【2020-21セリエA前半戦ベストイレブン】首位ミランから最多5選手を選出

2021.01.27 18:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのセリエA前半戦が1月24日に終了しました。本稿では今季のセリエA前半戦ベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。◆ベストイレブン
GK:ドンナルンマ
DF:カラブリア、ケアー、バストーニ、ダニーロ
MF:チャルハノール、ケシエ、ムヒタリアン
FW:ロサーノ、ルカク、C・ロナウド


GKジャンルイジ・ドンナルンマ(21歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:18(先発回数:18)/失点数:19/出場時間:1620分
16歳でデビューを飾って以降、ミランの守護神を張り続けたドンナルンマが今季前半戦、ハイパフォーマンスを持続した。これまで以上に安定感が増したイタリア代表正GKは、ショットストップへの反応も素晴らしいものがあった。また、ケガ人が続出したバックラインをまとめ上げた点も高く評価したい。

DFダビデ・カラブリア(24歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:2/出場時間:1673分
11月にイタリア代表初選出を果たしたカラブリア。12月に24歳となった右サイドバックはキャリアの最盛期を迎えている。元々、攻撃面が持ち味だったカラブリアだが、守備面での堅実さにおいて飛躍的な成長を遂げた。攻守両面でのバランスが格段に改善され、右サイドバックのポジションを完全に掴んだ。ユベントス戦ではボランチを務め、見事ゴールも決めて見せた。

DFシモン・ケアー(31歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:14(先発回数:14)/得点数:0/出場時間:1179分
一時はキャリアの斜陽を迎えている感のあったケアーだったが、ミラン移籍後はパレルモやヴォルフスブルク在籍時の全盛期のパフォーマンスを取り戻している。対人プレー、空中戦の強さで頭一つ抜けており、ミランの守備に絶大な安定をもたらしている。

DFアレッサンドロ・バストーニ(21歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:0/出場時間:1406分
昨季終盤、DFゴディンとのポジション争いを制してインテルの主力に定着したバストーニ。11月にはイタリア代表デビューを飾るなど成長著しいセンターバックは、今季はレギュラーとして試合に出続けている。左足から繰り出される正確なフィードも武器の一つで、攻守両面でインテルに欠かせない戦力となっている。

DFダニーロ(29歳/ユベントス)
Getty Images

出場試合数:18(先発回数:17)/得点数:1/出場時間:1576分
レアル・マドリー、マンチェスター・シティで鳴かず飛ばずだった男がユベントスでポルト時代の輝きを取り戻している。移籍2年目の今季、ピルロ監督の下、左右のサイドバックを任されているダニーロ。可変システムを可能とさせているのはセンターバックとしても振る舞える彼の存在が大きく、戦術面で柔軟性をもたらしている。バックラインでケガ人やコロナ陽性者が続出していた中、複数ポジションをこなせる彼の存在がチームを助けていた。

MFハカン・チャルハノール(26歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:17(先発回数:15)/得点数:1/出場時間:1388分
ミランにおいてイブラヒモビッチの加入により最も輝きを取り戻したと言えるのがチャルハノールではないだろうか。2017年夏にミラン加入後、チーム共々パッとしないシーズンを送っていた背番号10だが、昨季後半にイブラヒモビッチが加入して以降は見違えるようなパフォーマンスを続けている。最前線でボールを収められるイブラヒモビッチの後方で攻撃を操り、今季ここまで7アシストと攻撃を牽引している。

MFフランク・ケシエ(24歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:18(先発回数:17)/得点数:6/出場時間:1546分
サッスオーロの心臓であるMFロカテッリと迷ったが、ケシエを選出。バックラインの前で防波堤となる泥臭い仕事をこなしつつ、タイミング良くゴール前に顔を出す仕事もこなし、正に攻守に欠かせない存在となっている。ミラン加入後、3シーズン目にしてアタランタ時代のダイナミックなプレーを再現しているコートジボワール代表MFが後半戦もミランを支える。

MFヘンリク・ムヒタリアン(32歳/ローマ)
Getty Images

出場試合数:18(先発回数:18)/得点数:8/出場時間: 1574分
移籍2年目の今季、シャフタールやドルトムント時代の輝きを取り戻しているムヒタリアン。FWジェコがコロナ感染により不在だった際には最前線でプレーしてゴールを挙げ、チームの苦境を救った。アタッキングサードでのアイデア、決定力と申し分ない働きでローマの攻撃を牽引した。

FWイルビング・ロサーノ(25歳/ナポリ)
Getty Images

出場試合数:19(先発回数:17)/得点数:10/出場時間:1385分
昨季は4000万ユーロの移籍金でPSVから鳴り物入りで加入したものの、僅か2ゴールと思うような結果を残せなかったロサーノ。しかし今季は昨季の不出来が忘れ去られる程の印象的なプレーを続けている。FWカジェホンの去った右ウイングのポジションを掴み、前半戦だけで2桁ゴールに乗せた。

FWロメル・ルカク(27歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:18(先発回数:15)/得点数:12/出場時間:1335分
インテルの絶対的エース。ストライカーとしてもチャンスメーカーとしても一流で欠くことのできない存在。決勝弾も多く、勝負強さも光った。

FWクリスティアーノ・ロナウド(35歳/ユベントス)
Getty Images

出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:15/出場時間:1362分
ユベントスでの3季目を迎えたC・ロナウド。今季はシーズン序盤からコンスタントにゴールを重ねた。10月にはコロナ感染もあって欠場があったが、出場試合でコンスタントにゴールを挙げ、さすがの得点力を見せ付けた。ケチを付けるとすれば、前半戦終盤のビッグマッチとなったミラン戦、インテル戦でインパクトを欠いたことか。
関連ニュース
thumb

守備の要が見せた驚異のキック精度!チアゴ・シウバが見せた針の穴を通すようなコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバがミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シウバのピンポイントシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCZGdodDYxZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国ブラジルでのデビューを経て、ポルトガルやロシアで経験を積んだシウバは、2009年1月にミランに加入。守備の要として名門クラブを最終ラインから支えた。 抜群の守備力で最終ラインを引き締めるシウバだが、2011年11月27日に行われたセリエA第13節のキエーボ戦では、珍しい攻撃面での貢献をみせている。 試合開始間もない8分、MFケビン=プリンス・ボアテングがボックス右角付近でボールを持つと、マイナスの緩いパスを中央に送る。このパスにシウバが走り込んでシュートを合わせると、インサイドで狙いすましたシュート。素早いグラウンダーのシュートは、ゴール前の密集をすり抜け、GKのリーチの届かないギリギリのコースを通って、ゴール左下にピンポイントで決まった。 シウバの珍しいゴールで先制したミランは、勢いに乗り4ゴールの大暴れ。4-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="857" data-sg-movie-title="【驚異のキック精度!】チアゴ・シウバが見せた針の穴を通すようなコントロールミドル"></span> 2021.02.27 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第24節プレビュー】日曜に4位ローマvs2位ミランの上位対決

前節行われた首位攻防のミラノ・ダービーはインテルが3-0で快勝する結果となり、首位をキープ。2位ミランとの勝ち点差を4に広げる格好となった。また、アタランタがナポリとの上位対決を制し、5位に浮上している。迎える第24節、日曜に4位ローマvs2位ミランの上位対決が行われる。 ローマ(勝ち点44)は前節、10人となったベネヴェントからゴールを奪えず0-0の引き分けに終わった。センターバックにケガ人を複数抱え、MFスピナッツォーラをセンターバック起用する苦肉の策となったが、攻撃陣が結果を出しきれなかった。それでも木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のブラガ戦ではFWジェコ、FWマジョラルらがしっかりと結果を出して快勝し、ベスト16進出を決めた。悪い流れを断ち切って苦手の上位対決を制しにかかる。 一方、ミラン(勝ち点49)は前節ミラノ・ダービーでは相手GKハンダノビッチの好守連発にも阻まれ、リーグ戦連敗となってインテルとの勝ち点差を4に広げられてしまった。ここで敗れるようだとズルズル行きそうなだけに踏ん張り所となる。そのミランはELではツルヴェナ・ズヴェズダ相手に数的優位となった中、何とか1-1で引き分けアウェイゴール差で辛くも勝ち上がった。芳しくない試合が続く中、ローマ相手に勝利を取り戻せるか。 守護神の躍動に加え、FWルカクとFWラウタロのゴールでミランに快勝とした首位インテル(勝ち点53)は、11位ジェノア(勝ち点26)とのホーム戦に臨む。ダービーを制し、独走態勢に入りつつあるインテルはバッラルディーニ監督就任後、調子を上げここ7試合負けのない好調ジェノアを下してミランにプレッシャーをかけられるか。 FWロナウドの2発でクロトーネに勝利し公式戦連敗を止めた3位ユベントス(勝ち点45/1試合未消化)は、久々に1週間の調整期間があった中、9位ヴェローナ(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨む。FWディバラの復帰が遅れ、FWモラタもコンディションが整わない状況が続くが、首位インテルとの8ポイント差を維持するためにも負けられない一戦となる。 日本人所属のサンプドリアとボローニャはそれぞれ格上のアタランタ、ラツィオと対戦する。まずはDF吉田の所属する10位サンプドリア(勝ち点30)が5位アタランタ(勝ち点43)をホームに迎える一戦。前節ラツィオ戦では3バックの中央でスタメンとなった吉田だったが、ハーフタイムで交代となってしまった。チームはそのまま0-1で敗れたが、吉田は引き続きスタメンのチャンスを得られるか。 対するアタランタは前節ナポリ戦を制した後、水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を戦い、0-1と敗戦した。前半に退場者を出したことが響き、終盤の被弾で押し切られてしまった。疲弊する戦いを強いられた中、リーグ戦3連勝となるか。 続いてDF冨安の所属する12位ボローニャが6位ラツィオ(勝ち点43)をホームに迎える一戦。前半31分に退場者を出しながらもサッスオーロに何とか1-1で引き分けたボローニャ。貴重な勝ち点1をもぎ取った中、格上のラツィオ撃破となるか。なお、ふくらはぎを痛めた冨安は欠場となる。 対するラツィオは前節サンプドリア戦を制してリーグ戦ここ8戦で7勝とした。しかし、勢いを持って臨んだはずのバイエルン戦ではまさかの1-4と惨敗。ショックの大きい敗戦を喫したが、切り替えることはできるか。 アタランタに敗れて7位に後退したナポリ(勝ち点40)は15位ベネヴェント(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。ELではグラナダ相手に2-1と勝利するも2戦合計スコアで及ばなかった。ガットゥーゾ監督のクビが迫るが、1stマッチでゴールの共演があったインシーニェ兄弟の対決にも再び注目したい。 ◆セリエA第24節 ▽2/27(土) 《23:00》 スペツィアvsパルマ 《26:00》 ボローニャvsラツィオ 《28:45》 ヴェローナvsユベントス ▽2/28(日) 《20:30》 サンプドリアvsアタランタ 《23:00》 インテルvsジェノア ウディネーゼvsフィオレンティーナ クロトーネvsカリアリ 《26:00》 ナポリvsベネヴェント 《28:45》 ローマvsミラン 2021.02.27 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

48歳誕生日にミラン戦決定…スールシャール「ナイスなバースデーギフト」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の抽選結果に言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 25日に本拠地で行われたEL決勝トーナメント1回戦2ndレグのレアル・ソシエダ戦をゴールレスドローで終え、4-0の快勝で飾った1stレグでの大量リードをアドバンテージに次のラウンドに進出したユナイテッド。翌26日に行われた抽選の結果、ベスト16での対戦相手は今季のセリエAで優勝争いを演じるミランに決定した。 同日に48歳の誕生日を迎えたスールシャール監督は28日に敵地で予定するプレミアリーグ第26節のチェルシー戦に先駆けた会見で、チャンピオンズリーグ(CL)でも実現してもおかしくないようなミランとの対戦決定に冗談を交えながらコメントした。 「ナイスなバースデーギフトだ。あのドロー結果を見られてね! 我々は抽選に苦しめられてきた伝統がある。CLの舞台で実現し得る抽選結果の1つだよね。楽しみだ」 「我々は試練が必要で、チャレンジを楽しみ、それを受け入れるよ。ミランの伝統と歴史は歓迎する。スタジアムも素晴らしい。我々はそういう部分を楽しみにしている」 そんなミランにはかつてユナイテッドでプレーした元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのほか、昨夏にユナイテッドからレンタル移籍したポルトガル人DFジオゴ・ダロトが所属。ノルウェー人指揮官は両選手についても述べている。 「もちろん、ズラタンの印象に残っている。これまでのキャリアに感心してもいると言っておかなければならない。ここにいたときにキャリアを脅かすようなケガをしてしまったが、全快してMLSに行き、ミランに復帰した。彼らを本当に良く引っ張っているよね」 「今季の彼らは調子が良い。彼のみならず、ジオゴにも感銘を受けている。ビッグクラブでの経験を積むべく、ミランに移り、多くのことを学んでいるようだね。今季は多くの試合に出場して、コンディションも整っている。願わくば、そんな彼を苦しめたいね!」 2021.02.27 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16の組み合わせが決定!ユナイテッドvsミランのビッグマッチが実現!アーセナルは昨季因縁のオリンピアコスと対戦

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が、26日にスイスのニヨンで行われた。 ラウンド32では、強豪揃うイングランド勢とイタリア勢は大方順当に駒を進めたが、それぞれレスター・シティとナポリが、スラビア・プラハとグラナダに敗れ無念の敗退。そのグラナダを含むスペイン勢では、ビジャレアルもザルツブルクを下しベスト16に進んでいる。 その他では、チャンピオンズリーグ(CL)の常連であるシャフタール、アヤックス、オリンピアコスらも突破を決めたが、昨季8強のレバークーゼンとホッフェンハイムのドイツ勢2チームが敗退している。 また、今ラウンドに日本人選手として唯一参戦したアントワープのMF三好康児は、レンジャーズに合計スコア5-9で敗れて、ラウンド32で散った。 そして、ラウンド16では、マンチェスター・ユナイテッドvsミランのビッグマッチが実現。最後に対戦したのは2009-10シーズンのCLラウンド16で、当時はユナイテッドが合計スコア7-2でミランを粉砕している。 上記2チームと同じく優勝候補に挙げられるローマはシャフタール・ドネツクと対戦。両者は過去にCLで6度の対戦歴があり、最近では17-18シーズンのラウンド16で激突し、2戦合計2-2でアウェイゴールの差でローマが勝ち上がっていた。 アーセナルは昨季のELラウンド32で苦杯を舐めさせられたオリンピアコスが相手。その時は180分で決着がつかず、延長戦の末に逆転負けを喫した。 トッテナムはディナモ・ザグレブと対戦。08-09シーズンにELの前身であるUEFAカップのグループステージで同居しており、前スタジアムのホワイト・ハート・レーンではFWダレン・ベントのハットトリックで快勝を収めている。 なお、ラウンド16は3月11日と同18日に予定されており、準々決勝と準決勝の抽選会は翌19日に行われる。 ◆ELラウンド16組み合わせ アヤックス vs ヤング・ボーイズ ディナモ・キエフ vs ビジャレアル ローマ vs シャフタール・ドネツク オリンピアコス vs アーセナル ディナモ・ザグレブ vs トッテナム マンチェスター・ユナイテッド vs ミラン スラビア・プラハ vs レンジャーズ グラナダ vs モルデ 2021.02.26 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランMFケシエが21歳の若さでこの世を去った後輩をゴールで追悼「チャンピオンであるウィリー・タ・ビ、さようなら」

ミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエが、先日亡くなった元U-20コートジボワール代表MFウィリー・タ・ビを追悼した。 ミランは25日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでツルヴェナ・ズヴェズダをホームに迎え、1-1で引き分けた。 この試合にフル出場したケシエは、9分にPKで先制ゴールをマーク。その際に、「チャンピオンであるウィリー・タ・ビ、さようなら」のメッセージが書かれたシャツを掲げ、敬意を表していた。 2019年1月に母国のミモサスからアタランタに加入したセントラルMFのタ・ビは、ファーストチームでの出場機会はなかったが、プリマヴェーラでは現マンチェスター・ユナイテッドのFWアマド・ディアロらと共にカップ戦優勝を果たすなど将来を嘱望され、アタランタ、そしてコートジボワール代表の先輩であるケシエのような選手になることが期待されていた。 2019年7月に出場機会を求めてレンタルでペスカーラに加入したものの、体調の悪化により9月にはアタランタに復帰を果たしていた。 ここ数カ月は母国コートジボワールに戻って治療に専念していたが、23日に肝臓がんのため帰らぬ人となってしまった。 <div id="cws_ad">◆ケシエがメッセージ入りシャツを掲げる感動的なシーン<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">After scoring for <a href="https://twitter.com/acmilan?ref_src=twsrc%5Etfw">@acmilan</a> tonight, Franck Kessie dedicated his goal to Willy Ta Bi, the Atalanta youngster who passed away after a long battle with cancer aged this week <a href="https://t.co/Wuy3gXYMAO">pic.twitter.com/Wuy3gXYMAO</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1365052236435488774?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.26 20:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly