パンツ丸出しでもプレー続行!ハンガリーで執念の“ボール”キープが話題を呼ぶ

2021.02.15 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハンガリー1部リーグで“笑撃”のアクシデントが起きた。舞台となったのは1月30日に行われたフェヘルヴァルとブダペスト・ホンヴェードの一戦。2019年からフェヘルヴァルでプレーするナイジェリア人FWのフンショ・バンボイエ(22)は、左サイドで先発出場を果たす。


最終ラインからのロングフィードを左サイド深くで上手くトラップすると、そのままボックス内に侵入しようと内へ切れ込む。

しかし、相手DFイバン・ロヴリッチからプレッシャーを受けたバンボイエはそのまま倒れ、その際にロヴリッチの右足がユニフォームのショーツに引っ掛かり、白のブリーフパンツが丸出しになってしまった。

バンボイエは体を前に入れていたように見え、本人も倒れながらファールをアピールしていたが、主審の笛は鳴らず、プレーは続行される。

すると、バンボイエは気持ちを切り替え、瞬時に立ち上がるとともに、パンツ丸出しのままボールをキープ。一瞬の隙をみてショーツを上げると、味方のサポートが来たタイミングでパスを出す。

バンボイエはこれで落ち着くつもりだったが、パスは無情にもロヴリッチにカットされてしまし、ボールは奪われてしまった。

SNS専門メディアの『433』の公式ツイッターでもこの一部始終の動画が投稿されると、サポーターは「なんてアクションだ!」「爆笑した」とこの珍事に反応していた。

この試合は無観客での開催。バンボイエにとって自身のパンツ姿を生で多くの人々に見られなかったのは不幸中の幸いかもしれない。

◆白のブリーフ姿で懸命にボールをキープ!!
関連ニュース
thumb

物議醸す判定続くプレミアリーグ、FAが主審の意思決定プロセスに繋がる音声の試合後公開を検討へ

イングランドサッカー協会(FA)は、審判の判定プロセスを明確化するため、音声を報告することへの話を行うとした。 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を導入してからというもの、厳格すぎるオフサイドの判定が問題になったほか、最近ではVAR使用後の相次ぐ誤審、そして審判によって異なるハンドの定義が大きな問題となっていた。 そんな中1つのアイデアが浮上。審判員が判定に至ったプロセルを「わかりやすくする」ことを目的とし、試合後に音声を放送する可能性が浮上している。 現在の試合の規定では、審判と試合以外の役員との間の音声をオープンにすることは禁止されているが、試合後に審判の音声を公開することを妨げるものはない。 FAの最高経営責任者(CEO)であるマーク・ブリンガム氏は、プレミアリーグとFAカップに関する音声の放送について尋ねられた際に前向きな発言をした。 「それは絶対に探求する価値があると思う」 「我々の出発点はファンに付加価値を与え、審判による意思決定のあらゆる部分を理解しやすくするようなものであれば、もちろん検討しなければならない」 「次に、審判の感情が邪魔しているのではと感じている人からの反論を見る必要がある」 FAは公開するかどうかに関して、PGMOL(イギリスの審判協会)と合意に達する必要があるが、前向きに進められることが望まれている。 PGMOLは過去に音声を公開。2018年8月にFAカップのマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーの一戦における、マイケル・オリバー主審の音声を公開した。 これは試合の3カ月後に公開され、教育プレゼンテーションの一環として公にされたものだった。 なお、国際サッカー評議会(IFAB)は試合中にリアルタイムに音声を放送することを許可するかどうかの決定を延期している。 2021.03.08 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

元神戸のポドルスキがトルコサッカーへの不満を明かす「試合が止まりすぎ」「コメディショーのよう」

アンタルヤスポルでプレーする元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、トルコリーグについて批判した。 ケルンやバイエルン、そしてアーセナルやインテル、ガラタサライでプレーし、2017年7月から2019年12月まではJリーグのヴィッセル神戸でプレーしていたポドルスキ。2020年1月にアンタルヤスポルへと完全移籍しプレーしている。 今シーズンはスュペル・リグで21試合に出場し3ゴール1アシストを記録。ここ数試合は数分の出場に留まっている状況だ。 そのポドルスキはトルコ『ファナティック』のインタビューに応じ、トルコのサッカー界が抱える問題について言及した。 「審判は常に、トラブゾンスポルとイスタンブールのビッグクラブの試合で話題になっている。選手やチームのパフォーマンスは考慮されていない」 「例えば、フェネルバフチェの試合の後、アンタルヤスポルの良いパフォーマンスについてのコメントはほとんど見られなかった」 「審判の判定は毎週話題になっている。それはトルコのサッカーにとって有益ではないね。審判は人間だし、間違いを犯す可能性がある。僕たちだって間違いを犯す」 「お互いの行動、クラブの役員、監督の発言…常に混沌とした雰囲気があるね。これは良くないことだ」 また、試合が止まりすぎる事が問題だと主張。審判の判定も問題があるとした。 「試合が終わると、監督やスポーツディレクターが話をし、批判することができる。全てが終わり、次の試合が行われる」 「僕たちは、平均して60分間プレーするけど、あまりにも頻繁に試合が止まる。VARは実際に意思決定がより迅速に行われるために導入された」 「ただ、残念ながら、審判については今やより多くの議論がなされている。誰もがお互いに不平を言う。コメディショーのようなものだよ」 2021.03.08 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーの新ユニがリーク、サポーターからはやや反発の声「ひどいデザイン」

チェルシーの2021-22シーズンのホームユニフォームがリークされてしまったようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。 『SPORTBIBLE』によると、ユニフォーム専門サイトの『footyheadlines』がチェルシーの来季1stユニフォームのデザインをリーク。そのデザインは抽象的なジグザグの全面プリントが特徴で、ナイキとクラブのロゴは黄色、スポンサーである「スリー」のエンブレムは白になっている。 また、Vネックが採用され、側面には黄色のストライプが入っている仕様。ショーツは青と黄色、ソックスは白、黄色、青の3色が配色されている。 このキットは、5月に65ポンド(約1万円)で販売されるようだ。 チェルシーのユニフォームは2017-18シーズンからナイキが手がけているが、今シーズンからイギリスの大手通信会社「スリー」が胸スポンサーに入ったことで、ユニフォーム前面に数字の“3”をモチーフとするロゴが。大きな数字を胸に着けることは、一部サポーターの反感を買っていた。 『SPORTBIBLE』によると、来季の1stユニフォームについても、「なぜナイキが続けているのか?」「(アーリング・)ハーランドはこのひどいキットを見て、(チェルシー移籍に)ノーと言うだろう」「僕たちは嫌われているのか?」など、不満を抱く声が多く寄せられているようだ。 <div id="cws_ad">◆リークされたチェルシーの来季ユニはジグザグが特徴的<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> LEAKED: Nike Chelsea 21-22 Home Kit: <a href="https://t.co/lSESfqQ72X">https://t.co/lSESfqQ72X</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1367670227383779331?ref_src=twsrc%5Etfw">March 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.07 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ベッカムがオーナーのインテル・マイアミに調査、マテュイディの移籍がガイドライン違反か?

デイビッド・ベッカムがオーナーを務めるインテル・マイアミのフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(32)だが、昨夏の移籍が調査されるようだ。 マテュイディは2020年8月にユベントスからインテル・マイアミへと完全移籍。移籍金無しのフリートランスファーで加入した。 この移籍に関して、メジャーリーグ・サッカー(MLS)が5日に声明を発表。ガイドラインに準拠しているかを調査するようだ。 「メジャーリーグ・サッカーは、インテル・マイアミのMFブレーズ・マテュイディの契約に関して、正式なレビューを開始しました」 「具体的には、選手の契約がMLSの給与予算とスカッドのガイドラインに準拠しているかどうかを調査しています」 「調査が完了するまで、MLSはこれ以上のコメントをしません」 MLSは戦力の均衡かを図るためにサラリーキャップ制度を導入しており、各チームの予算が決められている。特別指定選手として例外となる選手も獲得できる中、マテュイディは通常の選手として獲得されていた。 給与は160万ドル(約1億7400万円)に制限されており、昨シーズンのMLSでは15試合に出場し1ゴールを記録していた。 2021.03.06 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

倒れた頭部に相手がボールを蹴る…一瞬怒りも冷静さ失わなかったマネに称賛集まる「名誉ある行動」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネの立ち居振る舞いに称賛が集まっている。イギリス『GIVE ME SPORT』が伝えている。 マネは、4日に行われたプレミアリーグ第29節のチェルシー戦に先発出場。28分にはモハメド・サラーの浮き球の斜めのパスに完璧に抜け出し、GKとの一対一のビッグチャンスを迎えるも、ファーストタッチがうまくいかずにシュートまで持ち込めないなど、沈黙した。 さらにチェルシーの1点リードで迎えた試合終了間際の88分、右サイドでボールを持ったマネがチェルシーのDFアントニオ・リュディガーに倒されファウルを獲得すると、マーティン・アトキンソン主審の笛が鳴った後に、転がっていたボールを近くにいたチェルシーMFマテオ・コバチッチが蹴り、そのボールがマネの頭を直撃した。 故意かは分からないものの、コバチッチの不必要なプレーにマネは怒り、一触即発となった。コバチッチは謝罪をしながらも笑みを浮かべるなど、悪態をついていたが、ビハインドのチーム状況を思い出したのか、マネは冷静さを取り戻しそれ以上の騒動に発展することはなかった。 結局、どちらにもカードが提示されることはなかったが、『GIVE ME SPORT』はマネの行動を「名誉ある行動」として称賛。サポーターからも「素晴らしい自制心」「マネは本当に素晴らしい」といった声が上がっている。 <div id="cws_ad">◆マネが一瞬怒りを見せるもこの後すぐに冷静さを取り戻す<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Not even a yellow card for Kovacic but that’s ok, he doesn’t play for Liverpool <a href="https://t.co/vrdpsOJeKG">pic.twitter.com/vrdpsOJeKG</a></p>&mdash; (@alexis_xh) <a href="https://twitter.com/alexis_xh/status/1367601674798452743?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 20:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly