香川真司がPSMで魅せる! 鮮やかなドリブルから優しいパスでゴール演出

2021.07.22 13:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PAOKテッサロニキの元日本代表MF香川真司がプレシーズンマッチで魅せた。

PAOKは21日にプレシーズンマッチでオランダのヘラクレスと対戦。試合は2-1で勝利した。

この試合に先発出場した香川は、13分に魅せるプレーを披露した。

自陣でルーズボールを拾うと、自身の前に広がるスペースへ向けてドリブルを開始。カウンターの形となるとそのままドリブルを続けてボックス手前まで持ち上がる。

相手DFが揃う中、引きつけた香川は優しく左サイドへとパス。これをエル・カドゥーリがボックス内左からダイレクトクロス。これをファーサイドに詰めたネウソン・オリヴェイラが詰めて、先制した。

その後1-1に追いつかれるも、PAOKは勝ち越しに成功。2-1で勝利した。



1 2
関連ニュース
thumb

予選3回戦が終了! 守田英正のサンタ・クララ、香川真司のPAOKは予選プレーオフ進出《ECL》

12日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選3回戦2ndレグが行われた。 2021-22シーズンから新たに設立されたECLは、チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ欧州サッカー連盟(UEFA)の第3階層レベルの大会。レギュレーション的には従来のELを分割する形式となっている。 その予選3回戦が12日に終了。予選プレーオフに進む32チームが決まった。 日本人選手が所属するクラブも予選3回戦に参加している。 MF齊藤未月が所属するルビン・カザン(ロシア)は、ポーランドのラクフ・チェンストホヴァと対戦。外国人枠の問題で去就が騒がれている齊藤はベンチ入り。試合は延長戦にまでもつれ込むと、106分に齊藤が途中出場した。 直前に味方が退場し、数的不利だったルビン・カザンだったが、齊藤は投入直後にファウルでイエローカードを受ける。さらにチームは111分に失点。そのまま0-1で敗れ、2戦合計0-1で予選3回戦敗退となった。 香川真司が所属するPAOKテッサロニキ(ギリシャ)はアイルランドのボヘミアンズと対戦。香川はベンチ入りも出番は訪れず。それでもチームは2-0で勝利し、2戦合計3-2で予選プレーオフ進出を決めた。 守田英正が所属するサンタ・クララ(ポルトガル)はスロベニアのオリンピア・リュブリャナと対戦。守田は先発フル出場を果たした。1stレグで0-2で勝利していたサンタ・クララは2ndレグもしっかりと0-1で勝利し、2戦合計0-3で予選プレーオフに勝ち進んだ。 また、ガンバ大阪から先日加入が発表されたFW中村敬斗が所属するLSKリンツ(オーストリア)は、セルビアのヴォイボディナと対戦。1stレグは1-0で勝利していたが、2ndレグは6-1と圧勝。2戦合計7-1で予選プレーオフに勝ち進んだ。 この結果、PAOKはプレーオフでクロアチアのリエカと、サンタ・クララはセルビアのパルチザン・ベオグラードと対戦。LASKはスコットランドのセント・ジョンストンと対戦する。 また、プレーオフには原口元気と遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリン(ドイツ)が参加し、フィンランドのクオピオン・パロセウラと対戦。そのほか、トッテナムはポルトガルのパソス・デ・フェレイラ、ローマはトルコのトラブゾンスポルと対戦する。 なお、ECLプレーオフの1sレグは8月19日、2ndレグは8月26日に開催される。 【予選3回戦結果】 ▽8/9(月) シャフチョール(カザフスタン) 0-0 コロス・コヴァリフカ(ウクライナ) ※AGG:0-0(3 PK 1)でシャフチョールが勝利 ▽8/10(火) ドムジャレ(スロベニア) 1-2 ローゼンボリ(ノルウェー) ※AGG:2-8 でローゼンボリが勝利 ▽8/11(水) アスタナ(カザフスタン) 3-4 クオピオン・パロセウラ(フィンランド) ※AGG:4-5 でクオピオン・パロセウラが勝利 ▽8/12(木) カラバフ(アゼルバイジャン) 1-0 AELリマソール(キプロス) ※AGG:2-1 でカラバフが勝利 ルビン・カザン(ロシア) 0-1 ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド) ※AGG:0-1 でラクフ・チェンストホヴァが勝利 モルデ(ノルウェー) 1-1 トラブゾンスポル(トルコ) ※AGG:4-4(3 PK 4)でトラブゾンスポルが勝利 ボデ/グリムト(ノルウェー) 2-0 プリシュティナ(コソボ) ※AGG:3-2 でボデ/グリムトが勝利 ジリナ(スロバキア) 5-0 トボル(カザフスタン) ※AGG:6-0 でジリナが勝利 ハンマルビー(スウェーデン) 5-1 チュカリチュキ(セルビア) ※AGG:6-4 でハンマルビーが勝利 ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 3-1 TNSor(ウェールズ) ※AGG:5-5(4 PK 1)でビクトリア・プルゼニが勝利 PAOKテッサロニキ(ギリシャ) 2-0 ボヘミアンズ(アイルランド) ※AGG:3-2 でPAOKが勝利 RFS(ラトビア) 0-1 ヘント(ベルギー) ※AGG:2-3 でヘントが勝利 ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 4-0 シロンスク・ヴロツワフ(ポーランド) ※AGG:5-2 でハポエル・ベエルシェバが勝利 マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 1-0 スパルタク・トルナヴァ(スロバキア) ※AGG:1-0 でマッカビ・テルアビブが勝利 バーゼル(スイス) 4-0 ウーイペシュト(ハンガリー) ※AGG:6-1 でバーゼルが勝利 フォラ・エシュ(ルクセンブルク) 2-1 リンフィールド(北アイルランド) ※AGG:4-2 でフォラ・エシュが勝利 アンデルレヒト(ベルギー) 2-1 ラチ(アルバニア) ※AGG:5-1 でアンデルレヒトが勝利 コペンハーゲン(デンマーク) 4-2 ロコモティフ・プロヴディフ(ブルガリア) ※AGG:5-3 でコペンハーゲンが勝利 リエカ(クロアチア) 4-1 ハイバーニアン(スコットランド) ※AGG:5-2 でリエカが勝利 フェイエノールト(オランダ) 3-0 ルツェルン(スイス) ※AGG:6-0 でフェイエノールトが勝利 ヴェレジュ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 1-4 エルフスボリ(スウェーデン) ※AGG:2-5 でエルフスボリが勝利 オリンピア・リュブリャナ(スロベニア) 0-1 サンタ・クララ(ポルトガル) ※AGG:0-3 でサンタ・クララが勝利 スィヴァススポル(トルコ) 1-1 ディナモ・バトゥミ(ジョージア) ※AGG:延長戦の末3-2 でスィヴァススポルが勝利 ハイバーニアンズ(マルタ) 1-4 リガ(ラトビア) ※AGG:3-4 でリガが勝利 テウタ(アルバニア) 0-2 シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド) ※AGG:0-3 でシャムロック・ローヴァーズが勝利 ラーン(北アイルランド) 1-0 パソス・デ・フェレイラ(ポルトガル) ※AGG:1-4 でパソス・デ・フェレイラが勝利 アバディーン(スコットランド) 2-1 ブレイザブリク(アイスランド) ※AGG:5-3 でアバディーンが勝利 HBトースハウン(フェロー諸島) 1-0 マッカビ・ハイファ(イスラエル) ※AGG:3-7 でマッカビ・ハイファが勝利 ダンドーク(アイルランド) 1-2 フィテッセ(オランダ) ※AGG:3-4 でフィテッセが勝利 LASKリンツ(オーストリア) 6-1 ヴォイボディナ(セルビア) ※AGG:7-1 でLASKが勝利 パルチザン・ベオグラード(セルビア) 2-2 ソチ(ロシア) ※AGG:3-3(4 PK 2)でパルチザンが勝利 オシエク(クロアチア) 1-1 CSKAソフィア(ブルガリア) ※AGG:3-5 でCSKAソフィアが勝利 【予選プレーオフ】 ◆チャンピオンズパス ジャルギリス(リトアニア) vs ボデ/グリムト(ノルウェー) ネフチ・バクー(アゼルバイジャン) vs マッカビ・ハイファ(イスラエル) フローラ(エストニア) vs シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド) リガ(ラトビア) vs リンカーン(ジブラルタル) フォラ・エシュ(ルクセンブルク) vs カイラト(カザフスタン) ◆メインパス カラバフ(アゼルバイジャン) vs アバディーン(スコットランド) バーゼル(スイス) vs ハンマルビー(スウェーデン) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs CSKAソフィア(ブルガリア) パソス・デ・フェレイラ(ポルトガル) vs トッテナム(イングランド) スタッド・レンヌ(フランス) vs ローゼンボリ(ノルウェー) アンデルレヒト(ベルギー) vs フィテッセ(オランダ) LASKリンツ(オーストリア) vs セント・ジョンストン(スコットランド) シャフチョール(カザフスタン) vs マッカビ・テルアビブ(イスラエル) PAOKテッサロニキ(ギリシャ) vs リエカ(クロアチア) クオピオン・パロセウラ(フィンランド) vs ウニオン・ベルリン(ドイツ) フェイエノールト(オランダ) vs エルフスボリ(スウェーデン) ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド) vs ヘント(ベルギー) スィヴァススポル(トルコ) vs コペンハーゲン(デンマーク) サンタ・クララ(ポルトガル) vs パルチザン・ベオグラード(セルビア) トラブゾンスポル(トルコ) vs ローマ(イタリア) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) vs アノルトシス(キプロス) ヤブロネツ(チェコ) vs ジリナ(スロバキア) 2021.08.13 12:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリッジ、香川在籍のPAOKから逸材FWツォリスを獲得!

ノリッジ・シティは12日、PAOKテッサロニキからギリシャ代表FWフリストス・ツォリス(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 昇格組カナリーズでプレミアリーグ初挑戦となる19歳は、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「歓迎してくれたみんなに感謝しているよ。このチームの一員になれたことをとても嬉しく思うし、できるだけ早くファンのみんなに会いたいと思っているよ」 「監督(ダニエル・ファルケ)と話をして、チームとしてのプランや自分をどのような形でチームに組み込んでいくのかを教えてもらったんだ。だから、ここでプレーすることは僕にとっても良いステップになると考えているよ」 「(昨年は)プロとして初めてのシーズンだったけど、スタッツも良かったし、カップ戦で優勝もできた。自分にとって本当に良いシーズンだったから、このままプレミアリーグでもそれを継続していきたいと思っているよ」 ユース時代にドイツのオッフェンバッハなど2クラブに在籍経験があるツォリスは、2018年に古巣PAOKに帰還。2020年にトップチームデビューを飾ると、昨シーズンは公式戦46試合に出場し、16ゴール10アシストを挙げる活躍をみせ、クラブの年間最優秀選手にも選出されていた。 その活躍によって昨年10月にはギリシャ代表デビューも飾り、11月のキプロス代表との国際親善試合では待望の初ゴールを挙げていた。 左ウイングを主戦場に優れたアジリティを武器に緩急を織り交ぜたドリブルを最大の特長とするアタッカーは、アタッキングサードのプレー判断も確かなギリシャ期待の逸材だ。 なお、PAOKではマンチェスター・ユナイテッド時代にプレミアリーグを経験している日本代表MF香川真司と共にプレーしており、イングランドでのプレーに関する助言を受けたかもしれない。 2021.08.12 18:09 Thu
twitterfacebook
thumb

香川真司のPAOKがユニフォーム3種を発表!ホームは伝統の白黒ストライプ

ギリシャ・スーパーリーグのPAOKテッサロニキとサプライヤーのマクロンは27日、2021-22シーズンのユニフォームを発表した。 ホームキットは、伝統的な黒と白のストライプで袖の部分は黒色になっている。またシャツ背面の首元には“PAOK FC”と刻まれている。ショーツとシックスは白基調に黒色があしらわれており、モノトーンなスタイルだ。 一方のアウェイキットも黒基調で、胸元に横断するように白いラインが入っている。こちらもシャツ背面の首元には“PAOK FC”と刻まれ、ショーツとソックスは黒基調に白があしらわれている。ホームに続きモノトーンなデザインになっている。 また、3rdユニフォームはまだだが、4thユニフォームも合わせて発表されている。こちらはオレンジ色がベースで、袖には紺色でヘリンボーン柄が施されている。ショーツとソックスもオレンジベースに紺色があしらわれたスタイルだ。 PAOKには元日本代表MF香川真司が在籍しており、すでにチームでプレシーズンマッチでもアシストを記録。今シーズンはこのユニフォームに袖を通すこととなる。 <span class="paragraph-title">【写真】香川真司も着用するPAOKのユニフォーム3種</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/112_Paok_Home_Away_Fourth_1920x1050.jpg" style="max-width:100%;"></div> ■【キレキレ】香川真司がドルトムントで決めたゴールTOP5 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIyUExEcmx2SCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.28 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

34歳ジョビンコ、次はギリシャへ? 香川真司の同僚になる可能性

元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(34)にギリシャ行きの可能性が高まっている。 ジョビンコはユベントスやエンポリ、パルマといった国内クラブを経て、2015年2月にメジャーリーグサッカー(MLS)のトロント入り。2019年2月からサウジアラビアの強豪アル・ヒラルに活躍の場を移した。 行く先々で個人としてだけでなく、数々のチームタイトルを獲得するなどの成功を収めるジョビンコ。今夏、20年ぶりにセリエA昇格を果たすヴェネツィア行きが噂されたが、まだイタリアに戻らないようだ。 イタリア『スカイ』によると、新たな行き先に挙がっているのは元日本代表MF香川真司も所属するギリシャ・スーパーリーグのPAOKテッサロニキ。交渉は細部の詰めを残すものの、最終局面に入っている模様だ。 また、移籍市場に詳しいジャンルカ・ディ・マルツィオ氏もその見通しを指摘。アル・ヒラルとの契約が今年末までのジョビンコはPAOK加入が決まれば、ユベントスを退団した2015年1月以来の欧州復帰となる。 2021.07.27 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

PAOKがパルマからスロベニア代表MFクルティッチを獲得

香川真司の所属するPAOKテッサロニキは18日、パルマからスロベニア代表MFヤスミン・クルティッチ(32)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、背番号は「27」を着用する。 2011年にパレルモに加入したクルティッチは、その後サッスオーロやトリノ、フィオレンティーナ、アタランタ、SPALなどでプレー。 2020年1月に買取義務付きのレンタル移籍で加入したパルマでは、半年間でリーグ戦20試合に出場し2ゴールをマーク。昨夏に移籍金500万ユーロで完全移籍を果たすと、昨季もセントラルMFを主戦場にセリエAで34試合に出場し4ゴールを記録していた。 なお、2012年5月にデビューしたスロバキア代表では、通算68試合に出場しており、2ゴール4アシストをマークしている。 2021.07.18 23:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly