ユベントス女子のスウェーデン代表FWが妻の妊娠を発表、2019年8月に結婚

2021.03.18 18:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスの女子チームに所属するスウェーデン代表FWリナ・ハーティグ(25)が、妻の妊娠を発表した。リナ・ハーティグは、スウェーデン出身で、2020年8月にユベントスへと完全移籍した。

スウェーデンでは世代別の女子代表チームでプレー。2014年11月に18歳でA代表初出場。2019年の女子ワールドカップにもスウェーデン女子代表として出場しゴールを決めていた。

そのリナ・ハーティグは、2019年8月にユベントス加入前に所属していたリンシェーピングのチームメイトであったリサ・ランツと結婚。スウェーデンでは、同性婚が認められていた。

その妻であるリサが妊娠していることを発表。所属のユベントスもSNSを通じてこの件を伝えていた。

リナ・ハーティグはクラブを通じてコメント。「彼女は100%サポートしてくれる。私にとっては、プレーする全ての試合で、家のソファで彼女が見てくれて、応援してくれているということが、とても大切なことです」とコメント。妻の大切さを改めて語っていた。


関連ニュース
thumb

今季も苦戦続くユベントス、ダニーロはクラブへの信頼強調「僕たちは正しい道を歩んでいる」

不振を極めるユベントスだが、ブラジル代表DFダニーロはチームへの自信を失っていないと強調した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨シーズンを11年ぶりの無冠で終えたユベントス。復活を期して臨んだ今シーズンもセリエAで2勝4分け1敗と波に乗れず、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージでも連敗スタートを切るなど、不振から抜け出せていない。 2シーズン目を迎えたマッシミリアーノ・アッレグリ監督はもちろん、主将のDFレオナルド・ボヌッチをはじめとする選手や経営陣にも批判の矛先は向けられ、クラブを取り巻く空気は緊迫感を増している。 それでも、ダニーロはクラブの未来を信じているようだ。イタリア『Sport Mediaset』に所属するアンデルシーニョ・マルケス氏の取材に応じたベテランDFは、ユベントスの歩む道は間違っていないと強調。トップクラブに返り咲くポテンシャルは十分にあると、チームのこれからに期待を寄せている。 「チームの調子は悪くないよ。僕たちはお互いに良い影響を与えていて、ピッチ上でそれを示せると思う。もちろん、これから何が起こるかはわからないけど、僕たちは正しい道を歩んでいるんだ」 「僕は今やユベントスでリーダー的な存在になることができている。そんな僕の目標は、このユベントスというクラブをあるべき場所に戻すことだ」 「現時点で、クラブに対して多くの疑念があることは承知しているよ。でも、僕たちにはトップに到達できるための多くのクオリティがあることもわかっている。そうであるなら、明日以降も僕らは黙って仕事をしなければならない」 2022.09.29 16:12 Thu
twitterfacebook
thumb

低迷ユーベ… 数少ない光明ミリクの買い取りを検討、約10億円が必要か

ユベントスがポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(28)の買い取りを検討しているようだ。 ミリクは今夏にマルセイユから買い取りオプション付きの1年レンタルで加入。当初はセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチの控えと目されていたが、継続的にプレー機会を得ており、ここまで公式戦6試合で3得点を記録している。 ユベントス自体は近年まれに見る不振に陥っているものの、そんななかでも数少ない光明として挙げられるミリク。首脳陣らは早くもマルセイユからの完全移籍への移行を議論し始めたという。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ミリクの買い取りに必要となるのは700万ユーロ(約9億8000万円)+アドオン200万ユーロとのこと。財政には決して余裕がないユベントスだが、首脳陣らはミリクに満足しているとされ、買い取りを決断する可能性は高い模様だ。 2022.09.29 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで地位高めるダロト、新契約を期待か…古巣ミランら5クラブの関心ありも

ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(23)はマンチェスター・ユナイテッドとの契約延長が第一希望のようだ。 ミランに出番を求めた時期もあったが、昨季途中からDFアーロン・ワン=ビサカの独壇場だった右サイドバックのポジションを奪ったダロト。エリク・テン・ハグ新政権の今季もその地位を守り、課題だった守備面も成長を感じさせる。 先のポルトガル代表活動でも代表初ゴールを含む2発の活躍を披露したりとキャリアを全体的に大きく前進させるが、ユナイテッドとの現行契約は今季限り。1年延長オプションもあるが、クラブにとっては解決すべき問題の1つといえる。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ダロトには古巣のミランをはじめ、ユベントス、ローマ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの継続的な関心もあるが、ユナイテッドからの新契約を期待しているという。 なお、ユナイテッドは来年1月のマーケットまでにひとまず延長オプションを発動させる見込みとのことだ。 2022.09.29 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

苦戦続くユベントス、来冬にボルシアMGの左SB獲得か

ユベントスがボルシアMGからアルジェリア代表DFラミ・ベンセバイニ(27)の獲得を検討しているようだ。 セリエAで7試合を消化して2勝4分け1敗と低調なスタートを切ったユベントス。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)でも連敗スタートを強いられ、早くもマッシミリアーノ・アッレグリ監督の解任論も熱を帯びるなか、クラブは来冬の補強を模索しているという。 イタリア『トゥットメルカート』によると、ユベントスはここからの巻き返しを図るべく、ボルシアMGで左サイドバックとして活躍するベンセバイニをメインターゲットに。ユベントスにはDFアレックス・サンドロやDFマッティア・デ・シリオがいるが、セリエA第7節のモンツァ戦では右サイドバックが本職のDFダニーロが起用されるなど、アッレグリ監督も人選に頭を悩ませていた。 ユベントスは当初、ベンセバイニとボルシアMGの契約が満了となる2023年夏を待ち、フリーでの獲得を狙っていたとのことだが、少しでも早い戦力強化が必要と判断し、来冬の獲得に方針を変更した模様。ボルシアMGも契約が残り半年となり、ベンセバイニ側が契約交渉に乗り気でない現状からオファー次第で手放しうると報じられるが、果たして。 2022.09.28 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス黄金時代を支えたアレックス・サンドロ、今季終了後に契約満了で退団か

ブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)が今季終了後にユベントスを離れるようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 アレックス・サンドロは今季終了後にユベントスとの契約が満了を迎える。しかし、現在600万ユーロ(約8億3000万円)の年俸を受け取っている同選手とユベントスは契約更新する意思がないとのことだ。 『コリエレ・デッロ・スポルト』によればユベントスは年俸ダウンの新契約を提示する姿勢もないようだ。 ユベントス不動の左サイドバックとして5度のセリエA優勝に貢献した功労者のアレックス・サンドロだが、別れの時が近づいているようだ。 2022.09.26 22:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly