「これぞ真のサポーターだ!」優勝会見で監督が熱唱「バモス!レアル・ソシエダ!!」

2021.04.05 19:54 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダを率いるイマノル・アルグアシル監督が熱狂的なクラブ愛を見せた。ソシエダは3日、コパ・デル・レイ2019-20決勝戦でアスレティック・ビルバオと対戦し、0-1で勝利。33年ぶり3度目の優勝を飾った。

新型コロナウイルスの影響により約1年間の延期を経て、実現した伝統の“バスク・ダービー”による決勝戦を制したソシエダ。アルグアシル監督にとっては幼少期からの憧れのクラブをタイトルに導いた。


アルグアシル監督は試合後の記者会見中、「監督モード」から「サポーターモード」に移ることを宣言すると、羽織っていたジャケットを脱ぎ、スタッフから手渡されたユニフォームに身を包む。そしてクラブタオルを手にしながら、「レアル(・ソシエダ)に関係するすべての人々に捧げる。行け!レアル!頑張れ!レアル!行くぞ!」と全力で叫んだ。

このシーンがスペインサッカー連盟(RFEF)のツイッターで公開されると、普段は温厚なアルグアシル監督の絶叫姿が大きな反響を呼び、「これぞ真のサポーターだ!」「これこそがフットボール」「熱い」とその情熱に感激する声が多く寄せられた。

ソシエダの下部組織出身のアルグアシル監督は1990年にファーストチームに昇格すると、DFとして公式戦128試合に出場。現役引退後はソシエダのスタッフとして凱旋し、2018-19シーズン途中からファーストチームの指揮官を務めている。

アルグアシル監督にとっては現役時代と合わせて愛するクラブでの初タイトル。それだけに喜びを抑えきれなかったようだ。

1 2
関連ニュース
thumb

バルセロナがブスケッツのバックアップ探しに着手! 国内外の若手3選手に興味

バルセロナがスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(32)のバックアップ探しに着手しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 今年7月に33歳となるブスケッツは、今シーズンここまで公式戦46試合に出場。シーズン序盤こそロナルド・クーマン監督の下で試行錯誤の戦いの中、ドブレピボーテの一角でやや苦しんだものの、中盤以降は本職のアンカーのポジションで本来の輝きを取り戻している。 とはいえ、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの振るわないパフォーマンスもあってフル稼働が続いており、クラブとしてはバックアッパーの確保が急務となっている。 そういった中、地元紙『ムンド・デポルティボ』が伝えるところによれば、クラブはスタッド・レンヌのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(18)、サッスオーロのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)、レアル・ソシエダのスペイン代表MFミケル・メリノ(24)の若手3選手の獲得に関心を示しているようだ。 ポール・ポグバとエンゴロ・カンテのハイブリッドとも評されるカマヴィンガは、長らくレアル・マドリーのターゲットとして名前が挙がった逸材で、ここ最近ではバイエルンからの関心も噂される超逸材だ。 一方、イタリア代表で新世代のレジスタとして注目を集めるロカテッリに関しては、以前からバルセロナが定期的にチェックしていたタレントで多くの競合クラブはあるものの、選手本人は今夏のステップアップを示唆している。 また、ラ・リーガとスペイン代表で実績十分のメリノは、最も適応が期待される存在だが、3選手の中で最も長い2025年までの契約がソシエダとの間で結ばれており、6000万ユーロ(約79億円)という契約解除金も含めてタフな交渉が必要となる。 2021.05.06 23:58 Thu
twitterfacebook
thumb

サンドロ・ラミレスのFK弾でウエスカがソシエダから金星! 岡崎は3試合ぶりの欠場《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは1日、ラ・リーガ第34節でレアル・ソシエダと対戦し1-0で勝利した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 3連敗中の19位ウエスカ(勝ち点27)が、来季のヨーロッパリーグ出場権の獲得を狙う5位ソシエダ(勝ち点53)をホームに迎えた一戦。岡崎は2試合連続のベンチスタートとなった。 試合は開始30秒でソシエダに決定機が生まれる。ボックス左でパスを受けたポルトゥのクロスを走りこんだゲバラがダイレクトボレーで合わせたが、これはGKアルバロ・フェルナンデスのセーブに防がれた。 対するウエスカは19分、右サイドを突破したフェレイロがボックス右まで持ち上がりシュート。しかし、このシュートはル・ノルマンのスライディングブロックに当たりゴール左に逸れた。 ウエスカは39分にも、セオアネのスルーパスで抜け出したラファ・ミルがボックス手前から右足を振りぬいたが、シュートはGKレミロが右手一本ではじき出した。さらに、この流れで得た左CKからニアサイドのシオバスがヘディングシュートを放ったが、これも枠の上に外れ、ゴールレスで試合を折り返すことになった。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ソシエダは58分にバレネチェア、65分にシルバとサルドゥアを投入。対するウエスカは、68分にセルヒオ・ゴメス、75分にペドロ・ロペスとモスケラをピッチに送り出した。 その後も互いに決定機のないまま試合は終盤へ。するとウエスカは87分、セルヒオ・ゴメスの左クロスがサルドゥアのハンドを誘いボックス左横でFKを獲得。このFKからサンドロ・ラミレスが直接ゴールを狙うと、エルストンドの頭をかすめたボールがゴールネットに突き刺さった。 結局、このゴールが決勝点となり、ウエスカが1-0で勝利。4試合ぶりの白星を飾ったウエスカは、逆転残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2021.05.02 03:29 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤が7試合ぶりの復帰もエイバルは泥沼の5連敗…《ラ・リーガ》

エイバルは26日、ラ・リーガ第32節でレアル・ソシエダと対戦し0-1で敗戦した。エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場せず、FW武藤嘉紀は68分からプレーした。 4連敗中で再開に沈むエイバル(勝ち点23)が、5位ソシエダ(勝ち点50)をホームに迎えた一戦。エイバルの乾は4試合連続のベンチスタート、ケガから復帰の武藤は7試合ぶりにベンチ入りしている。 試合が動いたのは26分、左CKをボックス中央のル・ノルマンが頭で合わせると、最後はゴール前でフリーのイサクが左足で流し込み、ソシエダが先制した。 反撃に出たいエイバルだったが、再びチャンスを迎えたのはソシエダ。29分、オヤルサバルのサイドチェンジを左サイドで受けたバレネチェアが早いタイミングでクロスを供給。これをボックス内で収めたイサクが決定機を迎えたが、シュートはGKドミトロビッチがセーブした。 1点のビハインドで後半を迎えたエイバルは、ペドロ・レオンを下げてエスポジトを投入。さらに68分にはパペ・ディオプには武藤をピッチに送り出した。 すると77分、エイバルはブライアン・ヒルのパスでボックス左深くまで抜け出した10がシュート。さらに相手GKの弾いたボールを武藤が詰めると、DFに当たったこぼれ球をブライアン・ヒルが狙ったが、これも相手DFにブロックされた。 後半だけで10本以上のシュートを放つ猛攻を見せたエイバルだったが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、0-1で敗戦した。残留圏内の17位エルチェとの勝ち点差を縮めることはできなかった。 2021.04.27 07:10 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャがラ・レアルに逆転勝利で3連勝! 上位3チームにプレッシャー!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第33節、レアル・ソシエダvsセビージャが18日にアノエタで行われ、アウェイのセビージャが1-2で逆転勝利した。 5位のレアル・ソシエダ(勝ち点47)と、4位のセビージャ(勝ち点61)が激突した上位対決。 直近4勝1分けで優勝争いに絡む勢いを見せるセビージャは4-3で打ち勝った直近のセルタ戦からラキティッチに代えてパプ・ゴメスを起用した以外同じメンバーを継続した。 試合は開始早々に動く。5分、右サイドを攻め上がったエルストンドのクロスがDFに当たってコースが変わりボックス中央に流れると、これをカルロス・フェルナンデスがワントラップから左足のシュートでゴール左隅に流し込み、移籍後初ゴールを古巣相手に決めた。 先にリードを奪われたものの、慌てないセビージャは直後の11分にエン=ネシリがゴール前で続けて惜しいヘディングシュートを放つなど、すぐさま反撃に打って出る。 すると、22分には右サイドで高い位置を取ったヘスス・ナバスからのクロスをニアに飛び込んだファルナンドがヘディングでフリック。これがDFに当たって自身の足元に戻ってくると、冷静にゴールネットへ流し込んで早い時間帯の同点ゴールとした。 さらに、畳みかけるアウェイチームは同点から2分後にオカンポスがボックス手前から放ったシュートが左ポストを叩くと、このこぼれ球に反応したエン=ネシリが冷静に押し込んで瞬く間に逆転まで持って行った。 これで完全に流れを引き寄せたセビージャは以降も攻守両面で相手を上回り、オカンポスを起点とした鋭い攻めから幾度も相手ゴールに迫っていく。36分にはセットプレーの流れからクンデ、フェルナンドがGKレミロに好守を強いると、39分にも右CKからフェルナンドの頭でのフリックに反応したゴール左のエン=ネシリが頭で押し込みにかかるが、これは惜しくも左ポストを叩きドブレーテ達成とはならず。 それでも、フェルナンドの2試合連続ゴールと主砲エン=ネシリの今季16点目によって1点リードで試合を折り返したセビージャは、後半の立ち上がりこそ相手に押し込まれる入りとなったが、先に決定機を作り出す。 57分、最後尾のジエゴ・カルロスからのフィードに対して相手DFが完全に被ったことでエン=ネシリがフリーでボックス付近まで運んでやや遠目の位置から左足でニアを狙ったシュートを放つが、これを枠の左に外してしまい、絶好機を逸した。 その後は流れの中では攻め手がないものの、セットプレーから幾度かチャンスを作りかけるホームチームの時間帯が続くも、セビージャも持ち味の堅守で簡単にゴールを割らせない。 その後、互いに積極的に交代カードを切っていく中で球際のバトルが強調される白熱の攻防が繰り広げられていく。だが、セビージャは前半のリードを最後まで守り抜き試合をクローズ。 この結果、難敵ラ・レアルに敵地で競り勝ったセビージャが3連勝を飾り、上位3チームにプレッシャーをかけることに成功した。 2021.04.18 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

5年以上疑われ続けたシャビ・アロンソ、レアル時代の脱税容疑に対して無罪判決降る

レアル・ソシエダBで監督を務めているシャビ・アロンソ氏だが、再び脱税疑惑での無罪が決定した。スペイン『エル・ムンド』が報じた。 シャビ・アロンソは、レアル・マドリーに所属していた2010年から2012年の間に自身の肖像権に関する脱税が2015年ごろから疑われていた。しかし、税務署の調査が入る中でもシャビ・アロンソはこの件に関して完全に否定。そのようなことはないと主張を続けていた。 この脱税疑惑はその後も疑われ続け、2018年3月にはスペイン検察によって懲役5年及び罰金5億円が求刑された。 しかし、8日、マドリッドの地方裁判所はシャビ・アロンソの脱税疑惑に対して無罪判決を出し、彼の税務顧問であるイバン・ザルドゥア氏、およびコンサルタント・シェル・カンパニーのイグナシ・マエストレ・カサノヴァ氏に対しても無罪であるとした。 2015年9月に始まった今回の疑惑。疑われながらも無罪を主張していたが、シャビ・アロンソの主張が正しい事となった。 <span class="paragraph-title">【動画】アトレティコ戦で見せたアロンソの超絶ピンポイントフィード!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTOWlLaVU5bCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 21:46 2021.04.09 21:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly