一体何人隠れている? 試合中に大雪が積もったピッチに上下白の選手たちが潜む

2021.01.17 18:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
悪天候であっても基本的には試合が決行されるサッカーだが、トルコのイスタンブールでは、雪が思わぬハプニングを巻き起こした。舞台となったのは、16日に行われたスュペル・リグ(トルコ1部)第19節のイスタンブール・バシャクシェヒルvsスィヴァススポルの一戦だ。


イスタンブールでは激しく雪が降っていたもののピッチに積もってはおらず、問題なくキックオフを迎えたが、4分に主審の指示によりボールが白色からオレンジ色のものへと変更された。

その後も試合は続行されたが、後半には雪が積もってピッチ一面が雪景色に。スィヴァススポルのユニフォームが上下真っ白だったことから、中継映像ではスィヴァススポルの選手がほぼ見えない状況となっていた。

『ESPN』の公式ツイッターも試合の画像を公開し、「写真の中から何人のスィヴァススポルの選手を見つけられますか?」とあまりの分かりづらさをネタにしている。

ピッチ上では認識できたと思うが、試合を観戦する人からしたら試合に集中することはできなかっただろう。ちなみに筆者は5人のスィヴァススポル選手を見つけることができた。

なお、試合は前半に両チームが1点を奪い合い、1-1で引き分けている。

◆大雪で選手が行方不明に!
関連ニュース
thumb

昨季まで横浜FMでプレーしたFWエリキが中国の長春亜泰に加入、背番号「11」

中国スーパーリーグの長春亜泰は、昨シーズンまで横浜F・マリノスでプレーしたFWエリキ(26)をパウメイラスから獲得したことを発表した。 エリキはゴイアスやパウメイラス、アトレチコ・ミネイロ、ボタフォゴでプレー。2019年8月にパウメイラスから横浜FMへ期限付き移籍で加入していた。 横浜FMでは、J1通算41試合21得点、リーグカップ通算2試合出場、天皇杯通算1試合1得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で3試合1得点を記録していた。 2020シーズンは明治安田J1で29試合に出場しチーム最多タイの13得点を記録。パウメイラスと横浜FMは完全移籍に向けて年内から交渉を進めており、横浜FMの年末年始休暇を経てまとまるものだと報じられていたが、1月13日に退団していた。 なお、2021シーズンは背番号「11」をつけるとのことだ。 また、長春亜泰は元デンマーク代表DFヨレス・オコレ(28)をデンマークのオールボーから獲得していた。 2021.02.27 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

上海申花もC大阪からヨニッチ獲得を正式発表!

上海申花は26日、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ(30)の加入を正式発表した。 ヨニッチは2017年にセレッソ大阪入りすると、4シーズン連続でリーグ戦30試合以上に出場するなど、センターバックの絶対的軸に。その間、チームの一員としても天皇杯やYBCルヴァンカップのタイトル獲得に貢献した。 今季もレヴィー・クルピ新体制の下で守備陣の軸として期待されたヨニッチだが、C大阪が先月21日に中国スーパーリーグの上海申花に完全移籍で移ることを発表した。 上海申花は「チームの守備陣を総合的に向上させ、最終ラインの堅さと安定感を高めてくれる。新シーズンにチームメイトと連携して、安定したパフォーマンスで堅守を築き、好結果をもたらしてくれる」と期待した。 2021.02.27 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

フラメンゴがブラジル・セリエA連覇! 本田圭佑が所属したボタフォゴは最下位で2部降格

2020シーズンのブラジル・セリエA最終節が25日に行われ、フラメンゴの2年連続8度目の優勝が決定した。 首位で最終節に臨んだフラメンゴは4位のサンパウロと対戦。勝てば文句なしの自力優勝だったが、前半アディショナルタイムに、得点ランクでトップに立つFWルシアーノにゴールを決められ先制を許してしまう。後半立ち上がりにFWブルーノ・エンヒキのゴールで同点に追いつくものの、その7分後に再び失点し、2-1で敗れた。 しかし、2位のインテルナシオナウがコリンチャンスに0-0で引き分けたため、フラメンゴが1ポイント差で逃げ切り、優勝を果たした。 試合後、優勝会見に臨んでいたロジェリオ・セニ監督は、突然現れた選手たちから伝統的なアイスバケツを喰らわされ、「凍えそうだ! 尊敬の欠如だ!」と冗談を交えながら喜びを分かち合った。 一方、日本代表MF本田圭佑が1月まで在籍したボタフォゴは最下位でシーズンを終え、クラブ創設以来3度目の2部降格となった。 ◆ブラジル・セリエA2020シーズン最終順位 1.フラメンゴ(71Pt) 2.インテルナシオウナウ(70Pt) 3.アトレチコ・ミネイロ(68Pt) 4.サンパウロ(66Pt) --コパ・リベルタドーレス本選出場-- 5.フルミネンセ(64Pt) 6.グレミオ(59Pt) --コパ・リベルタドーレス予選出場-- 7.パルメイラス(58Pt) 8.サントス(54Pt) 9.アトレチコ・パラナエンセ(53Pt) 10.ブラガンチーノ(53Pt) 11.セアラー(52Pt) 12.コリンチャンス(51Pt) --コパ・スダメリカーナ出場-- 13.アトレチコ・ゴイアニエンセ(50Pt) 14.バイーア(44Pt) 15.スポルチ・レシフェ(42Pt) 16.フォルタレーザ(41Pt) --降格圏-- 17.ヴァスコ・ダ・ガマ(41Pt) 18.ゴイアス(37Pt) 19.コリチーバ(31Pt) 20.ボタフォゴ(27Pt) 2021.02.26 17:09 Fri
twitterfacebook
thumb

ラピド・ウィーンのFW北川航也がふくらはぎ肉離れで離脱、今季はELにも出場し4ゴール

ラピド・ウィーンは25日、日本代表FW北川航也の負傷を発表した。 クラブの発表によると、北川はふくらはぎを肉離れしたとのこと。数週間の離脱になるとのことだ。 2019年7月に清水エスパルスからラピド・ウィーンへ完全移籍した北川は、これまで公式戦43試合に出場し7ゴール2アシストを記録。今シーズンは途中出場が主ながらも、オーストリア・ブンデスリーガで13試合に出場し3ゴール1アシストを記録。また、ヨーロッパリーグにも出場し、アーセナル戦に出場するなど5試合に出場し1ゴールを記録していた。 なお、直近の2試合はベンチ入りするものの出場機会はなかった。 クラブは「ラピド・ウィーンは32番が早く、問題なく復帰することを願っています」とし、日本語で「お早い回復を願っております」と早期復帰を願った。 <div id="cws_ad">◆北川航也のオーストリア・ブンデスリーガ初ゴール<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Ein guter Morgen beginnt mit einem Rapid-Tor! <br><br>3️⃣. Sieg in Folge. Koya <a href="https://twitter.com/hashtag/Kitagawa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Kitagawa</a> mit seinem BL-Debüttreffer und spätes Siegtor von Max <a href="https://twitter.com/hashtag/Ullmann?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ullmann</a>.<br> <br>Auf Rapid TV findet ihr alle Tore, die Highlights, Stimmen und vieles mehr: <br> <a href="https://t.co/Rky6OhbTtM">https://t.co/Rky6OhbTtM</a><a href="https://twitter.com/hashtag/scr2020?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#scr2020</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/skrapid?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#skrapid</a> <a href="https://t.co/C3n6DDjJJn">pic.twitter.com/C3n6DDjJJn</a></p>&mdash; SK Rapid (@skrapid) <a href="https://twitter.com/skrapid/status/1272397153428811776?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.26 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

キレキレ連続直角ターンでDFを翻弄!中島&塩谷の同僚が決めた華麗なスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアル・アインに所属するUAE代表FWカイオ・カネドが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆連続直角ターンで相手を翻弄!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0MnRNRjZNZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> ブラジル生まれのカイオは母国のクラブを渡り歩いた後、2014年夏にUAEリーグに移籍。2019年夏からは、日本代表の塩谷司や中島翔哉も所属する強豪アル・アインに活躍の場を移している。 2020年11月には、UAEに帰化して代表デビューを果たしているカイオだが、2021年2月19日に行われたアラビアン・ガルフリーグ第17節のアル・フジャイラ戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた23分、DFバンダル・モハメドの自陣からのロングパスを相手陣の左サイドでカイオが受ける。ボックスの手間でボールを収めたカイオは、鮮やかなキックフェイントからの直角ターンでマークをかわすと、ブロックに来たもう1人のDFも鮮やかなターンで軽々と抜き去る。フリーでゴール前に進むと、GKの頭上を抜く強烈なシュートを叩き込んだ。 このゴールで勢いに乗ったアル・アイン。後半も攻勢が続き、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="842" data-sg-movie-title="【連続直角ターンでDFを翻弄!】中島&塩谷の同僚が決めた華麗なスーパーゴール"></span> 2021.02.25 18:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly