「なぜそこにいる?」無人のゴールへシュートも“主審”が衝撃のブロック

2021.02.22 18:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メキシコで主審が主役となってしまう場面があった。舞台となったのは21日に行われたメキシコのリーガMX後期第7節のクルス・アスルとトルーカの一戦だ。


クルス・アスルが2点リードで迎えた36分の場面、前がかりになるトルーカに対し、MFルイス・ロモがロングパス1本で抜け出し、飛び出してきたGKもかわす。

後は無人のゴールに流し込むだけだったが、ロモのシュートは狙いすぎたのかゴール右のポストに当たり跳ね返る。こぼれ球を拾ったFWジョナタン・ロドリゲスが今度こそ決めたと思われたが、ロドリゲスのシュートはボックス内まで駆け上がってきていた主審の右足に当たり、そのままラインを出ていった。

まさかのセーブに、ロドリゲスらクルス・アスルの選手は猛抗議。しかし、ルール通りトルーカGKのドロップボールとなり再開された。

『ESPN』の公式ツイッターがこのシーンを公開すると、サポーターからは「なんで主審がセンターバックをやってるんだ」「CL決勝だと想像するとゾッとする」「なぜそこにいる?」と中々ない光景に驚く声が多く寄せられた。

試合を決める3点目を逃したクルス・アスルは一時2-2の同点に追いつかれたものの、後半に待望の勝ち越しゴールを奪い、3-2で勝利している。

◆“主審”の衝撃ブロック
関連ニュース
thumb

ユナイテッドの公式アカウントで放送事故、スタッフの“レンチン”が3万7千人に視聴される

レアル・マドリー、バルセロナのスペイン2強に続き、サッカークラブでは世界で3番目のフォロワー数を誇るマンチェスター・ユナイテッドのインスタグラムで、あるアクシデントが起きた。イギリス『サン』が伝えている。 ゴールレスドローに終わったクリスタル・パレス戦の前、ユナイテッドのインスタグラムアカウントで突如としてライブが開始された。 試合前の選手たちの様子が映し出されるかと期待もされたが、映像は真っ暗なまま、電子レンジと思われる機械音や、お皿を置く音が流れた後、約30秒後にライブは終了していた。 約3947万人のフォロワーを持つユナイテッドのアカウントということもあり、この放送事故は約3万7千人に視聴されてしまった。 『サン』は、今頃ユナイテッドのSNS担当者が“赤面した悪魔”になっているだろうと揶揄している。 <div id="cws_ad">◆スタッフは電子レンジで何を温めたのだろうか…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">37,000 people are currently watching Man Utd’s accidental Instagram live.<br><br>Sounds like an admin is microwaving lunch and making a cup of tea. <a href="https://t.co/Qqr1UaZ7H6">pic.twitter.com/Qqr1UaZ7H6</a></p>&mdash; Pete Evans (@PeteEvans87) <a href="https://twitter.com/PeteEvans87/status/1367095497782161416?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.04 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

監督がハーフタイム中に2枚のイエローカード、退席のジェラード監督が審判を酷評「明らかなPK。妨害者だ」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、ハーフタイムにイエローカードを2枚受ける珍事が起きた。 レンジャーズは3日、スコティッシュ・プレミアシップで第30節でリヴィングストンと対戦。試合は、ゴールレスのまま続いたが、87分にアルフレッド・モレロスのゴールで0-1とレンジャーズが勝利を収めていた。 この試合で問題が起きたのは37分、スルーパスに抜け出したモレロスがボックス内で相手GKマックス・ストライジェクに倒されてしまう。PKが与えられるかと思われたが、主審のジョン・ビートン氏はモレロスのダイビングを取り、イエローカードを提示していた。 リプレイで見る限り、GKの手がモレロスの脛に当たっているのが確認できるが、判定は変わらないまま前半を終えた。 するとジェラード監督は主審の元へ近づき、PKのシーンについて抗議。すると、主審はジェラード監督にイエローカードを提示。不満を持ったジェラード監督は立ち去りながら抗議を続けると、2枚目のイエローカードが提示され退席処分となった。 試合後、ジェラード監督はこの件についてコメント。審判たちのミスについて激怒。クオリティの低さを糾弾した。 「明らかなPKだ。妨害者だ。誰もが審判たちを助けたいと思っている。我々は人間であり、間違いは犯すからだ」 「ただ、私がこのレベルで我慢ならないことは、3人が同じ過ちを犯していることだ。彼ら全員がそれをハッキリと見ていた。私もそれを見たが、最も遠くで見ていた」 「彼ら全員が一緒に間違えた。それは許されることではない。説明を求めたが、ビートンは私に話すことを拒否した。会話をする権利があると思うが、明らかにそうではなかった。トップレベルの審判の話をしているんだ」 「線審は何も邪魔がなく、しっかりと見ている。第4審も何も邪魔なくはっきりと見ている。私は彼の後ろにいたが、はっきり見えた」 「1人のミスならわかるが、3人は違う。正しくないし、フェアではない。妨害者だし、順番が違う」 <div id="cws_ad">◆これはダイブか?PKか?(1:20~)</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id ="sfl2f9mMOn4";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Steven Gerrard has been sent off at half-time!br><br> Watch Livingston v Rangers live on Sky Sports Football now <a href="https://t.co/9LUbbznRQZ">pic.twitter.com/9LUbbznRQZ</a></p>&mdash; Sky Sports Scotland (@ScotlandSky) <a href="https://twitter.com/ScotlandSky/status/1367187299251982343?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.04 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼らに人生を借りることになる」フルアムの32歳MFが腎臓移植手術へ、兄や親友が臓器提供

フルアムの元スコットランド代表MFケビン・マクドナルドが、来月にも腎臓移植を行うことを告白した。 32歳のマクドナルドは、慢性腎臓病を患っており、その状態が12年間も続いていた。しかし、現在では状態が悪化。キャリアを早急に終わらせてしまう可能性があると感じているようだ。 マクドナルドはフルアムの公式サイトのインタビューで「サッカーは素晴らしかった。しかし、これは引き継いでいかなければならない」とコメント。病気とはずっと付き合っていく必要があるとした。 「僕は今それを行いたいと思っている。全てが正しいということを確認し、そこから戻り、再び通常の生活を送りたい」 マクドナルドは、スコットランドのダンディーFCでキャリアをスタート。その後イングランドへと渡り、バーンリーやスカンソープ・ユナイテッド、ノッツ・カウンティ、シェフィールド・ユナイテッド、ウォルバーハンプトンでプレー。2016年7月からフルアムでプレーしている。 また、2018年にはスコットランド代表としてUEFAネーションズリーグなど5試合に出場したこともある。 フルアムでは公式戦128試合に出場し6ゴール5アシストを記録。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合に出場し、チームの昇格に貢献していたが、今シーズンはコンディションの問題もありプレミアリーグに登録されず、プレーしていない状況だ。 そのマクドナルドだが、手術を行い、その後およそ3カ月に渡るリハビリを終えた後も、プロとしてプレーし続けることを期待している。 「僕は32歳で、おそらくは35歳になるまではプレーできただろう。プレミアリーグは僕にとってスピーディすぎるけど、自分がキャリアのどの位置にいるかは理解している」 「サッカーをしたいか?僕は肉体的にも精神的にも準備できているか?それとも指導者の道を歩むか?手術を終えて自分がどう感じるかを見るまでは分からないね」 本来であれば2月に手術を行う予定だったが、これも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で遅れることに。4月には行われることを期待しており、マクドナルドの兄弟と親友の1人が腎臓を提供する準備ができているという。 「移植が最終目標であることを知り、僕は自分のキャリア全体で準備してきた。サッカーをやりきった後に行いたかったけど、最近の検査の結果により予定より早くなるだろう」 「僕はキャリアを終えるため、週に4度の透析を続けることもできた。でも、特別なことをしなければいけない時が来た」 「僕が生きているドナーを持つことにはとても多くの利点があり、僕は彼らに人生を借りることになるんだ」 まずは手術が成功することを願いながら、再びピッチに立つ姿が見られることを期待したい。 2021.03.03 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

土壇場同点弾の吉田の元同僚FWが相手サポに襲われコインが頭部直撃、クラブは謝罪声明

PSVがアヤックスに対して謝罪した。イギリス『BBC』が伝えている。 両者は2月28日に行われたエールディビジ第24節で対戦し、1-1で引き分けていた。 試合はPSVが1点リードで迎えた後半アディショナルタイムにアヤックスのセルビア代表FWドゥシャン・タディッチがPKを沈め、痛み分けとなっていたが、そのタディッチが試合後にPSVサポーターから襲撃を受けていた。 タディッチがスタジアムを後にし、チームのバスに乗り込もうとした際、PSVサポーターが柵から身を乗り出し、思い切りコインを投げつけた。タディッチはスタッフ3人に囲まれていたものの、コインはタディッチの頭に直撃。大事には至らなかったものの、頭を抑えながらバスへ乗り込んだ。 『BBC』によると、この事件で3人が逮捕。PSVは声明で謝罪したようだ。 「PSVが表すものではなく、事件を悔やんでいます。それはクラブの価値観にあわず、PSVは当然、スタジアムへの訪問者と選手の安全を保証するために、常に様々な関係者と連絡を取り合っています」 KNVB(オランダサッカー連盟)は、事件の映像を把握しているものの、公式の苦情が来ていないために詳しい調査は開始されていないとのことだ。 <div id="cws_ad">◆興奮したサポーターがタディッチの顔面目掛けて右腕を振り抜く<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ¡Intolerable! Hinchas radicales del PSV agredieron a Tadic lanzándole monedas a su salida del estadio después del partido contra el Ajax.<a href="https://t.co/06SaQj8ysK">pic.twitter.com/06SaQj8ysK</a></p>&mdash; BeSoccer (@besoccer_ES) <a href="https://twitter.com/besoccer_ES/status/1366088261853192199?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.03 18:31 Wed
twitterfacebook
thumb

急遽出場の選手がタッチライン際で“結婚指輪”を投げすてる、拾った監督も思わず…

2月に決勝トーナメントが開幕し、来週にはラウンド16を迎えるヨーロッパリーグ(EL)だが、ELの公式ツイッターが先週のラウンド32で起きたユニークな一幕を伝えている。 今回取り上げられたのは、2月25日に行われたELラウンド32・2ndレグのホッフェンハイムvsモルデの一戦でのシーン。 ホームでの1stレグを3-3で終えながら、2ndレグで0-1とリードしたモルデは、有利な展開で迎えた79分、負傷した選手に代わってMFエイリク・ヘスタッドを投入する。 しかし、急な出場となり心の準備ができていなかったのか、タッチラインに立つへスタッドの左手薬指には結婚指輪がはめられたままだった。それを第4審に指摘されたへスタッドは、急いで指輪を外すと、そのまま後ろに投げ捨ててしまった。 指輪は無事にエルリング・モエ監督が拾ってくれたものの、へスタッドの雑な扱いには、監督を含め近くにいたスタッフも苦笑いだった。 その後追加点を奪ったモルデは2戦合計スコア5-3でラウンド16進出を決め、グラナダとの対決に駒を進めている。 勝利に貢献したへスタッドだったが、奥様には謝罪しておいた方がいいかもしれない…。 <div id="cws_ad">◆ヘスタッドが躊躇なく“結婚指輪”を投げ捨ててしまう<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">That time your coach rescued your wedding ring...<br><br>Eirik Hestad <a href="https://twitter.com/Molde_FK?ref_src=twsrc%5Etfw">@Molde_FK</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/UEL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UEL</a> <a href="https://t.co/eoQUkhoO61">pic.twitter.com/eoQUkhoO61</a></p>&mdash; UEFA Europa League (@EuropaLeague) <a href="https://twitter.com/EuropaLeague/status/1366431566793170945?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.03 17:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly