ヒザの皿が飛び出してしまう…ザンクト・パウリの若手がショッキングな負傷「ヒザを戻して!」

2021.08.05 20:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ザンクト・パウリの若手ミッドフィルダーを悲劇が襲った。ドイツ『ビルト』が伝えている。

ブンデスリーガ1部に先立ち、すでに開幕を迎えているブンデスリーガ2部。昨季まで元日本代表FW宮市亮が所属していたザンクト・パウリは1日、第2節のアウェイでのエルツゲビルゲ・アウエ戦をドローで終えた。翌日には控え選手や途中出場組がトレーニングを行っていたが、その最中に事件は起きた。

トレーニング中にドイツ人MFルーカス・ダシュナーは味方と接触。その際、彼の左の膝蓋骨、いわゆる『ヒザの皿』があらぬ方向へずれてしまったのだ。負傷に遭った直後、ダシュナーは「ヒザを戻して、戻して!」と叫んだという。あまりのショックに目を背けた選手もいたそうだ。

すぐさま理学療法士やアシスタントトレーナーが駆けつけ、ダシュナーはヒザを添え木で厚く包まれて搬送された。当然その後のトレーニングは中止に。3日、ザンクト・パウリはダシュナーの負傷について、ヒザの関節包およびじん帯の損傷で数週間の離脱と発表した。

シーズンの序盤にも関わず非常に痛ましい負傷をしたダシュナー。彼の早期回復を願うばかりだ。



1 2
関連ニュース
thumb

「任天堂、ゴジラ、サムライ…」横浜FCが東京五輪に出場するU-24ドイツ代表GKブローダーセンをザンクト・パウリから完全移籍で獲得

横浜FCは5日、ブンデスリーガ2(ドイツ2部)のザンクト・パウリからU-24ドイツ代表GKスベンド・ブローダーセン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ブローダーセンは、ザンクト・パウリの下部組織で育ち、2015年7月にファーストチームへと昇格。これまで公式戦では6試合の出場に終わっていた。 主にセカンドチームでプレーし80試合に出場。ブンデスリーガ2では6試合の出場に終わっていた。 横浜F・マリノスに加入した元日本代表FW宮市亮(28)ともチームメイトだったブローダーセンは、U-20、U-21と世代別のドイツ代表を経験。5日に発表された東京オリンピックに臨むU-24ドイツ代表にも名を連ね、横浜FCでプレーする前に来日することとなった。 なお、五輪の活動後にチームへ合流するが、時期は未定となっている。 ブローダーセンはクラブを通じてコメントしている。 「私の子供時代は、任天堂、ゴジラ、サムライ、ワイルドスピードXTOKYODRIFTなどを通じて日本の文化に多大な影響を受けていました。それ以来、いつか日本に来ることが私の夢になったのですが、今その夢は現実となりました」 「この素晴らしい機会を与えてくれた横浜FCにとても感謝しています。私はピッチでの仕事や日本社会の一員となるためのすべての行為に全力を尽くします」 「私の新しく美しい家となるこのクラブで、すべてのサポーターの皆さま、日本の皆さまと知り合えることにとても興奮しています」 <span class="paragraph-title">【動画】U-24ドイツ代表がアニメで発表される!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">UNSER TEAM FÜR TOKIO! <br><br>Wir sind richtig stolz, mit diesen Jungs ein Teil von <a href="https://twitter.com/TeamD?ref_src=twsrc%5Etfw">@TeamD</a> zu sein 心を込めて - <a href="https://twitter.com/hashtag/HERZZEIGEN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HERZZEIGEN</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/WirfuerD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WirfuerD</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/roadtotokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#roadtotokyo</a> <a href="https://t.co/E6J2Y6djJj">pic.twitter.com/E6J2Y6djJj</a></p>&mdash; Team Deutschland | Fußball (@DFB_Junioren) <a href="https://twitter.com/DFB_Junioren/status/1411958024953122816?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.05 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

宮市亮がザンクト・パウリ退団…今月に約11カ月ぶりの復帰果たすも

元日本代表FW宮市亮(28)のザンクト・パウリ退団が決定した。 アーセナル、フェイエノールト、ボルトン、ウィガン、トゥベンテを渡り歩き、2015年7月にザンクト・パウリ入りした宮市。ドイツでも故障と復帰を繰り返す日々が続くなか、2018-19シーズンのブンデスリーガ2部で25試合に出場して5得点を記録すると、昨季も29試合のプレーで1得点7アシストと復活をアピールした。 だが、昨季の終盤をヒザのケガで欠場。今季もその影響で長らく実践から遠ざかり、16日に行われたブンデスリーガ2第33節のハノーファー戦に73分から出場して約11カ月ぶりに復帰したが、先日のドイツ『ビルト』で契約満了による退団が取り沙汰されている状況だった。 そうしたなか、ザンクト・パウリは23日、GKスヴェン・ブローダーセン、DFダニエル・ブバラとともに、宮市の退団を正式発表した。 キャリアを通じてケガと切っても切れない縁がある宮市。ザンクト・パウリ在籍6シーズンも度重なるケガの影響で公式戦80試合8得点9アシストにとどまったが、来季からの活躍先がどこになるのか、注目だ。 2021.05.24 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

宮市亮が11カ月ぶりに復帰! 原口&室屋と日本人対決が実現「とても良い気分」

ブンデスリーガ2(ドイツ2部)のザンクト・パウリに所属するFW宮市亮がついに復帰を果たした。 16日、ブンデスリーガ2第33節でザンクト・パウリはハノーファーと対戦。ハノーファーの日本代表MF原口元気とDF室屋成は先発フル出場を果たした。 試合は1-2とハノーファーがリード。すると73分に宮市がルカ・ザンダーと交代してピッチへ。2020年6月5日のブンデスリーガ2第30節のボーフム戦以来、11カ月ぶりの復帰となった。なお、試合はそのまま1-2でハノーファーが勝利を収めている。 度重なるヒザの負傷により、今シーズン中の復帰も難しいと見られていた宮市。それでもシーズン最終盤でピッチへと戻ってきた。 復帰戦を戦った宮市はクラブを通じてコメント 「復帰初戦でプレーできて、とても良い気分です。しかし、残念ながら負けてしまいました」 「レッドカードを受けた後、僕たちは苦しみました。来週は勝ち点3を獲得できたら良いなと思います」 2021.05.17 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

やっぱりケガがネック? 契約切れる宮市亮についてザンクト・パウリSDが語る「難しい決断になる」

ザンクト・パウリとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるFW宮市亮だが、新契約を結ぶことは難しいようだ。ドイツ『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えた。 宮市は、これまでアーセナル、フェイエノールト、ボルトン、ウィガン、トゥベンテと渡り歩き、2015年7月にアーセナルからザンクト・パウリへと活躍の場を移した。 しかし、キャリアを通じてケガと切っても切れない縁がある宮市はザンクト・パウリ加入後に左ヒザ前十字じん帯を断裂。2017年6月には右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負うなど、ヒザを何度も負傷していた。 その宮市も2019-20シーズンはケガなく開幕を迎え、レギュラーとしてプレー。ブンデスリーガ2部で29試合に出場し1ゴール7アシストを記録。チームでも重要な役割を担っていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断明けの5月にヒザに違和感を覚えると、そのまま離脱。今シーズンもピッチには一度も立っていない。 ザンクト・パウリは、現在ブンデスリーガ2で7位に位置。プレーオフ圏の3位につけるハンブルガーSVとは勝ち点差「5」となっている状況。残りのシーズン3試合で昇格に向けてラストスパートをかけたいところだ。 宮市は復帰に向けたリハビリを続けており、シーズンの最後にもう一度プレーする機会が訪れる可能性はあるとのこと。しかし、SD(スポーツ・ディレクター)を務めるアンドレアス・ボルネマン氏は、「それは難しい決断になるだろう」と厳しい見方をしている。 最大のネックはやはりケガの多さ。前述の通りヒザを何度も負傷しており、十字じん帯の断裂だけで3度。また、ヒザ以外ににも恥骨炎やふくらはぎの問題など、様々な箇所もケガしており、万全な状態になかなかなることがない状況だ。 ボルネマン氏は「リョウは素晴らしい選手であり、素晴らしい男だが、残念ながら彼は過去数年間に何度もケガと戦わなければならなかった」と語っており、能力こそ認めているものの、やはりケガを頻繁にし、稼働率が悪いことがネックとなっているようだ。 チームを率いるティモ・シュルツ監督も「絶対的なリョウのファン」と自分を語るほど、宮市を高く評価している上、宮市が持っているスピードを有する右ウインガーがいないチーム事情もある。しかし、それでも計算が立たない宮市をクラブに残すことは難しいと考えられている。 残り3試合。来シーズンの宮市はどこのクラブでプレーをするのか注目が集まる。 2021.05.04 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

契約満了を迎える宮市亮、「第二の故郷」とクラブ愛を明かすも幹部は度重なるケガに難色「計画としては理想的ではない」

ドイツ2部のザンクト・パウリに所属する元日本代表FW宮市亮(28)の去就について、クラブの幹部が言及した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 これまで、アーセナル、フェイエノールト、ボルトン、ウィガン、トゥベンテと渡り歩き、2015年7月にアーセナルからザンクト・パウリへと活躍の場を移した。 しかし、キャリアを通じてケガと切っても切れない縁がある宮市はザンクト・パウリ加入後に左ヒザ前十字じん帯を断裂。2017年6月には右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負うなど、ヒザを何度も負傷していた。 その宮市も2019-20シーズンはケガなく開幕を迎え、レギュラーとしてプレー。ブンデスリーガ2部で29試合に出場し1ゴール7アシストを記録。チームでも重要な役割を担っていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断明けの5月にヒザに違和感を覚えると、そのまま離脱。今シーズンもピッチには一度も立っていない。 左ふくらはぎを痛めて離脱していた宮市だが、トレーニングに復帰を果たスト「ようやくまたサッカーができるようになりました。再びチームと一緒にトレーニングできることを嬉しく思います」と復帰に安堵。「思ったよりも時間がかかりました。でも、恥骨の炎症については知らなかったんです」と語り、恥骨炎を患っていたことは後で気がついたと明かした。 その宮市はかつてのスピードを取り戻すなど順調に回復している一方で、ザンクト・パウリとの契約はこの6月で満了を迎えることとなる。 未だ復帰できていない宮市だが、クラブのスポーツディレクター(SD)を務めるアンドレアス・ボルネマン氏が宮市について言及。復帰には慎重になるべきだとした。 「リョウは長い困難な旅に出ていた。今シーズンのブンデスリーガ2部で出場できるかどうかは予測が難しい。彼が負荷が増えることで、どう対処できるのかを見極める必要がある」 また、契約についても「我々はオープンに議論できることを示している」とコメント。宮市の能力については高く評価している一方で、ケガの多さがクラブとしてのプランの邪魔をしていると難色を示した。 「リョウが健康な時、誰もが彼の並外れた能力について理解している」 「ただ、残念ながら過去数年間は起用できないことがよくあった。これは計画としては理想的ではない」 アーセナルからドイツに渡って気がつけば6年が経過しようとしている宮市。稼働率は高くなく、多くの時間を治療に費やしてきたが、可能であればクラブに残りたい意向があるようだ。 「僕はクラブが好きです。でも、将来がどうなるかはわかりません、今はピッチに集中しなければならないです」 「残るチャンスがあるならば、そうしたいです。僕たちにとって、ハンブルクは第二の故郷のようなものです。ここにいることを楽しんでいます」 今季中の復帰を目指して調整を続ける宮市。再びピッチを駆け回る姿を見せ、クラブにアピールできるかに注目だ。 2021.03.31 20:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly