リーグ・アンが2023-24シーズンから18チーム制に!LFPが総会で正式承認

2021.06.04 00:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス・プロリーグ機構(LFP)の総会が3日に行われ、2023-24シーズンからリーグ・アンを18チーム制に移行することが正式に承認された。

フランスでは以前からリーグの競争力向上、ヨーロッパのコンペティションの試合増加を受けて、過密日程を抑制する目的で現行の20チーム制から18チーム制への移行が幾度となく議論されてきた。

フランス『レキップ』や『RMCスポーツ』によれば、3日に行われたLFPの総会で行われた投票では、2023-24シーズンからの18チーム制案の賛成に97.28パーセントの票が入り、18チーム制になることが正式に決定した。

なお、2022-23シーズンのリーグ・アンは4チームが自動降格となり、リーグ・ドゥの昇格も2チームに限られることとなる。


関連ニュース
thumb

「微笑ましい」娘とのルーチン公開のPSGワイナルドゥム、ファンは去就にも関心「ニューカッスルでそれをして」

パリ・サンジェルマン(PSG)オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが娘との快活なやり取りを公開した。 昨夏、リバプールからフリートランスファーでPSGに加入したワイナルドゥムは、ここまで途中出場をメインに公式戦25試合に出場。3ゴール2アシストの数字を残している。 そのワイナルドゥムはSNSで自宅での様子を公開。「娘とのカジュアルなハンドシェイクルーチン」と題し、娘との微笑ましい一幕を公開した。 2人のやり取りには多くのファンが反応。「とてもかわいい」、「微笑ましい」、「非常にスタイリッシュ」などほか、「リバプールに戻ってきてください。あなたがいなくて寂しいです」、「アーセナルに来て」、「ニューカッスルでこれをしてください」のように、古巣への帰還や贔屓クラブへの加入を希望する声も寄せられた。 ワイナルドゥムは現在、15日に行われたリーグ・アン第21節のスタッド・ブレストで左足首を痛めて離脱中。左足首の内側側副じん帯の部分的な損傷を伴う捻挫と診断され、全治は3週間程度が見込まれている。昨年12月にはプレミアリーグ復帰も取り沙汰されており、去就にも引き続き関心が集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ワイナルドゥムと娘のハンドシェイクルーチン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Just a casual handshake routine with my daughter<a href="https://t.co/EF0uksGVLJ">pic.twitter.com/EF0uksGVLJ</a></p>&mdash; Gini Wijnaldum (@GWijnaldum) <a href="https://twitter.com/GWijnaldum/status/1484922164356726785?ref_src=twsrc%5Etfw">January 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.24 21:22 Mon
twitterfacebook
thumb

元G大阪のファン・ウィジョ、リーグ・アン史上最高のアジア人スコアラーに!

ボルドーの韓国代表FWファン・ウィジョがリーグ・アンでアジア人選手の新記録を樹立した。 かつてガンバ大阪で活躍したのも記憶に新しいファン・ウィジョ。23日に本拠地で行われたリーグ・アン第22節のストラスブール戦に先発すると、17分、39分、90分にネットを揺らして4-3の勝利に大きく貢献した。 ハットトリックの活躍により、今季のリーグ・アン得点数を「9」に。通算得点数も「27」に伸ばしたが、データ集計サイト『Opta』によると、同リーグ史上で最もゴールをマークしたアジア人選手になったという。 従前の記録はかつてモナコでプレーした元韓国代表FWパク・チュヨンの25得点。昨年12月のトロワ戦以来となるゴールを皮切りにハットトリックを成し遂げたファン・ウィジョは2点目の時点で記録を更新したことになる。 なお、昨季のファン・ウィジョは36試合の出場で12ゴールをマーク。今季はチーム状態が思わしくないものの、残り16試合であるのを鑑みると、昨季を上回るゴール数も期待できそうだ。 2022.01.24 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝のPSG、ポチェッティーノ監督は称賛 「明確なチャンスを作る方法が見つけられた」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督がチームの勝利に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 PSGは23日に行われたリーグ・アン第22節でスタッド・ランスと対戦した。前半終了間際にMFマルコ・ヴェッラッティのゴールで先制すると、後半にはDFセルヒオ・ラモスが加入後初ゴールを記録。その後、オウンゴールやMFダニーロ・ペレイラの得点でゴールを量産したチームが4-0で勝利した。 この結果、リーグ連勝を飾ったPSGは2位ニースとの勝ち点差「11」をキープしている。試合後のインタビューに応じたポチェッティーノ監督は後半にチームが示した優れたパフォーマンスを喜んだ。 「試合の入りは良かったが、その後にいくつかのミスがあったことから、なかなか良いチャンスを作れなかった。後半はより良いプレーが見られたね。我慢強く、ランスのプレッシャーをかわして、明確なチャンスを作る方法が見つけられた」 「クリーンシートはチームにとって良いことであり、自信にもつながる。だから、得点したあとで失点しないのは良いことだ」 「今夜のゴールゲッターについて? 勝利が良いものであるのと同じように、いつもは点を取らない選手が点を取ったのだから、当然良いことだね」 2022.01.24 15:44 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG初ゴールのS・ラモス「これからもたくさん決めていけたら」

スペイン代表DFセルヒオ・ラモスがパリ・サンジェルマン(PSG)での待ちに待った初ゴールに喜びの心境を語っている。 今季からPSGに加わったものの、レアル・マドリー時代からのケガを引きずり、出遅れてしまったS・ラモス。昨年11月にようやくデビューを果たしたが、そこから負傷して、稼働率の悪さが目立つ形でシーズンを折り返した。 期待通りの働きといかず、批判的な声も飛び交い出すが、23日のリーグ・アン第22節のスタッド・ランス戦で先発。1-0の62分に左CKからのこぼれ球をゴール前で押し込み、公式戦5試合目の出場にして初ゴールをマークした。 チームも4-0と快勝して、リーグ2連勝。無失点にも貢献したS・ラモスは試合後、『Amazon Prime Video』でコメントした。 「この勝利とこのチームでの1stゴールをとても嬉しく思う。フル出場できたのも嬉しい。ファンのサポートも良いものだった。3ポイントを掴めて良かった。PSGでの初ゴールだが、これからももっと決めていけたら良いね」 「習慣やルーティンの積み重ねが大事。グループに戻ってから3週間が経って、リズムを掴めてきたよ。大切なのは日々、フィジカルを向上させ、最高の自分を披露していくことだ」 「これからも試合が続く。自分の良い姿を披露するのにベストなタイミングだし、何より自分にとってベストなレベルで戻ってこられるのが重要だ。ホームのピッチからも遠ざかっていたし、嬉しいよ。すごく幸せな気分さ」 2022.01.24 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスの移籍後初ゴールなどでPSGがスタッド・ランスに4発完勝!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は23日、リーグ・アン第22節でスタッド・ランスと対戦し4-0で勝利した。 リーグ戦12試合無敗で首位を独走するPSG(勝ち点50)が、3試合勝利のない14位スタッド・ランス(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。 ディ・マリア、イカルディ、ムバッペを並べた3トップで試合に臨んだPSGは、24分にディ・マリアの右CKからダニーロがヘディングシュートを放ったが、これはわずかに枠の上に外れた。 ゴールレスで前半終了濃厚と思われた44分に試合が動く。11のロングパスをボックス中央で収めたイカルディが反転シュートを放つと、相手DFがブロックしたこぼれ球をボックス左に駆け上がったヴェッラッティがダイレクトでゴール左に突き刺した。 1点リードで前半を終えたPSGは、後半開始早々の57にピンチを迎える。カサマのパスをボックス右で受けたエムブクが左足ダイレクトで合わせると、GKケイロル・ナバスの弾いたボールを拾ったロピーがワントラップから右足ボレーで狙ったが、シュートは枠の右上に外れた。 ピンチを凌いだPSGは62分、ディ・マリアの左CKをニアのダニーロが頭で合わせると、相手DFのブロックしたボールをセルヒオ・ラモスがプッシュ。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球を再びセルヒオ・ラモスが押し込み、ゴールネットを揺らした。 直後にディ・マリアを下げてメッシを投入したPSGは、67分にもショートコーナーを受けたメッシがボックス左横からマイナスの折り返しを供給。ボックス内に走りこんだヴェッラッティがダイレクトで合わせると、相手DFにディフレクトしたボールがゴールに突き刺さった。 さらに75分には、ドリブルで左サイドを突破したムバッペのマイナスの折り返しをペナルティーアーク内に走りこんだダニーロがゴール右にダイレクトシュートを突き刺し、4点目。 結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。22本のシュートを放つなどスタッド・ランスを圧倒したPSGが、セルヒオ・ラモスの移籍後初ゴールなどで完勝している。 2022.01.24 06:38 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly