アディダスのシャルケが2022年夏から復活!アンブロとの契約は終了へ

2021.06.15 06:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケは11日、11teamsportsとともにアディダスとの5年間のパートナーシップ契約を締結したことを発表した。契約は2022年7月1日からとなる。両者は1963年から2018年まで55年間にわたって契約。2018年夏からアンブロと契約を結んでいたものの、今年2月に2023年までの契約を1年短縮し、2022年までとすることが発表されていた。実に4年ぶりの復活となる。

過去7回のリーグ優勝の経験を持つ名門のシャルケだが、今シーズンは序盤から絶不調に陥り、1987-88シーズン以来となる2部降格となっていた。アディダスとの契約はシャルケが1部もしくは2部に在籍する限りは有効とのことだ。

シャルケのマーケティング、セールス担当を務めるアレクサンダー・ヨープスト氏は、「アディダスや11teamsportsと一緒にクラブの次の章を形作れることを、すべてのシャルケファンとともにに嬉しく思う」とコメントしている。

1 2
関連ニュース
thumb

アーセナルとエバートンがゴールドカップで活躍中のアメリカ代表FWに関心?

アーセナルとエバートンがシャルケのアメリカ代表FWマシュー・ホッペ(20)の獲得に興味を示しているようだ。アメリカの著名なスポーツ・ジャーナリストであるグラント・ウォール氏が報じている。 アリゾナにあるバルセロナのアカデミー育ちの194cmの大型ストライカーは、2019年夏にシャルケのユースチームに加入。2020年11月のボルシアMG戦でトップチームデビューを飾った。 ブンデスリーグデビュー5戦目となったホッフェンハイム戦では初ゴールを含む3ゴールを叩き込み、アメリカ人選手として史上初となるブンデスリーガでのドライアーパックを達成。シャルケに昨シーズンのブンデスリーガ初勝利と共に359日、31戦ぶりとなるリーグ戦での白星をもたらし、一躍新たなスター候補として注目を浴びていた。 そして、昨シーズンはチームが最下位に低迷していた中、リーグ戦22試合6ゴール1アシストの数字を残していた。 戦術面の向上やポジショニングの改善は求められるものの、傑出したアスリート能力、得点感覚、スター性を持つそのポテンシャルの高さを考えれば、新シーズンに2部降格のシャルケでプレーを継続する可能性は低いと見られている。 現在、ゴールドカップ2021において4試合1ゴール1アシストと印象的な活躍を見せているホッペに関してウォール氏は、自身の公式『ツイッター』を通じて、「マシュー・ホッペにはアーセナルとエバートンが興味を示しているという。ゴールドカップ後にシャルケから移籍する可能性が高くなっている」と、プレミアリーグの強豪2クラブからの関心を伝えている。 2021.08.01 19:49 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ退団のスタンブリがバロテッリ加入で話題のアダナ・デミルスポルに加入!

トルコのアダナ・デミルスポルは26日、シャルケを退団したフランス人DFバンジャマン・スタンブリ(30)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。 スタンブリは2010年にモンペリエでプロデビュー後、トッテナム、パリ・サンジェルマン(PSG)を渡り歩き、2016年からシャルケでプレー。守備的MFや右サイドバック、センターバックと複数のポジションをカバーする守備のマルチロールとして公式戦133試合に出場していた。 シャルケとの現行契約は2023年までとなっていたが、クラブの2部降格に伴う契約解除条項を行使する形で今夏に退団を選択していた。 今夏の去就に関しては古巣モンペリエへの復帰の可能性が取り沙汰されていたが、クラブの財政難という事情もあり交渉はまとまらず。 そして、新天地は元イタリア代表FWマリオ・バロテッリやモンペリエの元同僚であるモロッコ代表MFユネス・ベルアンダを今夏に獲得していたアダナ・デミルスポルとなった。 2021.07.26 19:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルト、シャルケ退団のシェプフが加入!

アルミニア・ビーレフェルトは19日、シャルケを退団したオーストリア代表MFアレッサンドロ・シェプフ(27)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。 昨シーズンにブンデスリーガ2部に降格したシャルケを離れ、ビーレフェルトを新天地に選択した27歳の攻撃的MFは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「アルミニアとクラブ関係者との会談では、僕のために熱心に話してくれて、感銘を受けたよ。クラブとしての考え方は首尾一貫しているし、僕はここでの新しいタスクを本当に楽しみにしているんだ。シャルケ時代に対戦した際、シュコアレーナの雰囲気を感じることができたし、街とファンに会うことを本当に楽しみにしているよ」 バイエルンの下部組織出身のシェプフは2014年に加入したブンデスリーガ2部のニュルンベルクで台頭。2016年1月にシャルケにステップアップを果たすと、2列目の準主力としてブンデスリーガ通算112試合に出場し10ゴールの数字を残していた。 また、2016年にデビューを飾ったオーストリア代表では通算28試合に出場し5ゴールを記録。ユーロ2020では2試合に出場していた。 2021.07.20 15:48 Tue
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒト、シャルケから元ベルギー代表FWラマンを獲得

アンデルレヒトは15日、シャルケから元ベルギー代表FWベニト・ラマン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となっている。 シャルケでスポーツ・ディレクターを務めるルーベン・シュレーダー氏は、今回の移籍の経緯について説明。クラブの2部降格に伴い、ラマン側からの移籍希望を受け入れたものであることを明かした。 「ベニトは、シャルケでの将来を考えなくなったことを我々に率直に伝えてきた。だからこそ、アンデルレヒトへの移籍で賢明な解決策を見つけられたことは、双方にとってプラスになる。経済的条件には満足しているし、クラブを一歩前進させることができた」 母国のヘントでプロキャリアをスタートしたラマンは、2017年8月にスタンダール・リエージュからデュッセルドルフにレンタルで加入。移籍初年度にブンデスリーガ2部で28試合に出場して10ゴール3アシストと活躍し、クラブの1部昇格に貢献していた。そして、完全移籍に切り替わった翌シーズンも1部リーグで30試合に出場して10ゴール4アシストと印象的な活躍を見せていた。 その活躍が評価されて、2019年に加入したシャルケでは左右のウイングやセンターフォワードを主戦場に公式戦55試合に出場し、12ゴール4アシストを記録していた。 2021.07.16 14:29 Fri
twitterfacebook
thumb

元マンチェスター・シティのナスタシッチ、2部降格のシャルケからフィオレンティーナ復帰へ

シャルケのセルビア代表DFマティヤ・ナスタシッチ(28)のフィオレンティーナ復帰が近づいているようだ。移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。 母国パルチザン出身のナスタシッチは、2011年夏にフィオレンティーナに加入。その1年後にマンチェスター・シティへ大きくステップアップし、安定した出場機会を得ていたが、2014年2月に負ったヒザのケガの影響で居場所をなくし、2015年1月にシャルケへローン。半年後に完全移籍した。 シャルケでは公式戦通算157試合に出場し主力として活躍したものの、昨季のチームはリーグ戦でわずか3勝という不甲斐ない成績に終わり、30年ぶりに2部降格。すでにDFシュコドラン・ムスタフィやMFナビル・ベンタレブなど多くの選手が退団しており、この度ナスタシッチも移籍する見通しとなった。 ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、古巣のフィオレンティーナが獲得に興味を示し、推定200万から300万ユーロの移籍金で合意に至った模様。移籍が発表されれば9年ぶりの復帰となる。 一方でフィオレンティーナも、ナスタシッチ到着に伴い、センターバック1名が売却される見込みとなっている。 2021.07.15 18:51 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly