをしないのか?」と現状を憂うコメントも。それに応えるように「前回の試合で見せたけど、カバーニが逃したんだ」などの意見も寄せられた。 フレッジは日程面から16日に控えるレスター・シティ戦への出場はできない。そのため、来週20日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦に照準を合わせることになる。ファンからの評価が割れるセレソンは、オールド・トラッフォードでも結果を残すことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】フレッジがピンポイントパスでネイマールのゴールをお膳立て</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVEf3dtNY_3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVEf3dtNY_3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVEf3dtNY_3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">CONMEBOL(@conmebol)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.16 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

フライト時間はたった10分、 ユナイテッドが160kmの近距離を飛行機で移動の珍事

マンチェスター・ユナイテッドの面々が、予想外の移動を強いられることとなった。イギリス『サン』が報じた。 インターナショナル・マッチウィークが明けての初戦。ユナイテッドは16日にプレミアリーグ第8節でレスター・シティと対戦する。 アウェイゲームに臨むユナイテッドは、4勝2分けで1敗の勝ち点14で4位に位置。一方のレスターは、2勝2分け3敗の勝ち点8で13位につけている。 ここ2試合はリーグ戦で勝利がないユナイテッド。そのアウェイゲームが行われるキングパワー・スタジアムは、100マイル(約160km)しか離れておらず、アウェイゲームでも近郊といえる。 しかし、ユナイテッドの面々はマンチェスター空港にそれぞれの自家用車で到着。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスはポルシェの電気自動車で空港に現れるなど、選手たちが集まった。 選手たちがマンチェスター空港に集まった理由は、たった160kmの距離をプライベートジェットで移動するため。時間にして約10分間のフライトとなるが、ユナイテッドは空路で移動することとなった。 しかし、これはビッグクラブならではの移動というわけではない。その理由は、なんと金曜日に高速道路であるM6が閉鎖され、陸路での移動ができなくなったからだという。 思わぬ形で空路を使うこととなったユナイテッドの面々。近い距離でありながらも移動時間が大幅に減ることはプラスに働くだろうか。 2021.10.16 19:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly