バルセロナが青とえんじのCLユニフォームを発表!14日のバイエルン戦でお披露目

2021.09.09 20:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは9日、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で使用する3rdユニフォームを発表した。

そのデザインは伝統的な青とえんじのストライプがベースになりながら、バルセロナ市内の5つの地区(ブラ・セック、ポブラ・ノウ、グラシア、エル・ラバル、ラス・コルツー)の特徴的な建築及び文化的要素が溶け込んでいる。

これらの要素は地元の若いアーティストたちによって再解釈されており、デザインに近隣的な表現を組み込むことによって、クラブと都市の間の密接なつながりを強調している。

ストライプは試合日にファンが着用するマフラーのオマージュになっており、シャツと同様の青いパンツが組み合わされる。パンツのサイドには濃紺のストライプが入り、「El nostre Barça(私たちのバルサ)」の文字が刻まれている。このメッセージは濃紺のソックスにも施されている。

このユニフォームは、14日にカンプ・ノウで行われるCLグループステージ初戦となるバイエルン戦でお披露目となる。



1 2
関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第10節プレビュー】今季最初のエル・クラシコ! アトレティコvsソシエダの上位対決も

先週末に行われた第9節ではアトレティコ・マドリーとレアル・マドリーのマドリードの2強が試合延期となった中、レアル・ソシエダが暫定首位に浮上。また、セビージャとバルセロナの強豪2チームも勝利を取り戻している。 過密日程が続く中で開催される今節は7位のバルセロナ(勝ち点15)と、2位のレアル・マドリー(勝ち点17)による、今季最初のエル・クラシコが開催される。 バルセロナは前節、ホームでバレンシアと対戦。開始早々に先制点を奪われたものの、FWアンス・ファティ、FWデパイ、MFコウチーニョのゴールによって3-1の逆転勝利を挙げた。さらに、連敗スタートのチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフを1-0で退け、CL初白星と共に今季初の公式戦連勝を飾った。依然として攻守両面での課題は多いものの、ひとまず良い形で伝統の一戦を迎えることになった。 一方、前々節のエスパニョール戦で今季初黒星を喫したレアル・マドリーだが、直近のCLでは敵地でシャフタールと対戦。昨季グループステージで屈辱のダブルを喫した難敵相手にFWヴィニシウス、FWベンゼマ、FWロドリゴの3トップ揃い踏みの活躍でマニータの大勝。公式戦4試合ぶりの白星を手にしてカンプ・ノウに乗り込むことになった。 また、今節はクラシコ同様に今後の覇権争いを左右する4位のアトレティコ(勝ち点17)と首位のソシエダ(勝ち点20)による上位対決が開催される。 前々節のバルセロナ戦に完勝して勢いに乗るアトレティコだったが、直近のCLではホームでリバプールに2-3で敗戦。2点差を追いつく原動力となったFWグリーズマンが不運な形で一発退場となった中、粘り強く守ったものの、微妙な判定の影響もあり耐え切れず。ショックが残る形の敗戦となった。 ヨーロッパリーグ(EL)を戦ったソシエダに対して、日程面のアドバンテージを有するが、消耗色濃いリバプール戦に加え負傷者の状況を考えると、ホームとはいえ難しい戦いとなるはずだ。 対するソシエダはバルセロナとの開幕戦の敗戦以降、6勝2分けの8戦無敗と好調を維持。前節のマジョルカ戦では前半にDFムニョスが退場するアクシデントに見舞われたが、試合終盤に新鋭ロベーテが奪った値千金のゴールによって1-0の勝利を飾った。エースFWオヤルサバルら負傷者が増え始めている点は懸念材料だが、昨季王者相手にも十分に戦えるはずだ。 前節、セルタ相手に1-0で競り勝って初黒星からのバウンスバックに成功した3位のセビージャ(勝ち点17)は、開幕から9戦未勝利で18位に低迷するレバンテ相手に連勝を狙う。ミッドウィーク開催のCLではリール相手にゴールレスドローとリーグ戦同様に攻撃の停滞が目立つが、守備に難があるレバンテ相手にその課題克服を目指す。 最後にMF久保建英の負傷欠場が続く13位のマジョルカ(勝ち点11)は、10位のバレンシア(勝ち点12)を相手に2戦ぶりの白星を目指す。前節はソシエダ相手に数的優位を生かすことができなかったが、堅守を誇るバレンシア相手に攻撃面の修正を図る。その中で注目は古巣初対戦となるMFイ・ガンイン。レアル・マドリー戦での加入後初ゴール以降、思うようなパフォーマンスを見せられていないが、愛憎渦巻く古巣相手に決定的な仕事を見せられるか。 《ラ・リーガ第10節》 ▽10/22(金) 《28:00》 オサスナ vs グラナダ ▽10/23(土) 《21:00》 バレンシア vs マジョルカ 《23:15》 カディス vs アラベス 《25:30》 エルチェ vs エスパニョール 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs ビジャレアル ▽10/24(日) 《21:00》 セビージャ vs レバンテ 《23:15》 バルセロナ vs レアル・マドリー 《25:30》 ベティス vs ラージョ 《28:00》 アトレティコ・マドリー vs レアル・ソシエダ ▽10/25(月) 《28:00》 ヘタフェ vs セルタ 2021.10.22 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「他の試合とは違う」エル・クラシコへの強い思いを語るアンチェロッティ監督

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、バルセロナ戦にかける思いを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 6年ぶりにマドリーの指揮官に就任したアンチェロッティ監督。ここまでラ・リーガ8試合で5勝1敗2分けの2位につけており、先日のチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦では公式戦4試合ぶりの白星を挙げ、24日に行われるバルセロナとの大一番に弾みをつけた。 アンチェロッティ監督は、ここまでのチームは望んだ姿ではないことを認めつつも、シャフタール戦のパフォーマンスを続けていきたいと意気込み。クラシコに向けて選手たちが一層のモチベーションが芽生えていることに感服しているようだ。また、負傷から復帰したばかりのDFダニ・カルバハルとFWエデン・アザールの起用も示唆している。 「クラシコは特別な試合だ。どの国にもインテルとミラン、チェルシーとトッテナム、バイエルンとドルトムントのような特別な試合がある。スペインにとってもファンにとっても、クラシコは最も重要な一戦だ。他の試合とは異なるため、私は最大限の冷静さと集中力を持って準備したいと思っている」 「選手たちの献身的な姿勢には感銘を受けたよ。毎日のトレーニングでそれを目の当たりにしている。何か素晴らしい瞬間があったわけではないが、選手たちのモチベーションは高く、日々のトレーニングに精を出している。我々のベストゲームだったシャフタール戦の調子で続けていかなければならない」 「シャフタール戦の後、選手たちは良い状態で戻ってきている。カルバハルとアザールは復帰するだろう。フィジカル面でも戦術面でも、クラシコに向けて準備する時間はある。選手たちはこの一戦がどんなものか知っている。平静に、かつ絶対的な自信を持って臨みたい」 久々のクラシコとなるアンチェロッティ監督だが、伝統の一戦での印象的な思い出を聞かれると、2-1で勝利した2013-14シーズンのコパ・デル・レイ決勝戦でFWガレス・ベイルが披露した驚愕の独走弾を挙げた。 「とても簡単な質問だ。2014年の(コパ・デル・レイ)決勝戦でのベイルのスプリントだよ。本当にタフな試合だった。私たちは良いプレーをしたが、クリスティアーノ・ロナウドはケガでいなかったのだ」 「私たちはしっかりと守らなければならなかったが、だからといって攻撃しなくていいわけではない。ボールを持っていないときに相手の攻撃をきっちり防ぐ必要があるということだ」 2021.10.22 18:38 Fri
twitterfacebook
thumb

今季初のクラシコに気合が入るクルトワ「大切なものを守るために死にに行くようなもの」

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、バルセロナ戦への意気込みを語った。スペイン『アス』がコメントを伝えている。 6年ぶりに復任したカルロ・アンチェロッティ監督の下、ここまでラ・リーガ8試合で5勝1敗2分けの2位につけるマドリー。先日行われたチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦で公式戦4試合ぶりの白星を挙げた中、24日には今シーズン初となるバルセロナとの伝統の一戦、エル・クラシコが控えている。 バルセロナは現状7位という成績だが、クルトワはビッグマッチに順位は影響しないと主張。全世界が注目する一戦に決死の覚悟で臨むことを誓った。 「サッカーの世界では常に順位の低いチームが存在するが、ビッグクラブと対戦するときには、チームが1位だろうと最下位だろうと関係ない。クラシコのような重要な試合では、どちらのチームも非常に素晴らしいはずなんだ。僕たちは最初の1分から集中して強度を保ちながら、何のためにプレーしているのかを理解しなければならない」 「クラシコは世界で最も注目される試合のひとつだ。試合に臨む前も、いや、たとえここにいなくても感じることができるだろう。全てのサッカー選手も注目する一戦だ。それに、今回はファンもスタジアムに戻ってくるから楽しみだよ。クラシコではそれがプラスに働くからね。とても激しい試合になるだろう。なんて言ったって最大のライバルとの対戦なんだから」 「大切なものを守るために死にに行くようなものだ。試合中に熱くなって衝突することもあるけど、僕たちはプロだから常に最大限の敬意を払っているよ。それでも、この試合は少し心が燃えているくらいがクールなのさ」 また、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがバルセロナを退団して以降、初めての対決としても注目される今回の一戦。クルトワはメッシ退団による優位性をキッパリと否定し、ライバルの新10番であるスペイン代表FWアンス・ファティに対して警戒心をあらわにした。 「安心はしていないよ。彼と対戦することは好きだったからね。最高の選手と試合ができるのは素晴らしいことだ」 「僕がマドリーに加入して最初の年、彼が出場しなかった試合で1-5で負けたことを覚えているよ。思い出したくはないけどね。今のバルセロナにはアンス・ファティやペドリのように若いスター選手がいる。彼らのクオリティは素晴らしいから、良い試合になると思う」 「アンス・ファティは、シュートの質がすごく高い選手だ。先日のバレンシア戦で決めたゴールを見ても、そのことが窺える。これ以上は言わなくてもわかるだろう」 「去年3-1で僕たちが勝ったクラシコでも彼は得点している。ジョルディ・アルバからのパスを受けて、僕が届かないようにファーサイドにシュートしたんだ。彼にはそのクオリティがある。彼を抑えたいけど、抑えるべきは彼だけでなく全員なんだ」 2021.10.22 15:38 Fri
twitterfacebook
thumb

新契約サインのアンス・ファティ、“10番”にプレッシャーなし 「自分の旅を続ける」

バルセロナとの新契約にサインしたスペイン代表FWアンス・ファティ(18)が公式会見の場で、改めて今後の決意を語った。スペイン『ESPN』が伝えている。 ファティは20日、幼少期から在籍するクラブと2027年6月30日までの新たな5年契約に合意。その翌日に10億ユーロ(約1332億円)に契約解除金が設定された異例の契約にサインした。 ジョアン・ラポルタ会長と共にクラブハウス内で行われた公式会見に出席したファティは、クラブの新たなアイコンとしての決意を改めて語ると共に、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシから引き継いだ背番号10についても自身の考えを明かしている。 「10番のユニフォームをレオや多くの偉大なプレーヤーが付けてきたのは事実だけど、僕はいたって冷静だよ」 「そして、自分がこのチームに何をもたらすことができるかもわかっているつもりさ」 「僕にとってそれはプレッシャーにはならないよ。誰もがレオのようになることはできないし、プジョルやチャビのようにもなれない。同時に誰もレオがやってきたことを再現することは不可能さ」 「だから、僕は自分の旅を続けるつもりだ。まだ何も成し遂げていないけど、彼らのようなキャリアを積むことができればと思っているよ」 「10番はどのプレーヤーも付けることができた。その中でキャプテンたちからの薦めがあり、幸運にも僕がその番号を手に入れることができたことに感謝しているよ。それは特別なモチベーションにもなっているよ。ただ、僕は番号を特別に意識せず、チームのためにピッチで何ができるかに集中している」 一方、スペイン代表MFペドリに続きクラブの今後を担う若き至宝との新契約にこぎ着けたラポルタ会長は、「クラブの現在と未来が保証される」と、深刻な財政難に陥る中、ラ・マシア出身の若き才能が今後のクラブの明るい未来を約束してくれると考えている。 「我々にとって、この状況をオフィシャル化することが非常に重要だった。彼は我々が愛してやまないプレーヤーだ。彼はまだ18歳で、並外れて成熟しており、最高のフットボールの才能を持っている。彼は栄光を手にする運命にある。我々は彼に大きな期待を寄せている」 「今日はバルサにとって素晴らしい日だ。アンス・ファティのようなプレーヤーがいることで、クラブの現在と未来が保証されるのだから…。我々にとってとても重要な日だ」 「彼はバルサに残りたがっていたので、私個人としてはあまり心配していなかった。そして、彼の家族や代理人もアンスがキャリアを続けるのに最適な場所がバルサであることを知っていた。我々は、彼が目標を達成できるようにサポートしていく。彼の目標は我々の目標でもあるからだ」 「マシアからトップチームに上がってきた高品質のスターティングイレブンを揃えることは、我々にとって夢のようなことだ」 「現在のクラブは幸運にも多くのプレーヤーが育ってきている」 2021.10.21 23:04 Thu
twitterfacebook
thumb

CLゴール数でロベカルに並びDF最多となったピケを妻のシャキーラも絶賛「この男は止められない」

世界的な歌手であるシャキーラが、パートナーであるバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケに称賛の言葉を送った。 ピケは、20日にカンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節のディナモ・キエフ戦に先発出場。クリーンシートを達成しただけでなく、36分にボックス右でスペイン代表DFジョルディ・アルバからの左クロスに右足ボレーで合わせ、先制ゴールを記録した。 このゴールでマンチェスター・ユナイテッド時代と合わせてCL通算16ゴールに到達したピケは、レアル・マドリーなどで活躍した元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス氏が持つCLのDF史上最多得点記録に並んだ。 ピケと2人の子供と一緒にバルセロナで暮らすシャキーラは、自身のツイッターを更新。偉業を成し遂げたパートナーに称賛の言葉を送った。 「チャンピオンズリーグの歴史の中で最も多くのゴールを持ったディフェンダー。この男は止められない」 一番の理解者から嬉しい言葉をもらったピケ。開幕から2連敗スタートと後がない状況から望みを繋いだバルセロナを決勝トーナメント進出へ導けるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】サッカー選手と世界的歌手のビッグカップル!ピケとシャキーラのラブラブ2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/B2DGsHiAfEq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/B2DGsHiAfEq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/B2DGsHiAfEq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Shakira(@shakira)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.21 18:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly