【2020-21ブンデス総括】超WS選出の最優秀選手はレヴァンドフスキ

2021.06.04 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
絶対王者バイエルンの9連覇で幕を閉じた今季のブンデスリーガ。ライプツィヒが優勝争いを盛り上げかけたものの及ばず2試合を残しての優勝と、例年通りの危なげない連覇達成となった。◆レヴァンドフスキが記録樹立~バイエルン~
そのバイエルンを牽引したのはブンデスリーガのシーズン歴代最多ゴール記録を樹立したFWレヴァンドフスキ。コンスタントに得点を挙げ続け、実に41ゴールをマーク。並外れた得点力でケガ人やコロナ陽性により欠場者の多かったチームを救った。また、就任2季目を戦ったフリック監督の手腕も見逃せない。前述のように欠場者の多かったチームをうまくやり繰りし、決して厚いとは言えなかった選手層の中、うまく勝ち点を積み上げて見せた。その手腕が評価され、次期ドイツ代表監督就任が決まっている。

◆名将ナーゲルスマンの手腕~ライプツィヒ~
シーズン終盤、バイエルンに多少のプレッシャーをかけたのは2位フィニッシュを果たしたライプツィヒだった。得点源だったFWヴェルナーを失ってスタートした新シーズンだったが、名将の仲間入りを果たしたナーゲルスマン監督はMFフォルスベリやMFダニ・オルモらを前線に置くゼロトップスタイルで明確なストライカーを置かず、中盤の選手たちの得点力をうまく引き出した。そのナーゲルスマン監督は来季、バイエルンの指揮官に就任し10連覇を目指すことになる。

◆怒涛の追い上げでCL出場権獲得~ドルトムント~
FWハーランドやMFサンチョといったヤングスターを擁し、開幕前はバイエルンの対抗馬に挙げても良い程のドルトムントだったが、12月の段階でファブレ監督を解任せざるを得ない不安定な戦績で優勝争いから早々に脱落してしまった。一時はチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も危うい状況に陥ったが、ボルシアMGの指揮官を務めるローゼ監督の来季指揮官就任が発表された辺りから復調。テルジッチ暫定監督の下、怒涛の追い上げを見せて7連勝締めとし、3位フィニッシュでノルマのCL出場権を獲得している。

◆主砲ヴェグホルストの存在~ヴォルフスブルク~
この3チームに加え、CL出場権を獲得したのはヴォルフスブルクとなった。意外な健闘を見せたヴォルフスブルクは例年、ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いには絡んでくる中堅だが、今季は目立った戦力補強があったわけではなかったものの、現有戦力をグラスナー監督がうまくまとめ上げた格好だ。とりわけ大きかったのがシーズン20ゴールの大台に乗せた主砲FWヴェグホルストの存在。過去2シーズンも15ゴール超えとコンスタントに得点力を発揮していたが、今季はより得点感覚に磨きがかかった印象だった。

◆遠藤航、鎌田、堂安が活躍、長谷部と奥川は及第点、遠藤渓太は来季に期待、大迫は落第~7人の日本人~
7人が挑戦した今季のブンデスリーガではシュツットガルトのMF遠藤航、フランクフルトのMF鎌田、ビーレフェルトのMF堂安がチームを牽引する働きを見せた。

まずは遠藤航。シュツットガルトを昇格に導き、1部初挑戦となった遠藤航だったが、物怖じせず堂々たるプレーを披露。フィジカルの強さを生かし、デュエル勝率で圧巻のリーグ1位をマークして見せた。最終節、出場停止で欠場した以外は全て先発と、シュツットガルトにとって欠かせない戦力となっていた。

続いて鎌田。CL出場権獲得には一歩及ばなかったものの、フランクフルトを5位フィニッシュに導く活躍を見せた。昨季の活躍以上に目に見えるスタッツを残し、リーグ戦5ゴール15アシストを記録した。チームメートのMF長谷部もリーグ戦29試合に出場。37歳となったが、まだまだ老け込むことなく今季は運動量が求められる本職のボランチでも十分なプレーを見せた。

そしてMF堂安。PSVからレンタルで加入し、昇格組のビーレフェルトに加入した中、リーグ戦全試合スタメン出場を果たした。劣勢を強いられることが多かった中、守備も献身的に行った上、5ゴール3アシストを記録し、チームを残留に導いた。また、1月にザルツブルクから加入したMF奥川もチームの戦力となって残留に貢献。残留の懸かる最終節ではPKを獲得するなど、日本人コンビが主力として存在感を示した。

一方でブレーメンのFW大迫はまさかのノーゴールに終わり落第。チームも41年ぶりに降格し、痛恨のシーズンとなってしまった。また、ウニオン・ベルリンにレンタルで加入したMF遠藤渓太は好調なチームの中、なかなか出場機会を得られず苦しんだ。それでも完全移籍を勝ち取り、来季の活躍が期待される。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

文句なしでの選出。ヒザの負傷により約1カ月戦列を離れる時期があっての大記録樹立に脱帽だ。結局、29試合の出場で41ゴールと並外れたスタッツを残し、不滅と思われたレジェンドのゲルト・ミュラー氏超えを達成してしまった。彼がいる限り、バイエルンが王座から退くことはなさそうだ。

★最優秀監督
◆アディ・ヒュッター(フランクフルト)
Getty Images

惜しくもクラブ史上初のCL出場権獲得は果たせなかったが、5位フィニッシュに導いたフランクフルトのヒュッター監督を選出。限られた戦力ながら選手たちの特長をしっかりと出させる戦術で、上位争いを展開し続けた。惜しむらくは自身がボルシアMGの指揮官に就任することが発表されて以降、チームの士気が落ちてしまったこと。来季は新天地での好采配が期待される。

【期待以上】
★チーム
◆ウニオン・ベルリン
Getty Images

クラブ史上2度目の欧州カップ戦出場を果たしたウニオンを選出。昇格2年目の今季、シーズンを通して安定した戦いを続け、見事7位でフィニッシュし、新設されたカンファレンスリーグへの出場を決めた。堅守速攻のスタイルを突き詰め、大きな成果を残した。

★選手
◆MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン)
Getty Images

ドイツ出身で2年前にチェルシーの下部組織からバイエルンに加入したミュージアラ。昨年6月にトップチームデビューを果たして迎えた今季、その才能が早くも花開いた。ゴレツカやキミッヒ、トリソら中盤の主力が戦列を離れる時期のあったバイエルンだったが、その穴を埋める以上の活躍を18歳の若武者はやってのけた。今年2月、ドイツ代表を選択したが、ユーロでの活躍が期待される。

【期待外れ】
★チーム
◆シャルケ
Getty Images

もはや近年の低迷から降格は驚きではない状況だったが、ここまでの体たらくは想像できなかった。かつてはCL出場権争いの常連だった名門だが、フロントのゴタゴタもあり、チーム力が大きく減退してしまった。そのツケが一気に吹き出たシーズンとなったが、30年ぶりの2部降格で目を覚ますことはできるか。

★選手
◆MFリュカ・トゥザール(ヘルタ・ベルリン)
Getty Images

リヨンからクラブレコードの2500万ユーロで加入したトゥザールだったが、その移籍金に見合うだけの活躍は披露できなかった。中盤の底でチームを安定させる役割を担いたいところだったものの、失点がかさむチームを救うことができず。ビッグクラブ化を図った今季のヘルタだったが新戦力が軒並み外れ、道半ばで頓挫に終わりそうな気配だ。
関連ニュース
thumb

交際5年目の美人彼女が途中出場!A・デイビスもカナダ女子代表を祝福

バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(20)がカナダ女子代表を応援している。 カナダは2日に行われた東京オリンピックの女子サッカー準決勝でアメリカ女子代表に勝利し、初の決勝進出を決めた。 A・デイビスにとって母国を応援するという気持ちもあったと思われるが、応援に熱がこもるのにはもう1つ理由がある。 それはアメリカ戦でも87分から途中出場したカナダ女子代表FWジョーディン・ハイテマ(20)の存在だ。 同い年の2人は15歳の時から交際をスタートさせ、A・デイビスがバイエルン、ハイテマがパリ・サンジェルマンに移籍してもなお関係を継続させている。2人ともサッカー界で将来を期待されるスーパーカップルだ。 A・デイビスは自身のインスタグラムのストーリーで、アメリカ戦でハイテマが途中出場するシーンを自身のスマートフォンで掲載している場面を掲載。ハートの絵文字付きで愛情を示すと、カナダ女子代表にも拍手の絵文字でサポートを示した。 自身はカナダ代表での練習中に左足首のじん帯を損傷し、ゴールドカップも欠場となったA・デイビスだが、彼女たちの活躍にいい刺激をもらっているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】A・デイビスとハイテマの2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CN5UDUGFbce/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CN5UDUGFbce/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CN5UDUGFbce/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@jordynhuitema)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.03 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン、契約延長交渉難航のゴレツカ残留に自信 「彼がそうすると確信」

バイエルンを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督はドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(26)の契約延長に自信を示しているようだ。『bulinews』が伝えている。 クラブとの現行契約が今シーズン終了までとなっているゴレツカに関しては、サラリー面で大きな隔たりがあると言われており、延長交渉が難航している。 そして、ここ最近ではフランス代表MFポール・ポグバ(28)の流出の可能性が取り沙汰されているマンチェスター・ユナイテッドが獲得に本腰を入れ始めているとの報道も出ている。 今シーズンからドイツの盟主を率いる青年指揮官は、7月31日に行われたナポリとのプレシーズンマッチ(0-3で敗戦)の後に行われた公式会見の場でゴレツカの去就に関して言及。同選手の来シーズン以降の残留を楽観視している。 「私は毎日発言しなければならないほど、契約交渉には関与していない。なぜなら、私は契約上の問題には関わらないからだ」 「もちろん、私は彼(ゴレツカ)に対する自分の計画と、彼が契約を延長してくれれば嬉しいということをすでに話した。したがって、私は彼がそうすると確信している。ただ、契約延長が合意に至るまでには、いくつかの問題が絡み合っている」 「私の役割はスポーツの部分で、彼がヨーロッパで最も危険なMFの一人であり、さらに良くなる可能性があることを伝えようとしている。そして、それが彼を満足させてくれることを願っているよ」 2018年夏にシャルケから加入して以降、3シーズンで公式戦112試合に出場し25ゴール27アシストの数字を残してきたゴレツカは、ここまでブンデスリーガ3連覇、チャンピオンズリーグ制覇など通算8個のタイトル獲得に貢献。また、同い年のMFヨシュア・キミッヒと共に、キャプテンのGKマヌエル・ノイアーの後継を担うリーダー候補として存在感を示している。 2021.08.02 15:44 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンの新鋭ザークツィー、今度はアンデルレヒトへ

バイエルンのU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(20)がベルギーに渡るようだ。 ザークツィーはバイエルン下部組織で育った身長190cm超のセンターFWで、2019年12月に1stチームデビュー。これまで公式戦17試合の出場で4得点1アシストの数字を残して、昨季のスタート当初こそバイエルンでプレーしたが、後半から出場機会を求めてパルマにローン移籍した。 だが、パルマではケガの影響もあり、セリエA4試合の出場に終わり、バイエルンに今夏復帰。プレシーズンに参加しているが、7月24日に行われたアヤックスとの強化試合で無人のゴールにあと流し込むだけの場面で余裕を持ちすぎて、相手DFに対応されるなどの怠慢プレーを露呈した。 そうしたなか、7月31日に行われたナポリとのプレシーズンマッチはベンチ外に。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、そんなザークツィーを巡ってはヴェローナの関心もあったが、来週にもアンデルレヒト行きが決まる見込みだという。 ベルギー屈指の強豪に数えられるアンデルレヒトとの交渉は最終局面にあり、2022年6月までのレンタルという条件での加入になる模様だ。 2021.08.02 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリがオシムヘンの2発などでバイエルンに3発快勝《プレシーズンマッチ》

バイエルンvsナポリのプレシーズンマッチが7月31日にアリアンツ・アレーナで行われ、0-3でナポリが快勝した。 来週にDFBポカール初戦を迎えるバイエルンが、ナポリをホームに迎えたプレシーズンマッチ。 バイエルンは前線にレヴァンドフスキ、サネ、コマンを起用。センターバックには新戦力のウパメカノが入った。 一方のナポリは前線にオシムヘン、ポリターノ、ジエリンスキらが構えた。 試合は開始8分、ロボツカと接触したコマンがろっ骨を痛め、チュポ=モティングとの交代を強いられてしまう。 前半はバイエルンが攻勢に出る流れとなるもののスコアに動きなく迎えた後半、69分にナポリが先制する。 中盤でキュイザンスからボールを奪った流れから、オシムヘンのミドルシュートが決まった。さらに2分後、ナポリが突き放す。 再びショートカウンターに転じたナポリはウナスのラストパスを受けたボックス右のオシムヘンがシュートを決め切った。 そして85分にはマシャクのミドルシュートも決まってナポリが3-0で快勝している。 バイエルン 0-3 ナポリ 【ナポリ】 オシムヘン(後24、26) マシャク(後40) 2021.08.01 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

5年で150億円? レアルの新たな“4番”アラバの契約内容がリーク

今夏バイエルンからレアル・マドリーへと加入したオーストリア代表DFダビド・アラバ(29)だが、その契約内容がリークされたようだ。 2008年7月にオーストリア・ウィーンからバイエルンの下部組織に加入したアラバ、2010年7月にファーストチームへと昇格すると、2011年1月から半年間はホッフェンハイムへとレンタル移籍を経験するも、その後はバイエルンでプレーを続けた。 左サイドバックやセンターバックを主戦場としたアラバ。ジョゼップ・グアルディオラ監督時代には、サイドバックながらも中にポジションを取り、ボランチの位置でプレーする戦術を任され、“アラバロール”という名前がつくほど、戦術理解度の高さを持ち合わせていた。 バイエルンでは公式戦431試合で33ゴール55アシストを記録。ユーティリティ性を生かして何度となくチームを救ったが、契約満了でバイエルンを退団し、マドリーへと移籍を果たした。 アラバはフリーでの加入となるため、マドリーは1円も支払わずに獲得に成功。しかし、節約できた移籍金はサラリーやボーナスで消えることになるようだ。 ドイツ『シュピーゲル』がアラバとマドリーの契約内容をリークした。 アラバはマドリーと5年契約を結んだが、総額で1億1500万ユーロ(約150億円)をもらうことになるとのこと。年俸は1947万ユーロ(約25億3500万円)となり、契約時に1770万ユーロ(約23億円)を手にしているとのことだ。 また、この移籍においてイスラエルの剛腕代理人と知られるピニ・ザハビ氏は520万ユーロ(約6億7700万円)を受け取るとのこと。コンサルタントである父のジョージ・アラバ氏は630万ユーロ(約8億2000万円)を受け取るようだ。 なお、アラバがマドリーとの契約を一方的に早期で終了した場合は、8億5000万ユーロ(約1100億円)の違約金が発生するという。 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスがパリ・サンジェルマン(PSG)へ、フランス代表DFラファエル・ヴァランがマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。守備ラインを支えた2人が同時に去ったマドリー。新たに背番号「4」を託されたアラバにはそれだけの価値があり、それだけの期待をかけられるということになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アラバ入団発表の裏側</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUDlhZ2ZYZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.31 22:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly