【セリエA第29節プレビュー】土曜集中開催、代表帰りの冨安と吉田がミラノ勢と対峙

2021.04.03 07:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
代表ウィーク前に行われた前節ではチャンピオンズリーグ出場権を争うローマとナポリによるデルビー・デル・ソーレが行われ、ナポリが快勝する結果となった。そんな中、首位を快走するインテルがコロナクラスターによりサッスオーロ戦が延期となったが、3位ユベントスがホームでベネヴェントに敗れる不覚を取ってスクデット戦線から脱落している。一方で2位ミランはフィオレンティーナに打ち勝ち、インテルに対して暫定6ポイント差とした。残り10試合となって迎える土曜集中開催の第29節は、日本代表帰りのDF冨安がインテルと、DF吉田がミランとそれぞれ対戦する。

まずは土曜ナイトゲーム開催のボローニャvsインテル。11位ボローニャ(勝ち点34)は前節、最下位クロトーネに大苦戦を強いられるも2点のビハインドを跳ね除けて勝利を掴み、2連勝とした。日本代表ではセンターバックとして堅実なプレーを見せた冨安はボローニャでの定位置となっている右サイドバックでの先発が予想されるが、負傷のMFペリシッチに代わって先発予想のMFヤングとのマッチアップで上回ることができるか。

一方、首位インテル(勝ち点65)はコロナクラスターによりサッスオーロ戦が延期となったが、代表ウィークを挟んだことにより守護神のGKハンダノビッチの他、ディフェンスリーダーのデ・フライが陰性となりプレー可能な状態に。結果的にベストメンバーで臨める状態となった中、この良い流れを持続して9連勝となるか。

続いてランチタイムキックオフとなるミランvsサンプドリア。2位ミラン(勝ち点59)は前節、FWイブラヒモビッチが先発復帰した中、フィオレンティーナとの打ち合いを制してインテルに暫定6ポイント差とした。ナポリ戦の敗戦、ヨーロッパリーグからの敗退とずるずる行きかけそうだったところを食い止めた中、復帰を果たしたスウェーデン代表でも別格の存在感を放ったイブラヒモビッチの活躍に引き続き期待したい。

一方、前節トリノ戦で途中出場となった吉田は日本代表では冨安との鉄壁コンビで韓国戦、モンゴル戦と隙のないプレーを見せた。現地では先発復帰予想となっているが、イブラヒモビッチ相手に吉田がどんな対応を見せるかに注目だ。

そして今節はトリノ・ダービーも開催される。前節ベネヴェントに不覚を取ってスクデット戦線から脱落した3位ユベントス(勝ち点55)は10連覇が厳しくなった中、最低限のノルマであるCL出場権確保へシフト変更せざるを得ない状況。DFボヌッチがコロナ陽性で欠場となる中、残留圏ぎりぎりに位置する17位トリノ(勝ち点23)に勝利し、3位死守となるか。

CLから敗退した4位アタランタ(勝ち点55)は前節、ヴェローナに快勝してCL出場圏内の4位を死守した。5位ナポリが迫る中、12位ウディネーゼ(勝ち点33)とのホーム戦となるが、勝利してCL圏キープとなるか。

そのアタランタを2ポイント差で追う5位ナポリ(勝ち点53)は、最下位クロトーネ(勝ち点15)とのホーム戦に臨む。前節ローマに快勝した勢いを持続し、ここ5試合で4勝と好調なチーム状態を維持できるか。

一方、ナポリにシーズンダブルを許した6位ローマ(勝ち点50)は、8位サッスオーロ(勝ち点39)とのアウェイ戦に臨む。良い所なくナポリに敗れた中、バウンスバックとしてCL出場権争いに踏み止まれるか。

そして来週水曜には延期となっていたユベントスvsナポリ、インテルvsサッスオーロがそれぞれ開催される。

◆セリエA第29節
▽4/3(土)
《19:30》
ミランvsサンプドリア
《22:00》
ナポリvsクロトーネ
ラツィオvsスペツィア
ジェノアvsフィオレンティーナ
ベネヴェントvsパルマ
アタランタvsウディネーゼ
カリアリvsヴェローナ
サッスオーロvsローマ
《25:00》
トリノvsユベントス
《27:45》
ボローニャvsインテル

▽4/7(水)
《25:45》
◆セリエA第28節延期分
インテルvsサッスオーロ
◆セリエA第3節延期分
ユベントスvsナポリ


関連ニュース
thumb

「非常に痛かった」MF伊藤洋輝のシュツットガルト移籍に磐田の鈴木秀人強化部長「応援してあげよう」

ジュビロ磐田の鈴木秀人強化部長が、シュツットガルトへの期限付き移籍が決定したMF伊藤洋輝についてコメントした。 磐田は23日、伊藤がブンデスリーガのシュツットガルトへ期限付き移籍することを発表。期間は2022年6月30日までの1年間となる。 伊藤は磐田の下部組織出身で、2017年に2種登録されると、2018年にトップチームに正式昇格。2019年には名古屋グランパスへと期限付き移籍するも、2020シーズンは復帰。明治安田生命J2リーグで37試合に出場し2得点を記録すると、今シーズンもJ2で18試合に出場し2得点を記録していた。 チームは現在自動昇格圏の2位に位置しており、J1復帰に向けて大事な時期を迎える中、3バックの一角としてレギュラーを張る伊藤が退団することとなる。 発表から一夜明け、鈴木強化部長はメディアのオンライン取材に応対。伊藤の移籍については「戦力としては非常に痛かったです」と率直な意見を語りながらも、「本人にとって海外移籍が夢だったということはずっと理解していて、それに見合う活躍もずっとしていたので、その夢を叶わせてあげたいという思いもずっとありました」と語り、予てから海外移籍を希望していた伊藤の夢を実現させたい方が勝ったと語った。 また「こういうタイミングではありますが、ポジティブなオファーが来たので、承認したというのが1つあります」と、シュツットガルトからのオファー内容も良かったと明かした。 さらにこの移籍はクラブのためにもプラスになるとし「洋輝の夢もそうですが、クラブ的に見ても育成出身の選手が海外に移籍することによって、チーム、クラブにとっても非常にメリットがある話なので、昇格争いをしている難しい時期で、難しい決断だったんですが、今回は洋輝のことを応援してあげようということで送り出すことにしました」と、育成出身の選手が海外に羽ばたくということをプラスに考えたと明かした。 戦力ダウンの中でも、大卒ルーキーのDF森岡陸などが成長。その点も大きいと語り、「森岡が思っていたよりも早く戦力になってくれたので、そういった意味でも彼の成長があったからこそ伊藤を送り出すことに前向きになれた部分も大きいです」とコメント。補強については「必要があれば」と、すぐに動くことはないと語った。 2021.06.24 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

無所属の日本代表FW浅野拓磨が12年ぶりブンデス復帰のボーフムに加入決定

ボーフムは23日、日本代表FW浅野拓磨(26)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年契約とのことだ。 浅野は四日市中央工業高校から2013年にサンフレッチェ広島へ入団。2度のJリーグ優勝を経験すると、2016年夏にアーセナルへ移籍し一気にステップアップ。直後からシュツットガルトやハノーファーへのローンで武者修行に励むも、アーセナルでのデビューは果たせないまま、2019年夏にセルビア1部のパルチザン・ベオグラードへ完全移籍した。 2年目を迎えていた今シーズンは、リーグ戦33試合の出場で18ゴール8アシストと大活躍。欧州1部リーグでは日本人最多得点を記録し、8月に行われた第5節のインジヤ戦ではハットトリックを達成していた。 しかし、契約が1年残っていた中、給与未払いやクラブの不誠実な対応からシーズン終盤に契約解除。無所属となっていた。 ボーフムのスポーツ・ディレクターを務めるセバスティアン・シンジーロルツ氏は浅野の加入について「浅野拓磨がボーフムを選んでくれて嬉しく思う」とコメント。「彼は国際経験があり、ブンデスリーガ、ドイツのサッカーを知っている。攻撃で柔軟に起用でき、ゴールの面では危険だ」と攻撃面での期待を寄せた。 また「日本への旅を終えた後、彼に特別な休暇を与えた」とも語り、「7月上旬までチームに合流しないようにしている」と代表活動の後、束の間の休息を与えると語った。 ボーフムは昨シーズンのブンデスリーガ2(ドイツ2部)で優勝。新シーズンはブンデスリーガに昇格し、浅野にとってはハノーファー時代以来のブンデスリーガ挑戦となる。 なお、ボーフムにはかつて小野伸二、乾貴士、田坂祐介が所属し、4人目の日本人に。元北朝鮮代表FW鄭大世(FC町田ゼルビア)も所属していたことがある。 2021.06.23 20:12 Wed
twitterfacebook
thumb

田中亜土夢がヘルシンキと1年契約延長、今季もここまで全試合出場

HJKヘルシンキは、MF田中亜土夢(33)との契約延長を発表した。2022年12月31日までの契約となる。 田中は前橋育英高校から2006年2月にアルビレックス新潟へと入団。2015年2月まで新潟一筋でプレーすると、ヘルシンキへと完全移籍する。 ヘルシンキに3年間在籍すると、2018年1月にセレッソ大阪へと完全移籍。Jリーグに復帰したが、2020年3月に再びヘルシンキへと完全移籍していた。 これまでヘルシンキでは公式戦通算140試合に出場し33ゴール42アシストを記録。今シーズンもここまで全9試合に出場し1アシストを記録していた。 チームのスポーツ・ディレクターであるミイカ・タックラ氏は田中との契約延長を喜んだ。 「アトムが我々とともにいてくれることは素晴らしいことだ。彼は試合の全てでとても高いレベルで基本的なプレーを見せてくれる」 「彼は異なるポジションでプレーし、攻撃的なプレーだけでなく、守備でもクオリティをもたらしてくれる」 「この合意は、次の重要な継続性をもたらせる」 2021.06.23 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

存在感増す日本代表MF守田英正トルコ行きか? ガラタサライがセルビア戦を高評価

日本代表MF守田英正(26)にトルコ行きの可能性が浮上した。トルコ『Fotomac』が報じた。 守田は今年1月に川崎フロンターレからサンタ・クララへと完全移籍。シーズン途中加入ながらポジションを掴むと、プリメイラ・リーガで20試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。 日本代表でも存在感を発揮している守田だが、トルコの名門・ガラタサライが守田の獲得に興味を示しているようだ。 『Fotomac』によるとガラタサライが守田への評価を高めたのは、セルビア代表との国際親善試合だったとのこと。ユーロ2020に出場しないセルビア代表は、キリンチャレンジカップ2021を戦うために来日。ガラタサライは、セルビアの若手が出ることもあり、来日して行われたジャマイカ代表戦と日本代表戦をチェックしていたようだ。 FWネマニャ・ヨビッチやFWミラン・マカリッチ、DFストラヒニャ・パブロビッチらを注目していたとされる中、セルビア戦で効果的なプレーを見せた守田が目を惹いたとのことだ。 守田は2024年6月までサンタ・クララとの契約を残しており移籍金は500万ユーロ(約6億6000万円)とのことだ。 ポルトガル『レコルド』もこの件を報じており「ガラタサライは日本人MF守田に興味を持っている。すでにサンタ・クララの経営陣と選手の代理人に連絡している。日本とセルビアの試合でクオリティに感銘を受けた」と高く評価していることを伝えていた。 過去にはMF稲本潤一(現SC相模原)やDF長友佑都(現マルセイユ)が所属したことでも知られるガラタサライ。3人目の日本人となるだろうか。 2021.06.23 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪出場により新体制下でプレシーズンを戦えないMF久保建英、再びレンタルか

東京オリンピックに臨むU-24日本代表に選出されたMF久保建英(20)だが、去就にも影響が出てきそうだ。 スペイン『アス』は、久保の東京オリンピック出場を報道。7月23日から8月8日まで大会が行われることとなり、新シーズンのチームへの合流が8月中旬以降となる。 久保は、今シーズンはビジャレアルとヘタフェでプレーしたが、一度はレアル・マドリーへと復帰することに。しかし、マドリーはジネディーヌ・ジダン監督が辞任し、新たにカルロ・アンチェロッティ監督が就任。久保としてはゼロからのスタートとなる。 新体制での新シーズンに合流が遅れる久保だが、アンチェロッティ監督としてもプレシーズンで全く起用できないため、久保の動向が決まらないこととなる。 現時点ではマドリーに残るのか、それとも3シーズン連続でレンタル移籍となるのかは未定だが、『アス』はレンタル移籍が最良の答えだとマドリーが考えているとしている。 その理由は他にもあり、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが未だにスペイン国籍を取得できておらず、ファーストチームにEU圏外の枠が余っていないということだ。 しかし、久保はファーストチームでのプレーを望んでいることもあり、その落とし所としては再びレンタル移籍することになるというもの。マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェに続いてどこでプレーするのか。マドリーの決断にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英、レアル・マドリーで見せた輝き</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3WkdSMzg0YyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.22 21:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly