サッカーの母国イングランドで初の女性主審が誕生!「プロフェッショナルのパフォーマンス」

2021.04.07 05:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドのプロサッカーリーグであるイングリッシュ・フットボールリーグ (EFL)で初めて女性の主審が試合を裁いた。イギリス『ガーディアン』が伝えている。イギリス人主審のレベッカ・ウェルチさん(37)は、5日に行われたフットボール・リーグ2(イングランド4部)のハロゲート・タウンvsポート・ベイルを担当。EFLで男子の試合を担当した初の女性審判となった。


『ガーディアン』によれば、2010年に一度、エイミー・ファーンさんがケガした主審の代役として途中から試合を担当したことはあったものの、90分間主審を務めたのはウェルチさんが初ということだ。

試合後、ハロゲート・タウンのサイモン・ウィーバー監督はウェルチさんのジャッジを評価している。

「とても良かった。重要な判定が試合全体を通して行われ、それらは正しい判定だった。徹底してプロフェッショナルのパフォーマンスだった」

近年、ブンデスリーガやリーグ・アンなどで続々と初の女性主審が誕生。2020年にはチャンピオンズリーグ(CL)の舞台でもフランス人主審のステファニー・フラパールさんが初めて主審を担当していたが、サッカーの母国イングランドでも新たな歴史が刻まれた。

1 2
関連ニュース
thumb

味方への頭突きで退場FW、指揮官が今後の試合に出さない可能性を示唆

試合中に味方への頭突きで退場した選手について、指揮官が言及した。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 リーグ2(イングランド4部)のグリムズビー・タウンは10日、第41節でブラッドフォード・シティとアウェイで対戦した。 降格圏に沈むグリムズビーは、勝ち点を得たいところだったが、前半終了間際の42分に先制を許してしまう。すると、前半終了後、MFフィリペ・モライスがチームメイトのFWステファン・ペインに詰め寄り、物凄い剣幕でまくし立てる。最初は聞き流していたペインだったが、足の止めると、頭突きをお見舞いした。 2人は周囲のチームメイトに引き離されたが、頭突きを見舞ったペインにはレッドカードが提示されると、グリムズビーは数的不利で後半45分を戦うことを余儀なくされ、そのまま1-0で敗れた。 グリムズビーのポール・ハースト監督は、チームを苦境に追い込んだ2人を強く非難した。 「擁護できないものだ。2人の選手はクラブを失望させた。彼らはチームメイトを失望させ、ファンを失望させた。試合に関しては、彼らがそれを必要以上に難しくした」 「私はチームの利益のために次に何をすべきかに集中する必要がある。クラブは行動を起こす。それは非公開だが、うやむやにされることはない」 「ペインは3試合の出場停止になるが、シーズンが終わるまでに彼が再びプレーするかどうか、決める前にすべきことを考えている」 敗れたグリムズビーは、リーグ最下位に転落。残留圏内までは7ポイント差となってしまっただけに、ペインの愚行には指揮官も怒り心頭だった。 ※写真はトランメア・ローバーズ時代 <span class="paragraph-title">【動画】最初は聞き流していたが、キレて頭突きをお見舞い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Grimsby’s Stefan Payne sent off for this with teammate Filipe Morais <a href="https://t.co/BPf2Stv8Mi">pic.twitter.com/BPf2Stv8Mi</a></p>&mdash; James Dart (@James_Dart) <a href="https://twitter.com/James_Dart/status/1380899846232629250?ref_src=twsrc%5Etfw">April 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.14 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

C・パレス、若手SBミッチェルと契約延長!

クリスタル・パレスは13日、イングランド人DFタイリック・ミッチェル(21)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ブレントフォードのアカデミー出身のミッチェルは、2016年にパレスのユースに加入。U-18チーム、U-23チームでの活躍を経て2019年からトップチーム昇格を果たすと、昨年7月に行われたプレミアリーグのレスター・シティ戦で待望のプレミアリーグデビューを飾った。 高い身体能力を特長とする左サイドバックは今シーズンここまで公式戦16試合に出場している。 2021.04.14 00:26 Wed
twitterfacebook
thumb

SNSで選手に人種差別メッセージを送った49歳男性が起訴、WBAのMFが被害に

選手に対してオンライン上で人種差別的な虐待を行ったとして、49歳の男性が起訴されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 事件は今年1月、WBAのセントクリストファー・ネービス代表MFロメイン・ソウヤーズに対してソーシャルメディアを使って不快なメッセージが送られて発生した。 1月26日、プレミアリーグ第20節のマンチェスター・シティ戦でWBAは0-5と大敗。その際にメッセージが送られたとのこと。人種差別的な内容のメッセージが送られていた。 ウェストミッドランズ警察は、49歳のサイモン・シルウッド氏を逮捕。29日にダドリー治安判事裁判所に出頭するように起訴されていた。 ソウヤーズはWBAの下部組織出身で、ポート・ベイルやシュルーズベリー・タウン、ウォルソールへのレンタル移籍を経験。2013年7月にウォルソールへと完全移籍すると、2016年7月にはブレントフォードへ完全移籍。2019年7月にWBAへ復帰していた。 今シーズンはプレミアリーグで19試合、FAカップ、EFLカップで1試合ずつに出場していた。 2021.04.13 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

チーム支える働きのファビーニョを称賛するチアゴ「最高の形で自分の役割を果たしている」

リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、チームメイトであるブラジル代表MFファビーニョを称賛した。『ESPN』が伝えている。 2018年夏にモナコからリバプールに加入したファビーニョは、ここまで公式戦114試合出場3ゴール7アシストを記録。その影響力の高さを受け、ペップ・リンダースアシスタントコーチからは「リバプールの灯台」と呼ばれるなど、絶大な信頼を得ている。 また、今季はDFヴィルヒル・ファン・ダイクやDFジョー・ゴメスが長期離脱となったことから、ファビーニョはセンターバックとしても多くの試合でプレー。本職ではないにもかかわらず安定したパフォーマンスを発揮し、チームを大いに助けている。 『ESPN』のインタビューに応じたチアゴも、ファビーニョを絶賛。与えられた役割を完璧にこなすブラジル代表MFを称えている。 「ファビオ(ファビーニョ)は彼の長所である守備の能力を生かして、ディフェンダーとしても頼りになる存在だね。彼は守備的MFとしてプレーしていたときから、すでに今のようなプレーをしていた。そして屈指の選手がいなくなったことで中盤は弱点を抱えていたが、今は彼が戻ったおかげで一貫性を示せている」 「そして、彼はより多くのプレーを自由自在にできるようになった。僕たちは皆、与えられた役割をこなすことができると思っているけど、ファビオは最高の形で自分の役割を果たしている」 また、チアゴはリバプールの持つ力についても言及。チームが持つ反発力を武器に、これから勝利を重ねていきたいと意気込んだ。 「このチーム最大の特徴についてはプレーする前から話していたけど、かつて経験したものを毎年克服してきたことだと思う。この克服により進化したおかげで、より多くのタイトルを獲得できた。今年も同じようにしたい」 「ファンがスタジアムにいないなか、チームはタイトルを獲得するためより一層の努力をする必要がある。それでも、チームはゴールを決めて勝ち続けたいと思っているんだ。このハングリー精神を保ったまま、継続していきたい」 2021.04.13 17:22 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールで掴んだ手応えを語るフィリップス「自分自身への期待が高まっている」

リバプールのイングランド人DFナサニエル・フィリップスが、リーグ連勝を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズン開幕前は放出候補に挙げられていたフィリップスだが、リバプールのセンターバックに負傷者が相次いだこともあり、出場機会が増加。ここまで公式戦14試合に出場すると、3月にはファンの選ぶ月間最優秀選手賞に選出されるなど周囲からの評価も高まっている。 10日に行われたプレミアリーグ第31節のアストン・ビラ戦でも先発フル出場を果たし、ホーム9試合ぶりの勝利に貢献したフィリップスは、クラブ公式サイトのインタビューで喜びを語った。 「僕らはトライを続け、必ずチャンスはやってくると信じて最後までやり遂げる必要があった。同時に後ろではしっかりとした体勢を保ち、隙を作らないようにする必要があったが、それができていたね。僕らはひたすらプッシュし続け、信念を貫いた。今日は本当に良いチームの雰囲気があり、それが試合の醍醐味になったと思う」 「僕たちは後れをとってから好転させるのに苦労した。でも、最終的に成し遂げたことを知り、ピッチを後にしたときは良い気分だったよ。たくさんの個性、たくさんのハードワークがあり、お互いに協力し合うことが必要だったがそれをやり遂げた。とても嬉しく思っている」 「順位を気にしないようにするのは難しい。でも、最終的には試合に勝てなければそんなことはどうでもよくなる。今日は上にいるチームにプレッシャーをかけることが目標だった。何が起こるかは分からないけど、最終的には自分たちが勝つことに集中しなければならない。そうすれば、良いチャンスが生まれると思う」 また、フィリップスは試合に出場し続けている現在の状況に言及。徐々に自信が芽生えていると語り、これを続けていきたいと意気込んだ。 「試合を重ねるごとに安心感が増し、自分自身に少しずつ期待が持てるようになってきた。とても誇りに思っている。これから行われるすべての試合で、自分自身への期待が高まっているよ。今日の失点については不満を感じているが、試合に勝ち、物事をタイトに保てたことは嬉しいね」 2021.04.13 13:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly