イブラ復帰のミラン、チャルハノール&テオ弾で暫定ながらCL圏内再浮上《セリエA》

2021.05.02 05:49 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは1日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で勝利した。前節ラツィオに0-3と完敗して2位からチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したミラン(勝ち点66)は、出場停止と負傷により欠場が続いていたイブラヒモビッチが4試合ぶりに復帰を果たした。

降格圏に沈む18位ベネヴェント(勝ち点31)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、チャルハノール、レオンと並べたミランが6分に先制する。ボックス手前右のサーレマーケルズのパスをゴール前に走り込んだケシエがスルー。後方のチャルハノールがボックス中央からダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。


先制したミランは続く16分、ロングカウンターからレオンがGK強襲のシュートを浴びせると、前半終盤に追加点のチャンス。

まずは37分、ボックス左からテオ・エルナンデスのミドルシュートが枠の右を捉えたが、GKの好守に阻まれた。さらに追加タイム3分、ケシエのパスを受けたボックス右のイブラヒモビッチがGK強襲のシュートを浴びせたが、追加点は奪えずに前半を終えた。

迎えた後半もミランが追加点に迫るも、GKモンティポの好守に阻まれてしまう。それでも60分、ミランが突き放した。ボックス左からイブラヒモビッチの放ったシュートがGKモンティポを強襲すると、ルーズボールをテオ・エルナンデスが詰めた。

75分にレオン、サーレマーケルズ、テオ・エルナンデスを下げたミランは終盤にかけて、ベネヴェントの反撃を許さずに時間を消化。3試合ぶりの勝利とし、暫定ながらCL圏内へ再浮上している。

次節はCL出場権を争うユベントスと激突する。
関連ニュース
thumb

ミランへの愛を強調するディアス「ここで最高の気分を味わっている」

ミランのU-21スペイン代表MFブラヒム・ディアスが現在の充実ぶりを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨夏にレアル・マドリーからミランにレンタル移籍で加入したディアスはここまで公式戦37試合7ゴール4アシストを記録。9日に行われたセリエA第35節のユベントス戦ではチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けた大一番で先制ゴールを記録するなどの活躍を見せた。 イタリア『SportMediaset』のインタビューに応じたディアスは来シーズンのCL出場がミランにとって重要になるとコメント。同時に自身にとっても、CLは憧れの舞台だと明かした。 「ミランのようなクラブはCLでプレーしなければならないと思う。非常に重要な大会であり、出場の資格を得ることは大きな意味があるんだ。子供の頃、皆がこの大会でプレーすることを夢見ていた。そして、このまま続けていけば、来年はそこでプレーできるね」 また、ディアスはマドリーからのレンタルという立場ではあるものの、ミランへの愛着を強調。ファンからの愛を感じられることに喜びの感情を露わにしている。 「ミラノに来られてとても幸せだよ。ここは素晴らしい街であり、クラブもまた素晴らしい。ファンの皆は僕にたくさんの愛情を注いでくれているから、ここで最高の気分を味わっているんだ」 「今はファンに喜びを与えたいと思っている。いつも言っているように、優先すべきはミランであり、チームのためにベストを尽くしたいね。僕はチームにおける主役の1人だと感じていて、それはとても重要なことだ。今、自分がやっていることには満足しているよ」 2021.05.15 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

CL出場権獲得まで後一歩!ミランMFはチームスピリット称賛「僕らは真のチームになれている」

ミランのスペイン人FWサムエル・カスティジェホが、チームメイトたちが見せるスピリットを称賛している。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ミランは今シーズン序盤こそ首位をキープし続けていたが、年明けから徐々に失速。一時は5位に転落するなど、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保が危ぶまれていたが、ここに来てユベントス、トリノに連勝するなど復調。現在は2位アタランタと勝ち点で並び3位となっている。 こうした状況の中、クラブ公式チャンネル『Milan TV』に出演したカスティジェホは、7-0で勝利したトリノ戦を振り返り、チームを称賛。この調子を維持すれば、来シーズンのCL出場は可能だと意気込んでいる。 「(トリノ戦は)今シーズンで最も重要な試合の1つだった。降格を避けるため戦っているチームと対戦するのは、決して簡単ではない。それでも、僕たちが試合に集中して本気で取り組めば、本当に強いチームになるんだ。試合では素晴らしいパフォーマンスを示せた。僕らは目標を達成して、CLの出場権を獲得したい。できれば、日曜日(のカリアリ戦)でそれを決めたいね」 また、カスティジェホは活躍を続けるチームメイトのFWブラヒム・ディアスにも言及。現在はレアル・マドリーからのローンで加わっている同選手について、来シーズンも一緒に戦ってほしいと希望した。 「ブラヒムはまだ21歳の少年だが、僕は彼がミランをとても気にかけていることを知っている。僕らは彼をグループに迎え入れた。彼には非常に才能があるし、僕たちと一緒にいてくれることを願っているよ」 さらに、カスティジェホはインタビューの中で、現在のチームが優れた精神を備えているとコメント。お互いを助け合う精神によって、目標達成が近づいていることを喜んだ。 「僕がもっとも好むことの1つは、個人よりチームを優先する姿勢だ。団結して、本当の家族とならなければ、重要な目的を達成することは不可能だからね」 「今シーズン、僕らは真のチームになれている。シーズン中はすべての選手に浮き沈みがあり、常にベストを尽くすことは困難だ。でも、代わりの選手がチームに何かをもたらしてくれている。そうすることで、目標に近づいているんだ」 2021.05.14 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

トモリが圧巻の身体能力を披露! ジャンプの高さでクリロナ超えのセリエA記録を樹立!

ミランにイングランド代表DFフィカヨ・トモリが、セリエAのある新記録を樹立したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシーに籍を置くトモリは、今年1月からミランへローン中。出場機会を求めて移籍を決断したが、予想を超えて絶対的な主力として活躍する日々が続いている。 そんな中、9日に行われたセリエA第35節のユベントス戦で23歳の若武者がリーグに名を残す記録を叩き出した。2点リードで迎えた83分のFKのシーン。MFハカン・チャルハノールのクロスを相手に競り勝ったトモリが頭で合わせて移籍後初ゴールを挙げたのだが、この際のトモリのジャンプ力が異常だと注目を浴びている。 そこでイタリアメディアが調べてみると、その最高到達点は2.63メートル。数字だけではわかりづらいが、昨季話題となったユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがサンプドリア戦で見せた驚異のジャンプが2.54メートルであったことと比較すると、その凄さは明確だろう。 身長はクリスティアーノ・ロナウドが187cmであるのに対し、トモリは184cmとやや小さく、その点もトモリの身体能力の高さを強調するものとなっている。 なおトモリのゴールは、ミランではデイビッド・ベッカム氏以来、イングランド人としては2人目。このゴールもあり、ユベントスに快勝したミランは、12日に行われた第36節のトリノ戦では敵地で0-7の大勝。重要な終盤戦で3連勝を挙げた。セリエAは残り2試合となっている。<span class="paragraph-title">【動画】クリロナ超え! トモリの驚異のジャンプ力!</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fikayo Tomori beat Cristiano Ronaldo&#39;s &#39;highest jump to score&#39; Serie A record <br><br>CR7 - 8ft 5in<br>Tomori - 8ft 7in <a href="https://t.co/E2iA0vihYV">pic.twitter.com/E2iA0vihYV</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1392526079664037888?ref_src=twsrc%5Etfw">May 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.13 17:43 Thu
twitterfacebook
thumb

7発圧勝のミラン、ピオリ監督は「もう1つ勝利が必要」とCL出場権確保に気を抜かず

ミランのステファノ・ピオリ監督が、トリノ戦のパフォーマンスを称賛した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ミランは12日、セリエA第36節でトリノと対戦。前節ユベントスにアウェイで快勝したミランは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保のために連勝が必要だった。 2試合連続トリノで行われた試合。ミランは19分にテオ・エルナンデスのゴールで先制すると、26分にはフランク・ケシエのPKが決まり、0-2とする。 後半に入るとさらにゴールを重ね、アンテ・レビッチが後半だけでハットトリックを達成するなど0-7で勝利を収めた。 ピオリ監督はアウェイでの連戦で、2試合続けて完璧なパフォーマンスを見せたチームを称賛。それでも、CLの出場権確保までは気を抜かないと語った。 「2つの難しいアウェイゲームで、2つの重要なパフォーマンスはとても良い兆候だ」 「我々はもう1つ勝利が必要であり、次の勝利について考えなければいけない」 「上りきるまでは、上り坂では何が起きてもおかしくない。2週間前、皆我々が半分死にかけていると言っていたが、今では自分たちの手中に託されている」 「選手たちに相手よりも良いプレーをするように頼んだ。うまくプレーすれば勝つ可能性は高くなる」 「いつだって、どんなグループにも、自分自身で作ったグループを指導するのは十分幸せだったとみんなに言った」 「クラブは常に我々を守ってきた。ミラネッロは良いところだ。特別な集団であり、お互いに尊敬と愛情を持っている」 「1年半働いているが、我々が成し遂げた時にのみ祝うことができるだろう」 2021.05.13 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラ不在ミラン、トリノに7発圧勝で3位死守《セリエA》

ミランは12日、セリエA第36節でトリノとのアウェイ戦に臨み、7-0で圧勝した。 前節ユベントスに完勝する形でチャンピオンズリーグ出場圏内の3位に浮上したミラン(勝ち点72)は、イブラヒモビッチが負傷。大黒柱を失った中、レビッチが最前線に入り、出場停止のサーレマーケルズに代わってカスティジェホが先発となった。 15位トリノ(勝ち点35/1試合未消化)に対し、2列目に右からカスティジェホ、ディアス、チャルハノールと並べたミランが押し込む展開とすると、19分に先制した。ディアスのパスを受けたテオ・エルナンデスがボックス手前左からゴール右へ豪快なミドルシュートを叩き込んだ。 続く20分にはケシエのヘディングシュートでGKを強襲すると、ルーズボールをカスティジェホが押し込みにかかるもシュートは右ポストに直撃した。 それでも24分にPKを獲得する。レビッチのパスを受けたボックス右のカスティジェホがリャンコに倒された。このPKをケシエが決めてリードを広げたミランは、38分のピンチをGKドンナルンマが防ぎ、前半を2点リードして終えた。 迎えた後半開始5分、高い位置でケシエがボールを奪い、ラストパスを受けたボックス中央のディアスが難なくシュートを決めて3-0としたミランは、62分に4点目。 レビッチのスルーパスをボックス左で受けたテオ・エルナンデスがチップキックシュートを決めた。 その後も攻め手を緩めなかったミランはレビッチがハットトリックを達成。イブラヒモビッチを欠きながらも7-0と圧勝し、3位を死守している。 2021.05.13 05:46 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly