イブラとの共存は「素晴らしいコンビになる」、ミランの新9番ジルーが入団会見「チェルシーでの時間は終わった」

2021.08.02 22:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
今夏ミランへと完全移籍で加入したフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(34)が入団会見を実施した。イタリア『スカイ』が伝えた。

ミランは7月17日、チェルシーからジルーを完全移籍で獲得。背番号が「9」になることが決定した。

アーセナル、チェルシーと長らくプレミアリーグでプレーしたジルーは、チェルシーでは公式戦通算119試合で39ゴール14アシストをマーク。ここ数年はスーパーサブの立ち位置だったが、大事なところでのゴール奪取は抜群のものを見せていた。

そのジルーは昨夏から移籍が取り沙汰されていた中、チェルシーが1年間の契約延長オプションを行使。しかし、結局ミランへと移籍が決定していた。

そのジルーが、ミランでの入団会見に臨み、改めてミラン移籍の理由を語った。

「このクラブでプレーした素晴らしいチャンピオンがいる。例えば、(ジャン=ピエール・)パパン、(アンドリー・)シェフチェンコは、僕の将来についてアドバイスを求めたことを覚えている」

「(マルコ・)ファン・バステンもそうだ。だから、僕はこういったクラブに加われて光栄だ。パオロ・マルディーニと話をすることは、ミランで歓迎されるだけでなく、別の夢を実現するようなものだった」

「ミランに移籍したことを忘れられないためにも、チームへ貢献し、自分の足跡を残したいと思う」

「僕は過去にいくつかのトロフィーを獲得したけど、ミランでも同じようにしたいと思う。目標は、たくさん勝ち獲ることだ。個人的に明かしたくない目標もあるけど、僕たちがしたいことは、クラブのためにベストを尽くすことだ。できるだけ多くのゴールを決めたいけど、チームのためにベストを尽くすことを目標としている」

そのジルーだが、やはり注目されるのはスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとの共存だ。39歳ながら圧巻のゴール奪取力を持つイブラヒモビッチ。ジルーとの共存が叶えばスクデットも夢ではないが、ジルーも共存は可能だと感じているようだ。

「僕にとって、イブラヒモビッチのような王者とプレーするチャンスを得られたことはとても光栄だ。ピオリ(監督)に聞くような質問だと思う。彼がトレーニングを見て、決定するだろう」

「僕は自分の経験をもたらし、チームに何かを与えるためにここにいる。イブラと僕は、監督が選択した戦術に関係なく、補完的だと思う。彼のようなクオリティとキャラクターを備えた選手とプレーすることは簡単だ」

「トレーニングの最初の数日ですでに話はした。ケガからの回復がどうなっているのかを尋ね、僕たちは素晴らしいコンビになると信じている」

「僕は謙虚な気持ちでここにいる。イブラと僕のような異なる特徴の2人のストライカーがいることは、ピオリにとっては良いことだと思う」

「僕には僕の特徴があるし、イブラにはイブラの特徴がある。一緒にプレーすることは不可能ではないと思う。最近イブラは10番の役割が多くなっていると思うけど、ミランには良い選手がたくさんいて、みんなが仕事をする」

「チームメイトのみんなにはとても満足しているし、チームのためにベストを尽くすことだけを考えている。イブラの復帰を待ち望んでいる。そうすれば、一緒にミランに必要な貢献ができるだろう」

また、新シーズンはミランもチャンピオンズリーグに出場。昨シーズンは優勝を経験したジルーだが、ミランでもタイトルが獲れると語った。

「ミランは世界で最も偉大なクラブの1つであり、チャンピオンズリーグから数年離れていたとしても、トップに戻る決意が固い」

「若い選手が多く、僕のような選手が助けられるミランのプロジェクトを、僕は本当に信じている」

「僕たちはチャンピオンズリーグで良い成績を残すクオリティを持っており、より経験豊富な僕たちが確実に貢献できると思う。決意をもってこの戦いに臨み、このユニフォームを着てチャンピオンズリーグをプレーできるのが嬉しい」

そして改めてチェルシー退団について語ったジルー。新たなリーグでプレーしたかったと語り、神が導いたと語った。

「プレミアリーグでプレーすることは常に僕の夢だった。僕は成功し、多くのトロフィーを獲得したけど、チェルシーでの僕の時間は終わったと思う」

「新たなリーグを見つける時が来た。そしてミランへの移籍は僕に訪れた最高の機会だった」

「以前と同じようにもっとたくさんのトロフィーを獲得したいと思っている。変化の時が来た」

「去年のインテルとの交渉? 僕はクリスチャンであり、運命を信じている。神は僕がミランでプレーすることを決めていたんだ。それが正しいと確信している」



1 2
関連ニュース
thumb

“イブラ語録”に新たな一言、靴紐ほどけたままゴールに「サッカーシューズが違いを生むわけじゃない」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの語録にまた1つ新たな言葉が加わった。 5月に左ヒザのケガを負ったイブラヒモビッチは、12日に行われたセリエA第3節のラツィオ戦で約4カ月ぶりに復帰。60分に途中出場すると、わずか7分後にはいきなりゴールを奪った。 このゴールシーンでは、ラツィオがミラン陣内でボールを繋いでいるタイミングで、イブラヒモビッチが靴紐を結び直そうとほどいていた。 しかし、その直後にミランがボールを奪ってロングカウンターが発動。左サイドに張っていたFWアンテ・レビッチにボールが渡り、一気にチャンスを迎える。すると、ゴールの匂いを感じたイブラヒモビッチは靴紐が結べていないながらもボックス内まで一気に駆け上がり、レビッチのクロスを押し込んだ。 イブラヒモビッチの靴紐がほどけたままゴールを決めたことには、ミランの公式SNSも触れるなど話題になっていたが、この度本人が反応。自身のインスタグラムで「サッカーシューズが違いを生むわけじゃない。足が違いを生むんだ」と語った。 イブラヒモビッチらしい発言には、「ライオンにシューズは必要ない」「王よ」「さすがです」といった多くのコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】靴紐を結び直すのをやめて何事もなかったかのようにゴールを決めるイブラヒモビッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Who needs shoelaces when you’ve got <a href="https://twitter.com/Ibra_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@Ibra_official</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MilanLazio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MilanLazio</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SempreMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SempreMilan</a> <a href="https://t.co/XNsWwwpmfZ">pic.twitter.com/XNsWwwpmfZ</a></p>&mdash; AC Milan (@acmilan) <a href="https://twitter.com/acmilan/status/1437396896348205066?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 12:08 Thu
twitterfacebook
thumb

後半に逆転を許し敗戦のミラン、後半を後悔「悔やまれるのは後半の2ゴール」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、リバプール戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ミランは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節でリバプールとアウェイで対戦した。 試合は9分にオウンゴールでリバプールに先制を許したが、42分にアンテ・レビッチ、44分にブラヒム・ディアスが連続ゴールを決めて逆転に成功する。 しかし、49分にモハメド・サラーにゴールを許し追いつかれると、69分にはジョーダン・ヘンダーソンにゴールを決められ、3-2で逆転で敗戦を喫した。 ピオリ監督は逆転での敗戦を悔やみ、特に後半の2失点をコメント。ただ、チームとしては成長できるだろうと語った。 「結果は非常に重要で決定的だ。リバプールは最初の20〜25分は優れたクオリティと強度を持っていた」 「悔やまれるのは後半の最初に決められた2つのゴールだが、これがこのレベルだ」 「強度やクオリティの面では、この試合は我々を大きく成長させるだろう。チームはやる気に満ちており、本当はは対戦相手に対して力強いスタートを期待していた」 「ボールに対してあまりにも静かだった。環境や試合、クオリティ、強度、対戦相手は我々を困難に陥らせた」 2021.09.16 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがミランとの壮絶打ち合い制す! 主将ヘンダーソンが値千金の決勝弾《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第1節、リバプールvsミランが15日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-2で勝利した。 リバプールとミランにアトレティコ・マドリー、ポルトと、今グループステージ屈指の激戦区となったグループB。“死の組”の開幕を告げる今節では、2004-05シーズンと2006-07シーズンのファイナルで死闘を演じた両雄がいきなり激突した。 プレミアリーグで3勝1分けと好スタートを切ったリバプールは、3-0で快勝した直近のリーズ戦から先発4人を変更。足首脱臼の重傷を負ったエリオットに加え、ファン・ダイク、チアゴ、マネをベンチに置き、ジョー・ゴメス、ヘンダーソン、ナビ・ケイタ、オリジを起用した。 一方、リバプールに劣らずセリエA開幕3連勝を飾ったミラン。直近ではサッリ率いる新生ラツィオに2-0の勝利を飾った。8シーズンぶりにCLの舞台に戻ってきたロッソネリは、ラツィオ戦から先発3人を変更。ロマニョーリ、トナーリ、フロレンツィに替えてケアー、ベナセル、サーレマーケルスを起用。なお、新型コロナウイルスの感染から快復したジルーはベンチに入ったものの、ラツィオ戦で4カ月ぶりの戦列復帰から早速ゴールを挙げたイブラヒモビッチはアキレス腱のケガで無念の欠場となった。 試合は立ち上がりからエンジン全開のリバプールが猛攻を仕掛けていく。開始直後は左サイドのロバートソンとジョタの関係性から、オリジ、ジョタとボックス内で連続の決定機を創出する。 さらに、相手に息つく暇を与えない猛烈なプレッシャーで完全に主導権を握ると、その勢いのままにゴールをこじ開ける。相手陣内右サイドのタッチライン際に流れたサラーにボールを預けてインナーラップを仕掛けたアレクサンダー=アーノルドがそのままボックス右に侵入。右足のシュートを放つと、決死のブロックを試みたDFトモリの足に当たって大きくコースが変わったボールがゴールネットを揺らした。 公式記録はトモリのオウンゴールも鮮やかな仕掛けからゴールをこじ開けたリバプール。さらに、13分にはロバートソンのクロスがボックス内のベナセルのハンドを誘い、PKを獲得。だが、キッカーのサラーが左を狙って蹴ったシュートはGKメニャンがビッグセーブ。さらに、こぼれ球に詰めたジョタのシュートもメニャンに驚異的な反応ではじき出された。 守護神メニャンの圧巻の連続セーブで何とか最少得点差を維持したミランだが、相手のハイプレスを前にビルドアップが機能不全に陥る。また、プレス回避のロングボールも屈強な守備陣に撥ね返され、頼みのレオンの左サイドでの仕掛けも、相手守備陣の連動した対応に遭い、攻撃は八方塞に。 一方、リバプールはエースのPK失敗にも慌てることなく畳みかける攻めを見せる。とりわけ、守備に不安を残すレオン、テオ・エルナンデスが並ぶ相手の左サイドを再三攻略し、幾度もゴールに迫る。だが、ケアーとトモリのセンターバックコンビを中心に最後の場面で粘るミランをなかなか仕留め切れない。 以降もリバプールが追加点奪取の可能性を匂わせ続けるワンサイドゲームが続くが、耐え続けたアウェイチームが鮮やか過ぎる逆転劇を演じる。 まずは42分、最後尾のケアーから相手陣内左サイドで浮いたブラヒム・ディアスに浮き球のパスが通ると、そこから内に切り込んだディアスから内に絞っていたサーレマーケルスに斜めのパスが通る。そして、ベルギー代表MFからショートパスを受けた中央のレオンが絶妙なワンタッチパスをボックス左のレビッチが冷静に右足でゴールネットへ流し込んだ。 さらに、畳みかけるミランは直後の44分にカウンターから左サイドを突破。レオンが得意のカットインから先制点と似たような形でボックス左に走り込んだレビッチに何とかスルーパスを通すと、クロアチア代表FWが冷静にワンタッチで折り返す。テオのシュートはDFロバートソンの決死のゴールカバーに遭うが、こぼれ球をディアスが押し込んだ。 内容はホームチームが圧倒もアウェイチームが見事な粘りと、決定力で引っくり返した白熱の一戦。後半のキックオフ直後にはミランが左CKのショートコーナーからケアーがいきなりゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 肝を冷やしたリバプールだが、この直後に同点に追いつく。49分、相手ボックス付近まで攻撃参加したファビーニョからゴールを背にしてクサビを受けたサラーがオリジに預けてゴール前にランニングを見せると、オリジが絶妙な浮き球のリターンパスを供給。ゴール前でGKと一対一となったサラーはPK失敗を払しょくする冷静なフィニッシュでゴールをこじ開けた。 早い時間帯に追いついたリバプールは前半同様に相手を押し込んでいく。だが、ミランも前半から守備を修正したことで、簡単に決定機を許さない。 以降、やや膠着状態が続いた中、ミランはレオンとサーレマーケルスを下げてジルーとフロレンツィのベテランコンビを投入。一方、リバプールは前半からのフルパワーのプレーで筋肉系にトラブルを抱えたオリジを下げてマネを投入する。 すると、一連の交代策が流れに変化が生まれたか、リバプールがセットプレーから勝ち越しに成功。69分、右CKの流れからペナルティアーク付近でクリアボールに反応したヘンダーソンが抑えの利いた見事な右足のダイレクトシュートをゴール左下隅の完璧なコースに突き刺した。 これで試合を引っくり返すことに成功したホームチームは、ジョタとケイタに替えてカーティス・ジョーンズとチアゴ。試合終盤にはサラーとヘンダーソンのスコアラー2人を下げてオックスレイド=チェンバレン、ミルナーの投入で逃げ切り態勢に入る。 一方、ミランはジルーをターゲットにしたシンプルな攻めで幾度か惜しい場面を作り出すものの、最後の一歩が足りない状況が続く。その後、トナーリにダニエル・マルディーニをピッチに送り込んだものの、リバプールのカウンターを凌いで最少得点差を維持するのが精いっぱいだった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、過去の2度のファイナル同様にミランと激戦を演じたリバプールがホームでシーソーゲームを制した。 2021.09.16 06:11 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループ開幕節プレビュー②】ミラノ勢がビッグマッチに挑む! “PSGのメッシ”がCLデビューへ

2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月14日に開幕した。ここではグループステージ2日目となるグループA~Dの初戦の展望を紹介していく。 ◆シティvsライプツィヒに“PSGのメッシ”がCLデビューへ~グループA~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210914_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・シティ、RBライプツィヒの三つ巴の争いが予想されるグループA初戦では、昨シーズンの準優勝チームであるプレミアリーグ王者と、昨季のブンデスリーガ2位チームがいきなり対峙する。 昨季ファイナルでチェルシーとの同国対決に敗れ、悲願のビッグイヤー獲得を逃したシティは、捲土重来を期す今季開幕戦でライプツィヒと対戦する。今季のプレミアリーグではトッテナムとの開幕戦をいきなり落としたが、以降はノリッジ、アーセナルにいずれも5-0、直近のレスター・シティ戦も1-0で制し、3試合連続クリーンシートでの3連勝と本来の出来を取り戻している。また、戦列を離れていたMFデ・ブライネ、MFフォーデンの両司令塔も復帰が濃厚となっており、盤石の状態で試合に臨めるはずだ。 一方、ナーゲルスマンからマーシュ新体制に移行したライプツィヒは開幕4戦ですでに昨季の7敗の半分に迫る3敗を喫するなど、厳しい船出となっている。指揮官と共にバイエルンに引き抜かれたDFウパメカノ、MFザビッツァー不在の影響は大きく、マーシュ監督の新たなスタイルへの適応含め、本来の出来を取り戻すにはしばらく時間が必要だ。直近のリーグ戦ではそのバイエルンに1-4で大敗を喫しており、まずはメンタルを整えて難敵とのビッグマッチで最低でも勝ち点1を持ち帰りたいところだ。 その2強とグループステージ突破を争うPSGは、ベルギー王者のクラブ・ブルージュと対戦する。今夏の移籍市場で大型補強を敢行した新銀河系軍団は、今回のベルギー遠征にGKドンナルンマ、DFハキミ、DFヌーノ・メンデス、MFワイナルドゥム、FWメッシがいずれもメンバー入り。注目のメッシは同じく招集メンバーに入ったFWネイマール、FWムバッペと共に初のトリデンテを形成し、PSGでのCLデビューが見込まれる。 【グループA】 ▽9/15(水) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs RBライプツィヒ クラブ・ブルージュ vs パリ・サンジェルマン ◆リバプールvsミランで“死の組”開幕~グループB~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210914_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今グループステージ屈指の激戦区となったグループBでは、2004-05シーズンと2006-07シーズンのファイナルで死闘を演じたリバプール とミランが開幕節でいきなり激突する。 一昨季のCL王者のリバプールは、今季ここまでのプレミアリーグ4試合でチェルシーとの1-1のドローを除き、3試合で複数得点とクリーンシートと好調を維持。直近のリーズ戦では18歳MFエリオットの足首脱臼の重傷という悲劇が起こったものの、チーム状態は良好だ。熱狂的なKOPの戻ってきたアンフィールドで難敵を迎え撃つ今回の一戦では、守備が不得手なDFテオ・エルナンデスのサイドをFWサラーとDFアレクサンダー=アーノルドのコンビで攻略し、白星発進と行きたい。 一方、8シーズンぶりにCLの舞台に戻ってきたミランは、セリエA開幕3連勝とこちらもリバプールに劣らず、最高のシーズンの滑り出しを見せている。直近のリーグ戦ではサッリ率いる新生ラツィオを圧倒する2-0の勝利を飾った。ただ、その試合で4カ月ぶりの復帰を果たし、早速ゴールを挙げたエースFWイブラヒモビッチがアキレス腱を痛めて無念の招集外に。また、新型コロナウイルスの感染から快復したFWジルーもマッチフィットネスに問題を抱えており、残念ながら万全の状態でのプレーとはいかない模様だ。そういった中、覚醒の気配漂わせるMFトナーリやMFブラヒム・ディアスといった中盤の選手の活躍が重要となりそうだ。 また、今季の優勝候補に挙がるスペイン王者のアトレティコ・マドリーは、昨季ベスト8のポルトと初戦を戦う。昨季の主力の残留に成功した上、今夏にMFデ・パウル、FWマテウス・クーニャ、FWグリーズマンとピンポイント補強に成功したロヒブランコスは、今季ラ・リーガで3勝1分けの好スタートを切っている。試合内容には課題を残すものの、直近のビジャレアル戦、エスパニョール戦では共に後半アディショナルタイムの劇的なゴールによって勝ち点を積み上げており、勢いを持ってポルト戦に臨めるはずだ。その中でワンダ・メトロポリターノ初凱旋となるグリーズマンは、愛憎相半ばするホームサポーターの前でどのようなパフォーマンスを見せてくれるか…。 【グループB】 ▽9/15(水) 《28:00》 リバプール vs ミラン アトレティコ・マドリー vs ポルト ◆混戦予想の注目初戦~グループC~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210914_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ドルトムントを本命に実力拮抗のグループCは、初戦から激戦が見込まれる。 実績、スカッドの質で頭一つ抜けるドルトムントは、難所イスタンブールの地でトルコ王者ベシクタシュとの初戦に臨む。マルコ・ローゼを新指揮官に迎えた今季はここまで3勝1敗とまずまずの滑り出しを見せているが、13得点9失点と出入りの激しい戦いが目立つ。エースFWハーランドを中心に攻撃陣の破壊力は健在も、負傷者が目立つ最終ラインの改善は急務だ。 対するベシクタシュは開幕から4試合連続クリーンシートと堅守が光る。ただ、ハーランドらを前に無傷で試合を終えるのは困難。したがって、今夏に獲得したMFピャニッチやFWバチュアイという攻撃陣の新戦力の活躍が重要となりそうだ。 ポルトガル王者のスポルティング・リスボンと、オランダ王者のアヤックスが対峙する一戦も激戦必至の好カードだ。両者共に開幕からのリーグ戦で無敗を継続している。現時点ではFWアラーを中心に攻撃陣が好調のアヤックスが優位と見るが、少なくないホームアドバンテージを持つスポルティングにも勝ち点3奪取のチャンスは十分にあるはずだ。 【グループC】 ▽9/15(水) 《25:45》 ベシクタシュ vs ドルトムント 《28:00》 スポルティング・リスボン vs アヤックス ◆共に指揮官を入れ替えて2シーズン連続の対戦~グループD~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210914_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> モルドバ勢として史上初のグループステージ進出を果たしたシェリフがボルシアMGに取って代わった以外、昨季と全く同じ顔ぶれとなったレアル・マドリー、インテル、シャフタールのグループD。 今回の初戦ではコンテ、ジダンからシモーネ・インザーギ、アンチェロッティと指揮官を入れ替えたインテルとマドリーの直接対決に大きな注目が集まる。 インテルは直近のサンプドリア戦を2-2のドローで終えて開幕3連勝を逃したものの、指揮官交代による大きな混乱もなくFWルカク、DFハキミの抜けた穴もFWジェコやFWホアキン・コレア、MFチャルハノール、DFダンフリースといった新戦力たちが埋めてくれそうな気配だ。前任者はヨーロッパの舞台を苦手としていたが、インザーギ監督は昨季対戦で連敗を喫した相手との初戦でどのような戦いを見せるか…。 対するマドリーは比較的対戦相手に恵まれたここまでのラ・リーガ4試合で6失点を喫するなど、DFセルヒオ・ラモス、DFヴァランが抜けた守備に問題を抱えているが、頼れるエースFWベンゼマと本格ブレイクが期待されるFWヴィニシウスがけん引する攻撃陣の活躍によって3勝1分けの好発進を見せている。とりわけ、直近のセルタ戦ではデビュー戦となった18歳MFカマヴィンガが早速ゴールを挙げるなど、早くも存在感を示している。ただ、堅守インテルを相手にこれまでのようなゴールラッシュは期待できないだけに、今回のアウェイゲームではより守備を意識した戦いも重要になるはずだ。 共にプレーオフを勝ち抜いたシェリフとシャフタールの一戦は、実績、スカッドの質を含めアウェイチームが圧倒的に優位。しかし、プレーオフで格上ディナモ・ザグレブに完勝した実績を持ち、初のCL本戦出場に並々ならぬモチベーションを持つシェリフの大番狂わせを期待したいところだ。 【グループD】 ▽9/15(水) 《25:45》 シェリフ vs シャフタール 《28:00》 インテル vs レアル・マドリー 2021.09.15 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

7年ぶりのCLでリバプールと激突するミラン、指揮官は「最高のチームと互角に戦えると示すチャンス」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の初戦に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2013-14シーズンを最後にCLから遠ざかっていたミランは、15日に行われるCLグループB第1節でリバプールと対戦。7年ぶりのCLでの対戦相手は、かつて2004-05シーズンと2006-07シーズンにCL決勝を戦ったチームとなった。 2018-19シーズンにはCL優勝を果たすなど近年欧州の舞台で存在感を示してきたリバプールと対照的に、ミランはCL経験の浅い選手も数多く在籍している影響から状況は不利とする声も少なくない。 しかし、試合前日の公式会見に出席したピオリ監督は、これまでチームは着実に成長を遂げてきたと強調。欧州屈指の強豪クラブが相手でも、互角に戦えるはずだと語った。 「この1年の我々の成長は、誰の目にも明らかだろう。これまでの経験が我々を成長させてくれた。これこそ我々が望んでいたことであり、最高のチームと互角に戦えることを示すチャンスでもある」 「我々の多くはCLでプレーしたことがない。とはいえ、サッカーはサッカーだ。我々は何をすべきか、どのようにして本当に強い相手と戦うかを知っている。この試合のため、チームは本当によく準備してきた」 「グループステージで簡単な試合はないね。対戦相手はいずれも競争力が高く、ヨーロッパのサッカーを経験してきている。それでも自分たちの歴史を刻み始めるチャンスであり、我々は自分たちのクオリティを信じているよ」 「ピッチ上で知的になり、どこにスペースがあるか理解する必要がある。リバプールは押し込もうとしてくるだろうし、じっと待っているようなことはないだろう。後ろからプレーするときはロングボールも入り混ぜて、彼らのハイプレスに対抗する必要があるだろうね」 また、ピオリ監督はこの試合で招集外となったスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの状態に言及。長期離脱するレベルの負傷ではなく、予防措置であることを明かしている。 「ズラタンは炎症を起こしていた。今朝、試しにプレーしてみたが、シーズンのこの時期にリスクを冒すのは良くない。彼はすぐに戻ってくるだろう。リバプール戦はアンテ(・レビッチ)とオリヴィエ(・ジルー)のどちらかを選ぶ必要があるが、カバーできる用意はある」 2021.09.15 17:49 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly