審判が選手を蹴ってレッドカード…3年前の珍事に再脚光「近年のサッカー界で最も衝撃的な瞬間の1つ」

2021.01.14 19:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今から3年前の2018年1月14日、フランスで前代未聞の出来事が起きた。舞台となったのはリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦。後半アディショナルタイムにPSGがカウンターのチャンスを作ると、前線に上がっていたナントのブラジル代表DFジエゴカルロス(現セビージャ)が自陣に戻る際、トニー・チャプロン主審と衝突し、主審はピッチに転倒。すると、すぐさまジエゴ・カルロスの足を蹴って止め、さらに同選手に2枚目のイエローカードを提示し、退場処分を言い渡していた。

主審のまさかの暴挙はSNS上でも拡散され、その後ジエゴ・カルロスのカードは取り消され、チャプロン氏は6カ月の出場停止処分を受けていた。元々そのシーズン限りでの審判引退を明言していたチャプロン氏はそのまま審判生活を終えることとなった。

チャプロン氏は引退後、イギリス『BBC』に出演し、当時のことを振り返っている。

「彼を蹴りたい訳ではなかった。残念だ。私はあの試合、あの状況でキャリアが終わってしまった。審判として1500試合を務めた後に、あの瞬間の反射的な反応で終わってしまった。受け入れるのは難しかった。私も人間だ。苦痛だったし、疲れた。あれは攻撃的なものではなかった」

「私は倒れた。誰かに押されて、反射的に足を出した。実際、選手や監督たちの反応は『OK、彼はミスを犯した、それがどうした?』というものだった。だが、メディアやSNSが大事件にした。審判はああいう行為はすべきではないからね。それには私も同意するし、謝罪する」

「2006年のW杯決勝で(ジネディーヌ・)ジダンがヘッドバットをした時のことを思い出してほしい。彼は素晴らしい選手で、何年もの間、世界最高の選手のひとりだっただろう。私の時と比べるなら、ジダンの時の(世間の)リアクションはさほど大きくなかった」

反射的な行動に対し、あまりにも処分やバッシングが厳しいと明かしていたチャプロン氏だが、イギリス『SPORTbible』も「近年のサッカー界で最も衝撃的な瞬間の1つ」として改めてこの出来事を取り上げており、その反響は今なお大きいようだ。

◆審判が選手を蹴ってレッドカードを提示する珍事
コメント
関連ニュース
thumb

「何もできなかった」連敗マルセイユの日本代表2人に辛口評価「ナガトモの守備を利用した」

マルセイユは20日、リーグ・アン第9節の延期分で、RCランスとホームで対戦し、0-1で敗れた。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹と長友佑都は両サイドバックで先発出場を果たし、酒井はフル出場、長友は66分までプレーした。 痛恨の連敗となったマルセイユだが、2人の日本人DFに対しての現地紙の評価も厳しいものになっている。 <div id="cws_ad">◆酒井宏樹がRCランス戦でダイレクトワンツーからクロスを上げる<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8vjirr9t6rf81g17il77nvssm" async></script></div> フランス『Homme Du Match』の採点(10点満点)では、2人とも4点評価に。酒井は「エネルギーが枯渇していた。日本代表はトップフォームの時に見せる上下動の繰り返しができなかった。ランスのゴールはそれも一因だった」とコメントし、長友には「逆サイドの味方を見つけることは難しく、日本人は近くの選手に迅速に確実にパスすることを好んだ。66分に交代した」と評価を下している。 一方、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選んだランスの右サイドのアタッカー、ジョナタン・クラウスには6.5点の評価とともに、「ナガトモの守備を利用し、フランスの多才なアタッカーは右サイドを制圧した。クロスが正確でなかったとしても、彼は常にそうすることができた。これは彼の前から日本人を消すことができたからだ」と長友とのデュエルに勝利したと高評価を下している。 また、フランス『maxifoot.fr』の採点(10点満点)でも、厳しい評価は変わらず、酒井が4点。長友が3点の評価だった。 寸評では、酒井に対し「前半は彼のサイドで守備の心配がなく、(フロリアン・)トヴァンとの連携をためらわなかった。時間が経つにつれて疲れが見え、ランスのゴールの場面では(マサディオ・)ハイダラに時間を与えすぎた」としている。 長友には「左サイドの日本人にはまだ安心できない。攻撃時には小さい視野で、ランスの先制点の場面でも何もできなかった」と辛口だった。 3戦未勝利のマルセイユは23日に第21節でモナコとアウェーで対戦する。 2021.01.21 12:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ロリアンのクラスター発生受け、植田直通デビュー戦予定のニーム戦が延期に

フランス・プロリーグ機構(LFP)は20日、ロリアンの新型コロナウイルスのチーム内クラスター発生を受け、24日開催予定だったリーグ・アン第21節、ニームvsロリアンの開催延期を決定した。 フランス『Ouest-France』によると、すでに前節のディジョン戦の開催延期を余儀なくされていたロリアンは、18日にトレーニングに参加できたトップチームの選手が12名しかおらず、試合開催に必要な人員を用意することが難しいことから2戦連続での開催延期となったという。 なお、対戦相手のニームには日本代表DF植田直通が18日に加入しており、本来であればこのロリアン戦がデビュー戦となるはずだった。 2021.01.21 01:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアの快速ウインガー、ゴロビンが長期離脱からの復帰明けファーストタッチで叩き込んだコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はモナコのロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ゴロビンが復帰戦ファーストプレーで決めた見事なゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtdlY2UG1INCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 強豪CSKAモスクワで育ったゴロビンは、2018年のロシア・ワールドカップで母国をベスト8に導く活躍を見せ、2018年夏にモナコに移籍。ここまで公式戦69試合で8ゴール9アシストを記録している。 今シーズンは、ハムストリングのケガにより長期離脱を強いられていたゴロビンだが、復帰戦となった2021年1月6日に行われたリーグ・アン第18節のロリアン戦では、見事なゴールで復帰を飾っている。 1-1で迎えた64分、ゴロビンがFWジェウソン・マルティンスに代わってピッチに立つ。すると、そのまま左サイドのショートコーナーからゴロビンに渡り、ボックス左角の手前からシュートを放つ。鋭い弾道のシュートはゴール右に決まり、復帰後のファーストプレーでゴールを決めてみせた。 試合はその後も追加点を重ねたモナコが5-2で勝利している。 2021.01.19 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表DF植田直通が仏1部ニームに期限付き移籍! 背番号は「27」

ニームは18日、セルクル・ブルージュから日本代表DF植田直通(26)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」を着用する。 2013年に大津高校から鹿島アントラーズに入団した植田は、2018年7月にセルクル・ブルージュへ完全移籍。在籍2年半で公式戦通算で55試合1ゴールを記録した。 今シーズンは序盤戦こそ出場機会を手にしていたものの、10月以降はメンバー外になる事も多く、ジュピラー・プロ・リーグ8試合の出場にとどまっていた。 ニームはここまで4勝3分13敗で18位。リーグ・アン最多の41失点で守備面の強化が必須な状況だが、植田は救世主になることができるのだろうか。 なお、リーグ・アンではストラスブールの日本代表GK川島永嗣、マルセイユのDF酒井宏樹、DF長友佑都に続いて今シーズン4人目の日本人選手となる。 2021.01.18 21:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョが欧州デビューを果たしたPSGで魅せた、緩急自在のドリブル&フィニッシュ【スーパーゴール図鑑/PSG編】

【得点者プロフィール】 ロナウジーニョ(当時22歳) 国籍:ブラジル 所属:パリ・サンジェルマン ポジション:FW 身長:181cm 母国ブラジルのグレミオでのプロデビューを経て、2001年夏に加入したPSGで一躍世界にその名を轟かせたロナウジーニョ氏。2003年夏にバルセロナに移籍するまでの2シーズンで公式戦77試合に出場し、25ゴール17アシストという数字を残している。 【試合詳細】 日程:2002年11月30日 大会:リーグ・アン第17節 対戦相手:モナコ 時間:前半24分(0-0) <div id="cws_ad">◆PSG時代のロナウジーニョが見せた緩急抜群のドリブル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3S0ViUTBzcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた24分、味方からのパスをボックスの手前でロナウジーニョが受けると、進路を塞ぐ相手DFと睨み合いのような状態に。しかし、一瞬の加速で相手を引きはがし、ボックス内に侵入したロナウジーニョは、ゴール右まで進むと、反対サイドのゴールネットに正確なシュートを流し込み、見事な先制点を挙げた。 ロナウジーニョのゴールで先制したPSGだったが、逆転を許し、試合には1-3で敗れている。 2021.01.18 20:00 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly