【2020-21ブンデス前半戦ベストイレブン】ヘルプスト・マイスターのバイエルンから最多3選手、遠藤航を選出

2021.01.26 18:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのブンデスリーガ前半戦が1月20日に終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガ前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ベストイレブン
GK:グラーチ
DF:バク、タプソバ、アラバ、アンヘリーニョ
MF:ヴィルツ、遠藤航、ミュラー
FW:ワマンギドゥカ、レヴァンドフスキ、ハーランド


GKペーテル・グラーチ(30歳/ライプツィヒ)
Getty Images

出場試合数:17(先発回数:17)/失点数:14/出場時間:1530分
前半戦を終えてリーグ最少の14失点に抑えたグラーチを選出。年々安定感を増しているハンガリー代表の守護神は、今季復調を果たしたDFウパメカノと共にライプツィヒの堅守を支えている。

DFリドル・バク(22歳/ヴォルフスブルク)
Getty Images

出場試合数:17(先発回数:16)/ 得点数:2/出場時間:1400分
好調ヴォルフスブルクを支える一人。パリ・サンジェルマンからも興味を持たれていた中、ヴォルフスブルクを新天地に選んだバク。11月にはドイツ代表初招集も受け、充実の時を過ごしている。サイドバックが本職ではあるものの、ヴォルフスブルクでは攻撃センスを買われて1列前での起用が多くなっている。

DFエドモン・タプソバ(21歳/レバークーゼン)
Getty Images

出場試合数:15(先発回数:13)/得点数:0/出場時間:1210分
昨年1月にヴィトーリアから加入したブルキナファソ代表のセンターバックであるタプソバ。21歳と若いながら落ち着いたプレーが特長で戦術理解度も高い。194cmの体格からもわかるようにフィジカルも申し分なく、加入1年でレバークーゼンの守備の要となった。

DFダビド・アラバ(28歳/バイエルン)
Getty Images

出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:1/出場時間:1361分
バイエルンとは契約問題で大いに揺れているアラバだが、ピッチ上ではそんな素振りを一切見せず、安定したプレーを続けている。相方のDFジューレ、DFボアテングが負傷の影響もあって不安定なプレーが目立つ中、昨季からセンターバックにポジションを変えたアラバがディフェンスラインを締めている。

DFアンヘリーニョ(24歳/ライプツィヒ)
Getty Images

出場試合数:16(先発回数:16)/ 得点数: 4/出場時間: 1433分
マンチェスター・シティから再レンタルの形で今季もライプツィヒでプレーすることになったアンヘリーニョは、その攻撃性能をさらに高めた。アシストだけでなく得点力も増し、4ゴール4アシストを記録。ライプツィヒで進化を続けている。

MFフロリアン・ヴィルツ (17歳/レバークーゼン)
Getty Images

出場試合数:14(先発回数:13)/得点数:3/出場時間:1142分
昨年1月にケルンからレバークーゼンに加入した17歳の若武者は瞬く間にレバークーゼンの主力に定着した。攻守に奔走するスタイルで、ボス監督の志向するサッカーにフィット。とりわけ攻撃面でアクセントを付けられるだけのテクニックを持ち合わせている点が強みで得点力も併せ持っている。

MF遠藤航(27歳/シュツットガルト)
Getty Images

出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0/出場時間:1530分
日本人という贔屓目がなくともベストイレブンに選出されておかしくないパフォーマンスを見せた。昨季2部に降格していたシュツットガルトに加入後、飛躍的な成長を遂げている。チームを1部昇格に導いて迎えた今季、中心選手として自信を持ったプレーを続け、前半戦は見事なフルタイム出場を果たした。

MFトーマス・ミュラー(31歳/バイエルン)
Getty Images

出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:7/出場時間:1495分
前半戦は全試合スタメンで7ゴール10アシストと申し分ないスタッツを残した。レヴァンドフスキとの好相性を生かし、トップ下の位置から抜け目なくゴールを陥れている。昨季、フリック監督の下で復活した状態を維持し、レヴァンドフスキと共に攻撃陣を牽引している。

FWサリス・ワマンギトゥカ(21歳/シュツットガルト)
Getty Images

出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:9/出場時間: 1217分
遠藤航のチームメート。快足アタッカーのワマンギトゥカはチームの戦術の根幹を成している。圧倒的なスピードでショートカウンターの起点になり、シュツットガルトのストロングポイントとなっている。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(32歳/バイエルン)
Getty Images

出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:22/出場時間: 1334分
32歳となった今季も衰える気配は微塵もない。コンスタントにゴールを挙げ、相変わらず不調知らずのバイエルンが誇る大エースだ。

FWアーリング・ハーランド(20歳/ドルトムント)
Getty Images

出場試合数:12(先発回数:11)/得点数:12/出場時間:1002分
ケガで5試合を欠場することになった前半戦となったが、それでも出場した試合ではコンスタントにゴールを挙げ続け、その才能にやはり疑いの余地はない。昨季後半から続く圧巻の決定力は不調のドルトムントにおいても関係ない。


関連ニュース
thumb

バイエルンがオーストリアの若手MFを確保、世代別代表も経験の17歳MFメトゥと4年契約

バイエルンは2日、オーストリアのSKNザンクト・ペルテンからU-17オーストリア代表MFエミリアン・メトゥ(17)の獲得を発表した。 契約期間は2025年6月までとなり、2021-22シーズンから加入。当面はセカンドチームに所属することとなる。 メトゥは、ザンクト・ペルテンの下部組織で育ち、2020年9月に昇格。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで2試合に出場していた。また、世代別のオーストリア代表も経験している。 191cmの長身で、懐の深さもあり、スケールの大きなプレーをするメトゥは、1月からバイエルンでトライアルを受けていたとのこと。この度その能力が認められ、正式に契約を結ぶこととなった。 メトゥは「僕にとって夢のような出来事だよ。家族全員が長年バイエルンのファンだった。僕はこの偉大なクラブの一員になりたい。ミュンヘンで自分を表現したいよ」と今回の契約にコメントしている。 2021.03.03 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

角度ゼロから曲げ入れる!コーナーフラッグ付近からサイドネットに決まった驚愕のゴール【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 エウベル(当時26歳) 国籍:ブラジル 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:180cm 高さ、強さ、スピード、決定力を高いレベルで兼ね備える万能型ストライカーとして活躍したエウベル氏。ブンデスリーガではバイエルンやシュトゥットガルトでプレーし、133ゴールを記録。ブレーメンの元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロとバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに抜かれるまで、ブンデスリーガの外国人最多得点記録を保持していた。 【試合詳細】 日程:1999年2月27日 大会:ブンデスリーガ第20節 対戦相手:ハンザ・ロストック 時間:後半24分(0-0) <div id="cws_ad">◆ほぼゼロ角度から決めた衝撃のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0ZTBvcFFsNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた69分、味方のFWカルステン・ヤンカーが右サイドで出したパスが少し大きくなり、相手GKマーティン・ピッケンハーゲンがボックスをでてゴールラインを割るまで待とうとした。 しかし次の瞬間、エウベルが隙を見て一気に詰めると、やや虚を突かれたピッケンハーゲンからボールをラインぎりぎりで奪い、右コーナーフラッグ付近から左足でそのままシュート。カーブのかかったボールは、無人のゴールの逆サイドネットへとゆっくり吸い込まれていった。 このゴールで先制したバイエルンは一気に畳みかけ、後半だけで4得点を記録。エウベル自身も2ゴール1アシストと見事な活躍を見せた。 <span data-sg-movie-id="875" data-sg-movie-title="【角度ゼロから曲げ入れる!】コーナーフラッグ付近からサイドネットに決まった驚愕のゴール"></span> 2021.03.03 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

抜群の動き出しでマーカーを置いてけぼり!ドイツの逸材が見せた豪快ダイビングヘッド/2016-17【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆鮮やかなダイビングヘッド!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlN3F2Unh0RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> シュトゥットガルトユース出身のキミッヒは、同クラブやRBライプツィヒで頭角を現すと、2015年夏にバイエルンに加入した。 中盤やサイドバックもこなす器用さを武器に“フィリップ・ラームの後継者”と期待されるキミッヒだが、2016年10月1日に行われたブンデスリーガ第6節のケルン戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた40分、左サイドに抜け出したDFフアン・ベルナトが鋭いクロスを入れる。中盤から攻撃参加していたキミッヒは、素早い加速でフリーのままゴール前に飛び出すと、鮮やかなダイビングヘッド。ゴール右に見事なゴールを決めてみせた。 先制に成功したバイエルンだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="873" data-sg-movie-title="【マーカーを置いてけぼり!】ドイツの逸材が見せた豪快ダイビングヘッド"></span> 2021.03.02 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンが左SBを確保、英2部のリチャーズ獲得で合意報道

バイエルンが、新たな左サイドバックを確保したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 バイエルンが確保したとされるのは、レディングに所属するイングランド人DFオマー・リチャーズ(23)。バイエルンのメディカルチェックに合格し、契約で合意に至ったようだ。 リチャーズはフルアムの下部組織出身で、15歳の時にレディングに加入。2017年8月にチャンピオンシップ(イングランド2部)でファーストチームデビューを果たし、今シーズンはここまで29試合に出場している。 また、U-21イングランド代表経験もあり、将来が期待されているディフェンダーだ。 バイエルンは左サイドバックにカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが君臨しているが、本来であれば攻撃的な選手。リチャーズが左サイドバックに入ることで、アルフォンソ・デイビスを攻撃的に使うことが可能となっている。 なお、バイエルンはノリッジに所属するU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズも獲得候補に挙げている。 2021.03.02 11:59 Tue
twitterfacebook
thumb

これぞワールドクラス!レヴァンドフスキが見せたアクロバティックな回転ハイキックボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆回転ハイキックボレー!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPdGJjVTZKWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ドルトムントでリーグ屈指のストライカーとして頭角を現したレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンへ加入。ゴールを量産し、ワールドクラスのストライカーとして評価を上げている。 ドイツの絶対王者バイエルンのエースストライカーとして活躍を続けるレヴァンドフスキだが、2021年2月15日に行われたブンデスリーガ第21節のビーレフェルト戦では、アクロバティックなゴールを決めている。 格下のビーレフェルト相手に前半だけで2失点を許し、0-2で迎えた48分、相手陣内中央やや右でボールを持ったDFダビド・アラバが浮き球のボールをボックス内に上げる。 このパスをゴール前で抜け出して受けたレヴァンドフスキは、ゴールに背を向けた状態から、柔らかい胸トラップで空中にボールを上げると、振り返りながらハイキックでボレーシュート。至近距離からゴール左下にシュートを叩き込み、反撃の狼煙を上げるゴールを決めた。 その後1-3とリードを広げられたバイエルンだったが、反撃に成功し、3-3の引き分けに持ち込んでいる。 <span data-sg-movie-id="860" data-sg-movie-title="【これぞワールドクラス!】レヴァンドフスキが見せたアクロバティックな回転ハイキックボレー"></span> 2021.02.28 14:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly