レヴァンドフスキがゲルト・ミュラーに並ぶシーズン最多40ゴール! 最終節で新記録狙う《ブンデスリーガ》

2021.05.16 00:36 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第33節、フライブルクvsバイエルンが15日にバーデノーヴァ・シュタディオンで行われ、2-2のドローに終わった。

前節、前人未踏のリーグ9連覇を達成した王者バイエルンは、残り2試合の目標を勝ち点80到達、主砲レヴァンドフスキのゲルト・ミュラー超えのシーズン最多ゴール記録更新(40点)に定めた。

9位のフライブルクのホームに乗り込んだこの一戦では、守護神ノイアーに代えてGKニューベルに今季リーグ初先発のチャンスを与えた一方、前節ボルシアMG戦でのドライアーパックによって今季リーグ戦ゴール数を「39」に積み上げたレヴァンドフスキをアシストすべく主力をピッチに送り込んだ。

フライブルクがアグレッシブな入りを見せたことで、立ち上がりから拮抗した展開が続く。その中でバイエルンは各選手がレヴァンドフスキを強く意識しつつ、9分にはボックス右でパスを受けたサネが枠のわずか右に外れる際どいシュートを放った。

その後、20分にはカウンターから左サイドを持ち上がったアルフォンソ・デイビスのグラウンダーの折り返しに対してボックス中央でミュラーが潰れると、その背後にフリーで走り込んできたレヴァンドフスキに絶好機も、得点記録の重圧か右足インサイドのダイレクトシュートは枠の右に外れてしまう。

それでも、直後の23分にはバイエルンに絶好の先制機が訪れる。右CKの競り合いの場面でミュラーがDFキューブラーに踵付近をスパイクされると、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。

そして、キッカーを務めたレヴァンドフスキは冷静にGKの逆を突くシュートを決め切って1971-72シーズンのゲルト・ミュラーに並ぶブンデスリーガ40ゴールを達成。この偉業達成にポーランド代表FWは、ユニフォームの下に着ていたレジェンドへの敬意を表すメッセージが綴られたT-シャツをアピールすると共に、バイエルンのベンチサイドでは即席のガード・オブ・オーナーが実施され、エースの偉業を称えた。

これで立ち上がりからの集中が切れたか、バイエルンは直後に与えた左CKの場面でグリフォのクロスをニアでフリーにしたグルデに頭で流し込まれて早々に追いつかれる。これでイーブンに戻った試合は再び膠着状態に陥り、アウェイチームは幾度か惜しい場面を作り出したものの、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。

迎えた後半、立ち上がりから押し込む入りを見せたバイエルンは51分にボックス右でのサネの見事な仕掛けからの右足のラストパスをファーに飛び込んだニャブリがスライディングシュートで流し込むが、これはVARのレビューの結果、かなり際どいオフサイド判定でゴールは認められず。

だが、直後の53分にはアラバの浮き球パスに反応したミュラーがボックス右から絶妙なワンタッチクロスを入れると、これに反応したサネがスライディングシュートで流し込み、正真正銘の勝ち越しゴールとした。

早い時間帯にリードを奪ったことで以降は余裕の試合運びを見せていたバイエルンは、61分にリュカとミュラーを下げてロカとトリソを同時投入。この交代でアラバがセンターバックにポジションを下げた。

だが、この交代をキッカケにリズムを失い相手の攻勢に晒されると、ホーラーやハーベラーといった相手の途中投入の選手たちに幾度も決定機を作られる。これを受けて73分にはジューレ、サネに代えてブナ・サール、コマンを同時投入。直後の77分にはレヴァンドフスキに続けて新記録達成のチャンスが舞い込むが、ニャブリのラストパスに反応したゴール前のビッグチャンスでは相手GKの好守に遭い、直後のコマンの折り返しに反応した場面では珍しくボールをミートし切れず、GKに阻まれた。

すると、81分には劣勢続きの守備がついに耐え切れず、左サイドで完全に背後を取ったギュンターに長いドリブルからの見事な左足のシュートをゴール右隅に流し込まれて同点に追いつかれた。

その後、試合終盤にかけてはレヴァンドフスキを中心に勝ち越しゴールを目指して攻勢を仕掛けたバイエルンだったが、相手の好守に阻まれてゴールをこじ開けられず。逆に、相手の鋭い反撃からあわや逆転負けというピンチを招いたが、そこは王者の意地で3点目は許さず。

この結果、今季の残り目標に掲げていたシーズン勝ち点80到達の可能性は潰えるも、ホーム開催の最終節のアウグスブルク戦では、フリック監督やボアテング、アラバ、ハビ・マルティネスとの別れと共にレヴァンドフスキのシーズン最多ゴール記録更新という重要な目標が残った。

関連ニュース
thumb

「若い!」34歳バイエルン指揮官の“スケボー姿”に反響「最もクールな監督だ」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督の若さ溢れる1枚の写真が反響を呼んでいる。 ナーゲルスマン督は当時28歳の2016年2月にブンデスリーガ史上最年少監督としてホッフェンハイム指揮官に就任すると、2016-17シーズンのリーグ戦で4位フィニッシュに先導。翌季も3位に導き、2019年夏からライプツィヒ監督の座に就いた。 ライプツィヒでの初年度はリーグ戦3位フィニッシュを果たして、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4入りを達成。昨季も一時期までリーグ戦で首位に立ってみせるなど、バイエルンを苦しめる存在として立ちはだかり、今季から絶対王者バイエルンを率いている。 現在34歳。選手としてプレーしていてもおかしくない年齢のナーゲルスマン監督だが、23日に自身のツイッターを更新。練習場をスケートボードに乗って颯爽と移動する自身の姿を投稿した。 細身の体でロングボードを乗りこなす様は大きな反響を呼び、ドイツ『スカイ・スポーツ』も「最もクールな監督」「熟練している」と伝えたほか、ファンからも「若い!」「かっこいい」「ファンキーだ」といったコメントが寄せられた。 ナーゲルスマン監督率いるバイエルンは18日に行われたブンデスリーガ第5節でボーフムに7-0と大勝し、ここまで4勝1分けでリーグ首位。24日に第6節でグロイター・フュルトとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】ナーゲルスマン監督のスケボー姿がかっこいい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/uAmj5iT5Wj">pic.twitter.com/uAmj5iT5Wj</a></p>&mdash; Julian Nagelsmann (@J__Nagelsmann) <a href="https://twitter.com/J__Nagelsmann/status/1441096952335065099?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェルナー、バイエルン前会長とアドバイザーに無理やり契約を結ばされていた?

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに関して、驚きの情報が舞い込んできた。ドイツ『Der Spiegel』が報じている。 2020年夏にライプツィヒからチェルシーに移籍したヴェルナー。だが、2018-19シーズンにバイエルンとの間で2020年夏の加入という内容にサインしていたようだ。情報では、ヴェルナーのアドバイザーを務めていたというカールハインツ・フェルスター氏が、当時の同クラブの会長であったウリ・ヘーネス氏と結託して交渉を進めていたという。 しかし、ヴェルナー本人にバイエルンへ移籍するつもりはなかった。それは、2020年のドイツ『キッカー』のインタビューで「いつか移籍について考えるのであれば、バイエルンへの移籍よりも海外を考えるよ」とコメントしたことからも明らかとなっている。 不本意ながら契約を完了させたというヴェルナーは、後々になって当時のバイエルン指揮官ニコ・コバチとスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチ氏が移籍に反対していたことを知り、フェルスター氏に契約解除を猛烈に迫ったそう。 そして、ヴェルナーは晴れてチェルシー行きを果たすこととなった。ところが現在、そのフェルスター氏と、同選手のチェルシー移籍を主導したムラト・ロクル氏が裁判で争っているようだ。 『Der Spiegel』によると、バイエルン移籍が破談となった後、フェルスター氏はリバプールと交渉していた模様。年俸1200万ユーロという好条件だったが、こちらも契約はまとまらず最終的にチェルシーへ。 フェルスター氏はこの時にロクル氏が違法な手段を取っていたとして、数百万ドル規模の裁判をおこしているという。 2021.09.24 20:59 Fri
twitterfacebook
thumb

「私もメディアで読んだだけ」 バイエルン指揮官がリュディガー関心噂にコメント

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が関心囁かれるチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)にコメントした。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 フランク・ランパード前体制下から一転して、トーマス・トゥヘル監督がチームを率いるようになってから守備の柱として君臨するリュディガー。今季もここまで公式戦全試合にフル出場し、チーム内での序列を揺ぎないものにしている。 だが、そんなドイツ人センターバックの現行契約は今季最終年。契約も残り12カ月を切るなか、チェルシーも交渉に乗り出しているが、いまだ合意に至らず、水面下でバイエルンが選手の代理人に接触して獲得を狙っているともいわれる。 そのなか、ナーゲルスマン監督が24日に敵地で行われるブンデスリーガ第6節のグロイター・フュルト戦前会見に登場すると、リュディガーに関する質問も。「私はまず他のクラブと契約を結ぶ選手の話をするのは好きじゃない。そして、今は移籍時期外だ」と前置きした上で返答した。 「彼はドイツ代表の選手だし、私もいちフットボールファンとして彼のことを話している。彼は素晴らしい成長を遂げたね。トーマスが彼のことを非常にうまく扱っていると思う。1年前までチェルシーで傍観者のような扱いが続いた彼が今や最も不可欠な選手のひとりになっているのだからね」 「彼は信じられないような攻撃力もある非常に秀でた守備者だ。ブラッゾ(ブラッゾ(ハサン・サリハミジッチ)とは彼のことについての話をしておらず、仮に話をしても、明かしたりなんてしない。私もメディアで読んだだけ。契約がいつ切れるのかを見て、財布の中身をチェックしないとね!」 2021.09.24 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン関心のリュディガー、チェルシーと契約延長へ

チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)は契約延長に向かっているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 トーマス・トゥヘル監督の下、守備の柱として君臨するリュディガー。今季もここまで公式戦全試合にフル出場し、チーム内での序列を揺ぎないものにしている。 そんなリュディガーの現行契約は2022年6月まで。チェルシーは交渉に取り掛かっているが契約延長にはいまだこぎ着けられておらず、バイエルンが同選手の代理人であるサー・セネシエ氏に接触して獲得を狙っているとも報じられている。 しかし、『ビルト』によるとリュディガーは現在、クラブとの新契約を結ぶ方向に傾いているとのこと。給与アップを要求するリュディガーに対して、チェルシーは現在の週給13万ポンド(約2000万円)から大幅に昇給させる見込みがあるという。 3月には契約延長を熱望していたリュディガー。果たして両者はうまい落としどころを見つけることはできるだろうか。 2021.09.23 19:04 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ニャブリとミュージアラがグロイター・フュルト戦欠場か

バイエルンのドイツ代表FWセルジ・ニャブリと同国代表MFジャマル・ミュージアラの両選手が、24日に行われるブンデスリーガ第6節グロイター・フュルト戦を欠場する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 『キッカー』によればニャブリとミュージアラは22日の練習を欠席したとのこと。ニャブリはインフルエンザのような感染症の症状があり、ミュージアラは足首に負傷を抱えているとのことだ。 バイエルンではFWキングスレー・コマンが16日に軽度の心臓手術を受け、2週間ほど離脱することが決まっており、ウイングの枚数が不足している状況。 現状で起用できるウインガーはFWレロイ・サネのみとなっているが。『キッカー』はMFマルセル・ザビッツァーやFWエリック・マキシム・チュポ=モティングらを起用してカバーするのではないかと予想している。 2021.09.23 00:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly