リーズ相手に4連勝を逃したリバプール、終盤被弾で4位浮上ならず…《プレミアリーグ》

2021.04.20 06:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールは19日、プレミアリーグ第32節でリーズ・ユナイテッドと対戦し、1-1の引き分けに終わった。リーグ戦3連勝中の6位リバプール(勝ち点52)が、直近のリーグ戦で首位マンチェスター・シティを撃破した10位のリーズ(勝ち点45)のホームに乗り込んだ一戦。

ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでレアル・マドリーと対戦したリバプールは、その試合のスタメンからサラーとフィリップスに代えてジョタとチアゴをスタメンで起用。3トップにジョタ、フィルミノ、マネを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。


開始早々の5分にチアゴの枠をかすめる強烈なミドルシュートで幕を開けた一戦は、ボールを保持するリバプールが押し込む展開で時間が推移していく。すると19分には、フィルミノのパスをボックス左で受けたジョタがカットインからシュートを狙ったが、これは相手DFにブロックされた。

主導権を握るリバプールは、24分にミスからピンチを招く。最終ラインで起用されたファビーニョのパスミスをカットしたフィリップスがワンタッチで前線に送ると、これに反応したバンフォードが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKアリソンがブロックした。

ピンチを凌いだリバプールは31分、中盤でパスを受けたジョタのロングパスからボックス右までオーバーラップしたアレクサンダー=アーノルドが飛び出したGKより先にボールに触ると、この折り返しをマネが無人のゴールに流し込んだ。

先制したリバプールは、40分にもD・ジョレンテのバックパスに反応したジョタがチャンスを迎えたが、シュートは飛び出したGKの好セーブに阻まれ、前半は1-0で終了した。

迎えた後半は、立ち上がりこそリバプールがリーズゴールに迫ったが、徐々にポゼッションを高めるリーズに押し込まれる時間が続く。すると60分には、左CKからバンフォードがヘディングシュートを放つと、ゴール右に逸れたボールをエウデル・コスタが詰めたがこれは枠の上に外れた。

主導権を奪い返したいリバプールは、71分にマネを下げてサラーを投入。しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。75分、エイリングのロングパスをボックス中央に走り込んだバンフォードがワントラップからドライブ回転がかかったシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。

その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、リバプールは試合終盤にセットプレーから失点を許す。87分、ハリソンの左CKをD・ジョレンテのヘディングシュートでゴールを決められた。

結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。上位を追走したいリバプールだったが、痛恨の失点で4位浮上のチャンスを逃す結果となった。
関連ニュース
thumb

負傷のジョタが一足早く今季終了…ユーロへの影響は現時点で不明

リバプールは16日、ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが今シーズンの残り3試合を欠場することを明かした。 ジョタは13日に行われたプレミアリーグ第34節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場し、4-2の勝利に貢献した。 しかし、同試合後には詳しい負傷箇所は不明も、足の骨にダメージを負っていることが判明したようだ。 ユルゲン・クロップ監督は16日のWBA戦直前のイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに際して、ジョタの負傷離脱を明かした。 「悪いことなしに良いことはない。マンチェスター・ユナイテッドに勝ったが、ジオゴは骨に何かあったようだ」 「それほど深刻ではないが、シーズンを終えるには深刻だ。それだけだ」 昨夏、ウォルバーハンプトンから加入したジョタは、今シーズンここまで公式戦29試合に出場し、13ゴール1アシストの数字を残していた。 しかし、チームが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に向けて残り3戦全勝が求められる重要な局面を迎える中で志半ばでシーズンを終えることになった。 なお、現時点ではポルトガル代表として臨むユーロ2020に向けてどの程度の影響があるかは不明となっている。 2021.05.17 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

トップ4確保に前進のリバプール、チアゴは自信深める 「ベストに近い状態だ」

リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがプレミアリーグ残り3試合に向けて自信を見せた。クラブ公式サイトが伝えている。 今シーズンは多数の負傷者を出したこともあり、早々にタイトルレースから脱落したリバプール。一時はトップ4の座も危ういとされる状況に陥っていたが、ここに来て復調の兆しを見せており、13日に行われた第34節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦では4-2で勝利した。この結果、リーグ戦残り3試合に全勝すれば、トップ4を確保できる可能性が高まっている。 公式サイトのインタビューに応じたチアゴも現在のチーム状況に自信を深めているとコメント。ユナイテッド戦ではそれを示せたと語り、週末に予定する第36節のWBA戦に向け、準備していきたいと意気込んだ。 「(ユナイテッド戦では)素晴らしいプレーができたと思う。後半のほとんどの時間、自分たちにとってベストバージョンだったんじゃないかな。前半の終わりから後半の立ち上がりにかけて、あのような形で対応できたのは本当に素晴らしいメンタリティの証明だ」 「前半はあまり快適ではなかったが、ゴールに向けて非常に効果的なプレーができたと思う。後半はより支配できたね。もっと多くのチャンスを作れたはずであり、より多くのゴールを決められたはずだ」 「過去のいくつかの失敗を修正して、ベストではないけれどそれに近い状態になっていると思う。僕たちはプレミアリーグトップ4を目指すという、共通の目標を持っているんだ。選手、ファン、家族、リバプールに関わる誰もが、日曜日に決戦があると理解している」 また、チアゴはユナイテッド戦で活躍したFWロベルト・フィルミノやチームを支えるMFファビーニョに言及。両者ともチームに欠かせない選手だと強調した。 「フィルミノは僕らにとって非常に重要な選手だ。彼は僕が今まで見た中で、もっとも利己的ではないストライカーだと思う。彼は常にチームメイトのため最善の選択肢を得ようとするだけでなく、素晴らしいゴールも決めてくれる」 「ファビーニョが中央にいることで、僕ら全員がベストを尽くせる。彼は僕たちがボールを持っていない時にもテンポをコントロールしてくれるし、必要なギャップも埋めてくれるんだ。彼は僕たち全員にとって、とても重要な存在さ」 2021.05.15 11:34 Sat
twitterfacebook
thumb

握手拒否も…マネとの関係に問題なしと強調のクロップ「常に感情の抑制ができるわけではない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がセネガル代表FWサディオ・マネとの関係に問題はないと強調した。クラブ公式サイトが伝えている。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のため、し烈なトップ4争いを繰り広げているリバプールは13日に行われたプレミアリーグ第34節延期分でマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込み、4-2で勝利。これにより、残るリーグ3試合に全勝すればトップ4を確保できる可能性が高まった。 チームにとって大きな勝利となった一方、この試合で先発から外れ、途中出場となったマネは試合後のクロップ監督との握手を拒否。一部メディアからは身勝手な振る舞いだと批判を受けている。 しかし、クロップ監督は16日に行われる第36節WBA戦に向けた会見でマネとの関係に問題はないと強調。フットボールの世界では起こり得ることだと語った。 「(マネについて)これ以上大きく話すことはないんだ。フットボールは感情的であり、誰もが我々に常に感情の抑制を期待しているが、いつもうまくいくわけではない。私が選手だったときも、監督のときもそうであり、他の選手もこういうことはあった。我々はこうしたことが起こるのを望んではいないが、私の人生で初の経験ではないし、恐らく最後でもないさ」 「もし、誰かが私に500万回の敬意を示し、1回だけ敬意を示さなかったとして、どちらがより重要だろうか。残念ながら、世間はこの1回を必要以上に大きくしてしまう。私やあなたの上司、あなたが1回でも誰かに敬意を払わなかったとき、他のすべてを忘れられてしまわないよう願う。我々はこの問題について話し合い、解決する。それだけのことだ」 また、クロップ監督は対戦を控えるWBAについても言及。すでに降格が決まっているチームではあるが、油断はできないと気を引き締めた。 「残る3試合は多くの観点から見ても本当に厳しい。WBAでサム(・アラダイス監督)がやったことは本当に尊敬に値する。当初はそんなふうには見えなかったが、その後はポイントを獲得しただけでなくプレーの仕方も全く違っていて、リーグ戦を戦っているときの彼らは本当に素晴らしかった」 「降格が決まりプレッシャーから解放され、自分たちのフットボールを表現できるようになれば良い気分になると思う。そして、それがすべてにつながる。だからこそ、我々は本当に集中して、準備して、自分たちの目標を実現するため強くならなければならない。すでに私が言ったように、厄介な試合になるだろう」 2021.05.15 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがモハメド・サラーをリストアップ? ムバッペの去就次第で本格的に動くか

パリ・サンジェルマン(PSG)がリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(28)を獲得リストに入れているようだ。『ESPN』が報じている。 情報によると、現在フランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)に2022年以降の契約延長を申し出ているPSGだが、良い返事がもらえなかった場合に備え、プランBとしてスポーツ・ディレクター(SD)のレオナルド氏がサラーをリストアップしているという。 サラーは2017年夏に移籍金4200万ユーロ(現レートで55億6500万円)でローマからリバプールへ加入し、同年度にはエジプト人としてアフリカ最優秀選手賞を初受賞。2017-18、2018-19シーズンと2季連続でプレミアリーグの得点王に輝き、2019-20シーズンには30年ぶりとなるリバプールのリーグ優勝に大きく貢献した。 今季もここまで公式戦で42試合に出場し27ゴールを記録。リバプールとの契約期間は2年残っているものの、クラブから新たな契約についての話はないという。 もしもリバプールが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した場合、PSGはより大きなチャンスになると期待しているようだ。 しかしながら選手本人は以前、スペイン行きを望む旨のコメントを残しており、レアル・マドリーからの関心も噂されていることから、難しいタスクになることが予想される。 2021.05.14 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドファンの怒りは収まらず、再び抗議デモで2名が逮捕

ファンの抗議活動により延期されていたマンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの一戦。13日に日程が変更されて開催されたが、この日も多くのファンがスタジアムに集結した。 当初は2日に予定されていた試合だったが、多くのユナイテッドファンがオーナーであるグレイザー・ファミリーへの抗議を実施。ピッチ内に侵入するなどし、試合開催ができない状況となっていた。 13日の試合は厳戒態勢で行われた中、数百人のファンが抗議活動。その中で、ユナイテッドの選手たちが先にスタジアムを訪れ、キックオフの6時間半に到着するなど警戒した。 また、リバプールのチームバスは警察に先導される形でスタジアムに到着。キックオフ1時間半前に無事に到着していた。 グレートマンチェスター警察は今回の件について声明を発表。2人の逮捕者が出ていることを明かしている。 「現在、オールド・トラッフォードの外で抗議が行われていることを認識している。少数の人々が日程を壊そうとしているようだ」 「警察は、平和的な抗議の権利を促進しながら、安全を維持するために出動している。公序良俗違反に関連し、2件の逮捕が行われた」 2021.05.14 12:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly