「明日からはサッカーに集中できる」香川真司の第一声、PAOK移籍の決め手を語る「非常に誇り高い」

2021.01.28 00:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
ギリシャ・スーパーリーグのPAOKテッサロニキに加入した元日本代表MF香川真司(31)が、クラブのファーストインタビューに応じた。香川は、2019-20シーズンは念願のスペインでのプレーが叶い、セグンダ・ディシオン(スペイン2部)のレアル・サラゴサでプレー。31試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。


しかし、シーズン終了後にEU圏外枠の問題やサラリーの問題があり、チームと契約解除。半年間は無所属のままトレーニングを重ねていた。

27日にPAOKと契約を結んだ香川は、ドルトムント時代につけていた背番号「23」に決定。クラブのインタビューで、移籍の経緯などを語った。

まず、契約を終えた香川は「今日は長い1日でしたけど、しっかりと契約を結ぶことができたので、明日からはサッカーに集中できるかなと思っています」とコメント。半年ぶりの所属クラブができたことで、サッカーに集中できると安堵した。

この半年間については「常に良い準備をしてきて、良いトレーニングをしてきたので、早くピッチに立ちたいですし、自分の力をこのチームに還元できるように全力を尽くしたいなと思います」とコメント。コンディション調整には自信を見せ、ピッチ上でプレーで見せたいとした。

◆香川真司の第一声!

PAOKへの移籍については「ギリシャでもビッグクラブですし、何よりクラブ、監督含めて、常に良いミーティングを重ねてこれたので、それも1つの要因になったと思います」とコメント。詳細については語らなかったが、「細かいことは言えないですけど、監督とも話をさせてもらって、非常にやりたいサッカーであったり、そういったものが自分自身もイメージができて、こういったサッカーをやりたいなと感じることができました」と、クラブが見せているサッカーをイメージできたようだ。

また「早くピッチに立って、練習から監督が目指すサッカーをチームメイトと共に体現できるように。そうすれば必ず上にいけるんじゃないかなと思っています」とコメント。ギリシャ・スーパーリーグで首位のオリンピアコスと勝ち点差12位の4位につけているチームの浮上に力を貸したいと語った。

2018-19シーズンに3度目のリーグ優勝を成し遂げているPAOK。その一員になったことについては「非常に誇り高い気持ちというか、こういった伝統あるクラブでユニフォームを着て戦えることを非常に誇りに思っていますし、その覚悟を僕自身が強く感じているので、ピッチの上で皆さんに、ファンに見せていきたいと思います」とコメント。「PAOKの一員になれたことを非常に嬉しく思っていますし、ここで戦うために自分の全てを出してチームとともに成功を納めていきたいと思うので、ファンの方には非常に熱いファンがいると聞いているので、一緒になって戦ってもらえたら嬉しく思います」と、ファンへのメッセージを送った。

PAOKは、27日に首位のオリンピアコスと対戦。31日には12位のパネトリコスとの対戦を控えている。
関連ニュース
thumb

香川真司がギリシャ・スーパーリーグデビュー!チームは終盤に追いつきドロー《ギリシャ・スーパーリーグ》

PAOKテッサロニキに加入したMF香川真司がギリシャ・スーパーリーグデビューを果たした。 PAOKは7日、ギリシャ・スーパーリーグ第21節でアポロン・スミルニと対戦。2-2のドローに終わった。 今冬に無所属状態からPAOKに加入した香川は、すでにカップ戦でデビューを果たしており、この試合ではベンチ入りを果たしていた。 試合はPAOKが押し気味に進めると29分、右サイドからのクロスがクリアされると、浮き球のボールをMFオマール・エル・カドゥーリがシュート。これがミートしないものの、ボックス内でMFアムル・ワルダが蹴り込み、PAOKが先制する。 前半は1-0でPAOKがリードして折り返すも、後半は一転してアポロン・スミルニのペースに。すると52分にニコラオス・ヨアニディスが倒されPKを獲得。これをサバス・ツァブリスが決めて同点とされる。 <div id="cws_ad">◆カップ戦でデビューを果たす香川真司<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWelZISnBIUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1-1とされたPAOKは62分に香川を投入。ギリシャ・スーパーリーグでのデビューを果たす。 その香川は71分、ボックス手前でパスを受けると、華麗なターンから浮き球のパス。これをボックス内左に入ったワルダが受けると、折り返してチャンスとなるもGKがキャッチする。 すると、その直後にアポロン・スミルニはボックス内で細かくパスをつなぐと、マルク・フェルナンデスがネットを揺らし逆転に成功する。 逆転されたPAOKは88分に右CKを獲得すると、クロスをニアサイドでフェルナンド・バレラがフリック。走り込んだスベリル・インギ・インガソンが押し込んで同点に追いつく。 土壇場で追いついたPAOKはアディショナルタイムにはボックス手前でFKを獲得。ヴィエイリーニャが直接狙うが、これはわずかに外れタイムアップ。2-2の引き分けに終わった。 PAOKテッサロニキ 2-2 アポロン・スミルニ 【PAOK】 アムル・ワルダ(前29) スベリル・インギ・インガソン(後43) 【アポロン・スミルニ】 サバス・ツァブリス(後7)[PK] マルク・フェルナンデス(後36) 2021.02.08 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司が加入したPAOKの今季試合を「DAZN」で独占ライブ配信

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は5日、MF香川真司が加入したPAOKテッサロニキの試合放映権を獲得したことを発表した。 香川は1月27日、半年間の無所属状態に別れを告げ、PAOKへと加入。すでにカップ戦でデビューを果たしていた。 「DAZN」は、PAOKの今シーズン残りゲーム6試合とプレーオフの放映権を獲得。独占ライブ配信することを発表した。 1926年創設のPAOKは、リーグで3度、ギリシャカップで7度の優勝を誇るクラブ。20節終了時点で、ギリシャ・スーパーリーグ4位に付けている。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWelZISnBIUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 残り6試合で来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を目指すPAOKだが、その激闘を「DAZN」で独占ライブ配信。全試合日本語実況付きで配信される。 <ギリシャ・スーパーリーグ 今季配信ラインナップ> ▽2月7日(日) 22:00~ 第21節 PAOKテッサロニキ vs アポロン・スミルニ ▽2月15日(月) 26:30~ 第22節 ヤニナ vs PAOKテッサロニキ ▽2月21日(日) 22:00~ 第23節 PAOKテッサロニキ vs ラミア ▽2月27日(土) 26:30~ 第24節 アステラス・トリポリス vs PAOKテッサロニキ ▽3月7日(日) 26:30~ 第25節 PAOKテッサロニキ vs アリス ▽3月14日(日) 26:00~ 第26節 パナシナイコス vs PAOKテッサロニキ 2021.02.05 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司がカップ戦でPAOKデビュー、5カ月半ぶりの実戦復帰

PAOKテッサロニキに加入したMF香川真司が、新天地デビューを果たした。 キペロ・エラーダス(ギリシャ国内カップ)の3回戦2ndレグでAEラリサと対戦したPAOK。香川は62分から途中出場を果たした。 1stレグで5-0と圧勝していたPAOKは、この試合も主導権を握る展開に。19分にツィガラスがゴールを決めると、29分にはクルメンチクがネットを揺らし、試合の大勢を決めた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0N2tORFdZMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 香川が最後に公式戦でプレーしたのは2020年8月16日の昇格プレーオフのエルチェ戦。実に5カ月半ぶりの実戦復帰となった。 AEラリサ 1-2 PAOKテッサロニキ 0-1:セオカリス・ツィガラス(PAOK) 0-2:ミハエル・クルメンチク(PAOK) 1-2:アドリアン・ペレイラ(ラリサ) ※2戦合計1-7でPAOKが勝利 2021.02.04 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFババ、PAOKにレンタル 香川真司の同僚に

PAOKテッサロニキは30日、チェルシーに所属するガーナ代表DFアブドゥル・ラーマン・ババ(26)のレンタル加入を発表した。期間は今季終了まで。背番号は「21」を着用する。 2014〜2015年までを過ごしたアウグスブルク時代に攻撃的な左サイドバックとして評判を高めたババは2015年夏にチェルシー入り。加入初年度こそ公式戦23試合に出場したが、翌シーズンからレンタル生活を強いられ、シャルケ、ランスを渡り歩き、昨季はマジョルカでプレーした。 今季からチェルシーに復帰したが、トップチームで出番を得られず、セカンドチームでのプレーがメインという状況が続き、先日に元日本代表MF香川真司も加入したギリシャの名門PAOKにさらなるレンタルで活躍の場を移すこととなった。 2021.01.31 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司が新天地PAOKで新人の洗礼!初トレーニングでは軽快な動き

PAOKテッサロニキに加入したMF香川真司が、チームの最初のトレーニングに参加した。 昨シーズン限りでレアル・サラゴサを退団した香川は、昨夏の移籍市場で移籍先を探したものの、スペイン国内でのプレーを希望したため所属先が見つからず、無所属状態が続いていた。 トレーニングを続けていた香川だったが、今冬も所属先が決まらない状態が続くも、27日にスペインでのプレーを諦め、ギリシャのPAOKテッサロニキ入りが決定。1年半契約を結んだ。 ついに所属先が決まった香川は、トレーニングに参加。トレーニング前には、両サイドに並んだ選手の間を駆け抜ける際に背中を叩かれる新加入選手を歓迎する恒例の儀式が行われた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0N2tORFdZMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> かなり痛そうだが、久々にチームに所属した香川からは笑顔が溢れており、その後はトレーニングを行なった。 ウォーミングアップやロンドが行われ、軽いミニゲーム形式のトレーニングでは軽快な動きを見せた香川。新天地でかつての輝きを見せることはできるだろうか。 2021.01.31 10:22 Sun
twitterfacebook