プレーオフで出番のない香川真司、PAOK監督が理由を説明「彼は一生懸命やっているが…」

2021.04.12 12:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PAOKテッサロニキのパブロ・ガルシア監督が、出番のないMF香川真司の現況を説明した。ギリシャ『SPORTIME』が伝えている。今冬に無所属状態からPAOKに加入した香川は、ギリシャ・スーパーリーグのレギュラーシーズンで5試合に途中出場。カップ戦では先発出場も果たすなど、公式戦8試合に出場してきた。

しかし、足首の問題もあり、3月7日のアリス戦を最後にピッチから遠ざかっており、3月21日から始まっているプレーオフでは3試合を終えて、出番がない状況が続いている。


11日のアステラス・トリポリス戦では、プレーオフで初めてベンチ入りしながらも出場機会が訪れなかった香川に対し、ガルシア監督が理由を説明した。

「我々がやろうとしているのは、全ての選手をプレーできるようにすることだ。彼は一生懸命やっているが、2週間離脱していた」

「彼が長い間プレーしていなかった選手であることを忘れてはならない。彼はハードワークを続け、与えられるチャンスを待たなければならない」

香川に出番がなかったアステラス戦は、1-1の引き分け。PAOKは18日に首位のオリンピアコスと対戦するが、香川の出番はあるだろうか。
関連ニュース
thumb

マネ&チアゴ初弾にアリソン躍動のリバプールが公式戦4試合ぶりの白星! 南野欠場のセインツはリーグ4戦未勝利…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、リバプールvsサウサンプトンが8日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-0で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は契約上の問題で招集メンバー外となった。   前々節にニューカッスル相手に痛恨のドローとなった7位のリバプール(勝ち点54)は、2日に開催予定だったマンチェスター・ユナイテッド戦が対戦相手のサポーターによるスタジアムでの過激な抗議活動の影響で試合当日に延期となるアクシデントに見舞われた。   その影響により2週間ぶりの試合となった今節は15位のサウサンプトン(勝ち点37)を相手に公式戦4試合ぶりの白星を狙った。ニューカッスル戦からは先発2人を変更。負傷のオザン・カバクに代えてリース・ウィリアムズ、フィルミノに代えてフィリップスを起用。ファビーニョをアンカーに戻し、前線は右からサラー、ジョタ、マネの3トップとなった。   休養十分のホームチームは勝ち切れない直近数試合の反省を生かして立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。ボール支配に加え、守備時も高い位置からプレッシャーをかけて攻守の主導権を掴むと、アレクサンダー=アーノルドのロングフィードに反応した10分のマネの決定機を皮切りに、サラー、ジョタがGKフォースターにファインセーブを強いる。さらに、28分にはアレクサンダー=アーノルドの右CKをワイナルドゥムが頭で合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。   ゴール前あと一押しという状況が続くリバプールだが、30分には一転して大ピンチを迎える。DFフィリップスがテラに背後を取られて決定的なカウンターシーンに持ち込まれると、テラの折り返しに反応したボックス中央フリーのチェ・アダムスにシュートを許すが、ここはGKアリソンが見事な飛び出しでシュートコースを消してブロック。さらに、こぼれ球を回収したレドモンドのシュートも素早くポジションを取り直した守護神がきっちり防いだ。   すると、守護神の連続ビッグセーブに触発された攻撃陣が直後にゴールをこじ開ける。31分、相手ボックス手前でルーズボールを回収したファビーニョがボックス右角のサラーに繋ぐと、サラーからファーに走り込んだマネに絶妙な浮き球のクロスが供給される。そして、セネガル代表FWが古巣のゴールへヘディングで流し込んだ。   先制に成功したリバプールは以降も攻撃の手を緩めずに積極的に追加点を狙うが、サラーの決定的なシュートが相手DFのブロックに遭うなど前半の内に2点目を奪うまでには至らず。それでも、レドモンドやテラの決定機を危なげなく凌ぎ切り、1点リードで試合を折り返した。   互いに選手交代なしで臨んだ後半も先にゴールに迫ったのはリバプール。49分、ロバートソンからパスを受けたボックス左のジョタが角度のないところから左足のシュートを放つが、これはニアを消していたGKフォースターの好守に遭う。   以降はなかなか決定機まで持ち込めないものの、集中した守備でリードを維持するリバプール。だが、66分にサウサンプトンのオバフェミ、ディアロの同時投入という交代策によって徐々に劣勢を強いられる。   盛んに背後を狙うオバフェミにスピード不足のセンターバックコンビが幾度か入れ替わられる場面を作られる中、GKアリソンが見事な飛び出しや決定的なシュートストップでピンチを救った。   その後も2点目が遠い中で逃げ切りを意識し始めたクロップ監督は79分にジョタを下げてフィルミノ、87分にサラーを下げてオックスレイド=チェンバレンをピッチへ送り出す。すると、この逃げ切り策が結果的に試合を決める追加点をもたらした。90分、相手陣内左サイドでマネとの連携でボールを奪い切ったフィルミノからボックス手前でパスを受けたチアゴがペナルティアーク付近まで切り込んで丁寧な右足のコントロールシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   そして、途中投入フィルミノのお膳立てからチアゴに待望の加入後初ゴールが生まれたリバプールはこのまま試合をクローズ。守護神アリソンに救われる場面は多かったものの、きっちり格下相手に勝ち切って公式戦4戦ぶりの白星を挙げてトップ4争いに何とか踏みとどまった。 2021.05.09 06:13 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組対決に敗れたウエスカは降格圏を脱出できず…岡崎は2試合ぶりの途中出場《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは8日、ラ・リーガ第35節でカディスと対戦し1-2で敗戦した。岡崎は85分から出場している。 前節のソシエダ戦で4試合ぶりの白星を飾った18位ウエスカ(勝ち点30)が、12位カディス(勝ち点40)のホームに乗り込んだ一戦。ウエスカの岡崎は4試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、カディスが28分にゴールに迫る。アカポの左クロスがDFに当たり中央へ流れると、これをボックス中央で拾ったアレホが落とすと、イサ・カルセレンがボックス外からダイレクトで狙ったが、シュートは枠の左に外れた。 一方のウエスカは、ポゼッションでこそカディスを上回ったが、決定機を作るには至らずに時間が経過。するとカディスは、43分にセットプレーからスコアを動かす。右CKをニアサイドでロサーノがフリックすると、最後はファーサイドに走りこんだマウロが頭でゴールに流し込んだ。 先制を許したウエスカだったが、前半アディショナルタイム1分に敵陣左サイドでラファ・ミルがパスを受けると、相手GKの位置を確認しロングシュート。GKレデスマも必死に戻ったがわずかに届かず、シュートはそのままゴールネットに突き刺さった。 このまま前半終了かと思われたが、その1分後にカディスが勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファリのロングフィードでボックス中央左に抜け出したマルバシッチが飛び出したGKを引きつけラストパス。これをロサーノがゴールに流し込み、カディスが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、1点ビハンドのウエスカはモスケラとヴァヴロを下げてセルヒオ・ゴメスとペドロ・ロペスを投入。さらに59分には、マフェオを下げてエスクリチェをピッチに送り出した。 すると64分、ガランのロングスローからボックス中央左のサンドロ・ラミレスがオーバーヘッドシュートを狙うもこれはミス。さらにこのこぼれ球を拾ったシオバスのシュートは右ポストに嫌われた。 その後も膠着状態が続く中、ウエスカは85分にガストン・シルバを下げて岡崎を投入。89分には中盤からのロングフィードをボックス手前の23が頭で繋ぐと、ボックス中央右の岡崎がハーフボレーで狙ったが、ミードがズレた力のないシュートはGKにキャッチされた。 結局、ウエスカは最後までゴールをこじ開けることはできず。カディスとの昇格組対決に敗れたウエスカは、降格圏を脱出することができなかった。 2021.05.09 03:33 Sun
twitterfacebook
thumb

11年ぶりスクデットのインテル、吉田が後半から出場のサンプに5発圧勝《セリエA》

セリエA第35節、インテルvsサンプドリアが8日に行われ、5-1でインテルが圧勝した。サンプドリアのDF吉田麻也は後半から出場している。 2位アタランタが引き分けたことで前節11年ぶりの優勝を決めたインテルは、ルカクやバレッラ、デ・フライら主力をベンチスタートとした。 一方、前節ローマ戦を制した9位サンプドリア(勝ち点45)は前節出場機会のなかった吉田が引き続きベンチスタートとなった。 試合は開始4分、インテルがあっさり先制する。中盤でのボール奪取からカウンターに転じると、ラウタロのパスをボックス左で受けたヤングがダイレクトで中に入れ、ゴール前に飛び込んだガリアルディーニがスライディングシュートで流し込んだ。 続く14分にはハキミが長い距離を持ち上がって左足のコントロールシュートで追加点に迫ったインテルが主導権を握る中、26分に加点した。 ガリアルディーニが中央を持ち上がった好プレーを起点に、最後はボックス右のサンチェスが確実にシュートを流し込んだ。 その後もインテルが主導権を握っていたが、35分にサンプドリアが1点を返す。左サイドからのヤンクトのクロスをファーサイドのカンドレーバがボレーで押し込んだ。 それでも1分後、インテルが突き放す。ハキミの右クロスをサンチェスがボレーで合わせた。 迎えた後半、吉田を投入したサンプドリアに対し、インテルは61分に4点目。バレッラのパスを受けたピナモンティがインテルでのトップチーム初ゴールを挙げた。 さらに68分、バレッラのシュートがボックス内のアドリエン・シウバのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをラウタロが決めてインテルが5-1とした。 終盤にかけてもインテルが試合をコントロールしてタイムアップ。優勝に華を添える大勝を飾っている。 2021.05.09 02:55 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメンがレバークーゼンとドローで連敗をストップ!《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは8日、ブンデスリーガ第32節でレバークーゼンと対戦し0-0の引き分けに終わった。大迫は57分からプレーしている。 リーグ戦7連敗中の15位ブレーメン(勝ち点30)が、来季の欧州カップ戦の出場を狙う6位レバークーゼン(勝ち点50)をホームに迎えた一戦。 4月30日に行われたDFBポカール準決勝でライプツィヒ戦に敗れたブレーメンは、その試合からスタメンを1人変更。大迫は公式戦4試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、レバークーゼンは10分にスルーパスで右サイドを抜け出したシックがボックス右から侵入すると、折り返しをボックス左から侵入したベイリーがシュート。しかし、これは相手DFの体を投げ出したブロックに阻まれた。 対するブレーメンは26分、左サイドを抜け出したアウグスティンションのクロスからゴール前のフュルクルクがヘディングシュートで合わせたが、これは枠に上に外してしまった。 膠着状態が続く中、レバークーゼンが先にゴールネットを揺らす。35分、シックとのワンツーでボックス右から侵入したベララビの折り返しをゴール前のヴィルツが流し込んだが、これはヴィルツのオフサイドを取られノーゴールとなった。 レバークーゼンは43分にもボックス左から侵入したベイリーのラストパスからシックがチャンスを迎えたが、シュートはゴール左に逸れ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはブレーメン。51分、中盤でボールを奪ったM・エッゲシュタインのパスをフュルクルクがワンタッチでDFの裏につけると、抜け出したゼルケがボックス右からシュートを放ったが、ゼルケが裏へ抜け出した場面でオフサイドを取られた。 そのブレーメンは、57分にフュルクルクとビッテンコートを下げて大迫とラシツァを投入。すると73分、右サイド深くまで切り込んだラシツァのクロスを供給すると、中央右でスルーした大迫の裏に走りこんだサージェントに決定機が生まれたが、わずかにタイミングがズレてシュートは打てなかった。 やや劣勢の時間が続いたレバークーゼンだが、81分にチャンスを迎える。ドラゴビッチのパスをボックス手前の味方がヒールで流すと、抜け出したヴェンデウがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKパブレンカのセーブに防がれた。 終了間際に退場者を出したブレーメンは、そのままゴールレスでタイムアップ。レバークーゼンを相手に勝ち点1を獲得したブレーメンが、リーグ戦の連敗を「7」で止めた。 2021.05.09 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤が後半から出場のウニオン、ブレカロにハットを許してヴォルフスブルクに完敗《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第32節、ヴォルフスブルクvsウニオン・ベルリンが8日に行われ、3-0でヴォルフスブルクが快勝した。ウニオンのMF遠藤渓太は後半から出場している。 前節ドルトムント戦を落とした3位ヴォルフスブルク(勝ち点57)は、5位ドルトムントに2ポイント差に詰め寄られた中、ベストメンバーで臨んだ。 一方、前節ブレーメンに快勝し、ヨーロッパリーグ出場権を争う8位ウニオン(勝ち点46)は完全移籍が発表された遠藤がベンチスタートとなった。 立ち上がりからヴォルフスブルクがボールを持つ流れとなると、12分に先制する。右サイドのバクの折り返しをペナルティアーク中央のブレカロがダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 その後もヴォルフスブルクがポゼッションする流れが続くと、26分に決定機。左クロスをボックス中央で受けたフィリップが胸トラップからボレーで狙うも、シュートはGKの正面を突いた。 迎えた後半、遠藤を左サイドに投入したウニオンが前がかる中、56分に決定機。左サイドからカットインしたポヒャンパロが右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 しかし63分、バクのパスを受けたブレカロがボックス中央からシュートをねじ込んでヴォルフスブルクがリードを広げる。 そして90分にもハットトリックとなるブレカロにゴールが生まれたヴォルフスブルクが完勝で3位を堅守した。 2021.05.09 00:42 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly