ユベントスが新アウェイユニフォームを発売!アディダスの3本線がグラデーションに

2021.07.23 07:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは22日、2021-22シーズンのアウェイユニフォームを発表した。

トリノの街、特にそのナイトライフとエレクトロニック・ミュージックにインスパイアされた新ユニフォームは、黒基調でクラブのエンブレムやロゴは白色になっている。胸にはスポンサーである『Jeep』のロゴが入っており、その下には『4XE』のロゴが。これは、ジープの新たなハイブリットテクノロジーを表すもので、すでに発表されている来季のホームユニフォームと同様だ。

特徴的なのは、肩にあるアディダスの3本線。単色ではなく、オレンジとピンクのグラデーションになっている。このテクノロジーをアディダスがサッカーユニフォームに使用するのはこれが初めてだ。

そして、3本線と同じグラデーションになっている細い線がシャツの全面と袖にパターンで描かれている。ショーツとソックスもシャツ同様に黒基調で、ショーツに入る3本線もオレンジとピンクのグラデーションになっている。

なお、このユニフォームは、24日に行われるチェゼーナとの親善試合でお披露目となる予定だ。



1 2
関連ニュース
thumb

ポグバ、ユーベ復帰の可能性も…ライオラ「ポールはまだトリノを愛している」

フランス代表MFポール・ポグバ(28)の代理人がユベントス復帰の可能性を認めた。 2016年夏にユベントスから古巣マンチェスター・ユナイテッドに復帰したポグバ。今季のプレミアリーグで開幕4試合で7アシストと個人としても好スタートに成功したが、ピッチ外ではユナイテッドとの残る契約が12カ月を切り、将来が不透明な状況だ。 そんなユナイテッドの背番号「6」を顧客に持つのが辣腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏。レアル・マドリーやパリ・サンジェルマン(PSG)も移籍先に挙がるポグバだが、ライオラ氏は『Rai Sport』でユベントス復帰の可能性を口にした。 「ポグバの契約は6月に切れる。マンチェスター・ユナイテッドと話をして、様子を見てみるとしよう」 「ポールはまだトリノを愛している。ポグバがユベントスに戻る可能性はあるね。だが、ユベントス次第だ」 ポグバは2012年夏〜2016年夏までの4シーズンにわたり、ユベントスでプレー。ユナイテッド時代から逸材として知られた存在だったが、ユベントスに移ってからそのポテンシャルを輝かせ、公式戦178試合の出場で34得点40アシストの数字を残した。 2021.09.18 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第4節プレビュー】未勝利のユーベvs3連勝ミランのビッグマッチ

前節はミランがラツィオとの連勝スタート対決を制し、ユベントスを下したナポリ、ローマと共に3クラブが3連勝スタートとしている。インテルはDF吉田のゴールもあってサンプドリアにドロー。また、3試合を終えた段階で2クラブが監督解任に踏み切った。カリアリではセンプリチ監督からマッツァーリ監督へ、ヴェローナではディ・フランチェスコからトゥドール監督に指揮権が渡っている。迎える第4節は未勝利のユベントスと3連勝のミランが激突する。 前節ナポリ戦を圧倒された中1-2と逆転負けしたユベントスは、1分け2敗スタートと大きく躓いた。ただ、火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではマルメ相手に3-0と快勝。今季の公式戦初勝利を挙げている。ようやく第2次アッレグリ政権下でまともな試合を演じた中、ミランとのビッグマッチで真価を試されることになる。 一方、ミランは前節ラツィオとの連勝スタート対決を復帰したFWイブラヒモビッチのゴールなどで2-0と快勝とした。3連勝発進とした中、水曜に行われたCLリバプール戦では劣勢の中で一時は逆転に成功したものの、2-3で敗戦。今季の公式戦初黒星となった中、イブラヒモビッチが負傷で再離脱となった一方、コロナから復活したFWジルーに期待が懸かる。ユベントスを下して4連勝となるか。 ミラン、ナポリと共に3連勝スタートとしたローマはヴェローナとのアウェイ戦に臨む。モウリーニョ監督率いる新生ローマは前節サッスオーロに苦しめられながらもGKルイ・パトリシオの好守とFWエル・シャーラウェイの試合終了間際弾で2-1と競り勝った。そして木曜に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグでも勝利し、公式戦6連勝とした中、監督交代のあったヴェローナに勝利となるか。 4連勝を目指すナポリは月曜にウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。ユベントス戦では先制を許したものの、ほぼ一方的な試合を演じたナポリ。ELではレスター・シティ相手に2-2の引き分けに持ち込み、好調を維持。2勝1分けと好スタートを切ったウディネーゼ相手に4連勝となるか。 サンプドリアに引き分けたインテルはDF冨安がアーセナルに旅立ったボローニャとのホーム戦に臨む。サンプドリア戦では2度のリードを生かせず引き分けに終わったインテル。水曜に行われたCLではレアル・マドリー相手に優勢に運んだものの、終盤の失点で敗戦に終わってしまった。昨季の連敗に続く悔しい黒星となった中、リーグ戦に切り替えられるか。 その他、CLビジャレアル戦を引き分けたアタランタは昇格組サレルニターナとのアウェイ戦を、ELガラタサライ戦を落としたラツィオは監督交代のあったカリアリとのホーム戦に臨む。 そしてインテル相手にゴールを決めたサンプドリアの吉田は、エンポリとのアウェイ戦で今季初勝利を目指す。 ◆セリエA第4節 ▽9/17(金) 《27:45》 サッスオーロ 0-1 トリノ ▽9/18(土) 《22:00》 ジェノアvsフィオレンティーナ 《25:00》 インテルvsボローニャ 《27:45》 サレルニターナvsアタランタ ▽9/19(日) 《19:30》 エンポリvsサンプドリア 《22:00》 ヴェネツィアvsスペツィア 《25:00》 ラツィオvsカリアリ ヴェローナvsローマ 《27:45》 ユベントスvsミラン ▽9/20(月) 《27:45》 ウディネーゼvsナポリ 2021.09.18 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「ロナウドのプレッシャーは感じてない!」ケアン、ユーベ復帰の思いを語る

今夏にユベントスに復帰したイタリア代表FWモイぜ・ケアンだが、同時にクラブを去ったあの巨星の影に飲まれるようなことはないという。『フットボール・イタリア』がコメントを伝えている。 今夏の移籍市場の最終日にエバートンから2年レンタルで加入したケアン。元々ユベントスの下部組織出身で、2019年夏にエバートンに完全移籍して以来、2年ぶりの復帰となった。 ただ、移籍したタイミングがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのマンチェスター・ユナイテッド移籍発表直後だっただけに、ケアンはその後釜というイメージが強い。 しかし、本人はそのようなプレッシャーは感じていないと強調。古巣を助ける一心だったと話した。 「ロナウドの後釜というプレッシャーは微塵も感じていない。僕はただ、自分が育った思い入れのあるチームを助けたいという一心でここに来た」 「試合に出たい、プレッシャーはない。唯一、ユベントスのユニフォームを着るという責任を感じているよ」 2021.09.17 20:37 Fri
twitterfacebook
thumb

今季公式戦初勝利のユベントス、指揮官もチームに手応え 「ポジティブな要素があった」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)で今季公式戦初勝利を挙げたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは14日に行われたCLグループH第1節でマルメと対戦。チームはセリエA開幕からの3試合で未勝利と苦しい状況が続いているが、この日は23分にDFアレックス・サンドロのゴールで先制すると、前半だけで3点を奪取。後半は追加点を奪えなかったものの終始試合を支配し、3-0で勝利した。 この結果、ユベントスは今季の公式戦で初勝利。29日に行われる第2節チェルシー戦を前に、重要な白星となっている。 試合後のインタビューに臨んだアッレグリ監督は、選手たちのパフォーマンスを称賛。そのうえで、週末のセリエA第4節で行われるミランとのビッグマッチに備えたいと語った。 「CLの開幕戦は決して一筋縄ではいかないものだ。我々は決して楽ではない時期を経て、この試合に臨むことになった。今日もポゼッションという点では改善の余地があったが、ポジティブな要素もあったと思う」 「今夜はこれまで一緒にプレーしたことのない3人が中盤でプレーした。選手たちには、お互いをよく知るための時間が必要だ。(アドリアン・)ラビオについては、彼自身も自分がどれだけポテンシャルを持っているかわかっていないかもしれないね。彼は成長しており、いい試合をした。(ヴォイチェフ・)シュチェスニーもよくやった。先週の土曜の試合より難しいセーブをいくつか見せてくれたと思う。誰にでも、物事がうまくいかないときはある」 「今夜は結局最後まで失点を許さなかった。(パオロ・)ディバラや(アルバロ・)モラタもいいプレーをしていたと思う。ただ、今はあまり先走りせず日曜日の試合を考えているよ。ミランは好調であり、クラブを取り巻く環境は興奮に満ちているからね」 2021.09.15 13:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスがマルメに3発快勝、今季初勝利《CL》

ユベントスは14日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節でマルメとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 CL王者チェルシーとロシア王者ゼニトが同居するグループH。 昨季はポルトの前にベスト16敗退に終わり、アッレグリ監督を3季ぶりに呼び戻したユベントス。しかし、セリエAでは開幕から3試合で1分け2敗と大きく躓いた。そのユベントスは1-2で敗れた3日前のナポリ戦のスタメンから6選手を変更。南米予選帰りのディバラやアレックス・サンドロ、ダニーロらが先発に戻った。 スウェーデン王者マルメに対し、立ち上がりからポゼッションしたのはユベントスとなったが、開幕からの不調を象徴するように効果的な攻めを見せることはできない。 それでも23分、最初のチャンスをゴールに結びつける。右サイドからのクアドラードのクロスをアレックス・サンドロがダイビングヘッドで押し込んだ。 5バックで構えるマルメに対し、余裕を持ったポゼッションで時間を使っていたユベントスは43分、PKを獲得する。ダニーロのロングフィードでディフェンスライン裏を取ったモラタがボックス内でニールセンに倒された。 このPKをディバラが決めてリードを広げたユベントスは直後の1分後に3点目。ラビオのパスのルーズボールをボックス内のモラタがチップキックシュートでゴールへ流し込んだ。 迎えた後半、57分にモラタがヘディングシュートで、続く62分にはディバラのヒールパスからモラタがGK強襲のシュートを浴びせたユベントスが主導権を渡さない。 さらに70分には途中出場のケアンがネットを揺らすもわずかにオフサイドに阻まれた。後半には追加点を奪えなかったユベントスだったが、3-0で快勝。今季公式戦初勝利としている。 2021.09.15 06:02 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly