米『フォーブス』発表の世界クラブ価値ランキングでバルサが初の1位、ユナイテッドはついにトップ3から陥落

2021.04.13 18:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカ経済誌『フォーブス』による世界で最も価値のあるサッカークラブのランキングが12日に発表され、バルセロナが初めてトップに立つこととなった。今回発表された『フォーブス』のクラブ価値ランキングは、2019-20シーズンの収益や営業利益をもとに換算。レンタル移籍による収入は除外され、チームの価値は株式と純負債による企業価値となる。

これには不動産の価値は含まれないものの、チームのスタジアムが生み出す経済性は含まれることとなる。


バルセロナの価値は47.6億ドル(約5220億円)とされ初めて1位に。過去16年間の1位はレアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドの2クラブが占有しており、マドリーが5回、ユナイテッドが11回輝いていた。また、マンチェスター・ユナイテッドはトップ3からも外れ4位に転落。代わりにバイエルンが3位に浮上した。

トップ20のクラブでは、価値の平均が22.8億ドル(約2500億円)となり、2年前から30%増加。新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが起き、収益が減少したものの増加している状況となった。

一方で、収益は平均で4億4100万ドル(約483億7000万円)となり、2017-18シーズンから9.6%減少。一方で、営業利益は70%も下がり、平均2300万ドル(約25億2300万円)と大幅に減少しており、各クラブが苦しんでいる状況が如実に表れている。

◆2019-20シーズン世界クラブ価値ランキング
1位:バルセロナ(スペイン)
価値:47億6000万ドル(約5220億円)
収益:7億9200万ドル(約868億6000万円)
営業利益:6220万ドル(約68億2200万円)

2位:レアル・マドリー(スペイン)
価値:47億5000万ドル(約5211億6000万円)
収益:7億9200万ドル(約868億8700万円)
営業利益:9200万ドル(約100億9000万円)

3位:バイエルン(ドイツ)
価値:42億1500万ドル(約4624億1000万円)
収益:7億300万ドル(約771億2300万円)
営業利益:4920万ドル(約54億円)

4位:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
価値:42億ドル(約4607億6500万円)
収益:6億4300万ドル(約705億5000万円)
営業利益:1億6660万ドル(約182億8000万円)

5位:リバプール(イングランド)
価値:41億ドル(約4498億2000万円)
収益:6億1900万ドル(約680億円)
営業利益:6190万ドル(約68億円)

6位:マンチェスター・シティ(イングランド)
価値:40億ドル(約4388億5000万円)
収益:6億900万ドル(約668億1400万円)
営業利益:-200万ドル(約2億2000万円)

7位:チェルシー(イングランド)
価値:32億ドル(約3510億7400万円)
収益:5億2000万ドル(約570億5000万円)
営業利益:3470万ドル(約38億円)

8位:アーセナル(イングランド)
価値:28億ドル(約3071億9000万円)
収益:4億3000万ドル(約471億7500万円)
営業利益:4730万ドル(約51億9000万円)

9位:パリ・サンジェルマン(フランス)
価値:25億ドル(約2742億7500万円)
収益:5億9900万ドル(約657億1600万円)
営業利益:-450万ドル(約4億9400万円)

10位:トッテナム(イングランド)
価値:23億ドル(約2523億6300万円)
収益:4億9400万ドル(約542億円)
営業利益:1億3420万ドル(約147億2500万円)

11位:ユベントス(イタリア)
価値:19.5億ドル(約2139億6300万円)
収益:4億4100万ドル(約483億8900万円)
営業利益:-1400万ドル(約15億3600万円)

12位:ドルトムント(ドイツ)
価値:19億ドル(約2084億5000万円)
収益:4億500万ドル(約444億3300万円)
営業利益:1510万ドル(約16億5700万円)

13位:アトレティコ・マドリー(スペイン)
価値:10億ドル(約1096億9000万円)
収益:3億6800万ドル(約403億6500万円)
営業利益:6170万ドル(約67億6800万円)

14位:インテル(イタリア)
価値:7億4300万ドル(約815億円)
収益:3億2300万ドル(約354億3000万円)
営業利益:1310万ドル(約14億3700万円)

15位:エバートン(イングランド)
価値:6億5800万ドル(約721億7500万円)
収益:2億3500万ドル(約257億7800万円)
営業利益:1500万ドル(約16億4500万円)

16位:ミラン(イタリア)
価値:5億5900万ドル(約613億2000万円)
収益:1億6500万ドル(約181億円)
営業利益:-9240万ドル(約101億3600万円)

17位:ローマ(イタリア)
価値:5億4800万ドル(約601億円)
収益:1億5600万ドル(約171億1100万円)
営業利益:-1億840万ドル(約118億9000万円)

18位:ウェストハム(イングランド)
価値:5億800万ドル(約557億2000万円)
収益:1億7500万ドル(約191億9500万円)
営業利益:-2420万ドル(約26億5500万円)

19位:レスター・シティ(イングランド)
価値:4億5500万ドル(約499億1000万円)
収益:1億8900万ドル(約207億3200万円)
営業利益:-4930万ドル(約54億1000万円)

20位:アヤックス(オランダ)
価値:4億1300万ドル(約453億円)
収益:1億7200万ドル(約188億7000万円)
営業利益:170万ドル(約1億8600万円)

1 2
関連ニュース
thumb

アンス・ファティが3度目のヒザ手術へ…目標は来季開幕復帰に設定

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが3度目の手術を受けることになったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 アンス・ファティは昨年11月初旬に左ヒザの内側半月板損傷という重傷を負い、数日後に手術。全治4カ月とみられたが、術後の経過が思わしくなく、今年1月にヒザの治療に関する権威であるラモン・クガート医師の下で再手術を受けた。 しかし、再手術後も損傷箇所の状態は芳しくなく、今年3月に入って同選手は父と共に、ヒホンに住むアントニオ・マエストロ医師、リヨンを拠点とする膝の専門家であるベルトラン・ソネリー・コテ医師ら3人の医師と連絡を取り合いながら、3度目の手術が必要であるかどうかを見極めていた。 そして、最終的に手術が必要だと判断され、6日に前述の3人の医師の一人であるポルトガル代表で働く医師の下で手術を受けることになった。 なお、現時点で全治には2カ月程度を要すると見られているが、来シーズンの開幕には十分に間に合う見込みだ。 18歳のファティはバルセロナの下部組織育ちで、昨年9月からトップチームに正式昇格。離脱まで公式戦10試合の出場で5得点4アシストと輝きを放った。 2021.05.05 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、クラシコ用のスペシャルユニをアトレティコ戦でも着用

バルセロナは、8日に行われるアトレティコ・マドリー戦でスペシャルユニフォームを着用することを発表した。 このユニフォームは今季の4thユニフォームで、バルセロナカラーである「ブラウグラナ(青とえんじ)」に、カタルーニャ州旗の「セニェーラ(赤と黄色のストライプの旗)」を組み合わせたものとなる。 ファーストチームはアトレティコ戦で着用するほか、女子チームはコパ・デ・ラ・レイナ(カップ戦)決勝で着用するとのことだ。 このユニフォームは上部が通常のバルサカラーのストライプとなっており、えんじの部分に黄色いストライプがグラデーションで入っていくというものだ。 このデザインは、クラブのルーツとカタルーニャに関連するアイデンティティとともに、クレ(バルサファン)のキャラクターとバルサの選手であることの誇りを強調しようとするデザインとなっている。 なお、このユニフォームは、4月10日に行われたレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”で特別に着用されたものだが、優勝を争う大一番のアトレティコ戦でも着用することとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】笑顔で特別ユニをお披露目するバルサの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFWlFZYTU0WiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.04 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

安部裕葵は74分から途中出場、バルセロナBが2部昇格POに進出

FW安部裕葵が所属するバルセロナBは2日、セグンダB(スペイン3部)グループ3のイビサ戦を行い、2-1で勝利。この結果、2部昇格のチャンスを掴んだ。 グループ3の首位に立つイビサをホームのヨハン・クライフ・スタジアムに迎えたバルセロナB。すると22分にMFアレックス・コジャードのCKからレイ・マナイがヘディングでゴールを決めて先制。さらに、26分にはFWコンラド・デ・ラ・フエンテもゴールを奪い、2-0とした。 後半に1点を返されるもそのまま2-1で勝利。この結果、セグンダ・ディビシオン昇格をかけたプレーオフに進出することが決定した。 なお、安部は74分から途中出場を果たしていた。 2部への昇格プレーオフは、5つの地区に分かれて15チームが戦い、上位4チームが昇格することになる。なお、2018-19シーズンにもプレーオフに望んでいたが、その際は敗れていた。 また、来シーズンからスペインサッカー連盟(RFEF)はセミプロのリーグであるRFEF1部リーグを創設。実質3部にあたるリーグとなるが、昇格を逃した場合はそのリーグへの参入が決まる。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】バルセロナBが前半2発でイビサに勝利! </span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiQkZoT2lOdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.03 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

逆転の優勝を見据えるバルサDFピケ、次節へ意気込む「来週末には僕たちが首位に」

バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが、バレンシア戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは2日、ラ・リーガ第34節でバレンシアと対戦した。この試合は、グラナダとの前節で退席処分を受けたロナルド・クーマン監督が2試合のベンチ入り禁止処分を受けたため、アシスタントコーチのスロイデル氏が指揮を執ることとなった。 試合は前半はバルセロナペースで進むもゴールレスで終えると50分にガブリエウのゴールでバレンシアが先制。しかし、57分にリオネル・メッシが同点ゴールを奪うと、63分にアントワーヌ・グリーズマンが逆転ゴール。69分にはメッシがこの試合2点目を決めてリードを広げた。 83分にはカルロス・ソレールが1点を返すも、そのまま終了。2-3でバルセロナが勝利し、優勝争いに踏みとどまることに成功した。 試合後、ピケはスペイン『モビスター』のインタビューに応じ「静かな試合ができないことはわかっていた」とドタバタした試合にコメント。それでも「僕たちは戦いを続けている。目標はシーズンの終わりに、あの場所にいることだ」と語り、優勝のチャンスがまだあると語った。 また、次節のアトレティコ・マドリー戦についてもコメント。翌日にはレアル・マドリーvsセビージャとトップ4同士が対戦することに言及し、首位に立つことを願うと語った。 「今はアトレティコと対戦し、勝つことだけに集中している。とにかく、彼らには勝たなければいけないし、その後にはレアル・マドリーvsセビージャがある」 「来週末には僕たちが首位になっていることを願っているが、例え他の誰がトップにいても、僕は彼らがリーグチャンピオンになるために降参することはない」 <span class="paragraph-title">【動画】バレンシア戦後にインタビューに応じるピケ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJySm1URFkxSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.03 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

逆転勝利で優勝争いに生き残ったバルサ、スロイデル副官は次節へ意気込み「他人を見ずに、自分たちを見ている」

バルセロナのアシスタントコーチを務めるアルフレッド・スロイデル氏がバレンシア戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは2日、ラ・リーガ第34節でバレンシアと対戦した。この試合は、グラナダとの前節で退席処分を受けたロナルド・クーマン監督が2試合のベンチ入り禁止処分を受けたため、アシスタントコーチのスロイデル氏が指揮を執ることとなった。 試合は前半はバルセロナペースで進むもゴールレスで終えると50分にガブリエウのゴールでバレンシアが先制。しかし、57分にリオネル・メッシが同点ゴールを奪うと、63分にアントワーヌ・グリーズマンが逆転ゴール。69分にはメッシがこの試合2点目を決めてリードを広げた。 83分にはカルロス・ソレールが1点を返すも、そのまま終了。2-3でバルセロナが勝利し、優勝争いに踏みとどまることに成功した。 試合後、暫定指揮を執ったスロイデル氏はチームのパフォーマンスを評価。1-0とリードされてから良い反応を見せたとした。 「個性を見せてくれた。反応も良かった。前半はうまくプレーしたが、ゴールがなかった。守備も良かったと思う」 「グラナダとの試合は何も関係ない。1-0になった後にうまく反応し、自分たちがやっていることを信じていた。個性を示し、勝利に値した」 「難しい相手との試合を支配したと思う。そして良い反応を見せた。選手たちは個性を持っていた」 この結果、勝ち点を74とし、2位のレアル・マドリーと勝ち点で並ぶ3位となったバルセロナ。次節は勝ち点差2で首位を走るアトレティコ・マドリーとの大一番が待っている。 クーマン監督は引き続き指揮を執ることができないが、ここまで盛り返したことを評価し、重要な試合と捉えて臨むと語った。 「我々は生きている。みんなが近い状況だ。そこにいる。他人を見ずに、自分たちを見ている」 「来週は決勝戦ではなく、あと4試合残っている。選手たちを信頼しているし、ラ・リーガで優勝する。1月からアトレティコとの距離を縮めてきたし、この3カ月間はよく戦ってきた」 「我々は一戦一戦大切にしなければならないが、重要な試合であることは理解している」 <span class="paragraph-title">【動画】メッシ2発で逆転勝利!バレンシア×バルセロナ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=j0a7hck79wpr1cmb66nr2o2b0" async></script> 2021.05.03 09:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly