鬼才ゼーマンがセリエCクラブの指揮官に就任

2021.06.20 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェコ人指揮官ズデネク・ゼーマン氏(74)が、セリエCに所属するフォッジャ・カルチョの新監督に就任した。19日にフォッジャ・カルチョが公式ツイッターで発表した。

これまでラツィオやローマ、ナポリなどイタリア国内で長年にわたり多くのクラブで監督を務めたゼーマン氏は、直近では2017年2月からペスカーラを率いていたが2018年3月に解任されて以降は、フリーの状態が続いていた。

なお、ゼーマン氏は過去3度フォッジャ・カルチョの指揮官を務めており、今回は2011年1月以来、10年ぶり4度目の指揮官就任となった。

昨季のフォッジャ・カルチョはセリエCのグループCで9位に終わり、セリエB昇格プレーオフでも2回戦でSSCバーリに敗戦した。

関連ニュース
thumb

積極補強のアストン・ビラ、約38億円でイングスを獲得

アストン・ビラは4日、イングランド代表FWダニー・イングス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までの3年間で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば2500万ポンド(約38億円)とのことだ。 ストライカーのイングスはバーンリーで活躍後、2015年夏にリバプールに移籍。負傷の影響もあって活躍するには至らなかったが、2018年夏に移籍したサウサンプトンで復活。在籍3シーズンで公式戦100試合に出場して46ゴール10アシストを記録した。昨季はプレミアリーグ29試合の出場で12ゴールを挙げている。 アストン・ビラは今夏、レバークーゼンからジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(23)を2500万ポンドで、ノリッジのアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアを3300万ポンド(約50億3000万円)で獲得。イングランド代表MFジャック・グリーリッシュのマンチェスター・シティ移籍が濃厚な中、積極的な補強を続けている。 2021.08.05 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、守護神アリソンと2027年まで契約延長

リバプールは4日、ブラジル代表GKアリソン・ベッカー(28)と長期契約を結んだことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば2027年6月まで延長したとのことだ。 2018年夏にローマからリバプールに加入したアリソンは、これまでリバプールで公式戦130試合に出場。59試合のクリーンシートを達成し、加入初年度にチャンピオンズリーグ優勝、2年目にプレミアリーグ優勝に貢献していた。 アリソンは契約延長についてリバプールの公式サイトで以下のように述べている。 「あまり無駄なことは考えずに決められた。この3年間で積み上げてきた自信、信頼があったからだと思う。私と家族はここで幸せに過ごせている。リバプールで仕事が続けられること、良い仕事ができることを嬉しく思っている。この決断を本当に喜んでいる。難しい決断じゃなかった」 2021.08.05 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルGKスタンコビッチ、オランダのフォレンダムにレンタル移籍

フォレンダムは4日、インテルのU-19セルビア代表GKフィリップ・スタンコビッチ(19)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 インテルのレジェンドである元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏の息子であるフィリップはインテルの下部組織出身。トップチームデビューは果たせていないものの、次期守護神候補と期待されるスタンコビッチにとっては、今回が初めての移籍となる。 2021.08.05 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトのU-21トルコ代表FWアクマン、NECにレンタル移籍

フランクフルトは4日、U-21トルコ代表FWアリ・アクマン(19)がNECにレンタル移籍することを発表した。期間は2022年6月までの1年間となっている。 各年代のトルコ代表でストライカーとして活躍し、ブルサシュポルでプロデビューを飾ったアクマンは昨季、トルコ・スーパーリーグで18試合に出場して10ゴール3アシストと活躍。この活躍を受けて2月にフランクフルトへの完全移籍が決まった。 その後、3月をもってブルサシュポルとの契約が切れた後、フランクフルトでトレーニングを積んでいたが、新シーズンはエールディビジに武者修行へ出ることになった。 2021.08.04 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWイビセビッチが現役引退、ヘルタでストライカー指導のコーチに就任

元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWヴェダド・イビセビッチ(36)がヘルタ・ベルリンに復帰した。しかし、それは選手としてではなく、コーチとしての復帰だった。 かつてヘルタでキャプテンを務めたイビセビッチ。2020年9月にヘルタからシャルケへと完全移籍すると、2021年1月に退団。その後はフリーとなっていた。 アメリカでプレーしていたイビセビッチは、2004年7月にパリ・サンジェルマンへと完全移籍。その後、ディジョンへのレンタル移籍を経験。2006年7月にアレマニア・アーヘンへと移籍する。 2007年7月にはホッフェンハイムへと移籍すると、初昇格ながらブンデスリーガで躍進を遂げたチームを支える活躍を見せる。 その後、シュツットガルトへの移籍を経て、2016年7月にヘルタへと完全移籍。チームの攻撃を支えていた。 現役時代にはブンデスリーガで344試合に出場し127ゴール52アシストを記録。今回正式に引退し、指導者キャリアを古巣で歩むこととなった。 また、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表として83試合で28ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップに出場するなど、チームを支えていた。 なお、ファーストチームだけでなく、アカデミーでもストライカーの育成に携わることになるようだ。 2021.08.04 22:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly