ミラン加入も負傷で戦列を離れていたマンジュキッチ、3月分の給料返上

2021.04.17 00:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが、3月分の給料を返上したようだ。イタリア『ANSA』が報じている。アル・ドッゥハイルを退団後、1月にミランに加入したマンジュキッチだったが、足の筋肉を痛めて2月下旬から4月の頭まで欠場が続いていた。

『ANSA』によればマンジュキッチは負傷によりチームに貢献できなかったため、給料の返上を申し出たとのことだ。ミランはこのマンジュキッチの申し出を受け、その給料を慈善団体に寄付することを明かしている。


ミランは公式サイトにて「マンジュキッチの倫理観やプロ意識、ミランへのリスペクトを示すものだ。クラブとしては経済的に脆弱な状況にある若者を支援するため寄付することにした」と声明を発表している。
関連ニュース
thumb

CL出場に強い思いを抱くケアー「目標は常にCL出場」

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが、『ミランTV』のインタビューの中でチャンピオンズリーグ(CL)出場への強い思いを口にしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ミランは9日、セリエA第35節でユベントスと対戦する。インテルの11年ぶりのスクデットが決定した中、CL出場権争いではミラン、ユベントス、そしてアタランタが勝ち点69で並び、熾烈な戦いを繰り広げている。 ユベントスとの直接対決を前に、ケアーはヨーロッパの大会に参加することの重要さを強調。実現すれば8シーズンぶりのCL出場に向けて、前向きな感情を持っていることを示した。 「この試合に勝ち、目標を達成するという強い思いを持って前に進む。もちろんそれは常にチャンピオンズリーグの出場権だ」 「ポジティブな感情がある。試合に挑み、目標を成し遂げるために勝つというハングリーさと意欲を感じている」 「それが簡単なことではないことはわかっているけどね」 2021.05.08 19:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第35節プレビュー】インテルの優勝が決定、CL出場権争うユーベとミランが激突

前節、2位アタランタが勝利を逃したことで4試合を残してインテルの11年ぶりスクデットが決まった。そして最下位クロトーネに続き、19位パルマの降格も決まっている。残る注目は5クラブによる残り3枠を懸けた来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いだ。そして今節、勝ち点69で並ぶ3位ユベントスと4位ミランによる大一番が開催される。 ユベントスは前節、ウディネーゼ相手に低調な試合を演じながらも5戦ぶりのゴールとなったC・ロナウドのドッピエッタで2-1の逆転勝利。辛くも3位の座を死守した。シーズン最終盤を迎えても試合内容に改善が見られない厳しい状況だが、10連覇を逃した元王者は最低限の目標であるCL出場権確保へミラン撃破となるか。 一方、FWイブラヒモビッチが復帰したミランは前節、ベネヴェントに快勝。連敗を2で止め、CL圏内の4位に返り咲いた。今季の1stマッチではユベントスに1-3と負けており、直接対決で上回ることは難しいが、勝利して勝ち点でユベントスを上回りたいところ。CL出場権は是が非でも確保したい中、ベストメンバーでユベントスに挑む。 10人となった中、サッスオーロに引き分けてインテルの前節での優勝をアシストしてしまった2位アタランタ(勝ち点69)は、降格の決まった19位パルマ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。モチベーションのない相手にここは必勝として2位を死守したい。 カリアリ相手に終了間際被弾でCL圏外の5位に後退したナポリ(勝ち点67)は、16位スペツィア(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨む。カリアリ戦では大半の時間帯で主導権を握りながらも追加点を奪えなかったことが響いて引き分けに持ち込まれてしまったナポリ。降格圏の18位ベネヴェントと3ポイント差のスペツィアは残留のために必死に戦ってくることが予想されるが、打ち勝ってCL圏内返り咲きとなるか。 1試合消化が少ない中、4位ミランを5ポイント差で追う6位ラツィオ(勝ち点64)は、14位フィオレンティーナ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。スペツィア同様、残留争いに巻き込まれているフィオレンティーナ相手に簡単な試合にはならない可能性が高いが、ここ8戦で7勝を挙げている好調のラツィオは勝利を掴めるか。 日本人では前節負傷から復帰したDF冨安の12位ボローニャ(勝ち点39)は、11位ウディネーゼ(勝ち点39)とのアウェイ戦を、前節ローマ戦で出場機会のなかったDF吉田の9位サンプドリア(勝ち点45)は優勝を決めたインテルとアウェイで対戦する。 ◆セリエA第35節 ▽5/8(土) 《22:00》 ウディネーゼvsボローニャ スペツィアvsナポリ 《25:00》 インテルvsサンプドリア 《27:45》 フィオレンティーナvsラツィオ ▽5/9(日) 《19:30》 ジェノアvsサッスオーロ 《22:00》 パルマvsアタランタ ベネヴェントvsカリアリ ヴェローナvsトリノ 《25:00》 ローマvsクロトーネ 《27:45》 ユベントスvsミラン 2021.05.08 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

英雄カカ、ユーベ戦控える古巣ミランにエール「CLに復帰するのが待ち遠しい」

元ブラジル代表のカカ氏がユベントス戦を控える古巣のミランにメッセージを送っている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 9日に行われるセリエA第35節で3位のユベントスと対戦する4位のミラン。勝ち点で並ぶ両者は、2位のアタランタとも勝ち点「69」で並んでおり、お互いにチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いにおいては、絶対に負けられない直接対決となる。 そんな大一番を前に、ミランにエールを送ったのは、2000年代にミランでエースとして活躍し、2007年にはバロンドールも受賞したカカ氏だ。『Twich』のミラン公式チャンネルに出演したカカ氏は、「ミランが復帰できなかったら残念」とコメント。「ミランがCLに戻ってくることを願っている」と語り、8シーズンぶりとなる大舞台への復帰を求めた。 また、「今、ユーベとアンドレア・ピルロとの試合がある。ミランは、この試合に勝てばCLに復帰できるだろう」と元同僚であるピルロ監督率いるユベントスとの週末大一番についても語り、「僕はそう願っているし、全てのミランファンのためにも、そうなることを願っている」と、ミランの勝利を望んでいると語った。 2021.05.07 17:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスとの大一番を前に、過去の誤審悔やむミランOB「あの瞬間に未来は変わった」

かつてミランでプレーした経歴を持つ元イタリア代表MFアントニオ・ノチェリーノ氏が、古巣が暗黒期に突入するきっかけとなった試合について語っている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 今季は開幕15試合無敗を達成し、一時は10シーズンぶりのスクデット獲得も期待されたミラン。しかし年明けから徐々に失速すると、リーグ戦34試合を消化した時点で4位まで下降している。現在は2013-14以来のチャンピオンズリーグ(CL)出場を目指しており、9日には勝ち点で並ぶ3位ユベントスとの大一番が控えている。 この決戦を前に、『The Italian Football Podcast』の中でノチェリーノ氏は2012年2月25日に行われた両クラブによる試合を回顧。当時スクデット争いを繰り広げていた両者の対戦は、決勝弾となるはずだったミランのMFスレイ・ムンタリのゴールが誤審で取り消され、ドローで終了。そのシーズンに優勝を飾ったユベントスが、黄金時代をスタートさせた。 一方で、ミランはそのシーズン終了後にFWズラタン・イブラヒモビッチとDFチアゴ・シウバの移籍が起こり、一気に暗黒期に突入している。ノチェリーノ氏は、あの誤審がなければミランの未来はより明るかっただろうと悔やんだ。 「あの瞬間、ミランの未来が変わったと思う。ゴールが認められていれば、ミランはスクデットを獲得していたはずだ。そしてその後にズラタンやチアゴら大物選手が去ることもなかっただろう。クラブはその後も勝利するため、より資金を投資していたと思う。つまり、この幻のゴールがミランの歴史を変えたんだ」 「ミランはこの1年間、走って、走って、走りまくった。そして今、選手たちはガソリンを使い果たし、タンクの蓄えを使い果たしてしまっている。私は彼らがシーズンの終わりまで、何とか走り続けてくれることを願っているよ。CL出場は素晴らしいシーズンを送ってきた彼らにとって非常に重要だ」 また、ノチェリーノ氏は週末の大一番で勝った方が、来シーズンCLに出場するだろうとコメント。逆に敗れれば、CL出場の望みがなくなるはずだと語った。 「ユベントスは9連覇後に過渡期を迎えた。若手は数年後に素晴らしい選手となっているかもしれないが、今の彼らには経験がない。ユベントスとミランがどちらもCLに出場するのは難しいだろう。ナポリとアタランタの両チームは、より状態が良いからね」 「ユベントスとミランの試合はCLのプレーオフのようなものだ。この試合に勝った方が、CL出場権を得ると言ってもいい。もちろん、ラツィオも除外すべきではないけどね」 2021.05.07 13:53 Fri
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマ流出濃厚のミランがリール守護神獲得交渉を本格化

ミランがリールのフランス代表GKマイク・メニャン(25)の獲得交渉を本格化させているようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 現在、ミランでは守護神を務めるイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22)の契約延長交渉が完全に停滞しており、契約が終了する今シーズン限りでの退団が決定的だ。 両者の間では代理人ミーノ・ライオラ氏の主導の下、選手サイドが要求する高額なサラリーの問題に加え、ミランが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃す懸念もあり、シーズン終了後に設定されている延長交渉がまとまる可能性は低いと思われている。 これを受けて、クラブはドンナルンマの後釜として以前から関心が伝えられていたリール守護神の獲得交渉を本格化させている。 『RMC Sport』が伝えるところによれば、メニャンはミランとの5年契約締結に向けてプレ合意に迫っているという。 また、クラブ間の交渉も進んでおり、1650万ユーロ(約21億7000万円)程度の金額での交渉成立を目指しているようだ。 パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミー出身のエリートは2015年に出場機会を求めてリールに加入。高い身体能力を生かしたシュートストップに加え、足下の技術にも長けた総合力の高いGKとして、PSGを1ポイント差で抑えて今シーズンのリーグ・アンで首位に立つリールの守護神として活躍している。 なお、ミランの主砲であるスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとはPSG時代の同僚であり、当時17歳のメニャンはイブラヒモビッチのシュート練習時に罵倒された際、「クソアタッカー」と言い返す強心臓ぶりを発揮し、以降可愛がられていた。 2021.05.06 23:19 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly