ミラン零封のインテル守護神「GKにイージーな場面なんてない」

2021.02.22 19:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチが「GKにとって、イージーな場面なんてない」と語った。セリエA首位のインテルは21日に行われた第23節で2位のミランと対戦して、3-0の白星。勝ち点1差の痺れるシチュエーションでのミラノ・ダービーだったが、インテルが快勝で飾り、首位の座をキープするとともに、2位ミランを4ポイント差に突き放した。


この試合で大きな輝きを放った選手の1人がハンダノビッチ。試合を通じてミランの攻撃陣に立ちはだかったが、1点リードの後半立ち上がりに直面した3つのピンチを立て続けにビッグセーブで凌いでみせたのが結果として、快勝劇に大きく繋がった。

殊勲のハンダノビッチは試合後、『DAZN』のインタビューに応対。数多くのセーブシーンから最も難しい対応を強いられた場面を問われると、持論を転じた。

「GKにイージーな場面なんてないよ。簡単だと思ってセーブしようものなら、トラブルを招くことになる。常に最も難しいのは次のセーブさ」

今季も安定感抜群のショットストップを披露し続ける36歳のインテル守護神はまた、チーム内での確かな成長も口にしている。

「僕らを団結させる要素はたくさんある。それはフットボールのことだけじゃない」

「かつてなかったピッチでのコミュニケーションだったり、多くの面で進歩が見られるんだ」

しかし、昨季から指揮を執るアントニオ・コンテ監督の下だけで成長したとは考えておらず、2017年夏から2シーズンにわたり、率いたルチアーノ・スパレッティ氏からの積み重ねを主張した。

「今のインテルはルチアーノ・スパレッティの下で変わり始め、それからコンテが来た」

「彼らの仕事ぶりが合わさり、基盤が築かれていき、そこに新たな要素が加わっていった」

「それには何年もかかるもの。失敗した日もあれば、幸せな日も何度もあった。すべての積み重ねだ」
関連ニュース
thumb

スールシャール、PLタイトル争いに「早々に順位が決まるとは思わない」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がプレミアリーグのタイトルレースに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは25試合終了の現時点で14勝7分け4敗の2位。来月のインターナショナルマッチウィークまでチェルシーやマンチェスター・シティ、そして上位のウェストハムといった厳しい相手との一戦を控える。 まず28日の第26節で5位につけるチェルシーとのアウェイ戦に臨み、勝てばトップ4争いでより優位に立てるスールシャール監督だが、その一戦に先駆けた会見で決着の長期化を主張した。 「長い戦いになると思う。早々に順位が決まるとは思わない」 「シーズンは予測不可能なもの。チームが悪い局面を経て、流れを好転させるのを目の当たりにしてもきた。ケガ人が出て何が起こるのか、今の状況に選手たちがどんな対応するのかなんて、誰にもわからない」 「長いシーズンだが、かつてないほど短期間で多くの試合が行われているからだ。私からしたら、どの試合も大事。もちろん、チェルシー戦もね。どれだけ難しく、どれほど大事なものなのかはわかっている」 ノルウェー人指揮官はまた、FAカップ準々決勝のレスター・シティ戦だけでなく、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16でミランとの2試合を予定する今後に向けても語った。 「全チームが38試合を戦う。試合結果の良し悪しは別としても、影響が出てくるもの。我々は何度かの挫折から立ち直り、今に至っている。重要な時期さ。グループの精神状態は良い。これからのビッグゲームが楽しみだ」 先月末からチェルシーを率いて、ここまで公式戦8試合無敗と立て直すトーマス・トゥヘル監督にも触れ、手腕に賛辞を送りつつ、勝利を目指した。 「結果やスタッツ、ポゼッション、相手を自陣のゴールから遠ざける力を見ると、彼は本当によくやっている。シーズン途中から入っていくのは決して簡単じゃない。彼も喜んでいるに違いないが、願わくば我々が彼らを止めたい。それが私の仕事だ」 2021.02.28 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョが新体制に手応え!コバチッチとの連係は「申し分ない」

チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが、チームの現状に満足感を示している。 先月末にトーマス・トゥヘル監督が就任し、再スタートを切ったチェルシー。ここまで公式戦8試合無敗を継続しており、リーグ戦では4勝2分け、チャンピオンズリーグでは強豪アトレティコ・マドリー相手に白星を挙げた。 その中でジョルジーニョは、途中出場となったリーグ戦のサウサンプトン戦と招集外となったFAカップのバーンズリー戦を除いてフル出場しており、新体制で存在感を放っている。 28日にプレミアリーグ第26節でマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマチを迎える中、イタリア代表MFはチームの状態に満足感を示すと共に、指揮官の印象も語った。 「チームが良くやっていてハッピーだよ。懸命に取り組み、監督の要求に応えようとしている。しっかり前に進めていると思うよ」 「監督は選手たち個々のキャラクターを理解しているし、彼の望むプレーは僕たちのキャラクターに合っている。それを踏まえたうえで、彼は僕たちにアドバイスをし、正しい道を与えてくれている。自ずと結果も付いてくるはずさ」 ジョルジーニョはまた、中盤でコンビを組むクロアチア代表MFマテオ・コバチッチにも言及。互いに理解し合っている存在だと語り、確かな連携を築いていることを主張した。 「彼とは良い関係を築けているよ。フットボールに対する同じ考え方を持っているからね。僕たちは互いに相手が何をしたいか、相手に何をして欲しいのか分かるんだ。だから彼と一緒にプレーするのは本当に簡単なことなんだよ」 「僕たちはその時々で誰がどこにいて欲しいのか理解し、正しい瞬間に間隔を取り合っている。守備でも補完し合っているよ。どのタイミングで距離を詰めるか、またはそうしないのか、互いに理解しているんだ」 最後にユナイテッド戦については「より一層のモチベーションを生む試合だ。まずはしっかりディフェンスすることが大切だ」と意気込みを語った。 2021.02.28 14:27 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】トップ4圏内狙うブルーズと逆転リーグ制覇狙うユナイテッドの上位対決!

プレミアリーグ第26節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間2月28日25:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。トゥヘル就任以降、無敗を継続する新生ブルーズが2位のユナイテッドをホームで迎え撃つ注目の上位対決だ。 現在、5位のチェルシー(勝ち点43)は前節、サウサンプトン相手に主導権を握りながらも崩しの精度を欠いて1-1のドロー。プレミアリーグでの連勝が「4」でストップした。それでも、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではアトレティコ・マドリー戦ではFWジルーの豪快なオーバーヘッド弾を守り抜き、アウェイゴールを奪って1-0の先勝を飾った。 この勝利によってトゥヘル新体制移行後、公式戦8試合無敗(6勝2分け)を維持する好調なチームだが、今節を皮切りにCL出場権を争うリバプール、エバートンとの重要な連戦を控えており、難敵相手に勝ち切って弾みを付けたいところだ。 一方、首位のマンチェスター・シティと10ポイント差で2位に付けるユナイテッド(勝ち点49)は、エバートン、WBA相手に2戦連続ドローと嫌な流れに陥っていたが、前節のニューカッスル戦では伏兵ダニエル・ジェームズのゴールなどで3-1の快勝を収めた。また、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではレアル・ソシエダ相手に0-0のドローに終わるも、4-0で圧勝した1stレグのアドバンテージを生かして順当にベスト16進出を決めた。 来週ミッドウィークのクリスタル・パレス戦を挟んで来週末にシティとの重要なダービーを控える赤い悪魔は、逆転優勝に向けてこれ以上の取りこぼしは許されず、最低限10ポイント差を維持してダービーに臨むため、今季12戦無敗(8勝4分け)と得意とするアウェイゲームで勝ち点3奪取が必須だ。 なお、昨年10月に行われた前回対戦はホームのユナイテッドが優位に進めたものの、チェルシー守備陣の奮闘によってランパード前体制のブルーズが0-0のドローに持ち込んでいた。また、チェルシーの指揮官としては初対決となるトゥヘル監督だが、パリ・サンジェルマンの指揮官として戦った今季のCLグループステージでは1勝1敗の戦績を残している。 ◆チェルシー◆ 【3-4-2-1】 ▽チェルシー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:メンディ DF:アスピリクエタ、クリステンセン、リュディガー MF:リース・ジェームズ、カンテ、コバチッチ、マルコス・アロンソ MF:マウント、ヴェルナー FW:ジルー 負傷者:DFチアゴ・シウバ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはチアゴ・シウバを除く全選手が起用可能だ。 スタメンに関してはアトレティコ戦をベースに幾つかのポジションでの変更が見込まれる。対ユナイテッドという部分でより守備とアスリート能力に長けたリーズ・ジェームズとカンテがハドソン=オドイ、ジョルジーニョに代わって起用されると予想する。それ以外ではズマやエイブラハムにチャンスが与えられる可能性もありそうだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-2-3-1】 ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:デ・ヘア DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー MF:フレッジ、マティッチ MF:グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォード FW:マルシャル 負傷者:DFジョーンズ、MFポグバ、マタ、マクトミネイ、ファン・デ・ベーク、FWカバーニ、ダニエル・ジェームズ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはポグバ、マタ、マクトミネイの欠場が確定。また、カバーニ、D・ジェームズ、ファン・デ・ベークの3選手に関してはカバーニの欠場は濃厚も、後者2人に関しては試合前日の最終チェックによって起用の可否を決めることになる。 システムに関しては[4-2-3-1]の継続が濃厚も、現地メディアの中では[3-4-1-2]のオプションの採用を予想する声もある。スタメンに関してはカバーニ、D・ジェームズが復帰しない限り、前述のメンバーが起用される見込みだ。 ★注目選手 ◆チェルシー:MFマテオ・コバチッチ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> チェルシーの注目プレーヤーは中盤で存在感増すコバチッチだ。ランパード体制においても中盤の主力として起用されたクロアチア代表MFだが、トゥヘル体制ではこれまでのバランサーや黒子の役割からより攻撃的な役割を担っている。 [3-4-2-1(3-5-2)]のセントラルMFでの起用が続く中、攻撃時はジョルジーニョと共に立ち位置の妙、鋭いターンを武器に相手のプレスを剥がして局面を打開。そこからのドリブルでの運び、味方とのコンビネーションでより相手のボックスに近い位置で崩しの一歩手前の役割を担っている。また、守備面においては3バックが安定していることもあり、よりアグレッシブに人やボールにアタックするプレーも増えている。 難敵ユナイテッドをホームで迎え撃つ今回の一戦では相手のキーマンであるB・フェルナンデスの監視という守備面のタスクと共に、相手のプレスを剥がしてクリーンなボールを前線の味方に繋げたい。また、個人として課題となっているラストパス、シュートの精度を改善し、チームを勝利に導く仕事にも期待したいところだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWマーカス・ラッシュフォード <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユナイテッドの注目プレーヤーは3年連続のプレミア2桁ゴールに王手をかける若きエースだ。今季ここまでやや調子の波はあるものの、キャリアハイの22ゴール(公式戦)を記録した昨季に迫る18ゴールを挙げているラッシュフォード。とりわけ、直近の公式戦数試合ではコンディションが上がっており、ソシエダとの1stレグ、前節のニューカッスル戦では決定的な仕事を果たしている。 今回の一戦でも攻撃の中心は間違いなくB・フェルナンデスだが、カバーニやポグバ、マクトミネイらの不在によって絶対的な司令塔へのマークはより厳しくなるはずだ。その中で個で局面を打開し、ゴール、アシストと決定的な仕事ができる23歳のイングランド代表FWのプレーがユナイテッド勝利の鍵を握る。 左ウイングでの起用が見込まれる中、好調を維持するDFアスピリクエタの牙城を崩せるか。 2021.02.28 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、PSG時代のブルーノ獲り挑戦を明かす 「懸命にファイトした」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督はかつてポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの獲得を狙ったようだ。イギリス『BBC』が報じた。 2020年冬にスポルティング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドに活躍の場を移したB・フェルナンデス。まだ移籍から1年が経ったばかりだが、ここまで公式戦60試合の出場で34得点21アシストの数字が物語るとおり、いまや“赤い悪魔“に不可欠なキーマンとして絶対的な地位を築く。 そんなポルトガル人技巧派MFを擁するユナイテッドと28日に開催予定のプレミアリーグ第26節で相対するチェルシー。トゥヘル監督は2018年5月〜2020年12月まで率いたパリ・サンジェルマン(PSG)時代にアンテロ・エンリケ元スポーツディレクター(SD)主導で獲得を目指した過去を明かした。 「我々は獲得しようとした。それは就任して間もないときで、パリで最初に私と仕事をしたSDが彼をよく調べていたんだ」 「我々は彼をより知ろうと、かなり試合も追った。懸命にファイトしたんだ。彼と繋がり、チームに連れて来るためにね」 「しかしながら、我々のトライは実らず、彼は別の道に行ってしまった。そんな彼と対峙するのは我々にとって悪いことだ」 ドイツ人指揮官はまた、要注意すべき選手であるB・フェルナンデスがユナイテッドに移ってからの歩みにも言及。敵チームの選手だが、素直に活躍ぶりを認めた。 「彼はスポルティングにいた当時から大きなパーソナリティを持ち、効果的なゴールスコアラー。そして、周りの選手をより危険な存在にさせられる効果的な選手でもあった」 「ポルトガルという国、最も強いリーグでないにせよ、競争力のあるビッグクラブからブレミアリーグのビッグクラブ、欧州最強のリーグにステップを踏み、このようなインパクトを残している点に関して、最も大きな尊敬の念を抱くのみだ」 「彼はとてつもなく大きなインパクトを与えている。フットボール界にいる1人の選手がそれを備えるには絶対的なトップレベルでなければならない。彼のインパクトは言葉で言い表せられないほどのものであり、信じられないほどのものだ」 2021.02.28 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、誇る! 「20連勝は我々史上最大の偉業の1つ」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が充実ぶりを露わにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 シティは27日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節のウェストハム戦を2-1で勝利。デイビッド・モイーズ監督の下で上位争いを演じる難敵との一閃だったが、しっかりと叩いてみせ、今節の戦いを残す2位マンチェスター・ユナイテッドを13ポイント差に突き放した。 これでリーグ14連勝となり、公式戦でも驚異の20連勝。チャンピオンズリーグ(CL)やFAカップ、EFLカップも勝ち残るなか、リーグ戦でも圧倒的な強さを見せつけ、2シーズン前の3冠を上回る成功を収めそうな勢いのグアルディオラ監督は試合後、チームの歩みを誇った。 「この時期、この時代、この状況で、20連勝を成し遂げられたのはおそらく我々史上最大の偉業の1つだ。間違いないね」 「もちろん、それはタイトル獲得を意味するものというわけじゃないが、この時期、イングランドで最も過酷な時期である冬は3〜4カ月間、1週間の休養さえもない」 「新型コロナウイルスやケガ人の状況もあるなかで、3日ごとに試合がある。こうした連勝は勝つ、勝つ、勝つ、勝つの積み重ねであり、メンタル的な強さを意味する」 「今日は良い絵を描けなかったが、こういう試合はシーズン中にたくさんある。チャンスが多かったわけじゃないが、失点しなかった。それは良い兆候で、安定している」 「ここまでの歩みは異常だ。例外さ。普通なら、勝ち点を落としたり、引き分けたり、負けたりする。それがフットボールの常態だ」 「3シーズン前の我々は確かに勝ち点100を成し遂げ、アンストッパブルな存在となり、昨季はリバプールがそうだった」 「今季の我々は良くないスタートを切ってしまったが、今は良いランをしている」 2021.02.28 08:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly