「コリアン・ロケット」韓国で生まれた“驚愕”の左足ロングシュートに脚光

2021.04.20 11:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
韓国2部のKリーグ2で素晴らしいゴールが生まれた。舞台となったのは17日に行われた第7節の安山グリナースvs富川FCの一戦。両者互角の戦いはゴールレスのまま70分を迎えると、安山が右サイドでFKを獲得する。

MFイ・サンミンがボールをセットし、ゴール前に安山の選手たちがポジションを構えるが、イ・サンミンは意表を突いてセンターサークル付近のMFミン・ジュンヨンへと横パスを出す。


フリーでボールを持ったミン・ジュンヨンは左足へ持ち替えてドリブルで少し持ち上がると、相手からのプレッシャーが来る前に、敵陣中央から左足を一閃。美しい放物線を描いたロングシュートは、ゴール右のサイドネットへと突き刺さった。

相手GKも見送ることしかできなかった見事な一撃は、Kリーグの公式ツイッターで公開されると、各国のサッカーメディアも韓国でのスーパーゴールと題して紹介。ファンからも「コリアン・ロケット」「バズーカ!!」「素晴らしいシュート」など、ミン・ジュンヨンへの称賛の声が相次いだ。

試合はそのまま安山が1-0で勝利。チームに勝ち点3をもたらす貴重な一発となった。

1 2
関連ニュース
thumb

五輪出場なるか! ルビン・カザン齊藤未月がチーム練習に合流、「とても嬉しいです!」と喜びの心境語る

ルビン・カザンは7日、MF齊藤未月の全体練習復帰とともに、本人のコメントを公開した。 齊藤は今冬に湘南ベルマーレからの期限付き移籍でルビン・カザンに加入。自身にとって初の海外挑戦だが、2月2日にトルコでのトレーニングキャンプ中に足首のじん帯を負傷したと発表され、全治4カ月の見込みも明らかにされた。 しかし、同16日にフィンランドにて手術を受けると、そこから驚異的な回復力を見せ、4月23日にはボールを使ったトレーニング姿を公式ツイッターを通じて公開。今月3日には制限付きながら全体練習にも加わった。 ルビン・カザンは現在、ロシア・プレミアリーグで5位につけており、チャンピオンズリーグ(CL)予選出場圏2位との勝ち点差は「4」。齊藤は練習に合流できたことを「良い気持ち」と述べつつ、復帰までの道のりとチーム状況にコメントしている。 「こんなに長い療養が必要だったのは人生で初めての経験でした。ずっと一人で練習をするのは大変でした。でも、今は全体練習に戻ってきたので、チームメイトと一緒にトレーニングができてとても嬉しいです!」 「医療スタッフや理学療法士、そして手術を行ったフィンランドの専門家のおかげで、予定より早く回復することができました。僕はただ彼らの言うことに耳を傾け、助言に従ってやるべきことをやるだけでした」 「チームは今素晴らしいプレーをしています。CL、あるいはヨーロッパリーグ(EL)といった欧州のカップ戦に出場するチャンスがあります。残りの2試合はとても重要ですが、チームは素晴らしい雰囲気です」 「もちろん、最後の2つのゲームがどのような結果になるのかはわかりませんが、みんなが勝つためにあらゆる努力をします」 2021.05.08 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

伊東純也が首位攻防戦で豪快ゴール! ヘンクがPO2連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

ベルギーのジュピラー・プロ・リーグのプレーオフ第2節が行われ、ヘンクがクラブ・ブルージュに3-0で勝利。プレーオフ2連勝を飾った。 日本代表FW伊東純也は2列目の右サイドで先発出場し、チームの2点目を記録し勝利に貢献した。 レギュラーシーズンの1位であるクラブ・ブルージュと2位のヘンクの対戦。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けた首位攻防戦となった。 両者の勝ち点差は「8」もある中、立ち上がりからヘンクがペースを掴むが、クラブ・ブルージュも簡単にはやらせない。 ゴールレスで前半を終えるも、後半にヘンクの攻撃陣が躍動する。 まずは57分、ブライアン・ヘイネンのアシストからポール・オヌアチュが決めてヘンクが先制。オヌアチュは、リーグ戦29ゴールに続いて、プレーオフでも2試合連続ゴールを記録する事となった。 さらに74分には伊東が魅せる。右サイドで粘った味方からのパスを受けると、そのままドリブルでボックス内に侵入。そのまま右足を振り抜くと、ゴール上に豪快なシュートを決め、リードを2点とする。 その直後の75分には、テオ・ボンゴンダがボックス手前で横パス。これを受けた、クリスチャン・トルストベットが見事なルーレットで相手をかわすと、そのままネットを揺らし3点目を記録。そのまま3-0でヘンクが勝利。プレーオフ2連勝で勝ち点差を「5」に縮めた。 ヘンク 3-0 クラブ・ブルージュ 57分 1-0:ポール・オヌアチュ(ヘンク) 74分 2-0:伊東純也(ヘンク) 75分 3-0:クリスチャン・トルストベット(ヘンク) 2021.05.08 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

欧州スーパーリーグ構想から撤退した9クラブにUEFAが罰金20億円の処分決定…今後同様のケースでは罰金132億円

欧州サッカー連盟(UEFA)は7日、「ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)」の設立に参加を表明し、その後撤退した9クラブに対する処分を発表した。 事の発端は4月18日、ヨーロッパの12クラブがESLの設立を正式に表明した。 しかし、このESL参加に関しては、各クラブの会長やオーナーらが主導となっており、選手や監督らは知らされていない状況。そのため、大きな反発を受けると、何よりも完全に取り残されていたファン・サポーターが猛反発。各地で抗議活動が起こり、クラブを見捨てる姿勢をあらわにしていた。 また、UEFAに加え、国際サッカー連盟(FIFA)や各国リーグなども反対の姿勢を表明。多くの人々から歓迎されないリーグが創設される状況となっていた。 その影響か、20日には参加を表明していたマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー、アーセナル、トッテナムの6クラブが相次いで撤退を表明。さらに、翌21日にはアトレティコ・マドリー、インテル、ミランが撤退を表明していた。 一方で、創設の中心となったとされるレアル・マドリー、バルセロナ、ユベントスは撤退の意思を示さず。ユベントスは苦しい状況であることを認め、敗北宣言とも取れる声明を発表したが、マドリーとバルセロナはノータッチの状況だった。 そんな中7日、UEFAは声明を発表。撤退した9クラブが「クラブ・コミットメント宣言」を提出し、UEFAの大会等に復帰するとしている。 「和解の精神と欧州サッカーのために、いわゆる“スーパーリーグ”プロジェクトに関与していた12クラブのうちの9クラブは、UEFAのクラブの大会だけでなく、国内のクラブの大会へのコミットメントを含む、クラブの立場を定めた「クラブ・コミットメント宣言」をUEFAに提出した」 「UEFAは取締役会を緊急招集し、「クラブ・コミットメント宣言」の精神と内容を十分に考慮した上で、クラブが行った様々な行動や措置、コミットメントを承認することに決定した」 「UEFAと9つのクラブの間では、UEFAのクラブの大会に復帰に関するコミットメントと、その方法の正式な確認が合意に至り、サインされた。承認された復帰措置は完全かつ最終的なものとなる」 「これらの9クラブは、“スーパーリーグ”のプロジェクトが間違いであったことを認め、受け入れ、ファン、各協会、リーグ、ヨーロッパの仲間のクラブ、UEFAに謝罪する。彼らはまた、プロジェクトがUEFAの法令及び規則の下で承認されなかったことを認識した」 今回の合意により、UEFAの大会への復帰に加え、欧州クラブ協会に再加入することが決定。また、罰金1500万ユーロ(約20億円)が科される事となり、それらはイギリスを含むヨーロッパ中の地域社会において、子供、若者、草の根のサッカーの利益のために寄付されることになる。 また、来シーズンのUEFAのクラブの大会で受け取れる収益の5%徴収し、再分配されるとのことだ。 さらに、将来的に無許可の大会に参加しようとした場合には1億ユーロ(約132億円)の罰金に加え、「クラブ・コミットメント宣言」に違反した場合は5000万ユーロ(約66億円)の罰金を支払うことに同意する事となったようだ。 なお、正式に撤退を発表していないマドリー、バルセロナ、ユベントスへの処分は発表されていないが、問題が長引くようであれば、今回以上の処分が下されることになると見られている。 2021.05.08 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元神戸のダビド・ビジャ氏がインドのオディシャFCのアドバイザーに就任!

2019シーズンにヴィッセル神戸で現役を引退した元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏(39)が、インディアン・スーパーリーグに所属するオディシャFCのグローバル・フットボール・アドバイザーに就任した。6日、オディシャが公式サイトを通じて発表した。 クラブの発表によると、ビジャ氏はクラブのフットボール委員会に参加すると共に、グローバル・フットボール・アドバイザーとして20年に渡るプロフットボーラーとしての経験をクラブに還元していくことが期待されているという。 今回、オディシャのプロジェクトに参画することになった元神戸FWは、新天地での意気込みを口にしている。 「自分の経験を生かしてみたいと思う。もちろん、私はインドでプレーしたわけではないが、プロとして20年間フットボールをしてきたし、その前はアカデミーでプレーしていた。そして、このチームが関わっているすべてのプロジェクトにおいて、私が持っているフットボールに関する経験をすべて提供しようと思っている」 ビジャ氏は、スポルティング・ヒホンの下部組織で育ち、2001年7月にトップチームへ昇格。その後、レアル・サラゴサ、バレンシアへとステップアップを果たし、2010年7月にはバルセロナへ完全移籍。同クラブでは在籍期間に公式戦119試合に出場し48ゴール24アシストを記録。ラ・リーガでは2010-11、2012-13シーズンの2回、コパ・デル・レイでは2011-12シーズン、チャンピオンズリーグでは2010-11シーズンで優勝を経験していた。 その後、2013年7月に移籍したアトレティコ・マドリーでも2013-14シーズンのラ・リーガ制覇に貢献。アトレティコ退団後はスペインを離れ、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティFC、オーストリアのメルボルン・シティでプレー。2019年1月に加入した神戸ではJ1リーグで28試合に出場し13ゴールを挙げていた。 また、スペイン代表では2005年2月からプレーし、通算98試合に出場し63ゴールを記録。ワールドカップには2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会に出場。ユーロも2008年大会に出場。ワールドカップで1度、ユーロで1度優勝を経験し、2008年のユーロ、2010年のワールドカップでは得点王に輝いていた。 一方、デリーに本拠地を置いたデリー・ディナモスFCを前身とするオディシャは、2019年にオリッサ州のブバネーシュワルへ移転した際に現名称へ変更。 デリー時代にはロベルト・カルロス氏やジャンルカ・ザンブロッタ氏が監督を務め、過去にはアレッサンドロ・デル・ピエロ氏もプレーヤーとして在籍していた。 2021.05.07 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

法律の抜け穴?スタジアム観戦を禁じられたサポーターたちがショッピングモールに集合

スウェーデンクラブのサポーターの一部が、政府に抗議している。イギリス『サン』が伝えている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もある中、スウェーデンのアルスヴェンスカン(1部リーグ)では、4月に2021シーズンが開幕した。 新シーズンから観客を動員できることが認められていたものの、サッカーのスタジアムに集まれる人数は8名。これはスウェーデン政府が取り決めたものである「催し事には最大8名の参加を認める」というものが適用された形だった。 そのため、アルスヴェンスカンの開幕戦、AIKソルナvsテーゲルフォルシュの試合も収容人数が5万人に対し、観客は8名のみだった。 しかし、同じ日にストックホルムにあるスカンセン動物園は5000人の入場が許可されていただけでなく、無料でアクセスできる公共の場所に入場制限はない。 そこで、スポーツが他の分野と異なる扱いを受けることに対して怒ったサポーターの一部は、2日にホームで行われたエルフスボリ戦のタイミングでストックホルムにある屋内ショッピングモールに集合し、スタジアムさながらの応援を決行。そこには、太鼓やフラッグ、そして現在施行されている法律を非難するような文言が書かれた横断幕もあった。 スウェーデンは、現在1人あたりの新型コロナウイルスの発生率が世界で最も高い国の1つとなっている状況。死亡率も日本の20倍という状況だが、ショッピングセンターや動物園などはそれでも多くの人が出歩くことが可能となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ショッピングモール内でAIKサポーターが大合唱…!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Les supporters de l’AIK Stockholm ont protesté en montrant l&#39;absurdité dans les stades suédois. Ces deniers sont limités à huit personnes alors que les centres commerciaux sont ouverts ! <br><br> <a href="https://twitter.com/Xolazi?ref_src=twsrc%5Etfw">@Xolazi</a> <a href="https://t.co/RvUYD6Ht9d">pic.twitter.com/RvUYD6Ht9d</a></p>&mdash; MadeInFOOT (@madeinfoot) <a href="https://twitter.com/madeinfoot/status/1388920791396495366?ref_src=twsrc%5Etfw">May 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.05 20:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly