GKのクリアを直接…“長距離ヘディング弾”に反響集まる「この距離はすごい」

2021.04.13 11:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
北アイルランド1部のグレントランFCに所属する北アイルランド人MFロリー・ドネリーが珍しいゴールを決めた。グレントランFCは10日、第30節でダンガノン・スウィフツとホームで対戦。試合開始早々にドネリーが先制ゴールを決めると、1-0と1点リードで迎えた29分に、再びドネリーが魅せる。

グレントランFC陣内からのロングボールに対し、マンチェスター・ユナイテッドにも所属経験のある相手GKロイ・キャロルがボックス外まで飛び出し、頭でクリアする。


そのボールがセンターサークル手前へと飛んでいくと、落下地点に入ったドネリーが、勢いをつけたヘッドで跳ね返す。GKやDFがクリアしようとするも、ドネリーのヘディングシュートはそのまま無人のゴールへと吸い込まれていった。なお、試合はそのままグレントランFCが2-0で勝利している。

その飛距離は35m以上あり、ゴール手前でワンバウンドしているとはいえ、なかなかお目にかかれないゴールは複数の海外メディアでも取り上げてられており、SNSでも「35mのヘディング…」「この距離はすごい」「ロイ・キャロルはまだ現役だったのか」といった驚きの声が溢れている。

このゴールには、グレントランFCの公式ツイッターも反応。「シーズン途中にプスカシュ賞を授与できますか?友達(ドネリー)のためにお願いします…」と綴ると、ドネリー本人もツイッターで「ハンマーヘッドだ」と自賛している。

※写真はトランメア・ローバーズ時代

1 2
関連ニュース
thumb

急所にボール直撃で悶絶…ナポリDFを襲った悲劇に同情「可哀想に…」

ナポリのイタリア代表DFジオバニ・ディ・ロレンツォが体を張ったディフェンスを見せた。 ナポリは16日にセリエA第37節でフィオレンティーナとアウェイで対戦。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保のために負けられない一戦の中、0-2と2点リードで試合終盤を迎える。 勝ち点3が近づいてきた88分、ナポリが自陣左サイドでスローインを獲得。スロワーを務めたディ・ロレンツォがMFファビアン・ルイスに渡すと、それをダイレクトで返した。 しかし、残り時間が少ないフィオレンティーナのFWクリスティアン・クアメが積極的にプレッシャーをかけ、ギリギリのところでパスをカット。中途半端なボールを蹴り上げ、ディ・ロレンツォに当てながらフィールド内に残そうとした。 クアメの策は上手くいったかに思われたが、ボールは至近距離からディ・ロレンツォの急所を直撃。イタリア人DFは悶絶しながらその場にうずくまり、試合は一時中断した。 中継のカメラでは、ベンチに下がっていたフィオレンティーナのFWフランク・リベリの姿が映し出されていたが、何とも言えない表情を見せた。このアクシデントにはファンからも「可哀想に」「これは痛い」などディ・ロレンツォに同情の声が寄せられている。 なお、ディ・ロレンツォの踏ん張りもあり、ナポリはそのまま0-2で勝利。CL出場権を懸け、最終節ではホームでエラス・ヴェローナと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】悶絶…ディ・ロレンツォの痛すぎる瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ouch <a href="https://t.co/ZQnp8UlBXG">pic.twitter.com/ZQnp8UlBXG</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1394277738203291650?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.19 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

優勝メダルを首にかけたままベッドに…ヴァーディの愛らしい姿に夫人も反応

レスター・シティに所属する元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの愛らしい姿に、レベッカ夫人も愛を再確認したようだ。 15日、チェルシーとのFAカップ決勝に臨んだレスターは、MFユーリ・ティーレマンスのスーパーゴールもあり、1-0で勝利。52年ぶりの決勝でクラブ史上初の優勝。ヴァーディも「FAカップ…ついに手に入れた!」と感情を爆発させていた。 熱狂から一夜明けると、レベッカさんは自身のインスタグラムのストーリーズを用いて、ヴァーディのベッドでの様子を公開。そこには、優勝メダルを首にかけたまま、幸せそうな表情で眠る夫の寝顔が映されていた。 レベッカさんは別の投稿で「あなたに驚かされないことはありません。私たちはあなたが達成したすべてのことをとても誇りに思っています、そして私たちはあなたをとても愛しています」と夫への感謝を綴っている。 興奮冷めやらぬが、レスターは来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争い、中2日で迎える18日のプレミアリーグ第37節でチェルシーのホームに乗り込み、再戦する ヴァーディらレスターの選手たちはさらなる歴史を築けるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】メダルを首にかけたままベッドに…ヴァーディの愛らしい一枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Leicester hero Jamie Vardy caught SLEEPING with <a href="https://twitter.com/hashtag/FACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FACup</a> medal round his neck as wife Rebekah shares candid snap <a href="https://t.co/HGXaeO2HDo">https://t.co/HGXaeO2HDo</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1394306852356333571?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.18 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが学生の頃から8年をともにした恋人と破局

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(23)が、ガールフレンドのルシア・ロイさん(23)と破局したようだ。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』によると、2人は学生時代に知り合い、15歳の頃から交際を続けていたとのことだ。 ラッシュフォードは、コロナ禍において貧困問題の改善のために自身の寄付を含めて尽力し、その活動が評価されて大英帝国勲章も授与されたが、ルシアさんもPR担当として携わっていた。 公私ともにパートナーだったが、コロナ禍の生活ですれ違いが生じ、ルシアさんはすでにラッシュフォードの家を出ているという。 『サン』は、2人はまだ連絡を取り合っており、問題が解決すれば寄りを戻すかもしれないとしているが、若きスターはどのような決断を下すだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ラッシュフォードと学生時代から交際していたルシア・ロイさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Marcus Rashford&#39;s girlfriend Lucia Loi supports beau in Three Lions shirt <a href="https://twitter.com/hashtag/CROENG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CROENG</a> <a href="https://t.co/AxdSwmyEfo">https://t.co/AxdSwmyEfo</a> <a href="https://t.co/kKMJEQ8p34">pic.twitter.com/kKMJEQ8p34</a></p>&mdash; Daily Express (@Daily_Express) <a href="https://twitter.com/Daily_Express/status/1017139967338909696?ref_src=twsrc%5Etfw">July 11, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.18 06:35 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーFWの彼女が監督を痛烈批判!「得点王を外して…」「どうしたらそんな判断が下せるの?」

チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハムのガールフレンドであるリア・モンローさんが、トーマス・トゥヘル監督を痛烈に批判した。イギリス『サン』が伝えている。 昨季はフランク・ランパード前監督の下で飛躍を遂げ、今季もここまで公式戦31試合の出場で12得点6アシストの数字を残すエイブラハム。しかし、今年1月下旬からトゥヘル監督が率いるようになってからは出番を減らし、将来が疑問視され始めている。 さらに、15日に行われたレスター・シティとのFAカップ決勝では、ここまで4ゴールと大会得点王タイだったにもかかわらずベンチ外となると、モンローさんが憤慨。自身のインスタグラムでトゥヘル監督の判断を公に批判した。 「一体どうしたらトップのスコアラーをチームから外して決勝に臨むという決断が下せるの?何の意味もない」 投稿はすでに削除されたが、レスター戦のチェルシーはゴールを奪えず、0-1で敗れてタイトル獲得を逃しており、モンローさんは今なお怒り心頭かもしれない。 ガールフレンドの行動によって、その去就にさらなる注目が集まることとなったエイブラハムだが、本人の胸中はいかに。 <span class="paragraph-title">【写真】トゥヘル監督を批判したエイブラハムの美人彼女、リア・モンローさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@leahmonroe_)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.05.17 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

デレ・アリに熱愛報道…お相手は“まさか”、グアルディオラ監督の愛娘

トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(25)に熱愛報道が出ており、そのお相手が意外な話題だ。イギリス『サン』が伝えている。 2016年からモデルのルビー・メイさんと交際していたデレ・アリは、今年2月に破局を迎えてフリーの身であったが、次の相手はまさか。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の娘であるマリアさん(20)だった。 『サン』はドレッドヘアーが目立つデレ・アリと白いパーカーを着ていたマリアさんが、ロンドンのバー「クラウド9」の屋上のベンチに並び、キスしている瞬間を激写している。 一方で、マリアさんは「ただの友達」だと語っているともしている。 まだ学生であるマリアさんとデレ・アリが出会ったのは1カ月前とのこと。ルビー・メイさんとの破局は人気オンラインゲーム『Fortnite』のやりすぎとも言われていたデレ・アリだが、新たなロマンスは成就するだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】デレ・アリとの熱愛報道が出ているグアルディオラ監督の愛娘・マリアさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Dele Alli &#39;seen kissing Pep Guardiola&#39;s daughter Maria&#39;.<a href="https://t.co/GBylG9359Z">https://t.co/GBylG9359Z</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1393502356499746816?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 21:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly