リバプールの本拠地アンフィールドが改修へ、スタンド拡張で7000席が増加に

2021.09.22 21:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールの本拠地であるアンフィールド。スタンドの拡張工事に関して、前進しているとクラブが発表した。

現在拡張が計画されているのはアンフィールドロード・スタンド。コップ・スタンドと呼ばれるリバプールサポーターが陣取るスタンドの反対側にあるアウェイスタンドのことだ。とはいえ、ほとんどがリバプールサポーターが座る席となっている。

現在のアンフィールドの収容数は5万4000人。今回のスタンド拡張により7000席が増えることになり、収容人数が6万1000人になるという計画だ。

この計画は今年6月に承認され、2023-24シーズンに間に合うように改修されることになる。なお工事はシーズン中も行われるが、試合は通常通り開催される。

来週にも正式な起工式が予定されており、工事は本格的にスタートするという。

リバプールのマネージング・ディレクターを務めるアンディ・ヒュース氏は、今回のプロジェクトについてコメントしている。

「このプロジェクトは確実に進める必要があり、今では前に進める状況にある。我々は、2014年にこの旅をスタートさせ、プロジェクトをこの段階に進めるために貢献してくれた全ての人に感謝している」

リバプール市議会からの承認を得たプロジェクトだが、5シーズンにわたって最大で6度のコンサートと主要イベントを開催する許可も与えられている。

また、座席が増えた暁には、現在2200人が各ホームゲームで雇われているが、400人が増員されると予想されているとのこと。そのうちの95%はリバプール地域に住んでいる人となり、新たな雇用も生むこととなる。



1 2
関連ニュース
thumb

「最も危険な選手」5試合ぶり出場でゴールの南野拓実をクロップ監督が称賛、リーグ戦で起用しない理由にも言及

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、日本代表MF南野拓実のパフォーマンスに言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは27日、カラバオカップ(EFLカップ)4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)所属のプレストンと対戦し2-0で勝利した。 南野は久々の試合出場となったが、0-0で迎えた62分にネコ・ウィリアムズがボックス右深くまで切り込みクロスを供給すると、これをニアサイドにいた南野が押し込み先制。84分にはディヴォク・オリジが追加点を奪い、0-2で勝利した。 主力を温存した中での戦い、公式戦5試合ぶりに出場し、再びEFLカップでゴールを決めた南野についてクロップ監督が称賛。プレミアリーグで起用できない理由についても明かした。 「タキは高いクオリティを持っている。タキの問題は…実は彼のポジションにいる他の選手が本当に良いことを除けば、何も問題はない。彼らがケガをしていないことを神に感謝する。それで終わりだ」 「タキは本当に良い。素晴らしい瞬間を過ごしており、今夜見せたよりもトレーニングでは、はるかに優れている。彼は最も危険な選手で、ゴールを決めている。これが非常に重要だ」 「彼は我々の試合を良く理解しているので、彼を起用することができ、すぐに我々のサッカーの大部分を担うことができる。今夜も明らかにそうだった」 「タキは良かったが、彼がもっと良くなれることは誰もが知っている」 また、アクロバットに2点目を決めたオリジについても言及。難しい試合の中でよくゴールを決めたと称えた。 「ディヴォク(・オリジ)のゴールは、ディヴォク・オリジだけだ。うまくプレーできていなく、ストライカーにとっては難しいため、今日は明らかにストライカーの試合ではなかった。でも、彼が決めたゴールは特別だった」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の技ありゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dlOzav1lj-Q";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.10.28 09:35 Thu
twitterfacebook
thumb

主力温存のリバプールが南野&オリジ弾でベスト8進出!《EFLカップ》

南野拓実の所属するリバプールは27日、EFLカップ4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)所属のプレストンと対戦し2-0で勝利した。南野はフル出場し62分にゴールを記録している。 3回戦でノリッジを下したリバプールは、直近のマンチェスター・ユナイテッド戦からスタメン11名を全員変更。ノリッジ戦で2ゴールを挙げた南野は3トップの左で公式戦7試合ぶりの先発出場となった。 立ち上がりからボールを支配するリバプールだが、自陣に引いて守りを固めるプレストンの守りに苦戦すると25分にピンチを迎える。自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとマグワイアのスルーパスでDFの裏に抜け出したポッツがGKとの一対一を迎えたが、シュートは絶妙な間合いを取ったGKアドリアンが左手一本で弾き出した。 リバプールは28分にも、ボックス右に抜け出したマッキャンの折り返しからピンチを迎えると、マグワイアのシュートはGKアドリアンがファインセーブ。さらにこぼれ球を詰めたレドソンのシュートはゴールカバーに入ったネコ・ウィリアムズがブロックし、このピンチを凌いだ。 ハーフタイムにかけてもボールの主導権はリバプールが握ったが、決定機を作るには至らず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もポゼッションで圧倒するリバプールは54分、バイタルエリア中央でボールを受けたチェンバレンが反転から右足一閃。しかし、シュートはわずかに枠の左に逸れた。 その後も攻勢を続けるリバプールは62分に待望の先制点を奪う。ロングパスを前線で受けたネコ・ウィリアムズがボックス右深くまで切り込みクロスを供給すると、これをゴール前の南野が押し込んだ。 さらにリバプールは、84分にツィミカスの左クロスがそのままゴールへ向かうとこれがクロスバーを直撃。こぼれ球を拾ったネコ・ウィリアムズのシュートは相手DFにブロックされたが、このルーズボールをゴール前のオリジがスコーピオンキックでゴールに押し込んだ。 結局、試合はそのままタイムアップ。南野のEFL杯2戦連発弾などで勝利したリバプールが準々決勝進出を決めている。 2021.10.28 05:51 Thu
twitterfacebook
thumb

サラーのゴールに対する飽くなき向上心…ワトフォード守護神が試合後の逸話を明かす

ワトフォードの元イングランド代表GKベン・フォスターが、リバプール戦後のエジプト代表FWモハメド・サラーとの逸話を明かしている。イギリス『サン』が伝えた。 ワトフォードとリバプールは今月16日にプレミアリーグ第8節で対戦。立ち上がりからアウェイのリバプールが圧倒した試合は、FWロベルト・フィルミノがハットトリックを達成するなど、0-5と大差がついた。 この試合のサラーは、先制点となったFWサディオ・マネのゴールをアシストしただけでなく、チームの4点目も記録。現在はこの一戦も含めてプレミアリーグでは7試合連続、公式戦では10試合連続得点中で、ここまで12試合の出場で15ゴールと、他を大きく凌駕する得点力を見せつけている。 ただ、それは日頃からの意識の表れのようだ。フォスターが自身のYouTubeブログ『CyclingGK』で語ったところによると、サラーはワトフォード戦後、反省を踏まえてフォスターの下へアドバイスを求めに行っていたという。 「リバプールは、私のキャリアの中で最もよく整備されたマシンで、よく精錬されたチームだと思う。だが、特に話したいのは、サラーのことだ」 「試合終了後に彼が言った言葉は私に『なんてプロフェッショナルだ』と思わせた。彼らは5-0で勝利し、サラーも1ゴールを決めた」 「そんな彼が試合後に私のところに来たんだ。カメラに映らないようにと口を手で押さえながらね。そして尋ねてきた。『今日の僕は良かったかな?』とね。さらに、『もし僕がPKを蹴っていたら、君はどっちに飛んでた?』ともね」 「彼がそう言った瞬間、『ああ、賢い選手だな』と思ったよ。我々GKはストライカーの特徴を細かくチェックしているんだ。PKも含めてね」 「例えば、サラーの最後の5本のPKはGKの右に決めていた。それを踏まえて私は『右に飛んでいただろうね』と答えた」 「すると、彼は満面の笑みを浮かべて『そうか、ありがとう。知りたかったんだ』と言って去っていったよ」 「彼は5-0の勝利に貢献し、ゴールを決めたとしても、次の試合に向けて小さな小さなディティールを調べ尽くすのだ。私は、それがサラーがトッププレイヤーである理由だと考えているよ」 2021.10.27 17:29 Wed
twitterfacebook
thumb

クーマン監督の次を見据えるバルセロナ、理想はリバプールのクロップ監督招へいか

バルセロナはリバプールのユルゲン・クロップ監督招へいを希望しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 バルセロナは昨夏にロナルド・クーマン監督が就任。FWルイス・スアレスを構想外として多くの若手を起用するなどスカッドの刷新を断行し、コパ・デル・レイではチームを優勝に導いた。 しかし、FWリオネル・メッシが夏に去った今季は状況が日々悪化しており、ラ・リーガでは9位に低迷。24日にカンプ・ノウで行われたレアル・マドリーとのエル・クラシコも、1-2で敗れている。加えて、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでもバイエルン、ベンフィカに立て続けに0-3のスコアで敗れるなど元気はなく、非難は強まる一方だ。 エル・クラシコでの敗戦後には帰路につくクーマン監督の車をファンが取り囲み暴言を浴びせる事態も発生しており、ファンとの関係も崩壊寸前。クラブも現時点ではあくまでクーマン監督の続投を主張しているものの、今後数試合の結果次第では解任の可能性も高いとされている。 仮に解任となった場合、後任候補としてアル・サッド(カタール)のチャビ・エルナンデス監督やベルギー代表のロベルト・マルティネス監督、現在フリーのアンドレア・ピルロ氏などの名前が挙げられているが、スペイン方面の報道によるとクロップ監督の招へいこそがクラブの理想のようだ。 クロップ監督は2015年10月にリバプールの監督に就任すると、無冠の日々が続いていたチームを卓越した手腕で立て直し、2018-19シーズンにはCLを制覇。続く2019-20シーズンには30年ぶりとなるリーグ優勝をクラブにもたらした。 スーパースターが去ったチームの再建としてクロップ監督はうってつけの人材と言えるが、一方でバルセロナは招へいの難易度を理解してもいるようだ。クロップ監督とリバプールの契約は2024年夏まで残っており、その後は1年の休養を取りたいと指揮官本人が明言している。 それでも今後バルセロナが何らかのアプローチをかける可能性はあるものの、クロップ監督がリバプールでの任期中にスペインへ向かう可能性は非常に低いかもしれない。 2021.10.27 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールの副官リンダースが負傷者状況明かす「ケイタの状態は悪くない」

リバプールのアシスタントコーチを務めるペップ・リンダース氏が、チームの負傷者状況を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 現在プレミアリーグ9試合で6勝3分けの成績を残し2位につけ、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでは3戦全勝と好調のリバプール。一方で、負傷者の数は増加しており、特に中盤は苦しい状況となっている。 すでにMFチアゴ・アルカンタラ、MFハーヴェイ・エリオット、MFファビーニョが負傷離脱していることに加え、先週末に行われたプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦ではMFジェームズ・ミルナーとMFナビ・ケイタが負傷によって途中交代。それぞれ状態が不安視されていた。 27日のカラバオカップ(EFLカップ)4回戦で行われるプレストン戦の前日会見に出席したリンダース氏は、負傷者状況について説明。ミルナーはしばらく離脱するという見方を示す一方、ケイタ、ファビーニョ、チアゴは早い段階で復帰できるだろうと明かした。 「ミリー(ミルナー)のケガは(11月の)インターナショナルマッチウィークまで続く長いものになるだろう。それでも、これからの時期に彼は必要だ。私はアシスタントコーチだが、その肩書きはミリーにも与えられるべきだろうね。彼はスタッフと選手をつなぎ、監督を補佐する役割を担っている。彼には果たすべき役割があり、それを理解してくれているから問題はない」 「ナビは現在打撲を負っているが、我々は日々状態を確認している。今のところ、状態は悪くなさそうだ」 「ファビーニョは明日の試合には間に合わないだろう、こちらも日ごとに状態を評価していくよ。土曜日の試合に間に合えば良いね」 「チアゴもトレーニング復帰に近づいている。週の後半にはトレーニングに参加するだろう。(週末の)ブライトン戦の復帰には早過ぎるかもしれないが、彼が戻ってくるのは良いことだね」 2021.10.27 15:28 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly