急遽出場の選手がタッチライン際で“結婚指輪”を投げすてる、拾った監督も思わず…

2021.03.03 17:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2月に決勝トーナメントが開幕し、来週にはラウンド16を迎えるヨーロッパリーグ(EL)だが、ELの公式ツイッターが先週のラウンド32で起きたユニークな一幕を伝えている。今回取り上げられたのは、2月25日に行われたELラウンド32・2ndレグのホッフェンハイムvsモルデの一戦でのシーン。

ホームでの1stレグを3-3で終えながら、2ndレグで0-1とリードしたモルデは、有利な展開で迎えた79分、負傷した選手に代わってMFエイリク・ヘスタッドを投入する。


しかし、急な出場となり心の準備ができていなかったのか、タッチラインに立つへスタッドの左手薬指には結婚指輪がはめられたままだった。それを第4審に指摘されたへスタッドは、急いで指輪を外すと、そのまま後ろに投げ捨ててしまった。

指輪は無事にエルリング・モエ監督が拾ってくれたものの、へスタッドの雑な扱いには、監督を含め近くにいたスタッフも苦笑いだった。

その後追加点を奪ったモルデは2戦合計スコア5-3でラウンド16進出を決め、グラナダとの対決に駒を進めている。

勝利に貢献したへスタッドだったが、奥様には謝罪しておいた方がいいかもしれない…。

◆ヘスタッドが躊躇なく“結婚指輪”を投げ捨ててしまう
関連ニュース
thumb

アグエロの交代時の“怪訝な”リアクションに反響「キュートすぎる」

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが交代出場時に見せたリアクションが話題になっている。 シティは4日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでパリ・サンジェルマン(PSG)とホームで対戦。アグエロは2-0と2点リードで迎えた85分に投入される。 MFフィル・フォーデンとの交代となり、いつものようにタッチライン際で待っていたアグエロだが、ここで1つの異変に気がつく。交代を知らせる電光掲示板に映っていた番号が、本来の「10」番ではなく、「9」番になっていたのだ。 シティの「9」番はFWガブリエウ・ジェズスで、すでにピッチに立っている状況だった。すぐに間違いに気づいたアグエロは怪訝な表情で電光掲示板を凝視。少し間を置いた後、第4審に指摘し、今度は正しい「10」番が表示された。 このシーンが『ESPN』のツイッターで公開されると、珍しい瞬間にはファンから「アグエロの表情がキュートすぎる」「リアクションが絶妙」「結構怒っている」などの声が寄せられた。 2011年夏にアトレティコ・マドリーからシティに加入したアグエロは、当初は背番号「16」だったが、2015-16シーズンから「10」に変更している。 <span class="paragraph-title">【動画】アグエロの“キュートな”リアクション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Sergio Aguero was amused when the fourth official got his number wrong (<a href="https://twitter.com/btsportfootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@btsportfootball</a>) <a href="https://t.co/H4Nbo9456D">pic.twitter.com/H4Nbo9456D</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1389698604525395979?ref_src=twsrc%5Etfw">May 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.06 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ハイパフォーマンスのカンテ、愛車のミニ・クーパーにサポーターから手荒い祝福を受ける

チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテがサポーターたちから手荒い祝福を受けた。イギリス『talksport』が伝えている。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦に先発フル出場したカンテは、1stレグに続くハイパフォーマンスでピッチを躍動し続け、9季ぶり3度目の決勝進出に大きな貢献をした。 その活躍はチェルシーのサポーターにも伝わっているようで、スタンフォード・ブリッジから愛車のミニ・クーパーで帰宅する際には、もみくちゃにされながら祝福された。 カンテが愛車を出そうとすると、多くの人々に囲まれ、一部のサポーターはシャンパンファイトを敢行。勝利の美酒を振り撒いた。 運転席から手を挙げてサポーターに反応していたカンテは、去り際にクラクションを連打してサポーターをさらに盛り上げることに。ピッチ内外でサポーターから愛され続けるカンテだが、この試合でさらに信頼を得たはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】カンテの愛車がもみくちゃにされる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Los aficionados del Chelsea se vuelven locos cuando el jugador de la eliminatoria abandona Stamford Bridge<br><br> Impresionante eliminatoria de Kanté<br><br> <a href="https://twitter.com/AlvarodeGrado?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlvarodeGrado</a> <a href="https://t.co/SkY9iHDWsG">pic.twitter.com/SkY9iHDWsG</a></p>&mdash; El Larguero (@ellarguero) <a href="https://twitter.com/ellarguero/status/1390067448557281286?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.06 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバ妻が批判していたヴェルナーに掌返し!「あなたは最高です!」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバの妻、イザベルさんが、夫の同僚であるドイツ代表FWティモ・ヴェルナーへの評価を改めたようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。 昨夏に推定5000万ユーロ(約65億円)の移籍金でRBライプツィヒからチェルシーへ加入したヴェルナー。ドイツではゴールを量産していたものの、イングランドでは一転、ここまで公式戦47試合でわずか12ゴールと、期待していたものとは大きく離れた成績となっている。 もちろん、アシストやPK獲得で貢献もしているが、それ以上に決定的なシーンをしばしば外してしまう姿が印象を悪くしてしまっていた。 そして4月にはイザベルさんが自身のインスタグラムで「これはもはやカルマ(業)ね。私の行く先々でゴールを外し続けるストライカーがいるのよ…。何て名前だっけ? ヴェルナー?」とコメントし、名指しで非難していた。 それでも、5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦に先発出場したヴェルナーは、1つ目の決定機は逸したものの、2つ目をモノに。貴重な先制点を奪い、9年ぶりの決勝進出にしっかりと貢献した。 すると、イザベルさんは再び自身のインスタグラムを更新。「ヴェルナーは素晴らしい。それが私が話したことです。あなたはゴールを決める方法を知っています。あなたは最高です、私の友達です!」と掌を返して、ドイツ人ストライカーをべた褒めした。 ゴールで新たなファンを獲得したヴェルナー。マンチェスター・シティとの決勝でもゴールへの期待が懸かる。 <span class="paragraph-title">【動画】イザベルさんが全力でヴェルナーをべた褒め!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Thiago Silva&#39;s wife <a href="https://twitter.com/bellesilva?ref_src=twsrc%5Etfw">@bellesilva</a> is Werner&#39;s new #1 fan <a href="https://t.co/K1gT9I4tV2">pic.twitter.com/K1gT9I4tV2</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1390058851165261826?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.06 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「理解することができない」レアルMFクロースも…児童ポルノ違反の元ドイツ代表DFへの判決に怒り

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダーに対する判決を批判した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 メッツェルダー氏は、子供などのポルノコンテンツを含む297個の画像ファイルを所持していた上、2019年7月から9月の間に、メッセージアプリ『WhatsApp』を使用して、3人の女性に29個の画像やビデオファイルを送信していた容疑がかけられていた。 この公判が4月29日にデュッセルドルフ裁判所で行われたが、実刑判決はなく、10カ月の保護観察処分となっていた。 一時は検察側が控訴するという話もあったが、すでにこの裁判は終了。10カ月の保護観察処分で刑が確定してしまっていた。 この判決に対しては、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキやケビン・クラニィ、マリオ・ゲッツェ、マックス・クルーゼなどが批判していた。 そんな中、クロースも兄のフェリックス・クロースとともにポッドキャストの『Einfach mal Luppen』でこの件について言及。信じられないと怒りを露わにしていた。 「多くの人が口を揃えて『あんなことをするなんて最低だ』という意見を持っている。ここで言っていい言葉はほとんどない。でも、そんなことがあり得るのかと、そんな判決に腹を立てている」 「彼は執行猶予付きかどうかということに関わらず、どういうわけか自由な身として法廷から出てくる。それは間違っている」 「僕にはそれを理解することができない」 2021.05.05 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

SNSボイコット運動直後にウェールズ代表FWが人種差別被害、しかしアカウントが即刻削除に

先日、オンライン上での人種差別的な虐待に対応するとし、プレミアリーグのクラブや選手らが3日間ソーシャルメディアを使用しないというボイコットが行われた。 ここ数年多くの被害者が出ており、最近ではその勢いが増すオンライン上の誹謗中傷行動。反対運動の一環として、ソーシャルメディアを使わない運動が行われたが、その直後に再び人種差別被害があった。 イギリス『BBC』によると、被害を受けたのはストーク・シティに所属するウェールズ代表FWラビ・マトンド。今年に入り2度目の被害となった。 マトンドはインスタグラムのアカウントで人種差別的な虐待を受けたとのこと。しかし、今回のボイコットも功をそうしたのか、インスタグラムを所有するFacebook社がメッセージを送ったアカウントを即削除したとのことだ。 『BBC』によると、Facebookのスポークスマンは「ラビ・マトンドに送信された不正なメッセージは容認できません。インスタグラムでは望まれないため、送信したアカウントはすぐに削除しました」とのこと。「最近、ダイレクトメッセージのルールに違反する人々に対して、より厳しい措置を講じることを発表しました。今週後半には、見知らぬ人からの虐待的なメッセージを見られないようにするための新しいツールを展開します」と発表した。 また、「この課題を一夜にして解決するものは何もありませんが、コミュニティを虐待から守るためにできる限りのことw実行することをお約束します」と発表している。 2021.05.05 21:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly