バックパスから目を離してトラップミス…痛恨オウンゴールにリーグ公式も注目

2021.07.27 20:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグサッカー(MLS)の舞台で衝撃的なオウンゴールが生まれた。

25日に行われた第12節のレアル・ソルトレイク vs コロラド・ラピッズの一戦。コロラドのアメリカ人GKウィリアム・ヤーブローが思わぬ形で先制点を献上してしまう。

0-0で迎えた13分、最終ラインでボールを回しているコロラド守備陣は、ボックス右外のDFダニー・ウィルソンがGKヤーブローにバックパスを返す。相手からのプレッシャーがあるわけではなかったが、次のパスの出し先を探そうとボールから目を切ってしまったヤーブローは、上手くトラップできず、左足のかかと周辺にボールが当たる。

するとボールはそのままゴールへ。焦ったヤーブローが急いで掻き出して前線に蹴りだすも、ボールはすでにゴールラインを割っており、そのままオウンゴールとなってしまった。

ヤーブローは自身のミスに呆然。しばらく前を見据えてから、ボトルの水を自らの顔にかけ、気持ちを切り替えていた。

このプレーは、MLSの公式ツイッターで「退屈する瞬間なんてない」と取り上げられたほか、イギリス『スカイ・スポーツ』が「恐ろしいへま」と伝えるなど複数の海外メディアでも伝えられている。

試合は、思わぬ形で先制を許したコロラドが良いところなく3-0で敗戦。ロビン・フレイザー監督は、ヤーブローに限らずチームのミスが試合を難しくしたと語っている。

「今日は本当にひどいミスを犯した。我々は複数の本当に良くないミスを犯した。そして我々の行いでゴールを与えたとき、その試合はチャレンジになる。だが、我々は前に進む」

「(個別のミスについて)どう対処する?我々はミスを犯し、前に進みます。 来週には試合がある。それ以上のものである必要はない」



1 2
関連ニュース
thumb

リトアニア移籍の本田圭佑が初トレーニング! シーズン残り10試合に向け準備

リトアニアのスードゥヴァへ加入したMF本田圭佑が、チーム練習に初参加した。 本田は14日、自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を実施。自身9カ国目となる挑戦の場に、リトアニアを選んだことを発表した。 これまで名古屋グランパス、VVVフェンロ、CSKAモスクワ、ミラン、パチューカ、メルボルン・ビクトリー、フィテッセ、ボタフォゴ、ネフチ・バクーとプレー。自身10チーム目のクラブとなったスードゥヴァで、初練習に臨んだ。 背番号「3」とこれも新たな番号をつける本田。新天地のスードゥヴァは現在リーグ戦で首位に立っており、残り10試合の戦いに備える。 本田は15日にチームのトレーニングに参加。チームの次戦は17日のアウェイゲームとなる。数少ない試合でチームに貢献したい本田。試合数分ゴールを決めたいとも意気込んだが、デビューに向けて調整を進めることとなる。 <span class="paragraph-title">【写真】本田圭佑が新天地で初トレーニング!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT1oaAhsNYe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT1oaAhsNYe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT1oaAhsNYe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FK Sūduva(@fksuduva)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.16 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル・マイアミの試合で物議を醸す判定が、ラインを割ったように見えるもゴールは認められず

ゴールか否か、メジャーリーグ・サッカー(MLS)で物議を醸すシーンが生まれた。 現地時間14日に行われたMLSで、トロントFCは元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミをホームに迎えた。 前半のうちに退場者を出し、数的不利のなかでも粘りを見せたトロントFC。すると、互いにゴールレスで迎えた試合終盤にトロントFCにビッグチャンスが訪れる。相手GKのパスミスを突いてカナダ代表FWジェイコブ・シャッフェルバーグが大きく空いたゴールへシュート。だが、懸命に戻ったGKにラインギリギリでかき出された。 とはいえ、映像を見る限りは非常に際どいところだ。ラインを割っているようにも、ギリギリで防いだようにも見える。主審は副審とも協議を行ったが、判定はノーゴールのまま試合は続行された。 VARは導入されているようだが、オンフィールドレビュー(OFR)は行われなかった模様。もちろん、対象はラインを割ったかどうかのファクトであるため、オンリーレビュー(OR)で事足りるのだが、行われたか否かは定かではない。さらに、GKの体に隠れてしまい"明らかにラインを割った"と確認できる映像がないことも論争を巻き起こしている要因だろう。 トロントFCにとっては絶好機を逸しただけでなく、終了間際に失点を喫して無念の敗北。『たられば』になってしまうが、上記のシーンでゴールが認められていれば、結果は異なるものになっていたかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールかノーゴールか、非常に際どいシュートシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">No goal in Toronto <a href="https://t.co/24feDQOAfg">pic.twitter.com/24feDQOAfg</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1437951948301340674?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

GKは俺に任せろ!しかしDFはバックパス…MLSで連係ミスから無情なオウンゴールが生まれる

13日に行われたメジャーリーグ・サッカー(MLS)第19節、ロサンゼルスFCvsレアル・ソルトレイクの一戦は衝撃的な結末となった。 前半から点を取って取られの撃ち合いとなった試合は、2-2の同点で58分を迎える。勝ち越しを狙うホームのロサンゼルスFCは、前線のFWダニー・ムソフスキーへパスを送るが、トラップが大きくなってしまい、ボールはソルトレイクのボックス内に転がる。 ロサンゼルスFCの選手たちも相手ボールになったと認識してプレー強度を緩める中、ソルトレイクのGKデイビッド・オチョアは、自分で処理しようと右手を挙げながら飛び出す。しかし、それに気づかなかったDFトニ・ダトコヴィッチはダイレクトでバックパス。オチョアは完全に逆を突かれる形となり、ボールはゆっくりとゴールへと吸い込まれていった。 オチョア、ダトコヴィッチともに呆然の失点となったが、試合はこのまま3-2でロサンゼルスFCが勝利。ソルトレイクにとっては悪夢のオウンゴールとなってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】相手もびっくり!ダトコヴィッチのバックパスはゆっくりとゴールに吸い込まれる…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">They&#39;ll take it!<a href="https://twitter.com/LAFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@LAFC</a> have the lead once again. <a href="https://t.co/rGsHoAgTzA">pic.twitter.com/rGsHoAgTzA</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1437264373848760324?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.15 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

伊東純也のスーパーゴールがベルギーリーグの月間最優秀ゴールに選出!

ヘンクに所属する日本代表MFの伊東純也のゴールがジュピラー・プロ・リーグの8月の最優秀ゴールに選出された。 伊東は8月14日にホームで行われた第4節のルーヴェン戦に右ウイングで先発出場。2-0で迎えた77分に、味方との連続したワンツーでバイタルエリア中央を崩しにかかり、右サイドから中に絞っていった伊東は、テオ・ボンゴンダがヒールで落としたボールに左足ダイレクト。これがゴール左に決まり、見事な連携からゴールを奪い、4-0の大勝に貢献した。 ベルギー『HLN』で本人も「恐らく僕にとってヘンクでのベストゴールです。いい攻撃でしたし、ゴールできてよかったです」と語っていたが、ジュピラー・プロ・リーグの公式ツイッターが「このチームゴールが今シーズン最初のbwin月間最優秀ゴールです」と8月の最優秀ゴールに選出した。 ベルギーでの4シーズン目を迎えている伊東は、今シーズンここまで公式戦9試合に出場して1ゴール1アシスト。リーグでは6試合で1ゴールの数字を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】月間最優秀ゴールに選ばれた伊東純也のゴールはこちら</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This teamgoal is your first bwin &#39;Goal of the Month&#39;! <a href="https://twitter.com/hashtag/jupilerproleague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jupilerproleague</a> <a href="https://t.co/GsfX3FkwMM">pic.twitter.com/GsfX3FkwMM</a></p>&mdash; Pro League (@ProLeagueBE) <a href="https://twitter.com/ProLeagueBE/status/1437347823977119746?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.15 07:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ロサンゼルスFC、チェルシー退団のGKブラックマンを獲得

メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCは14日、昨シーズン限りでチェルシーを退団したイングランド人GKジャマル・ブラックマン(27)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなるが、1年の延長オプションが付随している。 12歳からチェルシーのアカデミーに所属していた生え抜きの199cmのGKは、2014年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでの公式戦出場は一度もなく、スウェーデンのエステルスンド、オランダのフィテッセに加え、イングランド国内の下部カテゴリーのクラブへの武者修行を繰り返した。 昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のロザラム・ユナイテッドでプレーし、公式戦28試合に出場。6度のクリーンシートを記録していた。 2021.09.14 23:23 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly