最新FIFAランキング、日本が24位浮上でアジアトップを維持

2021.08.13 15:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は12日、最新のFIFAランキングを発表した。

全体1位はベルギー代表で変わらず、2位にブラジル代表が浮上。フランス代表が3位につけ、イングランド代表、ユーロ制覇のイタリア代表、コパ・アメリカ優勝のアルゼンチン代表、スペイン代表、ポルトガル代表、メキシコ代表が続き、CONCACAFゴールドカップを制したアメリカ代表が前回の20位から10位に大きくジャンプアップした。

日本代表は前回の28位から4つランクアップの24位となり、依然としてアジアトップの座をキープ。そのほか、イラン代表、オーストラリア代表、韓国代表、カタール代表、サウジアラビア代表、UAE代表、イラク代表、中国代表、オマーン代表がアジアトップ10として、日本に続いている。

◆全体上位(カッコ内は前回順位)
1.ベルギー(1)
2.ブラジル(3)
3.フランス(2)
4.イングランド(4)
5.イタリア(7)
6.アルゼンチン(8)
7.スペイン(6)
8.ポルトガル(5)
9.メキシコ(11)
10.アメリカ(20)
11.デンマーク(10)
12.オランダ(16)
13.ウルグアイ(9)
14.スイス(13)
15.コロンビア(15)
16.ドイツ(12)
17.スウェーデン(18)
18.クロアチア(14)
19.ウェールズ(17)
20.チリ(19)

◆アジア内トップ10
24.日本(28)
26.イラン(31)
35.オーストラリア(41)
36.韓国(39)
42.カタール(58)
61.サウジアラビア(65)
68.UAE(73)
70.イラク(68)
71.中国(77)
79.オマーン(80)


関連ニュース
thumb

最新FIFAランキングが発表! イングランドが4位浮上でイタリアが6位転落、日本は2つ上げアジア2位をキープ

国際サッカー連盟(FIFA)は19日、最新のFIFAランキングを発表した。 11月上旬には世界各地でカタール・ワールドカップ(W杯)予選が開催。そのため、これまで以上に大きな変動が生まれた。 上位陣では、1位のベルギー代表、2位のブラジル代表、3位フランス代表に変化はなかったが、欧州予選を無敗で突破したイングランド代表が4位に浮上。 また、南米予選を突破したアルゼンチン代表も1つ順位を上げて5位となり、欧州予選でプレーオフに回ったイタリア代表が6位に転落。 その他では、欧州予選を突破したデンマーク代表、オランダ代表、ドイツ代表、スイス代表が1つずつ順位を上げた中、クロアチア代表は順位を3つ上げ15位に浮上した。 また、11月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選2試合で2勝の日本代表は前回の28位から2つ上げて26位に。アジアではイラン代表が前回に続いて21位でトップのイラン代表に次ぐ2番手をキープ。3位以下は、韓国代表、オーストラリア代表、サウジアラビア代表、カタール代表、UAE代表、中国代表、イラク代表、オマーン代表がアジアトップ10となっている。 ◆全体上位(カッコ内は前回順位) 1.ベルギー(1) 2.ブラジル(2) 3.フランス(3) 4.イングランド(5) 5.アルゼンチン(6) 6.イタリア(4) 7.スペイン(7) 8.ポルトガル(8) 9.デンマーク(10) 10.オランダ(11) 11.ドイツ(12) 12.アメリカ(13) 13.スイス(14) 14.メキシコ(9) 15.クロアチア(18) 16.コロンビア(16) 17.ウルグアイ(15) 18.スウェーデン(17) 19.ウェールズ(19) 20.セネガル(20) 21.イラン(22) 22.ペルー(24) 23.セルビア(25) 24.チリ(21) 25.ウクライナ(26) 26.日本(28) 27.ポーランド(23) 28.モロッコ(29) 29.チュニジア(27) 30.オーストリア(32) ◆アジア内トップ10 21.イラン(22) 26.日本(28) 33.韓国(35) 35.オーストラリア(34) 48.サウジアラビア(59) 51.カタール(46) 70.UAE(71) 74.中国(75) 75.イラク(72) 78.オマーン(77) 2021.11.20 00:35 Sat
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランク! 日本代表、28位に後退…全体トップは依然としてベルギー

国際サッカー連盟(FIFA)は21日、最新のFIFAランキングを発表した。 全体1位は先のUEFAネーションズリーグ(UNL)・ファイナルズで4位に終わったベルギー代表で変わらず、ブラジル代表も2位をキープ。UNL制覇のフランス代表、準優勝のイタリア代表が1ランクずつ上げ、ベルギーとブラジルを追走した。 また、10月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選2試合で1勝1敗の日本代表は前回に続いて2ランクダウンの28位に。アジア全体も前回に続いて22位でトップのイラン代表に次ぐ2番手となり、4位の韓国代表がポイント差で詰めた。 ◆全体上位(カッコ内は前回順位) 1.ベルギー(1) 2.ブラジル(2) 3.フランス(4) 4.イタリア(5) 5.イングランド(3) 6.アルゼンチン(6) 7.スペイン(8) 8.ポルトガル(7) 9.メキシコ(9) 10.デンマーク(10) 11.オランダ(11) 12.ドイツ(14) 13.アメリカ(13) 14.スイス(15) 15.ウルグアイ(12) 16.コロンビア(16) 17.スウェーデン(18) 18.クロアチア(17) 19.ウェールズ(19) 20.セネガル(20) 21.チリ(23) 22.イラン(22) 23.ポーランド(24) 24.ペルー(21) 25.セルビア(28) 26.ウクライナ(27) 27.チュニジア(25) 28.日本(26) 29.モロッコ(33) 30.アルジェリア(30) ◆アジア内トップ10 22.イラン(22) 28.日本(26) 34.オーストラリア(32) 35.韓国(36) 46.カタール(43) 49.サウジアラビア(56) 71.UAE(69) 72.イラク(72) 75.中国(75) 77.オマーン(78) 2021.10.21 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランキングが発表! イングランドが3位浮上、日本は2つ下げアジア2位に

国際サッカー連盟(FIFA)は16日、最新のFIFAランキングを発表した。 9月上旬には世界各地でカタール・ワールドカップ(W杯)予選が開催。そのため、これまで以上に大きな変動が生まれた。 上位陣では、1位のベルギー代表、2位のブラジル代表に変化はなかったが、3位にユーロ2020で準優勝したイングランド代表が浮上。フランス代表を抜いた。 またポルトガル代表も1つ順位を上げて7位となり、スペイン代表が8位に転落した。また、デンマーク代表も10位に浮上。オランダ代表、ウルグアイ代表も上昇し、アメリカ代表が転落。また、ドイツ代表やクロアチア代表も順位を上げた。 日本代表は前回の24位から2つ下がり26位に。アジアではイラン代表が22位に上昇したため、2位に転落した。3位以下は、オーストラリア代表、韓国代表、カタール代表、サウジアラビア代表、UAE代表、イラク代表、中国代表、オマーン代表がアジアトップ10となっている。 ◆全体上位(カッコ内は前回順位) 1.ベルギー(1) 2.ブラジル(2) 3.イングランド(4) 4.フランス(3) 5.イタリア(5) 6.アルゼンチン(6) 7.ポルトガル(8) 8.スペイン(7) 9.メキシコ(11) 10.デンマーク(11) 11.オランダ(12) 12.ウルグアイ(13) 13.アメリカ(10) 14.ドイツ(16) 15.スイス(14) 16.コロンビア(15) 17.クロアチア(18) 18.スウェーデン(17) 19.ウェールズ(19) 20.セネガル(21) 21.ペルー(22) 22.イラン(26) 23.チリ(20) 24.ポーランド(27) 25.チュニジア(28) 26.日本(24) 27.ウクライナ(25) 28.セルビア(29) 29.オーストリア(23) 30.アルジェリア(30) ◆アジア内トップ10 22.イラン(26) 26.日本(24) 32.オーストラリア(35) 36.韓国(36) 43.カタール(42) 56.サウジアラビア(61) 69.UAE(68) 72.イラク(70) 75.中国(71) 78.オマーン(79) 2021.09.16 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【最新FIFAランキング】210カ国でランキング変動はたった1つ、日本は変わらず28位でアジアトップ

国際サッカー連盟(FIFA)は27日、最新のFIFAランキングを発表した。 3月には各国で代表チームが活動。しかし、4月のランキング発表から行われた試合は、ウクライナ代表vsバーレーン代表(1-1)の1試合のみとなった。 その結果、今回のFIFAランキングではほとんど順位に変動はなし。210カ国の中で変動があったのは、98位と99位のみ。ウクライナと引き分けたバーレーンが1つ上がり98位となり、キルギス代表が99位に1つ下げることとなった。 なお、6月にはユーロ2020やコパ・アメリカ、そしてアジアとアフリカでカタール・ワールドカップ予選などが行われ、大きくランキングが変動することが予想されている。 ◆5月のFIFAランキングTOP10(カッコ内は前回の順位) 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(4) 5.ポルトガル(5) 6.スペイン(6) 7.イタリア(7) 8.アルゼンチン(8) 9.ウルグアイ(9) 10.デンマーク(10) 11.メキシコ(11) 12.ドイツ(12) 13.スイス(13) 14.クロアチア(14) 15.コロンビア(15) 16.オランダ(16) 17.ウェールズ(17) 18.スウェーデン(18) 19.チリ(19) 20.アメリカ(20) 21.ポーランド(21) 22.セネガル(22) 23.オーストリア(23) 24.ウクライナ(24) 25.セルビア(25) 26.チュニジア(26) 27.ペルー(27) 28.日本(28) 29.トルコ(29) 30.ベネズエラ(30) ◆アジア内TOP10(カッコ内は総合順位) 1.日本(28) 2.イラン(31) 3.韓国(39) 4.オーストラリア(41) 5.カタール(58) 6.サウジアラビア(65) 7.イラク(68) 8.UAE(73) 9.中国(77) 10.シリア(79) 2021.05.28 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

【最新FIFAランキング】日本は1つ下がるもアジア最高位キープ、デンマークがトップ10入り

国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。 3月には各国で代表チームが活動。日本代表も韓国代表との国際親善試合やモンゴル代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を戦った。 1位から6位までは2月から変動せず。しかし、6位にはイタリア代表が入り、10位から3つランクアップ。また、デンマーク代表が12位から2つランクアップし、トップ10入りを果たした。 日本代表は2月の27位から1つ下げて28位となったが、依然としてアジアで1位をキープ。アジア2位には31位でイラン代表、39位に韓国代表、41位にオーストラリア代表と続いている。 なお、今回からランキングの精度を高めるために小数点以下2桁までポイントが計算されるようになり、カメルーン代表とボスニア・ヘルツェゴビナ代表、カーボベルデ代表とUAE代表の2組のみが並んでいるとのことだ。 ◆4月のFIFAランキングTOP10(カッコ内は前回の順位) 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(4) 5.ポルトガル(5) 6.スペイン(6) 7.イタリア(10) 8.アルゼンチン(7) 9.ウルグアイ(8) 10.デンマーク(12) 11.メキシコ(10) 12.ドイツ(13) 13.スイス(16) 14.クロアチア(11) 15.コロンビア(15) 16.オランダ(14) 17.ウェールズ(18) 18.スウェーデン(20) 19.チリ(17) 20.アメリカ(22) 21.ポーランド(19) 22.セネガル(20) 23.オーストリア(23) 24.ウクライナ(24) 25.セルビア(30) 26.チュニジア(26) 27.ペルー(25) 28.日本(27) 29.トルコ(32) 30.ベネズエラ(28) ◆アジア内TOP10(カッコ内は総合順位) 1.日本(28) 2.イラン(31) 3.韓国(39) 4.オーストラリア(41) 5.カタール(58) 6.サウジアラビア(65) 7.イラク(68) 8.UAE(73) 9.中国(77) 10.シリア(79) 2021.04.08 21:22 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly