まるで優雅なダンス! フェイント1つで3人を抜くジダンのエレガントゴール【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

2021.01.21 20:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ジネディーヌ・ジダン(当時27歳)
国籍:フランス
所属:ユベントス
ポジション:MF
身長:185cm

カンヌでのデビュー後、ボルドーで頭角を現したジダン氏は、1996年から、レアル・マドリーへと移籍する2001年までユベントスでトップ下として活躍。在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録している。


【試合詳細】
日程:2000年1月23日
大会:セリエA第18節
対戦相手:レッジーナ
時間:後半19分(1-0)

◆ジダンが決めたエレガントなゴール

1-0とユベントス1点リードの64分、ユベントスは敵陣左サイドでスローインを得る。スローインを受けたジダンは、ダイレクトでFWアレッサンドロ・デル・ピエロに渡し、そのままワンツーで抜け出す。

ペナルティアーク付近まで侵入したジダンは、シュートフェイントで3人のDFを一気にかわすと、左足に持ち替え、ボックス内へと侵入。最後は左足でゴール左上に強烈なシュートを叩き込んだ。

3人を騙したシュートフェイントはもちろん、その後の持ち替えやフィニッシュもすべてがワールドクラスで、これぞジダンというエレガントなゴールだった。


関連ニュース
thumb

レーティング: ユベントス 3-1 ラツィオ《セリエA》

セリエA第26節、ユベントスvsラツィオが6日に行われ、3-1でユベントスが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210307_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.0 劣勢の前半序盤をうまく凌いだ DF 16 クアドラード 5.5 公式戦5試合ぶり復帰。及第点の出来 (→アルトゥール -) 28 デミラル 6.0 ソリッドな守備を続けてディフェンスを締める 12 アレックス・サンドロ 6.0 センターバック起用。そつなくこなした 33 ベルナルデスキ 6.0 左サイドバック起用。前節のアシストで気を良くしているようなパフォーマンス MF 44 クルゼフスキ 4.5 致命的なバックパスミスで1失点目を献上。立て直しが効かなかった (→ディ・パルド -) 13 ダニーロ 6.0 ボランチ起用。ユーティリティ性の高さを示すように無難にこなした 8 ラムジー 6.0 トップ下の位置でボールに頻繁に関与。PK獲得 (→マッケニー -) 25 ラビオ 6.0 うまくゲームに入れていなかったが、貴重な同点弾を決めた 22 キエーザ 6.5 とりわけ後半に入って躍動。カウンターの起点となった (→ボヌッチ -) FW 9 モラタ 6.5 ドッピエッタでチームを勝利に導く (→C・ロナウド -) 監督 ピルロ 6.0 ダニーロやベルナルデスキら、本職でないポジションでの起用を敢行し活性化を図る ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210307_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 5.0 特に責任はないが、好守もなかった DF 77 マルシッチ 5.5 センターバック起用。キエーザのスピードを封じた (→アンドレアス・ペレイラ -) 14 ホード 5.0 モラタのスピードに対応しきれず 33 アチェルビ 5.5 彼自身に大きなミスはなかった MF 19 ルリッチ 5.5 キエーザをうまく抑えていた (→パトリック 5.0) 守備を締めきれず 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 バー直撃のヘディングシュートがあったが、PK献上 6 ルーカス・レイバ 5.5 彼の交代後に2失点 (→エスカランテ 5.0) 2失点目につながった対応は軽かった 10 L・アルベルト 5.5 バイタルエリアでアクセントを付けていた (→カイセド -) 96 ファレス 5.0 攻守に凡庸だった FW 11 コレア 6.0 相手のミスを突いて先制点。ドリブルでアクセントを付ける 17 インモービレ 5.0 前線で孤立。ミドルシュート1本のみに終わった (→ムリキ -) 監督 S・インザーギ 5.5 入りは良かったが、先制後、消極的になってしまった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! キエーザ(ユベントス) ドッピエッタのモラタと共にチームを勝利に導いた。走力を武器にラツィオ守備陣を切り裂いた。 ユベントス 3-1 ラツィオ 【ユベントス】 ラビオ(前39) モラタ(後12) モラタ(後15)【PK】 【ラツィオ】 コレア(前14) 2021.03.07 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

モラタ2発のユーベがラツィオに逆転勝利、CLポルト戦に弾み《セリエA》

セリエA第26節、ユベントスvsラツィオが6日に行われ、3-1でユベントスが逆転勝利した。 前節スペツィアに勝利した3位ユベントス(勝ち点49)は3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を控える中、スペツィア戦のスタメンから4選手を変更。C・ロナウドがベンチスタート、コロナ陽性となったベンタンクールが欠場し、2トップはモラタとクルゼフスキが形成した。 一方、前節トリノ戦がコロナによって延期となり、1週間の調整期間を得られた7位ラツィオ(勝ち点43)はラッツァーリが負傷欠場となった中、右サイドに本職左のルリッチを起用した。 [4-2-3-1]で臨み、ダニーロをボランチに、ベルナルデスキを左サイドバックで起用する奇策に出たユベントスに対し、ラツィオが攻勢をかけるスタートとなる。 すると14分、ラツィオが勢いそのまま先制する。クルゼフスキのバックパスミスをコレアがカットし、そのままドリブルシュートを決めきった。 その後もラツィオがフィニッシュに持ち込むシーンを生み出していたが、前半半ばを過ぎてユベントスがポゼッションを高めていく。すると38分にこの試合、初めての決定機。FKからゴール前でフリーとなっていたダニーロがヘッド。だが、枠を捉えきれなかった。 それでも39分、ユベントスが追いつく。モラタのパスを受けたボックス左のラビオが強烈なシュートでニア天井を打ち抜いた。 1-1で迎えた後半、押し込む入りとしたユベントスは開始4分にキエーザがドリブルシュートでオンターゲットを記録。 対するラツィオは52分、ミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートがバーに直撃した。 互いにゴールに迫った中、59分にユベントスが逆転する。ロングカウンターに転じた流れからキエーザのラストパスを受けたモラタがDFと並走しながらシュートを決めきった。 さらに59分、ボックス左でラムジーがミリンコビッチ=サビッチに倒されてPKを獲得。このPKをモラタが決めてユベントスが3-1とリードを広げた。 ポルト戦を睨むユベントスは69分に3枚替え。モラタ、クアドラード、ラムジーに代えてC・ロナウド、マッケニー、ケガ明けのアルトゥールを投入した。 終盤にかけてはユベントスが試合をコントロール。負傷明けのボヌッチも投入し、ポルト戦に向けて調整を進めつつ大きな勝利を手にしている。 2021.03.07 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

市長選に立候補と噂されたマルキジオが完全否定で憤り「くだらないことに対応しなければならない」

かつてユベントスでプレーしていたクラウディオ・マルキジオ氏(35)が、自身にまつわる噂を否定した。 マルキジオは、ユベントスの下部組織で育ち、エンポリへのレンタル移籍を経験もユベントスで長らくプレー。キャリアの最後はゼニトでプレーしたが、2019年10月に現役を引退していた。 イタリア代表としても55試合に出場し5ゴールを決めているマルキジオ。最近では、一部報道で自身が生まれ育ったトリノの市長選に立候補する準備ができていると報じられていた。 しかし、この噂についてマルキジオは自身のツイッターで完全に否定している。 「僕が信じられないのは、このくだらないことに対応しなければならないということだ」 「政治は深刻なことだ。だから真剣になってもらいたい」 政治家に転身するという根も葉もない噂に対して憤りを隠さなかったマルキジオ。出馬すれば大きな支持を得られそうではあるが、その道に進む気はないようだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Quello che trovo incredibile è che debba anche rispondere a queste assurdità.<br>La politica è una cosa seria.<br>Allora per favore facciamo i seri.<a href="https://twitter.com/hashtag/Torino?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Torino</a> <a href="https://t.co/GpgAuOtZyv">pic.twitter.com/GpgAuOtZyv</a></p>&mdash; Claudio Marchisio (@ClaMarchisio8) <a href="https://twitter.com/ClaMarchisio8/status/1367570669022642190?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

故障者多しユーベ、ベンタンクールも新型コロナ感染で戦線離脱

ユベントスは4日、ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールの新型コロナウイルス陽性を公表した。 ベンタンクールの感染はクラブが実施したプロトコルに遵守する検査で発覚。選手は現時点で無症状であり、すでに自宅隔離措置に努めているという。 今月1日にチームスタッフ1名の陽性判定も明らかにしたユベントスは活動継続に必要なプロトコルについて、地元保健当局の指示を仰いでいる模様だ。 FWアルバロ・モラタが戦列復帰したユベントスだが、先日にDFマタイス・デ・リフトが新たに負傷離脱するなど、主力に故障者が相次いでいる。 離脱組に加わったベンタンクールは今季、公式戦33試合の出場で3アシストを記録。2日に行われたセリエA第25節のスペツィア戦もフル出場していた。 なお、これを追って報じたイタリア『スカイ』によると、感染により、6日に行われるセリエA第26節のラツィオ戦、9日に予定するチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのポルト戦欠場が決定的とみられる。 2021.03.05 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

このぐらい朝飯前!?ピルロがいつも通りの涼しい顔で叩き込んだ衝撃のブレ球30ヤード弾/2014-15【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 アンドレア・ピルロ(当時35歳) 国籍:イタリア 所属:ユベントス ポジション:MF 身長:177cm ブレシアでプロキャリアをスタートさせたピルロ氏は、ミランで頭角を現し、世界屈指のMFとしての評価を得る。2011年にユベントスに移籍した後もチームを数々のタイトルに導いた。今シーズンからは監督として同クラブを率いている。 【試合詳細】 日程:2015年2月20日 大会:セリエA第24節 対戦相手:アタランタ 時間:前半45分(1-1) <div id="cws_ad">◆涼しい顔で叩き込んだ衝撃のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI5WlFyaEtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1-1と同点で迎えた45分、アタランタ陣内中央辺りの位置でボールを持ったピルロは、そこから豪快なロングシュートを放つ。無回転気味のボールはブレながらゴール右上に突き刺さり、見事な勝ち越しゴールとなった。 衝撃のスーパーロングシュートを決めたピルロだったが、本人はいつも通りの涼しい顔のまま。味方にもみくちゃにされながらも冷静な表情で帰陣した。 ピルロのゴールで勝ち越したユベントスは、そのまま2-1で試合に勝利している。 <span data-sg-movie-id="889" data-sg-movie-title="【衝撃のブレ球30ヤード弾!】ピルロが涼しい顔で叩き込んだ超絶ゴール"></span> 2021.03.04 18:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly