SBが覚醒!アタッカー顔負けの華麗なスラローム&弾丸ミドル弾【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

2021.02.25 12:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ジョナサン・ゼビナ(当時31歳)
国籍:フランス
所属:ユベントス
ポジション:DF
身長:189cmカリアリやローマなど主にセリエAクラブで活躍したゼビナ氏。189cmの長身を生かした守備と攻撃参加が売りのサイドバックであった。2004年に加入したユベントスでは絶対的な主力ではなかったものの、6年に渡って最終ラインを支えた。


【試合詳細】
日程:2010年3月11日
大会:ヨーロッパリーグ ラウンド16 1stレグ
対戦相手:フルアム
時間:前半25分(1-0)

◆華麗なスラロームからの弾丸シュート

1-0とリードしている中、ユベントスは25分にもチャンスを迎える。一度最終ラインのゼビナまで下げると、ゼビナは巨体を揺らしながら相手DF二人の間を器用に抜いていく。

一気にボックス付近まで侵入したゼビナは、相手DFのプレッシャーが弱いことを見逃さずに、ボックス外から右足を一閃する。

思い切り良いシュートは、グングンと伸び、相手GKの手が届かない左のサイドネット、隅に見事に突き刺さった。

試合はその後、両チームともに1点を奪い3-1で勝利。しかし、ユベントスはアウェイでの2ndレグを1-4で落とし、まさかのラウンド16敗退となっている。

関連ニュース
thumb

「感心しない」ユベントスOBの元イタリア代表FWがC・ロナウドの振る舞いに苦言「私はピッチに残った」

かつてユベントスでもプレーした元イタリア代表FWルカ・トニがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに苦言を呈した。イタリア『トゥットスポルト』が伝えた。 トニ氏は、パレルモやフィオレンティーナ、ローマ、ジェノア、エラス・ヴェローナなどイタリア国内のクラブでプレー。またバイエルンでもプレーするなど、ゴールスコアラーとして活躍した。 セリエAでは344試合に出場し157ゴール32アシストを記録。ユベントスでは公式戦15試合で2ゴール2アシストに終わったが、イタリアを代表するストライカーとして活躍した。 そのトニ氏だが、この頃よく話題に上がるC・ロナウドの振る舞いについて言及。あまり好ましいものではないと苦言を呈した。 「彼はユベントスにとって、とても重要だ。彼はトップのゴールスコアラーだし、多くのゴールを決めている」 「ただ、私はグループに対する彼のいくつかの態度には感心しない。プレーしていた頃を思い出す」 「私はとても利己的で、ゴールしなかったとしても、とにかく祝うためにピッチに留まった。悔しさに耐えていた」 C・ロナウドはポルトガル代表として臨んだカタール・ワールドカップ欧州予選のセルビア代表戦では、自身のゴールが認められなかったことでキャプテンマークを叩きつけ、ピッチを去ったことが大きな問題となっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ノーゴールの判定にC・ロナウドはキャプテンマークを捨ててピッチを去る</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1sqabq5lq8ly81tbr30iyaqzvv" async></script> 2021.04.15 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼への批判は笑い話だ」解任の噂もあるピルロ監督をテュラム氏が徹底擁護

かつてユベントスで活躍した元フランス代表DFリリアン・テュラム氏が、古巣で指揮をとるアンドレア・ピルロ監督を擁護している。イタリア『スカイ』が伝えた。 ピルロ監督は昨夏、マウリツィオ・サッリ前監督の後任としてユベントスの指揮官に就任。 しかし、指導者経験のないまま挑んだ今シーズン、セリエAでは首位インテルに残り8試合で12ポイント差をつけられており、9シーズン連続で維持してきたリーグ王座の防衛は絶望的となっている。 また、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ首位で決勝トーナメントに進出したものの、ラウンド16でポルトに屈しまさかの敗退。こうした不甲斐ない戦績によってピルロ監督への批判は強まっており、一部メディアからは解任の可能性も囁かれている。 しかし、テュラム氏は『スカイ』のインタビューに応じた際、ピルロ監督を擁護。どんな監督であっても、結果を出すには時間が必要だと強調している。 「ピルロへの批判は本当に笑い話だと思うよ。私は彼が偉大な選手であったように、偉大な監督になれると信じているからね。彼には時間が必要だ」 「プロデビューしてすぐに偉大な選手になることはできないだろう。もちろん、偉大なシェフやジャーナリストになることもね。すべてには時間が必要さ。だから、ピルロに初シーズンで偉大な監督になる期待をしてはいけない。10年、15年と経験を積んだ監督と同じ結果を出せというのは無茶な話だ」 「忘れてはならないのが、ジネディーヌ・ジダンはレアル・マドリーの監督に就任した際、彼にとって初めてのマネジメント経験ではなかったということだ。彼はユースチームで働いた経験があり、カルロ・アンチェロッティやジョゼ・モウリーニョのアシスタントも務めていた」 「だからこそ、ピルロが批判されるのを見ていると笑ってしまうね。申し訳ないが、物事には『経験を積む』という段階がある。ピルロは今経験を積んでいる最中であり、彼がすでにすべてを知っていると期待してはいけないだろう」 2021.04.14 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「ロナウドを追い出すべき」元監督が古巣ユベントス会長に助言「成長を妨げている」

元ユベントスの監督であるマッシミリアーノ・アッレグリ氏が、ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長に対して進言したようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 アッレグリ氏は、2014年7月から2019年6月まで5シーズンに渡ってユベントスで指揮を執っており、セリエAで5連覇を達成。さらに、コッパ・イタリアも4連覇を達成するなど、黄金期を築き上げた。 退任後は様々なクラブの指揮官候補に浮上するも、フリーの状態を貫いているアッレグリ氏。イタリア『ラ・レプブリカ』がポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対する助言をアニェッリ会長にしていたと報じた。 その内容は非常に辛辣なもので「ロナウドを追い出すべきだ。彼はチームとクラブの成長を妨げている」と、クラブに必要のない選手であるというものだった。 C・ロナウドは、2018-19シーズンにレアル・マドリーからユベントスへと移籍。セリエAに挑戦すると、しっかりとゴールを記録しチームを助けている。一方で、マンチェスター・ユナイテッドやマドリーで5度も優勝しているチャンピオンズリーグ(CL)では、結果を残せておらず、戦犯的な扱いになっている。 「世紀の取引」とも言われたC・ロナウドだが、「戦犯」に成り下がってしまっているC・ロナウド。ユベントスとの契約は2022年夏に終了するが、残り1年となる契約についてシーズン終了後にクラブと話し合うとのこと。一部ではマドリー復帰の話も浮上するなどし、ユベントスも手放したがっていると報じられている。 アッレグリ氏の進言をユベントスはどう受け止めるのか。フリーで移籍をさせたくなければ今夏にも売りに出すことになるが、コロナ禍の財政状況で買い取れるチームはほとんどない厳しい状況となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】キャリア通算750ゴール達成のC・ロナウドゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6Ukh4cGNTRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.13 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

新型コロナ感染のユベントスDFボヌッチが復帰

ユベントスは12日、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが復帰したことを発表した。 ボヌッチは3月に参加したイタリア代表の活動を終えた後、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が発覚。その後、イタリア代表の選手やスタッフらに感染者が続出し、クラスターとなっていた。 そのボヌッチは、プロトコルに従い新型コロナウイルスの検査を2度受け、どちらも陰性だったとのこと。そのため隔離状態が解かれ、13日の午後からトレーニングに合流するとのことだ。 クラブ内で3名の感染者が出ているユベントス。まずは守備の要が戻ってきたことは幸いと言えるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】ボヌッチ、ユベントスでのプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWRmpMcXVzdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.13 15:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ指揮官ピルロ、監督1年目の自らを採点 「もっとやらないと」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が自身の指揮官キャリア1年目を自己採点した。イタリア『スカイ』が報じている。 現役時代に屈指のレジスタとして一斉を風靡したピルロ監督。今季から監督キャリアの歩みをスタートさせるにあたり、U-23チームを率いる予定だったにもかかわらず、急きょトップチームの指揮を託されたという背景もあるが、現在3位のセリエAで首位インテルに12ポイント差をつけられ、10連覇が厳しい状況に陥っている。 また、クラブとしても悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝も叶わず、16強で敗退。新米監督とはいえど、イタリア王者を率いるとなれば、周りの要求も必然的に高くなるだけに、批判も少なくない。11日に本拠地で行われたセリエA第30節のジェノア戦後、試合を振り返るなかで自己採点を求められ、10点満点中の6点をつけた。 「すべての監督が毎日、テストされていると感じるべきだ。監督初経験である私も含めて、いかなる監督も自らの力を証明しなければならない。フットボールは子供の頃からの夢だったわけだから、これからも良くなろうと努力する」 「今のところは“6点(10点満点中)”かな。一定の成果を得られずにいるときにまず責任を負うべきは監督。もっとやらなければならないことはわかっている」 「私の考えるフットボールとは試合を支配して、相手にプレッシャーをかけていくこと。一連の理由で完全に実行できているわけじゃないが、熱量はチームにあり、これからも取り組む」 2021.04.12 19:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly