ポルトガル2部でラメラばりのラボーナ弾! クアレスマ2世の異名も?

2021.03.25 14:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル2部リーグの試合で、プスカシュ賞ノミネートレベルの美技ラボーナ弾が生まれた。ラボーナと言えば、今月14日に行われたプレミアリーグ第28節のアーセナルvsトッテナムで、トッテナムMFエリク・ラメラが見せたラボーナによる股抜きゴールが最近話題となったが、それに負けず劣らずの一発を披露したのが、レイションイスに所属する元U-20ポルトガル代表MFジョカだ。


21日に行われたベンフィカBvsレイションイスの55分、ボックス右でパスを受けたジョカは鋭い切り返しで相手のチェックを剥がすと、ここで右足のラボーナが炸裂。意表を突かれたGKの頭上を抜く形でファーサイドに吸い込まれた。
関連ニュース
thumb

元NBAスターのロッドマンの娘が横山久美と交代でプロデビュー、いきなり決めたゴールが衝撃

かつてシカゴ・ブルズなどNBAのスター選手として活躍したバスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘がプロデビューを果たした。 ロッドマン氏の娘であるFWトリニティー・ロッドマン(18)は、アメリカ女子プロサッカーリーグ'(NWSL)のワシントン・スピリッツにドラフト1巡目、全体2位で加入。ワシントン州立大学に入学したものの大学リーグが新型コロナウイルスの影響で中止されたことでプロ転向を決めたこともあり、史上最年少でのドラフト選手となった。 U-20アメリカ女子代表としても活躍するトリニティーは、NBAで活躍した父の遺伝子を受け継いだのか、高い身体能力が評価されている。 そのトリニティー・ロッドマンは、10日に行われたNWSLチャレンジカップ(プレシーズンのカップ戦)のノースカロライナ・カレッジ戦でデビューを果たした。 試合は、なでしこジャパンのFW横山久美のゴールでワシントン・スピリッツが先制。しかし、その後3失点を喫して逆転を許してしまう。 すると55分に横山に代えてトリニティー・ロッドマンが出場した。すると、出場からわずか5分にいきなりゴールを奪う。 ハーフウェイライン付近からのロングフィードを走りながらトラップ。ボックス手前から前に出たGK野分を抜くシュートを沈めた。 しかし、試合はそのまま2-3でノースカロライナ・カレッジが勝利していた。 <span class="paragraph-title">【動画】父親譲りの身体能力!ロッドマン娘がデビュー戦で強烈ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/trinity_rodman?ref_src=twsrc%5Etfw">@trinity_rodman</a> is here, and she is not. messing. around. <a href="https://t.co/OY6i28k3ct">pic.twitter.com/OY6i28k3ct</a></p>&mdash; National Women&#39;s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1380988635319832581?ref_src=twsrc%5Etfw">April 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.14 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

GKの前で5人がジャンプする“かく乱”作戦 監督も「懐疑的だった」と語った斬新FK戦術が成功!

リーグ2(イングランド4部)のオールダム・アスレティックが斬新なフリーキック戦術を見せた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 オールダム・アスレティックは9日、第41節でコルチェスター・ユナイテッドとホームで対戦。 1点リードで迎えた42分に、ペナルティーアーク手前の好位置でFKを獲得すると、相手GKと壁の間に5人の選手を並べた。5人の選手たちは、GKの前でジャンプし続け、GKを妨害する。 ボールの側には、MFカラム・ウィーランとMFアルフィー・マッカルモントが構えるが、5人の選手たちはオフサイドポジションということもあり、コルチェスターの選手たちは彼らのマークにつかず、壁を構成していく。 しかし、ウィーランがシュートモーションに入ると、5人の選手たちは一斉に手前へと走り出し、オンサイドのポジションへ。だが、5人の選手とウィーランはすべて囮で、マッカルモントが右足で直接狙う。 上手く相手GKのタイミングを外したシュートは、ゴール左のポストに跳ね返り、そのままゴールネットへと吸い込まれていった。 マッカルモントのキックが素晴らしく、囮がなくても決まっていたのではないかと思ってしまうゴールだったが、それまでのかく乱で相手の壁が飛ぶタイミングがずれ、GKの反応も遅れているため、効果はあったはずだ。 試合後、オールダムのキース・カール監督は、この斬新なアイデアの持ち主が自分ではないことを明かした。 「私はこの特許を取りたいが、できないんだ。これはポール・バトラー(アシスタント・マネージャー)のものだ」 「彼は国際的なセットプレーのスペシャリストを訪ねた後、(現役時代の)リーズ・ユナイテッドにいるときにやったんだ。彼はそれがうまくいったと言ったので、練習でやってみた。正直に言って、私は懐疑的だったと言わざるを得ないよ」 「特許を取得したいけどしない。それはポール次第さ」 試合は、このゴールで勢いに乗ったオールダムが5-2の大勝を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】特許を取れる?GKを“かく乱”させる斬新FK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Free-kick masterclass! <a href="https://twitter.com/hashtag/oafc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#oafc</a> <a href="https://t.co/7iIrOlNiRx">pic.twitter.com/7iIrOlNiRx</a></p>&mdash; Oldham Athletic (@OfficialOAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialOAFC/status/1380660638373003268?ref_src=twsrc%5Etfw">April 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.14 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

“報復タックル”からの大乱闘勃発…判定に疑問も「イエローカード…?」

先週末に開幕したCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)チャンピオンズリーグだが、デポルティボ・サプリサ(コスタリカ)vsフィラデルフィア・ユニオン(アメリカ)の一戦は初戦から大荒れとなった。 サプリサのホームで行われた試合は、前半にフィラデルフィアが先制すると、75分にフィラデルフィアのDFマシュー・リアルが相手DFリカルド・ブランコへの猛烈なスライディングタックルでイエローカードを受ける。 そのまま試合が終わろうかという試合終了間際の94分には、デポルティボのシュートのこぼれ球が右サイドへ転々とする。これをフィラデルフィアのDFカイ・ワーグナーが拾おうとすると、先ほどリアルからタックルを受けたブランコが、猛烈なダッシュからワーグナー目掛けて全力のスライディングタックルを敢行した。 明らかな報復行為に気づいたフィラデルフィアの選手たちはブランコに詰め寄ると、両軍入り乱れての大乱闘に発展。負傷したワーグナーの周囲で激しい争いが繰り広げられた。 主審はブランコにイエローカードを提示すると、この乱闘で他にも4人の選手にイエローカードを提示。フィラデルフィアの公式ツイッターも「イエローカード…?」と疑問を呈す判定だったが、タックルを受けたワーグナーはそれを知ると、審判のもとに詰め寄り、判定に異議を唱えていた。 このシーンが『ESPN』などアメリカメディアを中心に公開されると、「なぜレッドカードじゃないんだ」「75分のシーンもレッドカードだろ?」「ワーグナーの反応はブレイクダンスみたいだ」など様々な声が寄せられている。 なお、試合はそのまま0-1で終了。2ndレグは14日に行われるが、熱戦必至だ。 <span class="paragraph-title">【動画】“報復タックル”からの大乱闘勃発…!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A wild ending to Saprissa vs Philadelphia in the Concacaf Champions League. <a href="https://t.co/FK26xTlF0w">pic.twitter.com/FK26xTlF0w</a></p>&mdash; FOX Soccer (@FOXSoccer) <a href="https://twitter.com/FOXSoccer/status/1379948356361990145?ref_src=twsrc%5Etfw">April 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.13 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

フォーメーションは「3-2-1」、クラスター発生でコロンビアクラブが7人で試合に臨む珍事「Covid-19には負けません」

コロナ禍で異例の事態が発生した。コロンビア1部のリオネグロ・アギラスでは、新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)が確認され、16人が陽性反応を示した。 さらに7人の負傷者がいたため、リーグに対し試合の延期を求めたが、リーグは受け入れず。リオネグロ・アギラスは「厳しい制裁を回避するため」、試合に参加することを表明した。 Jリーグの場合は試合登録メンバーが13名以下の場合は中止となるが、コロンビアのルールでは7人が登録できれば試合は開催されることとなり、今回の珍事が起こった。 メンバー23名が起用できない中、11日にホームで行われたボヤカ・チコ戦に出場したのは、GK2人を含む7人のみ。GKの1人をフィールドプレーヤーとして起用し、フォーメーションは[3-2-1]で試合に臨んだ。 コロナに負けたくない7人の選手たちは奮闘。57分までを無失点に抑えるが、そこからは立て続けに失点し0-3とされると、78分には負傷者が。交代メンバーがいなかったリオネグロ・アギラスは試合を成立させることができず、80分で強制的に試合終了となった。 試合後、リオネグロ・アギラスの公式ツイッターは、「試合には負けましたが、Covid-19との戦いには負けません。我々はあなたたちをとても誇りに思います」とし、試合に出場した選手たちを労った。 <span class="paragraph-title">【動画】7人vs11人で戦うとこうなる!試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡Así han sido los primeros 45&#39; entre Águilas Doradas y Boyacá Chicó en el Alberto Grisales!<a href="https://twitter.com/hashtag/LALIGAxWIN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LALIGAxWIN</a> <a href="https://t.co/WWEMVlxmaC">pic.twitter.com/WWEMVlxmaC</a></p>&mdash; Win Sports Tv (@WinSportsTV) <a href="https://twitter.com/WinSportsTV/status/1381359586335092736?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.13 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

GKのクリアを直接…“長距離ヘディング弾”に反響集まる「この距離はすごい」

北アイルランド1部のグレントランFCに所属する北アイルランド人MFロリー・ドネリーが珍しいゴールを決めた。 グレントランFCは10日、第30節でダンガノン・スウィフツとホームで対戦。試合開始早々にドネリーが先制ゴールを決めると、1-0と1点リードで迎えた29分に、再びドネリーが魅せる。 グレントランFC陣内からのロングボールに対し、マンチェスター・ユナイテッドにも所属経験のある相手GKロイ・キャロルがボックス外まで飛び出し、頭でクリアする。 そのボールがセンターサークル手前へと飛んでいくと、落下地点に入ったドネリーが、勢いをつけたヘッドで跳ね返す。GKやDFがクリアしようとするも、ドネリーのヘディングシュートはそのまま無人のゴールへと吸い込まれていった。なお、試合はそのままグレントランFCが2-0で勝利している。 その飛距離は35m以上あり、ゴール手前でワンバウンドしているとはいえ、なかなかお目にかかれないゴールは複数の海外メディアでも取り上げてられており、SNSでも「35mのヘディング…」「この距離はすごい」「ロイ・キャロルはまだ現役だったのか」といった驚きの声が溢れている。 このゴールには、グレントランFCの公式ツイッターも反応。「シーズン途中にプスカシュ賞を授与できますか?友達(ドネリー)のためにお願いします…」と綴ると、ドネリー本人もツイッターで「ハンマーヘッドだ」と自賛している。 ※写真はトランメア・ローバーズ時代 <span class="paragraph-title">【動画】GKのクリアを直接…“35m超え”ヘディング弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Rory Donnelly. From range. <br><br>We guarantee you&#39;ve never seen a header like this before ☄️<a href="https://twitter.com/hashtag/WeAreGlentoran?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeAreGlentoran</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYG</a> <a href="https://t.co/UqXT1zXk66">pic.twitter.com/UqXT1zXk66</a></p>&mdash; Glentoran FC (@Glentoran) <a href="https://twitter.com/Glentoran/status/1381186790342721536?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.13 11:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly