バイエルンがオーストリアの若手MFを確保、世代別代表も経験の17歳MFメトゥと4年契約

2021.03.03 12:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは2日、オーストリアのSKNザンクト・ペルテンからU-17オーストリア代表MFエミリアン・メトゥ(17)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までとなり、2021-22シーズンから加入。当面はセカンドチームに所属することとなる。


メトゥは、ザンクト・ペルテンの下部組織で育ち、2020年9月に昇格。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで2試合に出場していた。また、世代別のオーストリア代表も経験している。

191cmの長身で、懐の深さもあり、スケールの大きなプレーをするメトゥは、1月からバイエルンでトライアルを受けていたとのこと。この度その能力が認められ、正式に契約を結ぶこととなった。

メトゥは「僕にとって夢のような出来事だよ。家族全員が長年バイエルンのファンだった。僕はこの偉大なクラブの一員になりたい。ミュンヘンで自分を表現したいよ」と今回の契約にコメントしている。
関連ニュース
thumb

キミッヒの目の前で祝ったネイマールが挑発の意図を否定「それは“運命”」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒを挑発するつもりはなかったと明かした。 ネイマールは13日に行われた、CL準々決勝2ndレグのバイエルン戦に先発出場。決定力を欠いたものの、シュートまでの過程でさすがの存在感を見せつけた。 チームは0-1で敗れたものの、2戦合計スコアは3-3で並び、アウェイゴールの差で上回ったPSGが、昨シーズンのCL決勝の借りを返して準決勝進出を決めた。 タイムアップの笛が鳴り、MFレアンドロ・パレデスと熱い抱擁を交わしたネイマールだったが、偶然にもキミッヒの目の前で抱き合う形に。目の前をふさがれたキミッヒはパレデスを軽く押しのける格好になったが、一部ではネイマールらが挑発の意図を持っていたのではないかという声が挙がっていた。 試合後、ネイマールは『TNT Sports Brasil』のインタビューに応じ、それは“運命”だったと語った。 「彼をいじるつもりでもなく、レオ(パレデスの愛称)と祝おうとしていただけだから、それは面白いね。彼が僕たちの近くにいたのは、“運命”だったんじゃないかな」 「彼は自分たちのチームがより良く、バイエルンが勝つだろうと言った。彼は自分たちが準決勝に行くと確信していた」 映像を見る限り、挑発の意図はなかったように見えるが、前日会見に出席したキミッヒが「次のラウンドに行けると確信しているよ。1stレグでも僕らの方が優れていた」と語っていたこともあり、昨季のリベンジを果たしたことで勝ち抜けを見せつけたかった気持ちはあったのかもしれない。 また、自身のプレーについても「僕はほとんどミスをしていないと思うよ。それにもっとも重要なことは、このラウンドを突破したことであり、それがとても嬉しいね。PSGは素晴らしいチームだ。そして僕がピッチにいる限り、少なくともPSGの準決勝進出は約束されているね!」と語ったネイマール。勝利の余韻に浸ったPSGのエースは饒舌だった。 <span class="paragraph-title">【動画】キミッヒの目の前でネイマールが絶叫!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">PSG go through to the <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> semi-finals and you can see what it means to Neymar and Mbappe! <a href="https://t.co/qK4Qhtj59h">pic.twitter.com/qK4Qhtj59h</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1382075795045294084?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.14 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

CL準々決勝敗退のバイエルン、ミュラーは「大きなプレッシャーを与えられなかった」と悔やむ

バイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、チャンピオンズリーグ(CL)敗退に落胆している。クラブ公式サイトが伝えた。 ミュラーは13日に行われたCL準々決勝2ndレグのパリ・サンジェルマン(PSG)に先発出場。1stレグを2-3で落とし、勝ち抜けのため最低でも2点を奪う必要があったが、負傷離脱中のFWロベルト・レヴァンドフスキの穴を埋めることができないまま、1-0で試合を終えた。 この結果、バイエルンは2戦合計スコアこそ3-3と並んだものの、アウェイゴールの差によりCL準々決勝敗退が決定している。 試合後のインタビューに応じたミュラーは、CL連覇が潰えた結果に失望しているとコメント。1stレグほど圧倒できなかったことを嘆き、今夜のパフォーマンスが十分ではなかったと語った。 「今日の結果は非常に残念だ。僕らは心血を注いだが、あと1ゴール足りなかった。ミュンヘンでの試合とは異なり、序盤は相手のゴールに近づくことができなかったね。最初のチャンスはPSGが握っていた」 「その後、僕らが望んでいた状況となり、先制点を挙げることができた。後半のチームの努力や献身は素晴らしかったと思うが、一方で非常に雑でもあった」 「相手に大きなプレッシャーを与えることができなかった。僕らは危険なプレーを見せられていたと思うが、それはPSGも同様だったと思う。結局、パリの地で勝利したにもかかわらず、敗退してしまったのは非常に残念だよ」 2021.04.14 11:53 Wed
twitterfacebook
thumb

CL連覇の夢潰えたバイエルン、指揮官は「我々の方が優れたチームだった」と嘆き

バイエルンのハンジ・フリック監督が、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝敗退となったことを嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは13日に行われたCL準々決勝2ndレグで、パリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。1stレグを2-3で落とし、ベスト4進出のため最低でも2点を奪う必要のあるバイエルンは、前半終了間際にエリック・マキシム・チュポ=モティングのゴールで先制に成功。しかし、追加点を奪えないまま時間は過ぎ、1-0のまま試合終了となった。 この結果、バイエルンは2戦合計スコアで3-3としたものの、アウェイゴールの差により準々決勝での敗退が決定。昨シーズンCL決勝で戦ったPSGにリベンジを果たされる結果となり、連覇を逃している。 試合後のインタビューに応じたフリック監督も失望を認め、2戦通じてチャンスを活かせなかったことを悔やんだ。 「チームは失望している。そして我々皆が、CLを敗退したことに失望している。我々は2試合とも良い試合ができていたと思う。しかし、2試合どちらでもゴール前の効率が悪かった」 「チームの姿勢やメンタリティについて、私は褒めたいと思う。最終的に両試合を見てみても、PSGより我々の方が優れたチームだった」 「決定的だったのは1stレグだ。PSGのチャンスシーンでの冷酷さが、我々より優れていた。とはいえ、私のチームは2試合とも全力で挑み、戦い、素晴らしいメンタリティを発揮した。このことについては、改めて強調しておきたい」 また、フリック監督はチームがこれからブンデスリーガに集中していくと強調。ここからの立て直しを誓っている。 「明日からは週末のヴォルフスブルク戦に向けて集中しなければならない。我々はここから前に進み、土曜日に再びパフォーマンスを発揮できるようにする必要があるだろう」 2021.04.14 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがボアテング獲得レースを一歩リードか?

トッテナムが元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(32)の獲得レースを一歩リードしているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 先日に10年間を過ごしたバイエルンを今シーズン限りで退団することが決定的となったボアテング。新天地に関してはアーセナルやチェルシーに加え、ドルトムントやバイエルンといった名前も挙がっている。 だが、『スカイ』が伝えるところによれば、その獲得レースを一歩リードしているのは、トッテナムだという。 ジョゼ・モウリーニョ監督2年目でトップ4争いにおいて厳しい立場に立たされているトッテナムは、センターバックを中心に守備の問題を抱えており、新たなディフェンスリーダーの獲得が今夏の優先事項となっている。 その中でバイエルンとドイツ代表であらゆるトロフィーを獲得した経験、アジリティを除き攻守両面で総合力の高さが光るボアテングは、マンチェスター・シティ時代のプレミアリーグの経験を含めうってつけの存在だ。 モウリーニョ監督の去就や来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権など解決すべき問題は多いが、来シーズンにスパーズのボアテングが誕生することになるのか…。 2021.04.14 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: パリ・サンジェルマン 0-1(AGG3-3) バイエルン《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、パリ・サンジェルマン(PSG)vsバイエルンが13日に行われ、0-1でバイエルンが勝利したものの、2戦合計スコアが3-3となり、アウェイゴール差でPSGが準決勝進出を決めている。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽パリ・サンジェルマン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 最後の砦として奮闘。1失点に凌ぐ DF 31 ダグバ 6.0 コマンとのマッチアップで互角に渡り合った 15 ダニーロ 6.0 マルキーニョスの負傷を受けてセンターバックで出場。無難にこなした 3 キンペンベ 6.0 マルキーニョス不在のバックラインを統率 22 ディアロ 5.5 1stレグの体調不良交代に続き負傷交代。サネを監視する守備重点のプレー (→バッカー 5.5) サネの対応に苦戦も何とか凌ぐ MF 11 ディ・マリア 6.0 ネイマール、ムバッペに続く攻め手として脅威を与えた (→エレーラ -) 27 グイエ 6.0 パレデスと共に中盤で奮闘。アラバの攻撃参加を制限 10 ネイマール 6.0 再三の決定機はポストとバーに嫌われる。シュートまでの過程はさすがだった 8 パレデス 6.0 球際でよく戦えていた 23 ドラクスラー 5.5 守備に気を配りながらのプレー。打開するプレーは少なかった (→ケアン -) FW 7 ムバッペ 6.0 ディフェンスライン裏を突く動きで揺さぶり続けた 監督 ポチェッティーノ 6.0 1stレグに続き、ネイマールとムバッペを生かしたカウンターで脅威を与えた ▽バイエルン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ノイアー 6.5 ポストに救われた面もあるが、ネイマールとの一対一をことごとく防ぐ。飛び出しのタイミングも抜群だった DF 5 パヴァール 6.0 ドラクスラーの対応で後手に回ることはなかった 17 J・ボアテング 6.5 ムバッペのスピードに苦戦も、ぎりぎりの対応で凌いだ 21 リュカ 6.5 肋骨を負傷しながらのプレー。J・ボアテングと共に何とかムバッペとネイマールを止めた 19 アルフォンソ・デイビス 5.5 及第点だが、ややディ・マリアの突破を制限しきれなかった印象 (→ミュージアラ 6.0) 攻撃に厚みを加える役割を果たした MF 10 サネ 6.0 キレ味鋭いプレーで打開を図ったが、後一歩及ばず 6 キミッヒ 6.0 中盤をコントロール。運動量も申し分なかった 25 ミュラー 6.0 前線からのプレス、ボールへの絡みと攻守に活躍 27 アラバ 6.0 ケガ人の影響でボランチでプレー。攻撃面でのクオリティを示す 29 コマン 6.0 直近の試合で負傷交代も、果敢な仕掛けで攻め手に FW 13 チュポ=モティング 6.0 1stレグに続くゴール。レヴァンドフスキの代役は果たした (→ハビ・マルティネス -) 監督 フリック 6.5 負傷者続出の中、1stレグに続きできる限りのパフォーマンスを発揮。見事なグッドルーザーだった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ノイアー(バイエルン) 抜群の飛び出しで未然にピンチを防ぐ場面が2度ほどあった。それ以外にもネイマールへのプレッシャーでシュートを決めさせなかった。 PSG 0-1 バイエルン 【バイエルン】 チュポ=モティング(前40) 2戦合計スコア3-3、アウェイゴール差でPSGが準決勝進出 2021.04.14 05:56 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly