破産の英2部ダービー、勝ち点12はく奪が決定…

2021.09.22 23:54 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日に破産を発表したチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティが、イングランド・フットボールリーグ(EFL)から勝ち点12をはく奪された。イギリス『BBC』が報じている。

2015年にメル・モリス氏に買収されたダービーだが、同氏はここまでのクラブ運営において2億ポンド(約298億円)もの損失を被っているという。さらに、新型コロナウイルスの影響により、昨シーズンは2000万ポンド(約29億8000万円)もの収入減となっていた。

一連の財政問題を受け、クラブは17日に破産申請の手続きを開始。そして、20日に管財人としてビジネス・アドバイザリー会社『Quantuma』のマネージング・ディレクターを務めるアンドリュー・ホスキング氏、カール・ジャクソン氏、アンドリュー・アンドロニコウ氏が任命された。

これにより、EFLは当初の取り決めの通り、破産申請が受理されたダービーに対して、勝ち点12のはく奪を正式に決定した。

ダービーは今季ここまでのリーグ戦8試合で2勝2敗4分けの戦績を残し、勝ち点10を稼いでいたが、今回の処分により勝ち点-2の最下位に転落することになった。

さらに、同クラブに関してはEFLの支出規定違反によって、さらに勝ち点9をはく奪される可能性もあるという。

ダービーは、1970年代に2度のイングランドトップリーグ優勝を経験。そのほか、1945-46シーズンFAカップも制したこともあるが、近年はイングランドトップリーグから縁遠い状況だった。

現在はかつてエバートンやマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー氏が監督としてチームを指揮している。

関連ニュース
thumb

アーセナルが破産ダービーに素晴らしいサポート! 移籍金の支払い延期に合意

先日に破産を発表したチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティに対して、アーセナルが素晴らしいサポートを見せた。イギリス『テレグラフ』が報じている。 2015年にメル・モリス氏に買収されたダービーだが、同氏はここまでのクラブ運営において2億ポンド(約298億円)もの損失を被っているという。さらに、新型コロナウイルスの影響により、昨シーズンは2000万ポンド(約29億8000万円)もの収入減となっていた。 一連の財政問題を受け、クラブは先月17日に破産申請の手続きを開始。そして、20日に管財人としてビジネス・アドバイザリー会社『Quantuma』のマネージング・ディレクターを務めるアンドリュー・ホスキング氏、カール・ジャクソン氏、アンドリュー・アンドロニコウ氏が任命された。 これにより、イングランド・フットボールリーグ(EFL)は当初の取り決めの通り、破産申請が受理されたダービーに対して、勝ち点12のはく奪を正式に決定した。 その苦境のダービーに対して、手を差し伸べたのが、アーセナル。 アーセナルは2019年夏に、ポーランド代表MFクリスティアン・ビエリクを800万ポンド(約12億1000万円)と言われる金額で売却。そして、今月末までにその移籍金の一部にあたる140万ポンド(約2億1000万円)を受け取る予定になっていた。 しかし、ダービーの深刻な財政難を受け、アーセナルはその移籍金の支払いを来年まで延期することで合意したという。 ダービーは依然としてクラブ存続に向けて厳しい状況にあるが、アーセナルの素晴らしいジェスチャーによって少しでも状況が好転することが期待される。 2021.10.06 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

破産のダービー、ルーニー監督は未だ会長と連絡付かず「失望している」

先日に破産が決定したダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督が、メル・モリス会長への失望感を露わにしている。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 2015年のメル・モリス氏のクラブ買収以降、クラブ運営において2億ポンド(約298億円)もの損失を被っているダービー。さらに、新型コロナウイルスの影響により、昨シーズンは2000万ポンド(約29億8000万円)もの収入減となり、今月17日に破産申請の手続きを開始した。 そして、20日に管財人としてビジネス・アドバイザリー会社『Quantuma』のマネージング・ディレクターを務めるアンドリュー・ホスキング氏、カール・ジャクソン氏、アンドリュー・アンドロニコウ氏が任命され、破産申請が受理された。 先日にクラブが破産手続きを開始したことをTVで知ったというルーニー監督は、『ガーディアン』の取材で未だメル・モリス会長と連絡がつかないことを明かした。 「8月9日以降、メルとは話をしていない。クラブドクターの電話を使って連絡を取ったことがある」 「その電話に出たため、彼はクラブドクターからの電話には出られても、監督からの電話には出られないのだと私は悟った。それは理想的な関係ではなかった」 「22日にメルは選手とスタッフに向けてグループミーティングを行った。私もそのミーティングに参加したが、一対一では電話もメッセージもなく、まだ何も聞いていない状況だ」 「また、ミーティングに関しても、私の意見では、あれは誠実や正直さに欠け、十分に心のこもったものではなかった」 「だが、彼は明らかに前に進んでおり、我々もメル・モリスのことは頭の片隅に置いて前を向いていかなければならない。私はこの仕事を非常に真剣に受け止めており、最高の準備をしたいと思っているよ」 なお、ダービーは破産申請が受理されたことで、イングランド・フットボールリーグ(EFL)の規定により勝ち点12がはく奪され、勝ち点-2の最下位に転落。また、EFLの利益と持続可能性に関する規則違反で、さらに勝ち点9を失う可能性も残っている。 2021.09.24 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ダービー指揮官ルーニー、チームの破産申請をTVで知るも「私はクラブにコミット」

ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督が破産申請を公表したチームの再建に自らも尽力すると誓った。 現役時代にエバートンやマンチェスター・ユナイテッド、イングランド代表で活躍したルーニー監督の下、プレミアリーグ昇格を目指すダービー。だが、17日に新たなオーナーが見つからない状況や新型コロナウイルス感染拡大に伴う財政悪化を理由に破産申請の手続き開始を発表した。 そんなダービーはすでにファイナンシャルフェアプレー(FFP)抵触で勝ち点9が剥奪される情勢にあり、今回でさらに勝ち点12を失う危機にも直面。だが、ルーニー監督は18日に本拠地で行われたチャンピオンシップ第8節のストーク・シティ戦を2-1で勝利後、見捨てるつもりがないようだ。 試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でチームの破産申請を訊かれ、「スカイで見た。(最高財務責任者の)スティーブン・ピアースとは後で話したが、テレビで知ったんだ。(会長の)メル(モリス)との話はまだ。他のことで手いっぱいなのだろう」と驚きの返答をしつつ、忠誠心を示した。 「何度も言っていることだが、私はこのクラブにコミットしている。選手達やスタッフのことにも気を配ってもいる。私は我々がこの状況を乗り越えられるためにできることなら何だってやる」 「我々なら良い方向に進めるはず。これから厳しい時期に直面するだろうが、このクラブを立て直して、元の状態に戻すのが今の私がすべき仕事だ」 「このクラブに誇りと威厳を取り戻すことが私の仕事。このクラブにも偉大なファンの基盤があって、そんな彼らは私や選手たちが全精力を捧げる価値があるんだ」 2021.09.19 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

英2部ダービー・カウンティが破産申請…買い手探しに苦戦、新型コロナで財政悪化

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービー・カウンティが17日、破産を発表した。 クラブの声明によると、同日に破産申請の手続きを開始。クラブの取締役が管財人を任命する意向の通知を出し、新たな買収先のメドが立たなかったことや新型コロナウイルス感染拡大に伴う財政悪化が理由だという。 そんなダービー・カウンティだが、1970年代に2度のイングランドトップリーグ優勝を経験。そのほか、1945-46シーズンFAカップも制したこともあるが、近年はイングランドトップリーグから縁遠い状況だった。 現在はかつてエバートンやマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー氏が監督としてチームを指揮。今季はここまでリーグ戦7試合を戦い、勝ち点7の16位に位置している。 だが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ダービー・カウンティはファイナンシャルフェアプレー(FFP)抵触ですでに9ポイントの剥奪危機。破産申請も受理されれば、さらに12ポイントも剥奪されるようだ。 2021.09.18 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

39歳ジャギエルカ、新天地は元チームメイトのルーニー率いるダービーに!

元イングランド代表DFフィル・ジャギエルカ(39)が、ダービー・カウンティ加入で合意した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 スリーライオンズで40キャップを誇るジャギエルカは、2007年から2019年にかけてエバートンで活躍したセンターバック。同クラブでは公式戦385試合に出場しており、その後、12年ぶりに復帰した古巣のシェフィールド・ユナイテッド時代も含めて、プレミアリーグで通算376試合に出場するなど、長らく第一線に立っていた。 だが、昨季はプレミアリーグ10試合の出場にとどまり、シェフィールド・ユナイテッドも最下位でチャンピオンシップへ降格。今夏でフリーとなっていた。 加入が正式に決まれば、ダービーを率いるウェイン・ルーニー監督とは、エバートンで共闘した2017-18シーズン以来の再会に。今度は3歳年下のルーニーが監督という奇妙な立場となる。 なお、ジャギエルカがチャンピオンシップでプレーするのは、シェフィールド・ユナイテッドに在籍していた05-06シーズン以来、16年ぶりとなる。 2021.08.17 14:51 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly