グリーズマン、減俸受け入れバルセロナ残留か

2021.07.28 15:51 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがバルセロナ残留の見通しとなったようだ。

新型コロナウイルスによる緊縮財政を強いられるバルセロナは、その立て直しや契約満了を迎えたFWリオネル・メッシの慰留のためにも資金調達が急務となっている。

そのため今夏の補強はお金のかからないフリー移籍が中心で、しかしながらFWセルヒオ・アグエロやDFエリック・ガルシア、FWメンフィス・デパイといった即戦力候補を引き入れる強かさを見せている。

一方で余剰戦力の整理も着々と進めており、ここまでDFジュニオール・フィルポやDFジャン=クレール・トディボ、MFカルレス・アレーニャの売却で3000万ユーロ近く売り上げている。

そして、ここ最近でバルセロナ周りのトレンドとなっていたのがグリーズマンの去就だ。2019年夏に加入したものの、期待されたほどの活躍ができず度々批判の的に。それにもかかわらず、クラブは高い給与を支払っているため、今夏の売却候補と目されていた。

そんな中、移籍先として浮上したのが古巣アトレティコだ。MFサウール・ニゲスとのトレードが一部で噂され、選手側も乗り気だったと言われていたが、プラスアルファの移籍金を求めるバルセロナにアトレティコが渋り、破談となったと伝えられている。

宙ぶらり状態のグリーズマンだが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、フランス代表FWは減俸を受け入れる形でバルセロナ残留が近づいているとのことだ。ジョアン・ラポルタ新会長が期待していたほどではないにしろ、良好な関係を保ったまま、解決策を見出したという。

ただ、バルセロナは他選手にも減俸を求める模様で、まだまだ忙しい夏を過ごすことになりそうだ。

関連ニュース
thumb

苦境のクーマンが公式会見で異例の対応! 質疑応答拒否に加え、忍耐求める声明を読み上げ

バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督がカディス戦に向けた公式会見の場で、メディアからの質問を拒否する異例の対応を見せた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 就任2年目のクーマン監督だが、今夏はクラブの深刻な財政難の影響もあり、エースFWリオネル・メッシら主力が大量に流出。その一方で、新戦力補強はFWセルヒオ・アグエロらフリー加入の選手などに留まり、難しい序盤戦を過ごしている。 とりわけ、チャンピオンズリーグ(CL)初戦ではバイエルンに0-3のスコア以上の惨敗を喫すると、直近のグラナダ戦では今季未勝利の相手に対して、ホームで痛恨の1-1のドロー。加えて、後半半ば過ぎにDFジェラール・ピケをフォワードとして起用し、クラブの攻撃哲学に反するロングボール、クロス一辺倒の戦いぶりがファン、識者の不興を買っていた。 これを受け、クラブはクーマン監督の更迭を視野に入れ、すでに後任探しをスタートしたと見られている。 そういった苦境の中、23日に控えるラ・リーガ第6節のカディス戦に向けた公式会見に出席したクーマン監督は、会見の冒頭に事前に用意してきた短い声明を読み上げると共に、メディアからの質問を拒否する意向を宣言する異例の対応を見せた。 「クラブと監督は再構築のプロセスを遂行中だ」 「クラブの財務状況はスポーツ面の問題に関係しており、その逆もまた然りだ。つまり、大きな投資をせずに、フットボールチームを再建しなければならないということだ。それには相応の時間が必要だ」 「我々が抱えている若い才能は、数年後には世界的なスターになる可能性がある。チームを再構築上での良い部分は、チャビやイニエスタの時代のように、若いプレーヤーにもチャンスがあることだ。しかし、我々は忍耐を求めている」 「ラ・リーガで上位に入ることは成功と言えるだろう。ヨーロッパのフットボールは若いプレーヤーにとって良い学びの場と言えるが、チャンピオンズリーグで奇跡(優勝)を期待することはできない。バイエルン戦の敗北は、そのような観点から見なければならない」 「我々が行っているプロセスは、スカッドを無条件で支持することを意味する」 「言葉でも行動でも、我々が行っているプロセスを支持する。記者たちがこのプロセスを理解していることも私は知っている」 「このような状況はクラブの歴史上、決して初めてのことというわけではない。この困難な時期に、皆さんのサポートを期待している。チームとしては、ホームでのグラナダ戦でのファンからのサポートに満足している」 今シーズンここまでのバルセロナの現状に関しては、前経営陣の放漫経営の影響に加え、度重なる負傷者と必ずしもクーマン監督一人の責任とは言えない。だが、現在の苦境を脱するためには、やはりピッチ上でチームが見せるパフォーマンスとそれに伴う結果しかない…。 2021.09.22 23:23 Wed
twitterfacebook
thumb

ロベルト・マルティネス、バルセロナ関心の噂を否定

バルセロナが次期監督候補に挙げていると噂のベルギー代表ロベルト・マルティネス監督だが、フランス『ユーロスポーツ』の取材で直々に否定した。 会長交代や極度の財政難による重鎮リオネル・メッシの退団などで過渡期を迎えているバルセロナでは、ロナルド・クーマン監督が成績不振の矢面に立たされている。とりわけ、直近のバイエルン戦とグラナダ戦は言い訳のしようがなく、解任論が立ってもおかしくないほどの体たらくだった。 その中でスペイン『ムンド・デポルティボ』は、クラブがオランダ人指揮官の後任を早くもリストアップしていると報道。ロベルト・マルティネス監督はその筆頭候補に挙げられていた。 ところが、その報道から間もなく、バルセロナが接触を図ったという噂を本人が否定。噂は普通のことだと理解を示した。 「ご想像の通り、私の方からコメントすることは何もない。もちろん、噂は常にあるもので、サッカーではそれが普通のことだ」 「噂では3試合負けるとし都合するらしい。一方で上手くいっている時や良い結果が出ている時も噂はある。しかし、今のところ私がこめんとすることはない」 2021.09.22 22:18 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、いずれはバルサの監督に?「僕に言えるのは戻りたいということだけ」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、監督として古巣バルセロナに戻る可能性をほのめかした。イギリス『ミラー』が伝えている。 会長交代と重鎮リオネル・メッシの退団で、黄金時代からの過渡期を迎えているバルセロナ。ロナルド・クーマン監督体制で2年目を迎えた今シーズンは、公式戦5試合を終えて2勝2分け1敗と低迷。スペイン『ムンド・デポルティボ』は、早くもクラブが後任探しを始めたと主張している。 そんな中、イニエスタは『GOAL』のインタビューで自身がバルセロナの監督になる可能性について言及。だが、具体的な将来設計については明らかにしなかった。 「それについては今は考えてない。だけど、何が起ころうと時が来ればそれについて考えるだろう。僕に言えるのはバルサに戻りたいということ。それははっきりしているよ」 「監督になりたいと思う日もあれば、そうでない日もある。選手としてプレーしながら他のことをイメージするのは難しいよ」 「でも、(監督業について)考えてみて、どんな可能性があるのか検討しなければならないね。僕がやりたいこと、頭にあることは、ライセンスを取ることだよ」 「サッカーは僕の人生であり、これからもそうあってほしい思っています」 一方で、現状バルセロナの時期監督候補に挙げられているアル・サッドのチャビ・エルナンデス監督について、同クラブで共に黄金期を築いた戦友の凱旋に太鼓判を押した。 「バルセロナのベンチにチャビが座っている姿を想像したことがあるかと聞かれれば、確かにそうだね。何よりも、彼はバルセロナの監督になるための準備とトレーニングをしている。この挑戦をする自信があるはずだ」 2021.09.22 21:32 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、クーマン後任探しに着手か

バルセロナはすでにロナルド・クーマン監督の後任をリストアップし始めているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 昨夏に就任し、昨シーズンはコパ・デル・レイ優勝に導いたクーマン監督。積極的に若手に出場機会を与え、世代交代を図る長期的な目線でチームを率いているが、悲しいかな成績がなかなか伴わない状況が続いている。 今季は開幕から公式戦5試合を終えて2勝2分け1敗と低迷。チャンピオンズリーグ開幕節のバイエルン戦で0-3の大敗を喫すると、リーグ戦直近のグラナダ戦は、格下相手に試合終了間際に何とか同点に持ち込むのがやっとだった。 『ムンド・デポルティボ』は直ちに解任されることはないと主張しているが、一方でクラブが後任を探し始めたとも確認している。現状では、アル・サッドのチャビ・エルナンデス監督とベルギー代表のロベルト・マルティネスを筆頭に、アヤックスのエリク・テン・ハグ監督が候補に挙がっているようだ。 ただ、チャビ監督は今年5月に2023年まで契約を延長しており、マルティネス監督も、少なくとも2022年のカタール・ワールドカップまでは指揮を執ると噂されている。 さらには、クーマン監督の解任時にかかる1200万ユーロ(約15億4000万円)の違約金も、財政が逼迫している今のバルセロナにとってはあまりにも大きな損失となるため、クラブ上層部は慎重に検討したいと考えている模様だ。 2021.09.22 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

らしくないパワープレーでなんとかドローのバルサ、土壇場同点弾のアラウホが明かす「ピケをFWとしては練習していない」

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが、ドローに終わったグラナダ戦について語った。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは20日、ラ・リーガ第5節でグラナダをホームに迎えた。チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦で0-3と惨敗したことから、風当たりの強いバルセロナだったが、この試合も出鼻を挫かれる。 2分、ドミンゴス・ドゥアルチにゴールを許し先行される展開に。この試合はメンフィス・デパイ、コウチーニョ、ユスフ・デミルの3トップで臨んだが、攻撃が上手く機能せずゴールは奪えない。 攻め手を見出せないバルセロナは、75分にジェラール・ピケを投入しパワープレーに。終盤はアラウホも前線に上がり、ルーク・デ・ヨングを含めて力業に出ると、90分にアラウホがヘディングで1点をもぎ取り、なんとかドローに終わった。 ホームでギリギリのドロー。全く評価を受けていないチームだが、勝ち点1獲得に貢献したアラウホが試合後にコメント。悪い内容ではなかったとしながらも、引き分けを悔やんだ。 「勝ちたいと思っていたから残念だ。序盤に失点してしまったが、素晴らしい試合ができたと思う。彼らは盛り返したが、僕たちが主人公だった。ゴールがとても遅かったのは残念だった」 「グラナダのゴールはセットプレーから生まれたもので、これは集中力の欠如だ。僕たちは修正しなければいけない」 「とても明確なヘディングのチャンスが3回ほどあったけど、ゴールを決めて貢献できてよかった。彼らは多くの時間を無駄にしたが、僕たちはそれでも自分のゲームができたと思う」 「リーグ戦はまだたくさん残っており、今はカディス戦に集中しなければいけない」 また、ピケが前線で起用される件については「ピケをFWとして練習したわけではない」とコメント。それでも「外からのクロスを入れるときは、彼は背が高いのでオプションとなる」とかたり、パワープレーは一定の効果があるとした。 2021.09.21 11:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly