ノルウェーで大スキャンダル! 12名の選手が7名の女性とクラブ本拠地でご乱交

2021.08.17 16:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノルウェー1部リーグに所属するSKブランで大スキャンダルが発覚した。ノルウェー『ベルゲンズ・ティーデンデ』が報じている。

伝えられるところによると、現地時間9日の深夜、SKブランの選手12名が7名の女性を引き連れて本拠地ブラン・スタディオン(写真)へ到着。ロッカールームで事に及んだという。

その日、選手らはレストランやナイトクラブへ立ち寄り、スタジアムへ着いた頃には程度によらず酔態していたようだ。証拠を残さぬよう、全員から携帯電話を没収していたが、監視カメラにまで意識は届かず、バッチリ一部始終が記録されてしまったという。

未明まで続いたというご乱交。SKブランのスポーツ・ディレクターは「受け入れられない」とし、12名の選手に何らかの罰を与えることを示唆。また、キャプテンのダニエル・ペダーセンは「僕のキャリアにおいて初めての事態だ」と、驚きを隠せない様子だ。

かつて3度の1部リーグ優勝を経験しているSKブランだが、今季は15試合を終えて最下位に位置。そのような状況で、12名もの選手に出場停止処分を下すことは難しいと、現地メディアは伝えている。



1 2

関連ニュース
thumb

「葬式かと思った」南野拓実のゴール実況にリバプールファン怒り、「アグエロォォォ」でお馴染みの実況者のテンションが話題

リバプールのファンがテレビの実況に激怒している。 17日、リバプールはプレミアリーグ第37節でサウサンプトンと対戦。逆転優勝に望みを繋ぐためには勝利が必要な一戦。負ければ、マンチェスター・シティの優勝が決まるという大一番で、日本代表MF南野拓実は先発出場を果たした。 リバプールの選手としては2020年12月以来、およそ1年半ぶりのリーグ戦先発となった南野。1-0でリードを許した27分に、ジオゴ・ジョタのパスからニアサイドを豪快に撃ち抜くゴールを決めて、同点に追いついた。 FAカップ決勝で120分を戦ってから中2日での一戦に、リバプールはターンオーバーして臨んだ中、12試合ぶりにリーグ戦に出場した南野が決めたゴールに、日本人だけでなく、現地のファンも大きく喜んだ。 しかし、試合の中継をしていたイギリス『スカイ・スポーツ』の名物実況者でもあるマーティン・タイラー氏のテンションに、ファンが怒りを露わにしている。 リーグ優勝の行方も懸かっている大事な試合の担当していたタイラー氏だが、リバプールが追いついた南野のゴール時の実況は「葬式風」と揶揄されるほどテンションの低いものだった。 「1-1、南野は昨シーズンレンタルでプレーしたセント・メリーズに戻り、とても上手い同点ゴールを決めた。南野は喜びを爆発させていません」 負ければ終わるリバプールの同点弾、久々に起用された南野のゴール、さらに古巣相手のゴールということを加味しても、テンションを上げて良さそうなものだが、至って冷静だったという。 一方で、解説を務めたジェイミー・キャラガー氏は「素晴らしい」と叫び、熱量を示したという。 この実況に対してはSNS上でリバプールファンの不満が爆発。「サウサンプトンのゴールとリバプールのゴールの間に、誰かがタイラーを動揺させた?」、「マーティン・タイラーはなぜそんなに落ち込んでいたの?」、「マーティン・タイラーが南野拓実の葬式で朗読しているのかと思ったよ」、「『スカイ・スポーツ』さん、マーティン・タイラーの声を聞かなくて済むように、もっとお金を払ってもいいかい?」と、全く盛り上がらない実況に苛立ちを隠さなかった。 さらに、ドミノピザの公式アカウントも「マーティン・タイラーを少しでも元気づけるために、ピザを届けるにはどうしたらいいだろうか?」と投稿。あまりにものテンションの低さに思わず反応してしまったようだ。 ちなみにこのマーティン・タイラー氏は、10年前にセルヒオ・アグエロの奇跡のゴールでマンチェスター・シティがプレミアリーグで優勝した際の実況を担当しており、「アグエロォォォォォォォ!」と叫んだことで話題となった人物。その点もあり、リバプールファンは許せなかったようだ。 なお、試合はジョエル・マティプのゴールでリバプールが逆転勝利。逆転優勝に望みを繋いだ。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の圧巻ゴールも「葬式」と揶揄された実況のテンション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@upthefkinreds/video/7098831151862648070" data-video-id="7098831151862648070" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@upthefkinreds" href="https://www.tiktok.com/@upthefkinreds">@upthefkinreds</a> <a title="lfc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/lfc">#lfc</a> <a title="liverpoolfc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/liverpoolfc">#liverpoolfc</a> <a title="liverpool" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/liverpool">#liverpool</a> <a title="minamino" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/minamino">#minamino</a> <a title="japan" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/japan">#japan</a> <a title="fyp" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fyp">#fyp</a> <a title="fypシ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fyp%E3%82%B7">#fypシ</a> <a target="_blank" title=" original sound - Up The Reds" href="https://www.tiktok.com/music/original-sound-7098831147681598214"> original sound - Up The Reds</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.05.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

“奇跡”を起こした遠藤航のキャプテンマークが話題! ファンが約55万円でオークションに出品も大炎上で返却

日本代表MF遠藤航のキャプテンマークが話題を呼んでいる。 14日に行われたブンデスリーガ最終節。プレーオフ圏にいたシュツットガルトは、逆転での残留を目指して戦った。 この試合では1-1のまま試合が推移。引き分けでは残留できないシュツットガルトだったが、後半アディショナルタイム2分に右CKのクロスを伊藤洋輝がニアサイドでフリック。これをファーサイドで遠藤がダイビングヘッド。奇跡のゴールを決め、チームを逆転残留に導いていた。 キャプテンの大き過ぎる一撃にスタンドのファンも大盛り上がり。レジェンド的な扱いをされた遠藤だったが、ファンの興奮は収まらなかった。 ドイツ『シュツットガルター・ナハリヒテン』によれば、奇跡の残留を果たした結果、ファンは試合後にピッチに乱入。芝を剥がして持ち帰る者やゴールネットを切り取って持ち帰る者が現れたとのこと。彼らはその持ち帰った戦利品を『eBay』のオークションに出品するという、なんとも情けない行動に出ていた。 しかし、その中でも一際注目を集め、騒動に発展したのが遠藤のがつけていたキャプテンマークだった。 チームの降格を救った遠藤のキャプテンマークを持ち帰った者が、4000ユーロ(約55万円)で出品。この行為にはツイッター上で多くのファンが怒りを示していた。 ことの重大さに気がついたのか、ファンはクラブに連絡したとのこと。シュツットガルトのスポークスマンであるトビアス・ハーバート氏は「ファンから連絡があり、キャプテンマークを返却するという連絡があった」とコメント。出品を取りやめ、遠藤のキャプテンマークを返すことに決めたようだ。 なお、芝などは現在も出品されている状況。クラブとしては特に何かをするつもりはないとのことだが、スタジアムでどれほどの被害が出たかは数日中に明らかになるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】大批判を受けたオークションに出品された遠藤航のキャプテンマーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wataru Endo: won the most duels and made the most successful pressures for the second year running in the Bundesliga. German newspaper Frankfurter Allgemeine writes: &quot;...no distance is too far and no duel too much for Endo. And if need be, he can also tackle like Guido Buchwald.&quot; <a href="https://t.co/zgDyYN414I">pic.twitter.com/zgDyYN414I</a></p>&mdash; Jay (@RobsonPonteFC) <a href="https://twitter.com/RobsonPonteFC/status/1526499911407116288?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 10:48 Wed
twitterfacebook
thumb

家族の撮影中に起きた悲劇…25mの崖から海に飛び込んだオランダ人FWが死去

オランダの複数クラブでプレー経験のあるオランダ人FWムラド・ランバラテ(31)が死去した。オランダ『テレグラーフ』が伝えている。 ランバラテは、NECやAGOVV、ゴー・アヘッド・イーグルスやフィテッセの下部組織でプレー経験があるストライカー。家族とスペインのマジョルカ島に観光で訪れていたが、約25mの崖から海に飛び込んだ際、海面下の岩にぶつかり意識を失い、その後溺死したという。その様子は家族がスマートフォンで撮影していた。 この訃報を受け、かつて所属したフィテッセは哀悼の意を表している。 「フィテッセはムラド・ランバラテが亡くなったという悲しいニュースを受け取りました。ヨング・フィテッセの元ストライカーは31歳でした」 「ランバラテは2010-11シーズンにフィテッセのシャツを着ており、U-23チームの一員でした。当時のチームはそのシーズンにU-23カップで優勝しました。2010年7月、ストライカーは最初の試合でゴールを決めました。ヨング・フィテッセのシーズンに加えて、アルンヘム・ボーイズといくつかのプロクラブでのキャリアがあります」 「フィテッセはラムラバテの家族や友人が大きな痛みに対処するために多くの力を持つことを願っています」 <span class="paragraph-title">【写真】亡くなったランバラテと現場となった約25mの崖</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Tourist killed doing cliff stunt is ex-footballer Mourad Lamrabatte <a href="https://t.co/QPJzf0estI">https://t.co/QPJzf0estI</a> <a href="https://t.co/18d7YI5Qs5">pic.twitter.com/18d7YI5Qs5</a></p>&mdash; New York Post (@nypost) <a href="https://twitter.com/nypost/status/1526075244590555136?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

LGBT支援のユニフォーム着用を拒否か…PSGのMFに疑惑浮上、昨年は胃腸炎を理由に欠場

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエにある疑惑が浮上している。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。 PSGは14日、リーグ・アン第37節でモンペリエとアウェイで対戦。すでにリーグ優勝を決めた状態で迎えた中、0-4で大勝を収めた。 グイエはモンペリエ戦を欠場。マウリシオ・ポチェッティーノ監督はその理由について「イドリサはモンペリエまで向かったが、個人的な理由でメンバーから離れなければならなかった。しかし彼はケガをしていたわけじゃない」と報道陣に明かしていた。 『RMCスポーツ』によると、グイエの欠場には別の理由があるという。 リーグ・アン第37節では、全チームが5月17日の国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日の活動の一環として、LGBTQ+コミュニティのシンボルである虹色の背番号が施されたユニフォームを着用していた。グイエはこのユニフォームの着用を拒否したために、欠場したということだ。 昨シーズン同様の活動があった際には、グイエは胃腸炎を理由に欠場。当時は疑惑を否定していた。 この件について、現時点でグイエからのコメントはないが、SNS上などで説明を求める声が上がっている。 <span class="paragraph-title">【写真】出場していれば着用することになっていた虹色背番号のユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Dans le cadre de la journée mondiale contre l&#39;homophobie du 17 mai, la <a href="https://twitter.com/hashtag/Ligue1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ligue1</a> se mobilise. Les maillots parisiens reprennent le drapeau arc-en-ciel, symbole de paix, de diversité et symbole par excellence du mouvement LGBT.<a href="https://twitter.com/hashtag/MHSCPSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MHSCPSG</a> <a href="https://t.co/TdFU7f2zZj">pic.twitter.com/TdFU7f2zZj</a></p>&mdash; Paris Saint-Germain (@PSG_inside) <a href="https://twitter.com/PSG_inside/status/1525522930486194179?ref_src=twsrc%5Etfw">May 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

カタールツアーを行ったPSGの選手たちにスペシャルゲスト登場! ベッカム氏の前では選手たちも満面の笑み

10度目のリーグ・アン制覇を成し遂げたパリ・サンジェルマン(PSG)だが、シーズン終了を前にカタールへのツアーを行った。 今年の11月にワールドカップ(W杯)が開催されるカタール。ALLやカタール航空などがスポンサーとなっているPSGの一行は、48時間という短い時間のツアーを行った。 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが起こった影響もあり、クラブとして訪れるのは2019年以来とのこと。カタールにいるサポーターや地元住民との交流を図ったようだ。 日曜日からツアーをスタートさせていたPSG。カタールの様々なところを訪れる中、豪華なゲストも登場した。 それは、クラブOBであり、サッカー界のレジェンドでもある元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏だ。 2013年1月から半年間在籍し、その後引退したベッカム氏。ツアー中にゲストとして登場すると、選手たちとも交流を持った。 PSGのインスタグラムではベッカム氏と選手の記念撮影の写真が複数枚投稿され、ネイマールとキリアン・ムバッペとの3ショットや、レアル・マドリー時代の同僚でもあるセルヒオ・ラモスと硬い握手をする写真など、選手たちもリラックスムードでベッカム氏との交流を楽しんだようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】レジェンド・ベッカム氏との記念撮影に選手たちも笑顔</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdqBzrJob-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdqBzrJob-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdqBzrJob-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Paris Saint-Germain(@psg)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.17 22:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly