なでしこジャパン長谷川唯、誕生日にACミラン移籍決定! 感謝の思いを胸に初の海外挑戦

2021.01.29 19:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日テレ・東京ヴェルディベレーザは29日、なでしこジャパン代表MF長谷川唯(24)がイタリアのACミランに完全移籍すると発表した。

長谷川は日テレ・ベレーザの下部組織を経て、トップチームに昇格。2015年から2019年にかけ、プレナスなでしこリーグ1部5連覇に貢献して、個人としても2017年から2020年にかけて4季連続でベストイレブンに輝いた。

代表キャリアも輝かしく、2012年の女子U-17ワールドカップ(W杯)に15歳で飛び級選出されるなど将来を有望視され、2017年にA代表デビュー。これまで42試合に出場して、8得点を記録している。

ミランは2018年に女子部門を創設して間もない新興チーム。2018-19シーズンから2季連続で3位フィニッシュを果たしており、今季は12試合を消化した現時点で女子チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の2位と上位争いを演じている。

自身の誕生日に初の海外挑戦が決定した長谷川は日テレ・ベレーザの公式サイトを通じて、感謝の思いを綴るとともに、夢だったと語るヨーロッパでの活躍に意気込みを語った。

「この度、ACミランに移籍することになりました。このクラブでは本当にたくさんの経験をさせてもらいました」

「中学生のときから高校生、大学生、社会人の選手と練習や試合ができたこと、そして、ベレーザという日本一素晴らしい選手たちが集まるチームを目の前で見ることができ、また、女子だけでなく、男子の様々なカテゴリーのサッカーをいつでも見ることができるこの環境は、私にとってとても大きなものでした」

「指導してもらったスタッフの方はもちろん、カテゴリーが違えど、気軽に話をしてくれるスタッフの皆さん、いつも応援してくれているフロントの皆さんに感謝しています」

「ありがとうございました。そして、メニーナの頃からずっと応援してくれている皆さん、ベレーザサポーターの皆さん、直接挨拶ができず、このような形での報告になってしまい申し訳ありません。勝った時も負けた時もポジティブな声かけをしてくれるベレーザサポーターの皆さんは誇りです」

「これからもメニーナからたくさんの素晴らしい選手が上がってくると思います! 今までのように温かく見守ってもらえると嬉しいです! 今までありがとうございました!!ここで素晴らしい指導者の方、素晴らしい先輩、頼りになる後輩、そして、高め合える同い年、心の底から楽しいと思えるサッカーに出会えました」

「このクラブがなければ、今の自分はいません。小学6年生のメニーナのセレクションで126cmの小さな自分を選んでいただき、ここまで成長させてくれて本当にありがとうございました。12年間お世話になりました。自分の夢だったヨーロッパでのプレーを楽しむこと、ベレーザというチームの価値を証明できるように頑張ってきます!!」

「Grazie mille!!! Ciao」

一方、ミラン側も同日、公式ツイッターを通じて長谷川の加入を発表。「今日は彼女の誕生日でもある。おめでとう! ようこそ!」と綴り、歓迎した。


関連ニュース
thumb

デウロフェウは再び赤黒のユニフォームに袖を通す?ミランなど3クラブが関心か

ウディネーゼに所属する元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(28)は、今夏の移籍市場をセリエA上位陣のクラブへステップアップするチャンスだと捉えているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ウディネーゼの背番号10を背負うデウロフェウは、バルセロナの下部組織出身のアタッカーだ。バルサのファーストチームでは出場機会に恵まれず、ミランやセビージャ、エバートンへの期限付き移籍を経て、2018年1月にワトフォードへ加入すると、2020年10月には同一オーナーが所有するウディネーゼへと活躍の場を移した。 今季のセリエAでは33試合12得点5アシストを挙げ、文字通りチームを牽引してきたデウロフェウ。そんな彼に、ミランやナポリ、ウェストハムが興味を抱いているようだ。 『カルチョ・メルカート』は、デウロフェウが、セリエAのより大きく、野心的なビジョンをもつクラブでプレーしたいと考えていると主張。ウェストハムも関心を寄せているものの、デウロフェウがイタリアの地を離れることはないと推測している。 最も可能性が高いとされるのがミランだ。デウロフェウもかつて在籍しており、期限付き移籍による半年間のみだったが、ミランの選手として17試合4得点を記録している。ミランのパオロ・マルディーニTD(テクニカルディレクター)が、デウロフェウの代理人とシーズン終了後に会談の場を設けると見られており、デウロフェウ自身もミラン復帰に乗り気であるとのことだ。 一方、現在所属するウディネーゼも、デウロフェウの移籍金を1500万ユーロ(約20億円)に設定し、交渉に応じる構えとのことで、今季終了後にステップアップする可能性は非常に高いと見られている。 2022.05.21 17:36 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップ監督がオリジの退団を公表「彼はリバプールのレジェンド」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ベルギー代表FWディヴォク・オリジ(26)の退団を明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今シーズン限りで契約満了を迎えるオリジは、ミラン行きが決定的な状況にある。すでに年俸350万ユーロ(約4億8200万円)の4年契約で個人間合意しており、クラブ間の公式オファーも通知済みと伝えられている。 その中でクロップ監督は、ついに同選手がクラブを去ることを公表。リバプールのレジェンドであることを強調し、別れを惜しんだ。 「ディブとは特別な別れになると思う。私にとって、彼は常にリバプールのレジェンドであり、彼と一緒に仕事ができたことは喜びだった」 「彼は私の下でプレーした選手の中で最も重要な一人だった。どこに行こうとも100パーセント成功するだろう」 「彼の去り際は辛い瞬間になる。彼はリバプールのレジェンドなのだから。間違いなくね」 オリジは2015年にリールから加入。年々戦力が拡充されるにつれて出場機会を減らしていったが、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグの準決勝や決勝で得点するなど、随所で印象的なパフォーマンスを発揮してきた。 2022.05.20 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノのクロアチア代表FWを巡ってウェストハムやミランが争奪戦? 所属元のヴォルフスブルクは売却を進める方針

トリノに所属するクロアチア代表の快足アタッカーを巡り、ウェストハムやミランなどが獲得に名乗りをあげているようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。 両クラブがターゲットとしているのは、ヴォルフスブルクからトリノへとレンタル移籍しているクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(23)。今季のセリエAで32試合7得点2アシストをマークするブレカロは、主に左のウィングを主戦場とする右利きの快足アタッカーだ。 ブレカロは2016年7月、18歳の時にディナモ・ザグレブからヴォルフスブルクへ加入。シュツットガルトへのレンタル移籍を経て徐々に頭角を現すと、昨季はブンデスリーガで29試合に出場し7得点をマーク。今季はブンデスリーガの開幕後にトリノへのレンタル移籍が決まった。 イギリス『Hammers News』によると、ウェストハムはチーム内にジャマイカ代表FWマイケル・アントニオ(32)以外の頼れるセンターフォワードがいない現状を鑑み、今夏ブレカロをチームのスカッドに加えることを考慮していると報じている。 さらに、ブレカロの本職はセンターフォワードではないながらも、ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督がかつてサイドアタッカーだったアントニオを中央へとコンバートしたように、同様の手段を用いて最前線の選手層に厚みを持たせようとしていると分析している。 一方で、スクデット獲得間近のミランもブレカロ獲得を目指しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』は、ブレカロが、母国クロアチアの偉大な先輩であるズボニミール・ボバン氏がかつて在籍したミランでプレーすることを望んでいると報じ、すでにミランが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保していることも、ブレカロ争奪戦において有利に働くと指摘した。 なお、所属元であるヴォルフスブルクは、現行契約が2023年6月までとなっていることを踏まえ、今夏の売却を進める方針だという。ヨーロッパの様々なメディアが報じるブレカロの移籍金については、1000~1100万ユーロ(約13~15億円)が妥当とみるべきか。 他にも、サウサンプトンもブレカロ獲得を目指していると報じられており、知名度こそさほど高くないものの、多くのクラブにとって、ブレカロが有益なオプションとなり得ることを示している。 2022.05.18 19:31 Wed
twitterfacebook
thumb

「力強すぎ」アドレナリン出まくりのイブラが手のひらで窓ガラス粉砕…「ほんまにヒビ入ってる」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、少々やり過ぎてしまったようだ。 11年ぶりのスクデットまであと一歩に迫っているミラン。15日に行われたセリエA第37節ではアタランタと対戦し、2-0で勝利した。 最終節で勝ち点「1」を積めば、2位インテルの試合結果にかかわらずスクデット獲得というところまできたミランだが、それに呼応するように選手やサポーターの気持ちも高ぶっている。 アタランタ戦の直前、本拠地サン・シーロへと向かうチームバスをサポーターたちは熱烈に歓迎。バスを囲み大きな声で選手たちを後押しした。 すると、バスに乗っていたイブラヒモビッチも反応。運転席の方まで出てくると、右の手のひらで窓ガラスを叩いてサポーターたちの声援に応えた。 しかし、気持ちが入り過ぎてしまったのか、窓ガラスはイブラヒモビッチのパワーに耐えられず亀裂が。手のひらで窓ガラスを割るという怪力ぶりを見せたイブラヒモビッチにはファンも驚き。「力強すぎ」、「ほんまにヒビ入ってるやん」、「やってる」、「ガッツリ壊してる」といった反応が寄せられている。 なお、イブラヒモビッチはアタランタ戦で出番はなかった。 ミランは悲願のスクデットをかけ、最終節で11位サッスオーロとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】イブラヒモビッチが手のひらで窓ガラスを粉砕してしまう</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Deportes?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Deportes</a> ¡Fuerza sueca! <br><br>En la llegada del bus del Milan a San Siro, Zlatan Ibrahimovic rompió el parabrisas en medio de los cánticos de su afición. <a href="https://twitter.com/hashtag/NuestroDiario?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NuestroDiario</a><br> RRSS <a href="https://t.co/rzMJ3f4igL">pic.twitter.com/rzMJ3f4igL</a></p>&mdash; Nuestro Diario (@NuestroDiario) <a href="https://twitter.com/NuestroDiario/status/1526023644278730752?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 21:31 Tue
twitterfacebook
thumb

選手層拡大に余念がないミラン、テオのバックアップに若手屈指の実力者獲得を目指す

2010-11シーズン以来11年ぶりのスクデット獲得まであと一歩に迫るミラン。来シーズンへ向けた選手層の拡大にも余念がないようだ。イタリア『SempreMilan』が報じている。 ミランはすでに、リバプールからベルギー代表FWディヴォク・オリジ(27)やリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の獲得が濃厚とされるなど、来シーズンへ向けたスカッドの構築が進行しつつあり、2選手を既存の戦力と照らし合わせてみても、センターフォワード、センターバックと、それぞれのポジションに厚みを持たせる的確な補強であることが伺える。 そんな中、現在のミランにおいて最も替えが効かない選手の1人が、フランス代表DFテオ・エルナンデス(24)だ。 ミランで不動の左サイドバックを務め、今シーズンのリーグ戦で30試合5ゴール6アシストをマークするテオ・エルナンデスだが、『SempreMilan』によると、ミランは彼の競争相手となれる人材を確保したい考えのようだ。 現状では、セネガル代表DFフォデ・バロ=トゥーレ(25)がテオ・エルナンデスのバックアッパーとして控えているものの、ミランの首脳陣はバロ=トゥーレのプレーぶりに納得しておらず、同ポジションでプレーが可能なセリエAでプレーする若手選手たちに興味を抱いているようだ。 『SempreMilan』は、ミランがリストアップする選手として、ジェノアでプレーするU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)や、ボローニャのスコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(19)、エンポリのU-21イタリア代表DFファビアーノ・パリージ(21)を挙げている。 中でも、カンビアソについては、所属するジェノアが来シーズンのセリエB降格がすでに決定していることや、現行の契約が2023年6月までとなっていることから今夏の売却が既定路線とされており、ミラン以外にもインテル、ユベントス、ナポリ、アタランタなど上位陣のほぼ全てのクラブが関心を寄せているとのことだ。 カンビアソ獲得のポールポジションに立つのはインテルとも言われているが、果たして、セリエA若手屈指の実力を有するカンビアソを、もしくは、ヒッキーやパリージを、ミランは手中に収めることができるのだろうか。 2022.05.17 18:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly